【Webデザイナーとは?】仕事内容や将来性まで幅広くご紹介します!

【Webデザイナーとは?】仕事内容や将来性まで幅広くご紹介します!

Webデザイナーとは一体どのような職業なのでしょうか。未経験や独学でもWebデザイナーになれるのでしょうか。今回の記事では、Webデザイナーの仕事内容・やりがい・必要な資格など解説します。Webデザイナーの需要や将来生に興味のある方は、ぜひ参考にしてみてください。

658

Webデザイナーとは?

Webデザイナーとは、サイトを訪れたユーザーのため使いやすくデザイン性に優れたサイトを作る職業です。

Webサイトの中でデザインは、使いやすさや見た目の美しさなどサイトの訪問者に直接関わる部分ですので、非常に重要です。

Webサイトは企業のイメージを決定づけることも多いので、Webデザイナーは企業にとってかなり重要なポジションと言えるでしょう。

Webデザイナーの仕事内容【口コミ】

Webデザイナーの仕事内容の画像

Webデザイナーの仕事の流れ

Step1 要件のヒアリング
Step2 Webサイトの構成を決める
Step3 構成を元にデザインを決める
Step4 デザインをコーディングする

Webデザイナーの主な仕事の流れはこの4つです。

まずクライアントと呼ばれる企業や個人などからWebデザインの仕事を依頼してもらいます。そして、クライアントが想像しているデザインのWebサイトを、自分のスキルと相談してサイトを作っていきます。

なお、流れの中でクライアントとのコミュニケーション能力も重要になってきます。

なぜなら、サイトを作るには時間がかかるので、クライアントの要望と違う場合、手直しが必要になるからです。

こまめにコミュニケーションを行えば、前もって手直しする手間を省けるのでコミュニケーション能力が重要になってきます。

さらに、Webデザイナーの仕事内容についてもっと詳しく知りたい方は、ぜひこちらをご覧ください。

【口コミ】Webデザイナーの仕事内容とは?

続いて、JobQに来ていたWebデザイナーの仕事内容に関するQ&Aを見てみましょう。

未経験者にWebデザイナーの仕事内容を教えてください

デザイナーを目指しています。

webデザイナーについて色々調べているのですが、具体的にどんな仕事内容なのかよく分かりません。

自分のイメージとしては、何かサイト内でデザインを構築して、それをクライアントさんと相談しながら形にしていくと思っています。実際どうなのでしょうか?

お詳しい方いましたらご回答お願い致します。

デザイナーではないですが一緒に仕事をしていますが、逆ですね。

端的にいうと、クライアントの希望するサイトデザインを作って、クライアントが納得するまで頑張る仕事です。

クライアントの要望やUI UXなどを考えてデザインをできる人が欲しい。心理学やカラーコーディネートなど人の心理なども考えたりしています。

クライアントのいうことはイメージカラーはこれで、ターゲットの年齢層、サイトの目的、使いやすくスタイリッシュな感じが良いとかこんな感じに対して、数パターン作ってプレゼンするデザイナーを見て尊敬しております。

クライアントと相談•••続きを読む

Webデザイナーは、クライアントを通して仕事を行うため、クライアントの要望を満たさなければなりません。

そのためにも、イメージカラーやターゲットの設定など、さまざまなヒアリングが重要と言えます。

IT業界・エンジニアとして年収アップを目指しませんか?

レバテックキャリア」の特徴5選

1.  年収600万円以上の求人が80%
2. 初回の提案での内定率90%
3. 最速一週間で内定
4. 自分の市場価値を知ることができる
5. 未経験可能な求人も多数保有


紹介求人例
プロジェクトマネージャー 年収 650 〜 1,500万円
サーバーサイドエンジニア 年収 600 〜 820万円
フロントエンドエンジニア 年収 600 〜 800万円
QAエンジニア(未経験可) 年収 600 〜 800万円
営業企画(未経験可) 年収 575 〜 850万円
ITコンサル(未経験可) 年収 450 〜 700万円

 

レバテックキャリアの公式サイト
 https://career.levtech.jp/

Webデザイナーに需要や将来性はある?

Webデザイナーに将来性はあるのかの画像

Webデザイナーを目指す人にとって悩みどころなのが、Webデザイナーに将来性があるのか気になると思います。

結論から言うと、Webデザイナーには将来性があると言えるでしょう。

経済産業省によると、Webデザイナーを含むIT業界では、IT人材不足が深刻化しています。

そしてIT人材の不足は、現在のみならず今後も続くことが予想されるでしょう。

2020年には、IT業界全体で約30万人ものIT人材が不足していると言われています。

さらに2030年には、約79万人ものIT人材が不足すると予想されているため、Webデザイナーの将来性のある職業と言えるのではないでしょうか。

参照 : 経済産業省 IT人材需給に関する調査

Webデザイナーはやめとけ?なくなる?

Webデザイナーはなくなると言われていますが、Webデザイナーの仕事が将来的になくなる可能性は低いでしょう。

なぜなら、誰でもサイトを作ることができる時代が来たとしても、オリジナリティは出せないからです。

美術家や小説家の仕事が無くならないように、デザイナーの仕事もサイトを作る人によって好き嫌いがあるため仕事は常に存在します。

それでは、JobQに寄せられたWebデザイナーの今後に関するQ&Aを見てみましょう。

Webデザイナーは今後仕事として無くなるのでしょうか?

現在医療系の学科で勉強していますが、合わないなぁと思って他を考えています。

Webデザイナーに興味を持ったのですが、少し調べていたらコーディングせずにStudioなるツールでサイトを作れるそうです。今後仕事として無くなるのでしょうか?それともデザイナーとしての仕事になるのでしょうか?

無くなりません。ただし、ただHTMLやCSSをいじっているだけではなくなっていくと思います。

いくら見た目がかっこよくても、売り上げや訪問者数の増加など、そのサイトでやりたいことが達成できなければ全く意味がないからです。

ユーザビリティを見たり•••続きを見る

Webデザイナーは、デザインやコーディングの知識だけでなく、よりビジネスやサービスに寄り添った仕事になっていくことが予測されるようです。

そのため、ツールだけで解決できない問題も発生するため、Webデザイナーは今後も将来性のある職業でしょう。

Webデザイナーに将来性はある?【口コミ】

ではここで、JobQに来ていたWebデザイナーの将来性に関するQ&Aを見てみましょう。

Webデザイナーに将来性はありますか?

彼氏がWebデザイナーを目指しはじめました。

私の彼氏はかなり高学歴ですし、去年までは国家公務員を目指していたので安定した仕事につくと思っていました。

しかし、今年に入ってからいきなりWebデザイナーを目指しはじめたのでびっくりしています。

調べてみるとWebデザイナーはあまり安定した仕事ではないようですし、将来性もないとのことでした。

実際Webデザイナーは今後、無くなりますか?

もし無くなる仕事なのであればこれからの関係も考えようと思っています。

Webの仕事は増える一方ですし、絶対になくなることはないですよ。

ただし、競争も激しい、仕事量も多い、知識の流行り廃りが激しいので勉強も常にし続けなければいけないとなかなか厳しい仕事です。学歴もほとんど役に立たない完全実力勝負です。

給料も比較的そんなに高くはなく、管理職にならずに一生現場でやっていくには仕事量・勉強量と給料のバランス的になかなか厳しい仕事だとは思います。

将来的には絶対になくなりません。

ただスキルや知識で給料が全然違います。

私の知っている出来る人は、心理学とかを本気で勉強しています。その上でデザインや色彩、マーケティング、JavaScript などなど勉強してデザインを提案しています。

回答者によると、Webデザイナーがなくなることはありませんが、常に勉強し続ける必要があるようです。

さらに、時代によって求めらるスキルやツールも変わる可能性もあります。

常に新しい情報をキャッチアップすることで、自分の市場価値を高め続けることも重要でしょう。

Webデザイナーになるには?

未経験からWebデザイナーになるにはの画像

未経験からWebデザイナーになるにはどのようにしたら良いのでしょうか。

もちろん最初は全員未経験ですが、それでもやはり未経験となると本当にWebデザイナーになれるのか不安だと思う方も多いです。

そこでここでは未経験でもWebデザイナーになる方法をご紹介します。

未経験からWebデザイナーになる方法

Webデザイナーに必要とされるのは何よりもスキルと経験です。

完全に未経験の状態であれば、まず勉強してスキルを身につけ、その後でクライアントから仕事を受注することで経験を積むのが一番の近道です。

そのため、未経験の方は早めにHTMLやCSSなどのスキルを身につけて、仕事をもらうようにしましょう。

さらに、以下の記事は、未経験からWebデザイナーになる方法を詳しく解説しています。

ぜひご覧ください。

Webデザイナー未経験の30代でもなれる?【口コミ】

では、ここでJobQに投稿された未経験からWebデザイナーになりたい30代前半の女性の質問を見てみましょう。

30代です、未経験ですがWebデザイナーになれますか?

30代前半の女です。

Webデザイナーになりたいなと思ったのですが、どうすればいいのか、どうしたらなれるのかわからないです。これまでにいわゆるIT系の経験はなく、普通にネットサーフィンしたり、エクセルワードが使えるくらいです。

未経験でもWebデザイナーになれる可能性はありますか?どういうことから始めればいいでしょうか?

なれます。

会社が嫌になったのでやめまして、あまり先の展望はなかったのですが、WEBデザインスクールで33歳の時に半年ほど勉強し、ひととおりできるようになりました。

前職が営業職だったので、ホームページがいまいちの中小企業は多いですから営業すると、かなりの確率で商談になります。

詐欺的なSEOの会社とかから営業はたくさんくるみたいなのですが、ちゃんとした提案書で、廉価でWEBサイトを更新する営業をする会社はほとんどないみたいです。

WEBデザイン業界は•••続きを読む

未経験からでもWebデザイナーを目指すことは可能なようです。

まずは、Webデザインの勉強をするところから始めた方が良いようですね。

独学からWebデザイナーになる方法

独学でWebデザイナーになるには、オンライン学習や書籍を利用してデザインの知識を身につける必要があります。

またWebデザインスクールに通う人も多いですが、イラストレーターやフォトショップなどのデザインツールの基礎知識であれば、独学でも習得できるでしょう。

HTML5やCSSなどのプログラミングスキルは、独学で習得するには少し難易度が上がります。

学習を続ける中で、自己解決ができないことが多くなった場合は、無理に独学を続けるのはおすすめしません。

さらに、独学でWebデザイナーを目指している方は、以下の記事が参考になります。

Webデザイナーに必要な資格は?

Webデザイナーになるために必ず必要な資格はなく、誰でもWebデザイナーになることは可能です。

しかし、Webデザイナーに関する資格はあるため、保有しておくと自身のスキル証明になるでしょう。

Webデザイナーとして、転職や就職を考えている方は、資格取得も考えてみてはいかがでしょうか。

以下は、Webデザイナーに関する資格の一例になっています。

資格名 特徴
Webクリエイター能力検定試験 実践スキルを試す試験
画像処理エンジニア検定 エンジニア向けの画像処理資格
色彩検定 色を理論的に学んでいることの証明資格
Illustrator®︎クリエイター能力検定試験 Illustratorを使った技術認定資格
Photoshop®️クリエイター能力検定試験 Photoshopを使った技術認定資格
アドビ認定アソシエイト(ASC) アドビ系のツールの基本操作
Web検定 Webデザイナー試験 幅広いWebデザインの試験
Webデザイナー検定 文部科学省が後援団体に入っている
Webデザイン技能検定 Web業界で唯一の国家資格
HTML5プロフェッショナル認定資格 ソースコードを読む試験が多い
PHP技術者認定試験 PHPで唯一の資格
アドビ認定エキスパート アドビ系のツールを使いこなせる事を証明できる
カラーコーディネーター試験 色を仕組みから文化まで幅広く
ウェブ解析士認定講座 マーケティングの知識を要する


さらに、Webデザイナーの仕事について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

Webデザイナーに求められるスキル

Webデザイナーに必要な資格は?の画像

  • デザインツールスキル
  • コーディングスキル
  • コミニュケーションスキル

Webデザイナーに求められる基本的スキルは「デザインツールスキル」「コーディングスキル」「コミニュケーションスキル」です。

デザインツールスキルとコーディングスキルのような、技術的スキルは、仕事をする上で欠かせまん。

しかしWebデザイナーは、クライアントと仕事を進めるため、コミニュケーションスキルも必要となります。

そのため、ツールなどのスキルだけでなく、ディレクションスキルも求められるでしょう。

さらに、Webデザイナーに求められるスキルについて詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

Webデザイナーになるためのスクール

そもそもWebデザイナーになるのに学校に行く必要はある?

Webデザイナーを目指す人が増えていますが、そもそも学校に行く必要があるのでしょうか?

JobQに来ていた質問をご覧ください。

Webデザイナーになるのに学校に通うべきですか?

Webデザイナーになろうと思っています。色々調べているとWebデザイナーは独学でなることもできるようです。

そこで質問なのですが、Webデザイナーになるのに学校に通うべきでしょうか?

Webデザイナーです。

学校に通う最大のメリットは行き詰まった時に質問できる人がいることだと思います。

実際、独学でもWebデザイナーになることは可能ですが質問ができる人がいなければ厳しい時もあります。

まずは独学で勉強してみて難しそうだったら学校に通ってみてはいかがでしょうか?

とのことでした。

Webデザイナーになるためには学校に通う必要はありません。

しかしながら、学校に通うことで大きなメリットを得ることができるので、1人で勉強するのが不安だという人でもまず独学で勉強して、ダメだったら学校に通うという手段を取るのが良いでしょう。

Webデザインを学べるオススメスクール

Webデザインについて学べるスクールをいくつかご紹介します。

この3つのスクールは特にオススメのスクールで、秒速でWebデザインについて学ぶことができるので、迷っている方は入ってみてはいかがでしょうか。

それぞれの特徴があるので、ぜひ自分の学習スタイルに合わせたスクールへ入ってみてください。

短期間で学びたい方にオススメのスクール

  • Winスクール
    個人レッスンなのでわかりやすく学ぶことができる。
     

  • Internet Academy
    Adobe Illustrator, Photoshopをマスターして、Webデザインの基礎を叩き込める。

なるべく早くWebデザインを身に付けたいという気持ちはわかるのですが、短期間ではコーディングまで行うことは難しく、デザインの方を学ぶことになります。

ですので、一気にフリーランスのWebデザイナーとして活躍したいと思っている方には短期間で学ぶことはオススメできません。

Webデザインを学べるスクール一覧表

「結局どのスクールが1番良いのかわからない…」という方のために、わかりやすい一覧表を作ったのでご覧ください。

スクール名 特徴 こんな人にオススメ
KENスクール 無料カウンセリングあり スクールに行くか迷ってる人
デジタルハリウッド 講師がプロ ちゃんと学びたい人
バンタンデザイン研究所 週1日からでも通える 本業が忙しい人
Winスクール 2週間から学べる すぐに身に付けたい人
Internet Academy 基礎が学べる 予備知識が少ない人
WebCamp 毎日11:00~23:00に学べる 昼間は忙しい人
東京デザイン専門学校 週2回 19:00~ の授業 昼間は忙しい人
ヒューマンアカデミー 少人数授業 丁寧に学びたい人
CREATOR’SHIVE 土日のみ開講 平日は本業がある人
CodeCamp ビデオ通話を使った授業 家の近くに教室がない人
TechAcademy 自分にあったコースを選べる 何をしたいか決まってる人


こちらの一覧表から、自分にあった学校を選んでみてください。

Webデザイナーの学校は安くない買い物なので、できるだけ慎重に選びましょう。

Webデザイナーの年収は?【口コミ】

Webデザイナーの平均年収は461万円

  平均年収
Webデザイナーの平均年収 461万円
日本の平均年収 467万円

参照 : 厚生労働省 職業情報提供サイト
参照 : 国税庁 平均給与

厚生労働省のデータによると、Webデザイナーの平均年収は461万円でした。

また、国税庁が公表した日本人の平均給与は467万円です。

つまり、Webデザイナーの年収は日本人の平均より約6万円低い結果となります。

そのため、Webデザイナーの年収は国内で平均並みの水準だといえます。

さらに、Webデザイナーの年収について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

フリーランスWebデザイナーの年収

フリーランスWebデザイナーの年収は100万円台〜1000万円台まで幅がかなり広くなっています。

年収の幅が広い理由として、フリーランスのWebデザイナーは主婦業の片手間でやっている方もいれば、専業でやっている方もいるため、働く時間に差が出るからです。

ここでJobQに来ていたWebデザイナーの年収に関する質問を見てみましょう。

フリーランスWebデザイナーの年収っていくらくらいですか?

こんにちは。大学生です。

将来はフリーランスとして働きたいなと考えていて、調べていたところWebデザイナーとかどうかなと感じ始めました。そこで質問なのですが、フリーランスのWebデザイナーの年収はいくらくらいですか?

もしかしたら年収1000万円なんていったりするんですかね?

フリーランスのWebデザイナーです。

3年前からフリーランスとして働いていますが、年収は400万円ほどですね。

年収1000万円•••続きを見る

とのことでした。

フリーランスのWebデザイナーで1000万円を稼ぐことは難易度が高そうですが、不可能ではないようです。

Webデザイナーのやりがい

Webデザイナーの1番のやりがいとしては、クライアントの要望にうまく答えられた時ではないでしょうか。

上述したように、Webデザイナーはクライアントありきで仕事を行います。

クライアントによって、指示が細かい人や意図がうまく伝わらずに、トラブルになるケースも多いようです。

そのため苦労が多い分、トラブルなどを乗り越えて要望に答えられた時の達成感は、1番のやりがいと言えるでしょう。

Webデザイナーのまとめ

今回は、Webデザイナーについて幅広くご紹介しました。

Webデザイナーは、未経験からもチャレンジできる職業です。

まずは、スキルを身につけて経験を積みましょう。

この記事で、Webデザイナーの知識が少しでも増えていたら幸いです。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

完全無料!IT業界におすすめの転職エージェントランキング

  転職エージェント/公式サイト 総合評価
1位 レバテックキャリア
 https://career.levtech.jp/
4.7 ★★★★☆
2位 マイナビエージェント
 https://mynavi-agent.jp/
4.4 ★★★★
3位 Geekly
 https://www.geekly.co.jp/
4.3 ★★★★
4位 ネットビジョンアカデミー
 https://www.netvisionacademy.com
4.2 ★★★★
4位 type転職エージェントIT
 https://type.career-agent.jp/it/
4.2 ★★★★
6位 ビズリーチ
 https://www.bizreach.jp
4.1★★★★
7位 リクルートエージェント
 https://www.r-agent.com
4.0 ★★★★
8位 ハタラクティブ
 https://hataractive.jp/
3.8 ★★★☆

 

1位 IT業界で年収アップを目指すなら業界大手のレバテックキャリアがおすすめ!


2位 IT業界への転職を目指す全ての20代〜30代はマイナビエージェントがおすすめ!

この記事は役に立ちましたか?

この記事に関連する転職相談
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す