• HOME
  • 転職
  • 【徹底比較】Webデザイナーのおすすめ転職エージェント11選|平均年収・資格も紹介
【徹底比較】Webデザイナーのおすすめ転職エージェント11選|平均年収・資格も紹介

【徹底比較】Webデザイナーのおすすめ転職エージェント11選|平均年収・資格も紹介

Webデザイナーへの転職に使える評判の良いおすすめの転職エージェントを探していませんか。どの転職エージェントがWebデザイナーへの転職に評判が良いか、どの転職エージェントを利用するか悩みますよね。この記事では、Webデザイナーのおすすめ転職エージェントをご紹介いたします。

696

Webデザイナーのおすすめ転職エージェント11選

Webデザイナーの転職を成功させるためには、良質な求人情報が必要といえます。

ここでは、以下の観点から公認会計士におすすめな転職エージェントをランキング形式でご紹介します。

・Webデザイナーの求人数
・Webデザイナーに特化しているか
・Webデザイナーの転職成功の実績があるか
・転職サポートは充実しているか
・全国から求人を探すことができるか


それでは早速ランキングを見ていきましょう。

気になる転職エージェントがあれば、ぜひこの機会に登録してみてください。

原則、どの転職エージェントも相談目的だけの利用も可能です。
 

  転職エージェント 公開求人数 |満足度|特徴
1位 レバテックキャリア
https://career.levtech.jp/
 約430件 | ★★★★☆4.8
IT業界に特化してたプロのサポートを受けることが可能!
2位 マイナビエージェント
https://mynavi-agent.jp/
約270件 | ★★★★☆4.7
Webデザイナーを目指すすべての20〜30代におすすめ 
3位 リクルートエージェント
https://www.r-agent.com/
約3,040件 | ★★★★☆4,5
Webデザイナーの求人数圧倒的No.1
4位 Geekly
https://www.geekly.co.jp/
約400件 | ★★★★☆4,2
IT・Web・ゲーム業界に特化
5位 doda
https://doda.jp/
約624件 | ★★★★☆4.1
業界最大手の転職エージェント
6位 パソナキャリア
https://www.pasonacareer.jp/
171件 | ★★★★☆3.9
女性の転職に強い!
7位 ビズリーチ
https://www.bizreach.jp/
約20件 | ★★★★☆3.7
求人は600万円以上が多く、3分の1は1,000円以上 

 

1. レバテックキャリア

会社名 レバテック株式会社
Webデザイナーの求人数  約430件
料金 無料
面接対策
履歴書添削
公式サイト https://career.levtech.jp/
対応職種 グラフィックデザイナー、UXデザイナー、シナリオライターなど


レバテックキャリアは、IT・Web業界に特化した転職エージェントサービスです。

また、10年以上の実績がある転職エージェントサービスでもあります。

過去にWebデザイナーだったという、アドバイザーが多く在籍しているのが大きな特徴です。

そのため、実務経験に基づいいた、アピール方法の具体的なアドバイスを受けることができます

ここで、レバテックキャリアの口コミをご紹介します。
 

前職とは畑違いのエンジニアへの転職が希望通りにいったのは、レバテックキャリアサンのおかげだと思っています。

転職自体初めてで不安でいっぱいでしたし、同時に他のエージェントにも登録してみましたが、なんか違うなって思っていました。

レバテックキャリアのアドバイザーさんはIT業界にうとい私にも、分かりやすく説明してくれ、希望通りの転職を叶えてくれて感謝しています。


レバテックキャリアの公式サイトはこちら
https://career.levtech.jp/

 

2. マイナビエージェント

マイナビエージェント_転職エージェント

運営会社 株式会社マイナビ
Webデザイナーの求人数 約270件
料金 無料
書類対策
面接対策
公式サイト https://mynavi-agent.jp/


マイナビエージェントのおすすめポイントを紹介します。

マイナビエージェントのおすすめポイント

・20代の転職に強い
・転職サポートが充実
・求人の質も高い


マイナビエージェント」は、20代から絶大な支持を受ける転職エージェントです。

フリーターや20代の転職支援に、力を入れているため、若者に人気といえます。

転職を考えている20代の方に、とてもおすすめです。

より詳しい情報が気になる方は、「マイナビエージェントの評判・口コミ」をご覧ください。
 

とにかく自分にあった求人を用意してくれた転職エージェントでした。

中小志望だったが、他の転職エージェントでは反応の悪かった希望もマイナビでは真摯に対応してくれた。

求人数も多い。

連絡も早く、安心して転職活動に臨めた。 


マイナビエージェントの公式サイトはこちら
https://mynavi-agent.jp/

 

3. リクルートエージェント

運営会社 株式会社リクルート
Webデザイナーの求人数 約3,040件
料金 無料
面接対策
履歴書添削
公式サイト https://www.r-agent.com/
対応職種 グラフィックデザイナー、ライター、Webデザイナーなど


リクルートエージェント」は、求人数・転職実績がNo.1の総合転職エージェントです。

さらに、キャリアアドバイザーの質も高いと評判の転職エージェントです。

コロナ禍で求人数が減少しているからこそ、相談しておくべき転職エージェントと言えるでしょう。

転職を考えている方は、一度はカウンセリングと求人紹介を受けることをおすすめします。

ここで、リクルートエージェントの口コミをご紹介します。
 

リクルートエージェントは、まず幅広い求人が特徴です。

一般事務しか経験がなかったのですが、他の転職エージェントでは断られるような案件希望で、30件以上もの案件を提示して頂けました。

カウンセラーの方の姿勢も素晴らしく、聞く体制が整っていて親身に相談に乗って下さいました。


リクルートエージェントの公式サイトはこちら
https://www.r-agent.com/

 

4. Geekly

運営会社 株式会社Geekly 
Webデザイナーの求人数 約400件
料金 無料
面接対策
履歴書添削
公式サイト https://www.geekly.co.jp/
対応職種 Webデザイナー、2Dデザイナー、DTPデザイナーなど


Geekly」は、IT・Web・ゲーム業界に特化している転職エージェントです。

令和3年12月時点の公開求人数は、約12,231件保有しています。

Geeklyを経由して転職した人の75%の方が、年収アップした実績があります。

キャリアカウンセラーは、IT業界出身者が多、く手厚いサポートしてくれるといえるでしょう。

より詳しい情報が気になる方は、「Geeklyの評判・口コミ」をご覧ください。

Geeklyの公式サイトはこちら
https://www.geekly.co.jp/

 

5. doda 

運営会社 パーソルキャリア株式会社
Webデザイナーの求人数 約624件
料金 無料
面接対策
履歴書添削
公式サイト https://doda.jp/
対応職種 グラフィックデザイナー、UI・UXデザイナー、Webデザイナーなど


doda」は、国内でトップレベルの知名度と質の高い求人が揃っています。

転職者満足度No.1を誇るほど、サービスが充実している転職エージェントです。

コロナ禍で転職活動に不安を抱えている方は、ぜひ1度相談してみてはいかがですか。

ここで、dodaの口コミをご紹介します。
 

メールで常に求人情報が流れていたり、大企業だけでなく中小優良企業の掲載も豊富です。

他転職エージェントにはない独自のシステムやノウハウで転職後までフォローしていただけたことも印象的でした。

幅広く視野を広げて転職先を見つけたい方に非常にオススメの転職エージェントです。


dodaの公式サイトはこちら
https://doda.jp/

 

6. パソナキャリア

パソナキャリア

会社名 株式会社パソナ
Webデザイナーの求人数 約171件
料金 無料
面接対策
履歴書添削
公式サイト https://www.pasonacareer.jp/
対応職種 グラフィックデザイナー
プロダクトデザイナー、DTPオペレーターなど


パソナキャリア」は、25万人の転職支援実績があり、転職業界でも最大手といえます。

さらに、女性に対する転職サポートにも、力を入れている転職エージェントです。

求人の質も高いので、転職をお考えの方は、相談すべき転職エージェントの1つといえるでしょう。

ここで、パソナキャリアの口コミをご紹介します。
 

パソナキャリアでは継続的に案件紹介などのコンタクトが取れますのでそこが最も良かったことだと思います。

それは、案件紹介の自動マッチングサービスを導入されていることが大きな要因だと思います。


パソナキャリアの公式サイトはこちら
https://www.pasonacareer.jp/

 

7. ビズリーチ

会社名 株式会社ビズリーチ
Webデザイナーの求人数 約20件
料金 無料
面接対策
履歴書添削
公式サイト https://www.bizreach.jp/
対応職種 インテリアデザイナー、プロダクトデザイナー、空間デザイナーなど


ビズリーチは、高年収求人が豊富で年収が上げることが可能な転職エージェントです。

ビズリーチ転職後の平均年収は、以下のようになっています。

  • 35歳以上:850万円
  • 40歳以上:910万円

Webデザイナーへの転職で年収を上げること目指している方は、登録するべき転職エージェントです。

ここで、ビズリーチの口コミをご紹介します。
 

自分の仕事への価値観やどこに重きを置くのかなど、深掘りして聞いてくださいました。

また、自分を客観的に分析してくださる為自分自身気づかない点にも気づかされました。

只今内定の為に求人を紹介するのではなく、その人その人にあった職場を一緒に考えて長く働ける様に力を貸して下さいました。

転職という未知の領域の流れや考え方、新卒との求められる人材の違いなどわかりやすく教えて頂きました。

まだ、内定や希望の案件には出会っていませんが、今後もぜひお世話になりたいと考えています。

実際の目に見えない物を提案されている為、本当のところはどうなんだろう等不安は勿論ありますが、信頼をしっかりと築いてから提案や、助言を下さるので利用者としても安心してお願いできています。


ビズリーチの公式サイトはこちら
https://www.bizreach.jp/

 

関連記事
▶︎転職エージェントおすすめ大手15社を徹底比較|ランキングも紹介 

Webデザイナー未経験向け転職エージェント

ここでは、Webデザイナー未経験者におすすめ転職エージェントは「ワークポート」です。
 

ワークポート

運営会社 株式会社ワークポート
公開求人数 50,566件
料金 無料
面接対策
履歴書添削
公式サイト https://www.workport.co.jp/
対応職種 グラフィックデザイナー、CGデザイナー、Webデザイナーなど


ワークポート」は、エンジニアの転職に強い転職エージェントです。

エンジニア経験を持っている方に、おすすめといえるでしょう。

アジアなどにも多く情報を持っているため、海外に興味がある人に適しています。

詳細が気になる方は、「ワークポートの評判・口コミ」をご覧ください。
 

私は、ITエンジニアとしての転職を考えていたのですが、ワークポートを利用してよかったことは、IT系の求人数が非常に豊富だったことです。

ワークポートの職員の方も、IT系の専門用語などをよく知っておられたので、コミュニケーションが円滑にすすんだのが非常に快適でした。

IT業界志望の転職希望者は、ワークポートを使ってみることをおすすめします。 


ワークポートの公式サイトはこちら
https://www.workport.co.jp/

 

関連記事
▶︎未経験でもできる?Webデザイナーへの転職・おすすめエージェント 

Webデザイナーにおすすめの転職サイト3選

おすすめの転職サイト3選と特徴について、詳しく解説していきます。

  1. リクナビNEXT【業界最大級の求人を保有】
  2. Green【IT業界の求人を多く保有】
  3. ユウクリ【クリエイティブ業界に特化】

 

1. リクナビNEXT

運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 約52,444件
料金 無料
スカウト
転職支援サービス なし
公式サイト https://next.rikunabi.com/
対応職種 グラフィックデザイナー、DTPオペレーター、コピーライターなど


リクナビNEXT」の最大の強みは、業界最大級の求人数を持っていることです。

求人数の豊富さは、転職先の選択肢を増やすことにもつながるため、おすすめといえるでしょう。

転職経験者の約8割が利用したことがあるという、リクナビNEXT。

未経験でも挑戦できる求人や、書類審査不要な求人などもあります。

そのため、まったく新しい職種や業界に挑戦したいという方には、最適な転職サイトです。

詳細が気になる方は、「リクナビNEXTの評判・口コミ」をご覧ください。

リクナビNEXTの公式サイトはこちら
https://next.rikunabi.com/

 

2. Green

運営会社 株式会社アトラエ
公開求人数 約26,611件
料金 無料
スカウト
転職支援サービス なし
公式サイト https://www.green-japan.com/
対応職種 グラフィックデザイナー、UIデザイナー、CGデザイナーなど


Green」の利用者の利用者の多くは、20代~30代の若手です。

Greenを利用するメリットを5つご紹介します。

  • IT業界最大級の求人の多さ
  • 企業の雰囲気がわかる(企業の写真が多数掲載)
  • 人事担当者に直接スカウト
  • 企業と直接連絡が取れる
  • 面接前に気になる企業の方とカジュアルに会うことができる

未経験歓迎の求人などもあるため、利用すべき転職サイトといえるでしょう。

また、企業に自分からアピールする機能などがあり、マッチングしやすいというのも、特徴といえます。

Greenの公式サイトはこちら
https://www.green-japan.com/

 

3. ユウクリ

運営会社 株式会社ユウクリ
公開求人数 約602件
料金 無料
スカウト
転職支援サービス
公式サイト https://www.y-create.co.jp/
対応職種 グラフィックデザイナー、DTPオペレーター、Webデザイナーなど


ユウクリ」はクリエイティブ業界に特化した転職サービスで、4000件以上の実績があります。

総合的なサポートが魅力の一つで、派遣やフリーランスの支援を行っているのも特徴です。

長期ではなく、一日だけスポットで働きたいと考えている人に、最適といえるでしょう。

また、クリエイターのための相談会やセミナーを開催するなど、キャリア支援も行っています。

ユウクリの公式サイトはこちら
https://www.y-create.co.jp/

Webデザイナーの転職にエージェントは必要か

ここでは、JobQにきていた転職エージェントに関する質問を見てみましょう。
 

Webデザイナーの転職にエージェントを使うべきでしょうか?

現在Web制作系の中小企業に勤めています。

この度思い切って転職しようと思ったのですが、私のようなしがないWebデザイナーでもエージェントを使うべきなのでしょうか?

転職経験のあるWebデザイナーの方、ぜひ回答よろしくお願いします。

30代Webデザイナーです。

私も中小企業でWebデザイナーをしております。

私自身に転職経験はないのですが、同僚がエージェントを利用して転職していました。

やはり…続きを見る


いかがでしたか。

Q&Aをまとめると、以下のようなことが言えるでしょう。

  • Webデザイナーの転職では転職エージェントを使うべき
  • 働きながら転職を目指すなら転職エージェンを使った方が良い


Webデザイナーとして働いているとしたら、働きながら転職活動をするのはなかなか時間がかかり難しいとのことでした。

ぜひ転職エージェントを使って転職を成功させましょう。

 

関連記事
▶︎評判の悪い転職エージェントはどこ?|口コミと評判で徹底解説

Webデザイナー向けの転職エージェント使い方11選

ポイント

1. 転職希望時期は「すぐにでも」と伝える

2. 履歴書・職務経歴書に嘘は書かない

3. キャリアカウンセリング前には自己分析を行う

4. キャリアアドバイザーへの返信は早く行う

5. 遅くとも2週間に1度は連絡して熱意を伝える

6. 企業への推薦文は必ず目を通す

7. 面接後は転職エージェントと振り返りを行う

8. 担当者が合わない場合は変更を依頼する

9. 企業分析には口コミサイトを活用する

10.複数のエージェントから同じ求人に応募しない

11. 転職エージェントの複数利用は隠さない

1. 転職希望時期は「すぐにでも」と伝える

初回登録や面談では、転職希望時期を聞かれます。

そのときは、「すぐにでも転職したい」「1ヶ月以内に転職先を決めたい」などと、転職への熱意を伝えましょう。

転職エージェントは短期間で多くの人を内定させたいので、転職活動に熱心な人ほど優先的に対応してくれます。


2. 履歴書・職務経歴書に嘘は書かない

以下の3つの理由から、経歴や職務経験に嘘を書くのは決してやってはいけません。

  • 転職エージェントから紹介される求人とのミスマッチが起こる
  • バレたら、転職エージェントと企業の両方から信頼を失う
  • 最悪、以後の利用を断られる

また、入社後に経歴詐称がバレたら、懲戒解雇などのリスクもあります。

結論として、虚偽の情報を転職エージェントに伝えることには何もメリットがありません。
 

関連記事
▶︎【経歴詐称は罪になるのか】典型的なケースなどを解説
▶︎【経歴詐称がバレないのは本当なのか】勧められない理由などを解説


3. キャリアカウンセリング前には自己分析を行う

初回のキャリアカウンセリング前には、必ず自己分析をして転職の軸を固めましょう。

後悔のない転職のためには、あなたと企業とのミスマッチを防ぐことが大切です。

そのためには、企業研究だけでは物足りず、あなたが「転職で求めるもの」を明確にしなくてはなりません。


4. キャリアアドバイザーへの返信は早く行う

担当の転職エージェントからメールや電話があった場合には、できるだけ早く返信をしましょう。

連絡をこまめにすればするほど、転職エージェントへ「転職への意欲」を示すことができます。

他の求職者よりも優先的にサポートしてもらうためにも、早い返信でやる気を伝えましょう。


5. 遅くとも2週間に1度は連絡して熱意を伝える

本業の仕事や選考対策で時間が取れなくても、2週間に1度は転職エージェントへの連絡を行いましょう。

転職エージェントは企業が求める人材を自社のデータベースから探して、条件に該当する20人前後に案件紹介メールを送ります。

このとき、求人紹介は「転職エージェントとの接触日が近い人=まだ転職活動をしている人」が優先的に受けられます。

そのため、求人紹介を優先的に受けるためにも、転職エージェントとこまめに連絡を取って、データベース上の更新日を直近にしましょう。

転職エージェント側の視点だと、連絡がこまめな人は常に優先順位で上位に来ます。

担当する転職者が大勢いる中で忘れられないためにも、自分の活動状況は継続して伝えておきましょう。


6. 企業への推薦文は必ず目を通す

転職エージェントは、企業に対して200字〜1000字の推薦文を書いてくれます。

ただし、担当者によっては「経歴をただ丸写ししただけ」ということもあるので、事前に目を通す必要があります。

確認したいときは、「推薦文で書かれた内容と自己PRの内容を一致させたいので、一度推薦文を確認させていただけませんか?」と言うといいでしょう。


7. 面接後は転職エージェントと振り返りを行う

企業との面接後には、必ず転職エージェントと振り返りを行ってください。

担当者は企業の人事から「あなたの評価」を聞いているので、具体的な改善点を知ることができます。

面接の通過率は10〜30%ほどですので、転職エージェントのアドバイスをいかに活用するかが鍵となります。


8. 担当者が合わない場合は変更を依頼する

実は担当のキャリアアドバイザーは、本社にメールすれば変更することができます。

求人紹介や人柄が合わない方は、下記の例文を参考に担当変更を願い出ましょう。

キャリアアドバイザーを変更したいときのメール例文

件名:担当キャリアアドバイザーの変更依頼について
〇〇(転職エージェント名)

新宿支社 様
いつもお世話になっております。

昨年の12月より、転職支援をしていただいている〇〇と申します。
登録IDは〇〇です。

現在、ご担当者様である〇〇様には、私のために様々なサポートをしていただき、大変感謝しております。
しかし、私の希望する〇〇業界は専門的な知識が高く要求されるため、より業界に精通したキャリアアドバイザーの方にもお話を伺ってほしいと思っております。

私事で大変申し訳ございませんが、〇〇に詳しいキャリアアドバイザーの方にもお話しする機会をいただくことはできませんでしょうか?
お忙しいところ恐縮ですが、ご対応のほど何卒よろしくお願いいたします。

〇〇(自分の名前)


9. 企業分析には口コミサイトを活用する

転職エージェントは、求人情報からはわからない企業内の制度・文化・人間関係を教えてくれます。

しかし、多くの求人を抱える転職エージェントは、1つ1つの企業について深く知っているとは限りません。

そこで、志望先の企業が決まったら、JobQのような口コミサイトも活用して、現場社員の声を確認しましょう。


10. 複数のエージェントから同じ求人に応募しない

同じ企業の求人に、複数の転職エージェントから応募するのは絶対に避けましょう。

それぞれの担当者だけでなく、企業側の人事まで混乱させることになるので、悪いイメージを持たれる可能性があります。


11. 転職エージェントの複数利用は隠さない

転職エージェントを複数利用していることは、担当のキャリアアドバイザーに伝える方が賢明です。

エージェント側も、優秀な人材はできるだけ自分が担当したいと考えているので、他社よりも条件のいい求人を紹介してくれる可能性があります。

転職エージェントの使い方について、さらに気になる方は、以下の関連記事をご覧ください。
 

関連記事
▶︎【転職エージェントの使い方】誰も知らない成功へ導く情報を徹底解

未経験でWebデザイナーなる3つの方法

ポイント

1. スクール・通信

2. 独学

3. 職業訓練

1. スクール・通信

Webデザインを学ぶ方法スクールに通ったり、通信で学習するという方法があります。

スクールのメリットは効率よく学べるという点です。

分からないことがあれば、先生に聞くことができ、周りに同じ学習している人がいるのでモチベーションを保つこともできます。

しかし、平均的に20万円以上費用がかかってしまう事に注意しましょう。
 

関連記事
▶︎【完全保存版】読めばわかる!Webデザイナーの資格が取れる通信講座まとめ

2. 独学

Webデザイナーには独学でなることもできます。

独学のメリットは費用をあまりかけずに学ぶことができるという点です。

また、最近では月額制の動画配信サービスなどもあるのでそちらを参考にして学習するのもいいでしょう。

しかし、独学だとつまづいてしまった時などにそんだんできる人が近くにいないため進みが遅くなってしまうというデメリットがあります。

JobQにWebデザイナーの独学に関する記事がありますのでぜひ参考にしてみてください。

関連記事
▶︎Webデザイナーは独学でフリーランスになれる?勉強法や本をご紹介

3. 職業訓練

職業訓練は、失業した人が就職するためにサポートしてくれる場所であり、無料でWebデザイナーの知識を学習することができます。

職業訓練では、条件が合えば給付金をもらいながら学習することが可能で、就職のサポートも受けることができます。

職業訓練を始めるには、試験に合格する必要があり、試験やどの時期に募集をしているのかなどを確認しましょう。

JobQにWebデザイナーの職業訓練に関する記事がありますのでぜひ参考にしてみてください。

関連記事
▶︎ 【Webデザイナーの職業訓練とは?】志望動機やメリットを解説

Webデザイナーの平均年収は460.9万円

ポイント

1. Webデザイナーの平均年収は460.9万円

2. Webデザイナーのフリーランスの年収

3. Webデザイナーの年収に関する口コミ【Q&A】

ここでは、 Webデザイナーの平均年収についてご紹介します。
 

1. Webデザイナーの平均年収は460.9万円

Webデザイナー平均年収

比較対象 平均年収
Webデザイナー 461万円
日本人 467万円

参照:厚生労働省 職業情報提供サイト
参照: 国税庁 平均給与

厚生労働省のデータによると、Webデザイナーの平均年収は460.9万円でした。

また、国税庁が公表した日本人の平均給与は467.0万円です。

つまり、Webデザイナーの年収は日本人の平均より約6万円低い結果となります。

そのため、Webデザイナーの年収は国内で平均並みの水準だといえます。

Webデザイナーの年収の詳しい情報が気になる方は、関連記事をご覧ください。
 

関連記事
▶︎
Webデザイナーの年収は460.9万円!フリーランスの年収も解説

2. Webデザイナーのフリーランスの年収

フリーランスの年収
参照:内閣官房日本経済再生総合事務局 フリーランス実態調査

内閣官房日本経済再生総合事務局の調査によると、フリーランスの年収は200万以上300万未満が最も多かったそうです。

そのため、フリーランスWebデザイナーの平均的な年収も200〜300万円の水準である可能性が高いです。

つまり、Webデザイナーはフリーランスという労働形態だと年収が低くなる傾向であるといえます。

続いて、JobQに寄せられたWebデザイナーのフリーランスに関するQ&Aを見てみましょう。

フリーランスのWEBデザイナーの年収

現在主婦をしており、収入を増やしたいなと思い、在宅でできるフリーランスのWEBデザイナーに魅力を感じています。

フリーランスのWEBデザイナーの年収ってどれくらいですか?

実際にやっておられるかたがいれば教えてください。

現在、フリーランスのWEBデザイナーをやっている者です。

会社勤めのときは大体400万円ほどもらっていました。

しかし、…続きを見る

フリーと会社員半々で仕事をしています。フリーランス専業でウェブデザインをしている知人はたくさんいますが、大体は250~300万円くらいの幅のようです。

ただし、…続きを見る

▶︎Webデザイナーに関する他のQ&Aこちら!

経験者の口コミによると、Webデザイナーでフリーランスをしている方の年収は基本的に250〜350万円だそうです。

また、家事などと並行して仕事する場合はフリーランスとして活躍しにくいことも指摘されていました。

ただし、やり方次第では400〜500万円を稼ぐことも可能だそうです。

Webデザイナーのフリーランスの年収について詳しいことが知りたい方は、関連記事をご覧ください。
 

関連記事
▶︎フリーランスWebデザイナーの年収|気になる年収とその実態

3.【Q&A】 Webデザイナーの年収に関する口コミ

ここで、JobQに来ていたWebデザイナーに関する質問を見てましょう。
 

Webデザイナーってなんで年収水準が低いのでしょうか?

Webデザイナーへの就職を考えています。ただ、悩みとしてはWebデザイナーってどうも企業や会社から下に見られているといいますか…。

Webデザイナーの年収水準などなどかなり低いですよね…?なんでそのような事態が起きるのでしょうか?

そういった理由でWebデザイナー職への就職はこれからのキャリアで正しいのか考えてしまいます。

技能職だから、あまり技能や経験が高くない人の層が厚いためです。

WEBデザイナーは規模が大きいので目立ちますけど、…続きを見る

▶︎Webデザイナーに関する他のQ&Aこちら!

口コミによると、Webデザイナーの年収は人によって異なる為、回答にもあるように知識や技術がある場合は年収が高く設定されるケースもあるようです。

ですからWebデザイナーになるとしたら、自身の技術レベルを底上げするような努力が必要となりますね。
 

関連Q&A
▶︎ 【Webデザイナーの年収】給料が低いのは本当?フリーや30代の平均も解説

Webデザイナー未経験は資格が必要か?

ポイント

1. 【結論】必ずしも必要な資格はない

2. Webデザイナーの資格を持っていると就職や転職に有利

3. Webデザイナーにおすすめの資格と費用

ここでは、Webデザイナー未経験は資格が必要なのか解説していきます。
 

1. 【結論】必ずしも必要な資格はない

Webデザイナーになるために必要な資格はありません。

資格を取得していなくてもWebデザイナーとして働くことは可能です。
 

関連記事
▶︎
【Webデザイナーの資格】取得にかかる費用やスクールなども解説

2. Webデザイナーの資格を持っていると就職や転職に有利

必要な資格はありませんが、国家資格や会社が実施している資格があります。

未経験者の方が、就職や転職する際にどれ程の知識があるかの基準にもなっています。

そのため、未経験者だけなく経験者も持っておいて損はないでしょう。

関連記事
▶︎【Webデザイナーに資格は必要なのか?】難易度別におすすめをご紹介

3. Webデザイナーにおすすめの資格と費用


今回はWebデザイナーのおすすめの資格を3つご紹介します。
 

  • ウェブデザイン技能検定
  • Webデザイナー検定
  • Webクリエイター能力認定試験


●ウェブデザイン技能検定
 

資格名 ウェブデザイン技能検定
合格率

3級:60〜70%

2級:30〜40%

1級:10〜20%

費用

3級
学科:5,000円
実技:5,000円(35歳以上)
   3,000円(35歳未満)

2級
学科:6,000円
実技:12,500円(35歳以上)
   7,000円(35歳未満)

1級
学科:7,000円
実技(またはペーパー実技含む):25,000円


参照:ウェブデザイン技能検定

ウェブデザイン技能検定はデザイン関連の資格の中で最も人気のある資格で唯一の国家資格です。

学科試験及び実技試験が行われ、合格するとウェブデザイン技能士を名乗れます。

3級は比較的簡単で実務経験も必要ないので手をつけやすい資格ですが、1級・2級は難易度も高く、実務経験も必要です。


●Webデザイナー検定
 

資格名 Webデザイナー検定
合格率
  • ベーシック:60%
  • エキスパート:30%
費用
  • ベーシック…5,600円
  • エキスパート…6,700円


参照:Webデザイナー検定

Webデザイナー検定はWeb制作全般に関わる知識を問われる試験で、ウェブデザインのコンセプトや制作やテスト、運用などの知識が問われます。

ベーシックとエキスパートの二つに難易度が分かれていて、さらにWebデザイン総合誌「Mdn」の公認資格となっています。

ベーシックは比較的簡単ですがエキスパートはより専門的な知識が必要になります。


●Webクリエイター能力認定試験
 

資格名 Webクリエイター能力認定試験
合格率 合格率は60〜70%
費用
  • スタンダード…7,500円
  • エキスパート…5,900円


参照:Webクリエイター能力認定試験

サーティファイ株式会社が主催の資格試験で、ウェブサイトのデザイン制作及びにHTML・CSS等のコーディングスキルを測る試験です。

スタンダードとエキスパートの二つに難易度は分かれていて、受験資格はなく、テストは知識問題と実技問題に分かれています。

合格は得点率65%が必要です。

Webデザイナーの資格の難易度など、詳しい情報が気になる方は関連記事をご覧ください。

 

関連記事
▶︎【Webデザイナーの資格】難易度と費用やおすすめも詳しく解説

Webデザイナー未経験の就職が厳しい3つの理由

ポイント

1. Webデザイナーは実力主義だから

2.スキルを得るまでに時間がかかるから

3.Web業界が流動的だから

1.Webデザイナーは実力主義だから

Webデザイナー就活は普通の就活と違って、学歴・職歴 < 実力(ポートフォリオ)という社会です。

履歴書にも「ポートフォリオ(作品)」の提出欄があり、『実務経験者』を求める求人ばかりです。

「どんなスキルで、どんなサイトを作ることが出来るのか」ということが重視されます。

企業が求めるているWebデザイナー像は、ズバリ、仕事が出来るWebデザイナーなのです。

また、未経験からWebデザイナーを目指す場合は約一年かかるそうです。

ただ、そう簡単にプロとして仕事を貰えるわけではなく、
何年もかけて実力を身に付けていく必要があります。
 

関連記事
▶︎【未経験向け】Webデザイナーはポートフォリオで勝負する!

2.スキルを得るまでに時間がかかるから

Webデザイナーとしてのスキルを未経験者が得ようとしても、最低でも3か月~半年はかかると言われているからです。

また、未経験者を採用して1から教えるとしても、教える側の人材不足も問題として挙げられます。

【Webデザイナーに必要なスキルとは?】

  • Photoshop / illustrator(画像加工・イラスト作成)
  • HTML / CSS(webサイトの土台作り・アレンジ)
  • JavaScript(動きをプラス)

このように、身に付けるスキルが多いのがWebデザイナーです。
 

関連記事
▶︎未経験からWebデザイナーになるには?【20代/30代/新卒】

3.Web業界が流動的だから

Web業界は年々成長が期待され、実際にも成長が著しい業界でもあり、業界内の職種も多様化・細分化されています。

そもそもWeb業界は、時代が進化するにつれて、求められる力も変化する業界です。

勉強し続けなければ、時代・ニーズにあったものを創れなくなるため、注意が必要です。

 

関連記事
▶︎【Web業界はブラック企業多数?】残業が多い/少ない職種をご紹介

転職エージェントに関する【Q&A】

ポイント

1. 直接応募するのと転職エージェントを利用するのとではどちらがいいですか?

2. 初めて転職活動する場合、エージェントを利用したほうがいいでしょうか?

3. あ、この転職エージェント危険だなと感じる特徴は何ですか?

4. 転職エージェントは転職希望者を見捨てることはありますか?

直接応募するのと転職エージェントを利用するのとではどちらがいいですか?

私は在職中ではありますが、現在転職活動をしております。

年齢は50歳です。

気になる企業のホームページに求人募集がある場合、直接応募が良いかそれとも付き合いのあるエージェントからの応募が良いのか悩んでおります。

ちなみにこの求人は別の人材会社が案件を所有しております。

ただその人材会社とは相性が良くありません。良いアドバイスをお願いします。  

エージェントを通す方が得策と思います。

エージェントは貴方を応募した会社に売り込んでくれます。

しかし.…続きを見る


いかがでしたか。

上記の情報をまとめると、以下のようなことが言えます。

  • 転職エージェントを通した方が、転職希望者を企業に売り込んでくれるので良いと思う
  • 給与交渉も含めて、転職エージェントが代行してくれる場合がある

転職エージェントを利用することで、プロにキャリア相談してもらえます。

客観的な意見をもらうことで、視野が広がったり、取るべき行動が明確になったりすることもあるでしょう。
 

初めて転職活動する場合、エージェントを利用したほうがいいでしょうか?

初めて転職活動する場合、エージェントを利用したほうがいいでしょうか?

どのように行動をしていけばわからないのと、モチベーションが維持出来ないことが理由なのですが転職エージェントを利用しようかしまいかで悩んでいます。

やはり、初めての経験だからこそ転職エージェントを利用したほうが宜しいと思いますか?

回答お願いします。  

した方がいいです。

職務経歴書の書き方、面接対策、面接時間の調整や年収交渉をしてくれます。

初めての転職で年収交渉は難しいと思います。

面接時間を…続きを見る


いかがでしたか。

上記の情報をまとめると、以下のようなことが言えます。

  • 初めての転職活動では年収交渉など難しいことが多いので転職エージェントを利用した方がいい
  • 複数の内定が出た時の対応も転職エージェントを利用することで対応してくれる

初めての転職活動では、職務経歴書の書き方、面接対策など慣れないことが多いです。

以上の情報から、転職エージェントを経由なら、このようなサポートも手厚くしてくれるので初めての転職活動をする際は、転職エージェントを利用した方がいいと言えるでしょう。
 

あ、この転職エージェント危険だなと感じる特徴は何ですか?

転職活動を始めようと思っています。

転職エージェントを何名か登録しようと思うのですが、

転職エージェントを見分ける際に、あ、このエージェント危険だな、やばそうだなとかいうのを見極めるための方法はありますか?

どういった特徴がありますか?

はじめにリクルートエージェントに登録する予定ですが、その他個人のエージェントにも登録したいと考えています。

この時に、危険なエージェントの見極め方をお聞きしたいです。  

全く連絡をして来ない(メールも電話もない)の傾向が見られたら危険です。

面談の際も適当な求人しか出して来ない。

同じ大卒の担当者をあて、親近感を沸かせる。

面談の人が…続きを見る


いかがでしたか。

上記の情報をまとめると、以下のようなことが言えます。

  • 転職エージェントの担当者からなかなか返事が返ってこない場合は危険な場合がある
  • 職務経歴書の添削を要求しない限り放置された場合は注意する必要がある

担当者から連絡がない場合は、転職エージェントに連絡して担当者を変えてもらう依頼をした方がいいと言えるでしょう。

危険で信用できない転職エージェントの特徴を詳しく知りたい方は、関連記事をご覧ください。
 

関連記事
▶︎【信用できない転職エージェント】特徴や対処方法を徹底解説

転職エージェントは転職希望者を見捨てることはありますか?

転職エージェントに不安があります。

既に転職活動中の方へお聞きします。

現在初めての転職活動中で、希望企業へ応募したい旨エージェントへ連絡しました。

すると、早速企業へ書類を送付しておきましたと返信がありました。

普通は添削や、面談といった下準備があっての応募、と認識していたので少し驚いています。

見込みがないなどと見捨てられた感じがしてなりません。  

私は2回転職経験があり、それぞれ別のエージェントを利用しました。

1社目のエージェント(IT特化)はとても丁寧で、書類の添削はもちろん、面接の練習までしたもらいました。

2社目のエージェント(最大手)はあまり丁寧ではなく、希望と的外れな案件を紹介してきたり、書類の細かい添削はなく、もちろん面接の練習などもなかったです。

企業側への質問をお送りしたにもかかわらず、何回かスルーされたり、結構ひどかったです。

担当者の当たり外れもあると思うので、…続きを見る


いかがでしたか。

上記の情報をまとめると、以下のようなことが言えます。

  • 担当者と合わない場合は、担当者を変えてもらったほうがいい
  • 担当者から返答がない場合は、なるべく早く動いた方がいい

担当者によっては、合わない場合があります。

そんな時は、遠慮せずに担当者の変更を申し出ましょう。

転職エージェントを複数登録することで、合わない担当者がいても、転職活動を止めることなく進めることができます。
 

まとめ:合わせておすすめしたい関連記事

都道府県別おすすめ転職エージェント

関東 東京神奈川(横浜)埼玉千葉茨城栃木群馬
関西 大阪兵庫(神戸)京都滋賀三重奈良和歌山
中部 愛知(名古屋)静岡岐阜新潟富山石川福井山梨長野
北海道・東北 北海道(札幌)青森岩手宮城(仙台)秋田山形福島
中国 広島鳥取島根岡山山口
四国 徳島香川愛媛高知
九州 福岡佐賀長崎大分熊本宮崎鹿児島沖縄

 

業界別・職種別おすすめ転職エージェント

業界別おすすめ転職エージェント 職種別おすすめ転職エージェント
保険業界向け転職エージェント紹介記事 福祉職向けの転職エージェント紹介記事
教育業界向け転職エージェント紹介記事 医療事務向けの転職エージェント紹介記事
出版業界向け転職エージェント紹介記事 会計士向けの転職エージェント紹介記事
化学業界向け転職エージェント紹介記事 Webデザイナー向けの転職エージェント紹介記事
食品業界向け転職エージェント紹介記事 SE向けの転職エージェント紹介記事
シンクタンク業界向け転職エージェント紹介記事 人事向けの転職エージェント紹介記事
ゲーム業界向け転職エージェント紹介記事 営業職向け転職エージェント紹介記事
介護業界向け転職エージェント紹介記事 事務職向け転職エージェント紹介記事
自動車業界向け転職エージェント紹介記事 経理向け転職エージェント紹介記事

完全無料!IT業界におすすめの転職エージェントランキング

  転職エージェント/公式サイト 総合評価
1位 レバテックキャリア
 https://career.levtech.jp/
4.7 ★★★★☆
2位 マイナビエージェント
 https://mynavi-agent.jp/
4.4 ★★★★
3位 Geekly
 https://www.geekly.co.jp/
4.3 ★★★★
4位 ネットビジョンアカデミー
 https://www.netvisionacademy.com
4.2 ★★★★
4位 type転職エージェントIT
 https://type.career-agent.jp/it/
4.2 ★★★★
6位 ビズリーチ
 https://www.bizreach.jp
4.1★★★★
7位 リクルートエージェント
 https://www.r-agent.com
4.0 ★★★★
8位 ハタラクティブ
 https://hataractive.jp/
3.8 ★★★☆

 

1位 IT業界で年収アップを目指すなら業界大手のレバテックキャリアがおすすめ!


2位 IT業界への転職を目指す全ての20代〜30代はマイナビエージェントがおすすめ!

この記事は役に立ちましたか?

この記事に関連する転職相談
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す