【三井住友銀行への転職】面接内容や評判について口コミから解説

【三井住友銀行への転職】面接内容や評判について口コミから解説

日本の三大メガバンクの一つである、三井住友銀行への転職を考えている方も多いのではないでしょうか。今回は、三井住友銀行への転職に役立つ情報をお伝えしていきます。年収や福利厚生などといった情報はもちろんのこと、面接で聞かれる内容や転職難易度などを、社員の方の口コミをもとに紹介していきます。三井住友銀行への転職を考えている方は、ぜひこの記事を参考にしてみて下さい。

1621

三井住友銀行について

三井住友銀行の会社概要について

名称 株式会社三井住友銀行
(英語表記:Sumitomo Mitsui Banking Corporation)
取締役会長 宮田 孝一
頭取 CEO 髙島 誠
資本金 17,710億円
本店 東京都千代田区丸の内一丁目1番2号
(郵便番号100-0005)

(参考:三井住友銀行 会社概要
 

三井住友銀行の経営理念について

  • お客さまに、より一層価値あるサービスを提供し、お客さまと共に発展する。
  • 事業の発展を通じて、株主価値の永続的な増大を図る。
  • 勤勉で意欲的な社員が、思う存分にその能力を発揮できる職場を作る。
  • 社会課題の解決を通じ、持続可能な社会の実現に貢献する

今回は、三井住友銀行への転職希望者必見の転職ノウハウについてご紹介したいと思います。

転職を検討している方のみならず、就職希望者の方も必見の情報です。

(参考:三井住友銀行 会社概要

三井住友銀行の年収水準は高い?低い?


では、三井住友銀行の年収について確認していきましょう。

まずは、一般職と総合職について確認していきたいと思います。就職や転職を検討している方どちらもお薦めです!

三井住友銀行さんは年収としてどれほどいただけるのでしょうか。。?

三井住友銀行への転職を考えております。

私は今金融系の企業に努めているのですが、銀行ではないので、年収の相場のようなものがわからないのですが、

三井住友銀行さんは年収としてどれほどいただけるのでしょうか?

私の今いるか嫌は正直年収としては、相当高いほうだとは思います。

ですが、新しい環境に身をおきたいと転職を考え始めました。

そこで今の年収とどれくらい変わるのか気になっています。どうなんでしょうか・・?

入社時は350万くらいでした。その後決まったタイミングで大きく基本給が上がります。

・一般職:30歳で500万程度
・総合職:30歳で900万程度


一般職は500−600万で頭打ちする。総合職は32歳位で1000万を超えます。

給与制度の特徴としては、一般職でも残業代等を含めると結構もらえています。

同級生でメーカーの総合職に行った人とあまり変わらないくらいであります。

総合職は1000万までは誰でももらえます。その後は昇格の有無により差が生じます。

上司も、会社や個人の業績に関係なく、ある程度もらえることは恵まれたことだと言っていて、その通りだと感じる。

このように、三井住友銀行では高い給料が得られるということがわかりました。

総合職では30歳を超えれば1000万円ももらえるということで、仕事に高いやりがいをもつことができるのではないでしょうか。

三井住友銀行の年収についてさらに知りたい方は、以下の記事もチェックしてみて下さい。

自分の市場価値知りたくありませんか?

ビズリーチでは登録者の70%以上が市場価値を知るために利用しています。

転職を考えるときにはまず自分の市場価値を知ることか大切です。

ビズリーチに登録しておくことで、スカウトを受けることができ年収UPする人が続出しています。
 


ビズリーチ転職後の平均年収

  • 30代:840万円
  • 40代:960万円

今すぐ登録してまずは市場価値を確かめましょう!
 

ビズリーチの公式サイト
▶︎https://www.bizreach.jp/

三井住友銀行の選考フローについて


三井住友銀行の面接について、ご紹介します。

まずは、面接の応募に関しての情報について、確認していきたいと思います。

では、早速確認していきましょう。
 

三井住友の面接の応募について

  • 面接フローについて応募方法について
    • 募集職種確認後、応募フォームより必要な情報を入力し、送信してください
    • 郵送による応募は出来ないので、気をつけてください​​
  • ​​​異業種からの転職について
    • 可能ですが、知識経験が問われる可能性もありますので応募資格をご参照ください
  • 必要資格について
    • 特に無いですが、高度な提案をするにあたって、専門的な知識やスキルが有る方が望ましいことがあります
  • 学歴の制限について
    • 学歴の制限は設けられていません
    • 出身大学名についても重視していません
  • 選考方法について
    • 面接中心で、金融スキルや対人能力等を人物本位で選考します

以上になります。

次に、三井住友林業の選考プロセスについて、確認していきたいと思います。

では、早速確認していきましょう。

三井住友銀行の選考プロセス

STEP.1 応募/書類選考
STEP.2 面接数回
STEP.3 入社

(参考:三井住友銀行 キャリア採用 QA

応募に関しては、応募フォームより応募をし、その後書類選考をします。

また、書類選考を通過された方については、お電話もしくはメールにて面接のご案内をします
(応募日の翌月末までに連絡が来ます)

その後、数回の面接を行い、入社となります。

三井住友銀行の面接内容


では、実際に面接対策について質問がありましたので、確認してみましょう。

三井住友銀行の転職面接ではどのような志望動機がいいですか?

三井住友銀行への転職を希望しています。

三井住友銀行は転職面接ではどのような質問をされますか、その他面接に向けて対策すべきことは何でしょうか。志望動機等どのように考えたらいいかアドバイスをいただけますと助かります!

転職エージェントにも、どのような対策をするべきか聞いてみたのですが、あまり良い回答をいただけなかったです(三井住友銀行についてそこまで詳しくないようでした)。

志望度も高いので、是非回答をいただければと思います。

●聞かれた質問
- どうしてうちで働きたいか
- これまでのキャリアについて
- 仕事をするモチベーションとなるものは何か

といったように、当たり障りのないような質問をされました。

特に質問については圧迫面接というわけでもなく、非常に和みのある感じで面接を終えたように思います。

●対策内容(志望動機)
毎年多くの方が、転職を希望しているそうですので、積極的に自分の良さ、他の方にはない差別ポイントを考えながら対策をしていました。

自分の場合は、エージェントの方が面接官として疑似面接に取り組んでいただけたりと、準備についてはしっかり出来ました。

住友銀行について詳しいエージェントを探してみるのも手かもしれません。

このように、三井住友銀行の面接では基本的な質問を中心にされるそうです。

差別化も図りながら、自分の魅力をしっかりとアピールすることが大切なのではないでしょうか。

三井住友銀行の面接に関する口コミ

JobQに投稿された口コミの中から、三井住友銀行の面接に関するものを紹介していきます。

新卒と転職とでは異なる部分もありますが、参考にしてみて下さい。

面接・選考
人事面接に向けて、リクルーターの方が一つずつ対策して下さった、という印象。

迷っている部分を解消してもらいつつ、志望動機や入社後やりたいこと、等を具体的に一緒に考えてくれた。

人事面接では、人として良くも悪くも普通に対応が出来るか、程度のことしか見られなかったという印象。営業部/正社員/2017年入社
面接・選考
新卒での面接は人によって回数は異なるが、次の面接への案内は当日中か、翌日の案内が多かった。

1対1でブースの中で行う。圧迫面接はなし。終始和やかな雰囲気。

志望理由はなぜ、銀行。なぜ、メガバンク、なぜ当行、が明確に答えられるようにすると良い。

学生時代での経験を通して面接者に働いてからの活躍を期待してもらえるようなエピソードがあると良い。国際/正社員/2012年入社

 

このように、面談は厳しい雰囲気というよりはむしろ、和やかな雰囲気であるといえるのではないでしょうか。

三井住友銀行の中途採用情報


三井住友銀行の中途採用情報について、ご紹介します。

こちらに関して、中途採用情報の募集要項を見ながら、現在の募集されている職種を確認していきたいと思います。

では、早速確認していきましょう。
 

三井住友銀行で現在募集されている職種

  • リテール部門
  • 市場営業部門
  • ファイナンシャル・ソリューション部門
  • コーポレートスタッフ/サービス部門
  • コンプライアンス部門

※ 参考:三井住友銀行 募集職種一覧

となっています。

では、実際にそれぞれの部門について確認していきましょう。
 

リテール部門について

  • ミッション
    個人のお客さまの相続や法人のお客さまの事業承継のサポートにも力を注いでいます。更に、中堅・中小企業のお客さま向けのビジネスについては、お客さま一社一社の金融ニーズに的確にお応えするとともに、成長産業や成長企業のサポートを推進し、日本経済の再興に積極的に貢献していきます。
     
  • メッセージ
    リテール部門ではいま、さまざまな経験を持った人材を求めています。また、多様化、高度化するお客さまのニーズに対応できることが大きな仕事のやりがいです。三井住友銀行のブランドをさらに強化し、そして個人のお客さまにいかに末永くお取引していただくか。三井住友銀行のリテールビジネスをさらに進化させていただきたいと思っています。

※ 参考:三井住友銀行 リテール部門について
 

市場営業部門について

  • ミッション
    市場営業部門のミッションは、資金・為替・債券・デリバティブといったマーケットの取引を通じ、当行のお客さまのニーズに的確にお応えするとともに、相場変動を捉えた機動的なオペレーションにより、リスクを適切にコントロールしつつ収益機会を捕捉し、当行の持続的な成長を図ることです。
     
  • メッセージ
    クオンツ、リーガルスペシャリスト、カスタマーディーラーなどの専門性を備えた方にとって、市場営業部門が携わる幅広い業務フィールドこそが、スペシャリストとしての更なる飛躍を後押しする格好の舞台であると確信しています。これまでのキャリアを活かし、三井住友銀行の一員として活躍されることを期待しています。

※ 参考:三井住友銀行 市場営業部門について
 

ファイナンシャル・ソリューション部門について

  • ミッション
    当部門が掲げるビジョンは「Team SMFGのエッジを創造する」こと。三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)の豊富なリソースを存分に活用し、他にはない、三井住友銀行ならではの先鋭的なソリューションを提供していきます。
     
  • メッセージ
    我々が挑んでいるのは、いままでの三井住友銀行にはなかったビジネスを創り出し、企業や社会のさらなる発展に貢献していくことです。未知のことにチャレンジしたいという気概のある方であれば、エキサイティングなフィールドであることは間違いないです。

※ 参考:三井住友銀行 ファイナンシャル・ソリューション部門について
 

コーポレートサービス部門について

  • ミッション
    銀行業務を遂行していく上で欠かせないプロセスである「事務」。事務のクオリティを保ちつつ、コストを低減して収益貢献を果たしていくことが当部門のミッションですが、今後はコストコントロールだけではなく、攻めの姿勢をいっそう強め、よりお客さまの目線に立った事務サービスの企画開発にも力を入れていく方針です。
     
  • メッセージ
    お金に関わる事業を営む以上、コンプライアンスを徹底するのは当然ですが、ふと世の中を見渡してみると、銀行ほどお客さまに負荷をおかけしている業態は見当たらないのも事実。銀行以外の世界を経験されている方々の斬新な発想や知恵をお借りしたいのです。銀行の慣習にとらわれることなく、既成概念を打ち破っていく力をみなさんに期待したい。

※ 参考:三井住友銀行 コーポレートサービス部門について
 

三井住友銀行 リスク管理部門について

  • ミッション
    リーマンショック以降、金融危機再発防止のための国際金融規制がいっそう強化され、その対応も事業存続に関わる重大な課題です。カバーしなければならないリスクは広範に及んでおり、我々がチャレンジすべきテーマは山積しています。
     
  • メッセージ
    当行が意思決定する際、もはやリスク管理は不可欠な要素。事業の拡大にともなってリスクが多様化するなか、我々も多様な専門人材を求めています。数理に長けた方はもちろんのこと、グローバル化や金融規制強化に対応していくためには企画力や折衝力も大いに求められるため、法律や外国語などを究めている方も歓迎します。

※ 参考:三井住友銀行 リスク管理部門について

三井住友銀行の福利厚生について

三井住友銀行の福利厚生に関する仕組み

三井住友銀行のキャリア採用情報サイトから、福利厚生について見ていきます。

  • より柔軟な働き方をサポート
    ・勤務地変更制度
    隔地間転勤のない職務も、結婚・育児・介護・配偶者の転勤などにより居住地が変更となる場合、勤務地を変更することができる制度
    ・退職者再雇用制度
    結婚・育児・介護・配偶者の転勤により退職する従業員を再雇用する制度
    ・ビジネスネーム
    結婚などにより改姓した場合、届出をすれば業務において旧姓をビジネスネームとして利用可能
    ・半日休暇制度
    年次休暇・看護休暇・介護休暇を半日単位で取得できる制度
    ・在宅勤務制度
    リモートアクセス端末を用いて、自宅等の場所において勤務ができる制度
     
  • 育児・介護への参加をサポート
    ・育児休業制度
    子どもが1歳6ヶ月に達するまで育児休業を取得できる制度
    ・短期育児休業制度
    子どもが2歳に達するまでの間で、10営業日までの有給の育児休業を取得できる制度
    ・看護休暇制度
    小学校6年の3月末までの子どもの看護が必要な場合の特別休暇
    ・短時間勤務制度
    小学校6年の3月末までの子どもを養育する従業員が、育児のために勤務時間を短縮できる制度
    ・介護支援制度
    家族の介護を行う従業員は、介護休暇、介護欠勤、介護休業、および時差出勤・短時間勤務などを利用できる制度
     
  • 育児などの経済的負担をサポート
    ・託児先送迎の交通費支給制度
    保育所・親戚宅などへの送迎のため、迂回経路で通勤する場合の通勤交通費を支給する制度
    ・託児補給金制度
    小学校3年の3月末までの子どもについて、延長保育・病児保育・ベビーシッター費用を、月額5万円を上限に補助する制度
    ・ライフサポート制度
    託児所・ベビーシッター・介護施設などを、福利厚生アウトソーサーを通じた法人割引価格で利用できる制度

(参考:三井住友銀行 福利厚生 制度

三井住友銀行の福利厚生に関するQA

三井住友銀行の福利厚生について、JobQに質問が投稿されていました。

三井住友銀行の女性社員への福利厚生はしっかりとしていますでしょうか?

三井住友銀行の女性社員への福利厚生はしっかりとしていますでしょうか?

三井住友銀行は女性への対応はそれなりにしていると思って転職候補にしているのですが、どうなんですか?

結婚した女性も継続して働いており、また妊娠時の産休・育児休暇も取得しやすい雰囲気で多くの行員が利用していました。

総合職は業務面においては男性と同様に厳しいノルマや営業がありますが、制度面に関しては福利厚生をはじめとして女性が働きやすい環境であることに加え、継続して働ける職場作りや制度が多々ありました。

実際に、産後保育園の送り迎え等を考慮し、出勤・退社の時間をそれぞれ1時間ずつ短縮する時短勤務を利用している行員も多く、突発的な子供の体調不良にも柔軟に対応していました。

産休・育児休暇から復帰する女性の数も右肩上がりで増加しており、企業全体として女性が安心して働ける組織であることを積極的に提示することで、長期的に働く意識の高い女性を囲い込みたい意向が感じられました。

このように、女性も働きやすい環境が三井住友銀行には整っているということがわかりました。

時短勤務なども利用可能ということで、育児やプライベートなどと両立しやすい環境と言えるのではないでしょうか。

三井住友銀行の福利厚生に関する口コミ

JobQに投稿された口コミの中から、三井住友銀行の福利厚生に関するものを紹介していきます。

福利厚生・社内制度
とても充実しております。福利厚生については、昼食補助や住宅手当、持株会等あります。

他の業界に比べると圧倒的に良いのではないかと思います。 社内制度は、年々良くなっており、希望するポストへのチャレンジ制度や海外留学の機会もあります。

全ては自分次第ですが、一生懸命頑張れば頑張った分だけ、恩恵を受けられると思います。営業/正社員/2014年入社
福利厚生・社内制度
社食は格安でとても良かった。

営業だと外で食べた場合1食600円もらえることもあるがあまり申請する人はいなかった。 社内に病院もあり便利でした。営業/正社員/2011年入社

福利厚生はもちろんのこと、チャレンジできる環境もあるということがわかりました。

特に住宅手当などもあるということで、金銭的にも助かりそうです。

三井住友銀行の転職難易度はどのくらい?


最後に、三井住友銀行の転職難易度についてご紹介いたします。

三井住友銀行の転職難易度について、JobQのQAに投稿がありましたので早速確認していきましょう。

三井住友銀行の転職難易度はどのくらいなのでしょうか?

現在、転職を考えています。

銀行系の会社に行きたいなと思っていて第一希望は三井住友銀行です。

そこで三井住友銀行の転職難易度について知りたく投稿しました。

三井住友銀行の転職難易度はどのくらいでしょうか?

ご回答よろしくお願いします。

三井住友銀行の転職難易度について回答させていただきます。

三井住友銀行の転職難易度はかなり難しいと思います。

メガバンクの中でも年収が高いことから、かなり人気があり優秀な人材が多く集まります。


三井住友銀行の転職難易度は高いと言えるでしょう。

転職難易度が高い要因としては、年収の水準が高く優秀な人材が集まることが挙げられていますね。

また三井住友銀行への転職を確実に成功させるためには、転職エージェントなどのサービスを利用すると良いでしょう。

三井住友銀行への転職を考えている場合、特にビズリーチの利用がおすすめとなります。ビズリーチは優秀な人材の転職を専門としているので、三井住友銀行などの大企業には非常に相性が良い転職サービスとなります。

✓ ビズリーチ公式サイト:https://www.bizreach.jp

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は三井住友銀行の福利厚生についてご紹介しました。

転職や就職を検討している方はもちろんのこと、働いてみたいと考えている方も必見の情報だったのではないでしょうか。

完全無料!転職エージェントおすすめランキング

  転職エージェント/公式サイト 総合評価
1位 ビズリーチ
 https://www.bizreach.jp
4.7 ★★★★☆
2位 レバテックキャリア
 https://career.levtech.jp/
4.4 ★★★★
3位 マイナビエージェント
 https://mynavi-agent.jp/
4.3 ★★★★
4位 リクルートエージェント
 https://www.r-agent.com
4.2 ★★★★
4位 パソナキャリア
 https://www.pasonacareer.jp/
4.2 ★★★★
6位 JAIC
 https://www.jaic-college.jp/
4.1★★★★
7位 ハタラクティブ
 https://hataractive.jp/
4.0 ★★★★
8位 第二新卒エージェントneo
 https://www.daini-agent.jp/
3.8 ★★★☆

 

1位 年収アップを目指すならビズリーチがおすすめ!

2位 IT業界で年収アップなら目指すなら業界大手のレバテックがおすすめ!


この記事は役に立ちましたか?

この記事に関連する転職相談
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料

この記事の企業

  • 東京都千代田区
  • 銀行・信用金庫
  • Q&A11件
注目Q&A三井住友銀行とnecならどちらに入社しますか?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す