【Webデザイナーとは?】仕事内容や将来性などを徹底解説

【Webデザイナーとは?】仕事内容や将来性などを徹底解説

Webデザイナーとは一体どういった職業なのでしょうか?この記事ではWebデザイナーの仕事内容・年収・将来性などに迫ります。さらに独学でWebデザイナーになれるのかについても書いていきますので、これからWebデザイナーを目指す方もぜひ参考にしてみてください。

Webデザイナーとは

Webデザイナーとは

デザインに優れたWebサイトは、使い易く見やすいため、利用者にも好評です。

Webサイトは、企業のイメージを決定づけます。

そこから得られる成果もWebのデザインに左右されるといっていいでしょう。

全ては、Webデザイナーの腕にかかっています。

こうした企業や個人のWebサイトのWebデザインを専門に取り扱う職業が、Webデザイナーです。

 

Webデザイナーの仕事内容

Webデザイナーは、企業や個人などのクライアントからWebデザインの仕事を依頼されます

そして、クライアントがイメージするWebサイトを全体の構成を考えながらデザインしていきます。

Webデザイナーは、Webサイトの構成とレイアウトを考え、実際にデザインを形作っていきます。

最後にコーディングを行い、Webサイトを思い通りに見えるように具体化し調整していきます。

Webデザイナーは、ずっとパソコンの前に向かう仕事ではなく、クライアントと長時間ミーティングを行う機会が多く、クライアントとチームメンバーとの間のコミュニケーション能力も必要とされる仕事です。

年収から見たWebデザイナーの実態


年々、企業や個人のWebサイトが増加していて、それに伴いWebデザイナーの仕事の需要も急増中です。

Webデザイナーは、まだ新しい職種であることから、全職種に比べると年収はそれほど高くありません。

Webデザイナーの平均年収は、約340万円です。ボーナスがないと、平均年収は約280万円にまで下がります。

全職種の平均年収440万円に比べるとまだ低い年収であるといえるでしょう。

 

フリーランスWebデザイナーの年収

Webデザイナーの平均年収は、30代で300~400万円台です。

この層の年収が3割程度で、他は100万円台や場合によっては1000万円台の年収をもらっている人がいますが、年収のばらつきの多い職種です。

フリーランスのWebデザイナーは500万円以上稼ぐ人の数が少なく、Webデザインの仕事ができるだけではなく、そのスキルにプラスしてマネジメントやディレクションができなければ、収入アップが期待できません。

 

Webデザイナーで年収1000万円は目指せるのか

Webデザイナー全体の平均年収を見ても、300~400万円台であることから、それ以上の年収アップを目指すならプラスアルファのスキルが必要となります。

1000万円を一人だけで稼ぐのは難しく、年収の高いWebデザイナーには必ず協力者がいます。

自分の得意な分野を活かし、不得意な分野をカバーできる仲間がいると年収も上がりやすくなります。

マネジメントやディレクションができれば、1000万円以上稼ぐWebデザイナーもいますので、やり方次第では高い報酬を得ることができる仕事です。

IT業界・エンジニアとして年収アップを目指しませんか?

レバテックキャリア」の特徴5選

1.  年収600万円以上の求人が80%
2. 初回の提案での内定率90%
3. 最速一週間で内定
4. 自分の市場価値を知ることができる
5. 未経験可能な求人も多数保有


紹介求人例
プロジェクトマネージャー 年収 650 〜 1,500万円
サーバーサイドエンジニア 年収 600 〜 820万円
フロントエンドエンジニア 年収 600 〜 800万円
QAエンジニア(未経験可) 年収 600 〜 800万円
営業企画(未経験可) 年収 575 〜 850万円
ITコンサル(未経験可) 年収 450 〜 700万円

 

レバテックキャリアの公式サイト
 https://career.levtech.jp/

独学でWebデザイナーになることはできる?


独学でもWebデザイナーになれるチャンスはいくらでもあります。

必要な知識に絞って計画的に勉強し、少しずつ実務経験を積んでいくことで、数年後には報酬もアップしての転職やフリーランスになって独立できる可能性もあります。

独学未経験からWebデザイナーになる方も増えていますので、諦めずにぜひチャレンジしてください。

 

独学でWebデザイナーを目指す期間

Webデザイナーになるために、独学を始めるなら、6か月~1年間の準備期間が必要だとみておきましょう。

Webデザイナーに必要な最低限のスキルは、HTML+CSSのコーディング知識、PhotoshopやIllustratorによるデザイン経験です。

デザインソフトは使っているうちに慣れていきますし、コーディングの知識も早ければ3か月~半年で習得できます。

全くの初心者なら、半年で知識を習得した後は、自分のポートフォリオを作っていきます。

異業種からの転職や職種変更を考えているなら、勉強する時間やポートフォリオ作成に費やす時間もなかなか取れませんので、1年間は独学に集中して取り組む必要があります。

 

独学でフリーランスWebデザイナーになるには

フリーランスWebデザイナーは、一人でデザインやコーディングができるスキルがあり、なおかつ自分で仕事を受けられるレベルにまでなっている人です。

デザイン、コーディングなどの知識やスキルは、独学で学ぶことができます。

クラウドソーシングもありますので、初心者向け案件も多く、実務経験も積みやすくなっています。

求人サイトやフリーランスのマッチングサイトで比較的報酬の高い案件をこなしながら、ポートフォリオを作成し、各企業に上手にアピールして仕事を獲得していきましょう。

Webデザイナーに将来性はあるの?


スマホを含めたインターネットのメディアは、どんどん増え続けています。

Webデザイナーは、クリエイティブな仕事です。

インターネットに広告費を出す企業も増えており、今後もWebサイトの作成やコンテンツ作成の需要は増えていくものと予想されています。

 

Webデザイナーはなくなるの?

Webデザインの仕事が本格化したのは、10年近く前からです。

Webデザインの仕事やそれに関連する仕事もさまざまな技術進化や専門家、分業化などにより、大きな影響を受けてきましたが、Webデザイナーの仕事がなくなることはありません

簡単なWebデザインなら個人でもできますが、複雑なWebデザインや新技術が登場し、センスのよいWebデザインを求める人が多く、競争が激化しています。

Webの世界でも人を惹き付ける視覚的なデザインは、ユーザーの視点で考えられており、仕事のできるWebデザイナーの重要性がより高まっていくものと考えられています。

 

Webデザイナーの今後の需要はどうなる?

Webデザイナーは、デザイン力だけではなく、それ以上に幅広いスキルが求められるようになっています。

Webデザイナーが仕事の入り口となり、WebディレクターやWebプロデューサーなどのキャリアアップの道が用意されています。

ベースとなるキャリアはWebデザインだというWebデザイナー出身のWebディレクターやWebプロデューサーが、今後は増えていくでしょう。

ここでJobQに来ていたWebデザイナーの将来性に関する質問を見てみましょう。

Webデザイナーは今後どうなると思いますか?

彼氏がWebデザイナーを目指しはじめました。

私の彼氏はかなり高学歴ですし、去年までは国家公務員を目指していたので安定した仕事につくと思っていました。

しかし、今年に入ってからいきなりWebデザイナーを目指しはじめたのでびっくりしています。

調べてみるとWebデザイナーはあまり安定した仕事ではないようですし、将来性もないとのことでした。

実際Webデザイナーは今後、無くなりますか?

もし無くなる仕事なのであればこれからの関係も考えようと思っています。

Webの仕事は増える一方ですし、絶対になくなることはないですよ。

ただし、競争も激しい、仕事量も多い、知識の流行り廃りが激しいので勉強も常にし続けなければいけないとなかなか厳しい仕事です。

学歴もほとんど役に立たない完全実力勝負です。

給料も比較的そんなに高くはなく、管理職にならずに一生現場でやっていくには仕事量・勉強量と給料のバランス的になかなか厳しい仕事だとは思います。


Webデザイナーの将来性に関する質問は以上の通りでした。

おそらく仕事自体がなくなることは無いとの見方がとても多かったです。

Webデザイナーまとめ

Webデザイナーという仕事に関して、その仕事内容や将来性などを詳しく解説しました。

Webデザイナーは、まだ新しい職種ですが、最も目立つ部分を仕事にしており、クリエイティブな仕事として人気が高まっています。

独学で誰にでも始めることができ、将来性もあります。

WebディレクターやWebプロデューサーへのキャリアアップにより、年収も大幅にアップします。

完全無料!IT業界におすすめの転職エージェントランキング

  転職エージェント/公式サイト 総合評価
1位 レバテックキャリア
 https://career.levtech.jp/
4.7 ★★★★☆
2位 マイナビエージェント
 https://mynavi-agent.jp/
4.4 ★★★★
3位 Geekly
 https://www.geekly.co.jp/
4.3 ★★★★
4位 ネットビジョンアカデミー
 https://www.netvisionacademy.com
4.2 ★★★★
4位 type転職エージェントIT
 https://type.career-agent.jp/it/
4.2 ★★★★
6位 ビズリーチ
 https://www.bizreach.jp
4.1★★★★
7位 リクルートエージェント
 https://www.r-agent.com
4.0 ★★★★
8位 ハタラクティブ
 https://hataractive.jp/
3.8 ★★★☆

 

1位 IT業界で年収アップを目指すなら業界大手のレバテックキャリアがおすすめ!


2位 IT業界への転職を目指す全ての20代〜30代はマイナビエージェントがおすすめ!

この記事は役に立ちましたか?

この記事に関連する転職相談
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す