【フリーランス】Webデザイナーのサイトの作り方をご紹介

【フリーランス】Webデザイナーのサイトの作り方をご紹介

フリーランスWebデザイナーで自分のサイトを持ってる人は多いですが、作り方を知らない方も多いと思います。そこで今回はWebデザイナーの有名サイトや作り方をご紹介します。個人サイトはポートフォリオにすることができるので、ぜひ作り方を参考にしてみてください。

フリーランスWebデザイナーは自分のサイトが重要

フリーランスのWebデザイナーが仕事を得るには、自分で取りに行かなければなりません。

電話をかけまくるテレアポ営業や、懇意にしている代理店からの紹介をじっと待つという方法もあります。

自分のことを少しでも知る人が自分の実績を見てもらった上での引き合いだと受注にいたる確率がとても高いので、自分の制作実績を掲載する場としてサイトの制作が重要です。

 

自分のサイトが名刺がわりになる

新たに業者や取引先を選ぶ時には、サイト検索して興味があったところに複数連絡して、相見積もりを取るプロセスが浸透してきました。

検索対象が企業であれ、フリーランスであれ同じことです。

ですからフリーランスにとって、自分のサイトが名刺の役割をも果たしているわけです。

フリーランスWebデザイナーが案件を受注するためには、まだ見ぬクライアントに自分の存在を気が付いてもらい、自分のことを知ってもらうことが必要です。

それには、自分のサイトがなければ始まりません。

JobQに来ていたWebデザイナーのサイトに関する質問を見てみましょう。

Webデザイナーって自分のサイトを作りますか?

Webデザイナーを目指しているのですが、自分のサイトは作るものなのでしょうか?

特にフリーランスの方は作っている印象があるのですが、企業に勤めている人もサイトを作っているのでしょうか?

ぜひ教えてください。

Webサイト制作会社で勤めています。

フリーランスの方は自分のサイトを作っておかないと仕事にならないので、作っている印象です。

しかしもちろん、企業に勤めているWebデザイナーも自分のサイトを作っている人がいます。

Webデザインの仕事が楽しい人は結構作っている人が多いですね。


とのことでした。

やはりフリーランスの方は自分のサイトを作るのが一般的なようですね。

個人サイトを持ってるフリーランスWebデザイナー


冒頭でお話しした通り、活躍しているフリーランスのWebデザイナーは、個人サイトを持っていて、営業ツールとしても、自分のブランディングにも有効利用しています。

 

参考にしたい有名Webデザイナーのサイト

日本を代表するWebデザイナーの第一人者は、中村勇吾氏です。

グラフィックデザイナーや映像ディレクターとしても有名な中村氏が代表のデザイナー集団の
サイトは、独創的でまるで映画を見ている気になりますし、Web デザイナー各氏のポリシーも理解できるものだと思います。

WEBDESIGNER JAPANは、日本で活動しているフリーランスWebデザイナーのサイトを紹介しています。

もちろん新規登録もできますので、Webデザイナーの方であれば登録できます。

参考にしてくださいね。

 

グラフィックデザイナーのサイトも参考になる

著名なグラフィックデザイナーのサイトをいくつか眺めてみると、各人の様々なデザイン技法を学べますし、アイデアの幅が広がるものです。

そして技術面だけではなくて、グラフィックデザイナーの生き方や働き方も垣間見れるので、フリーランスWebデザイナーが自分のサイトを制作する上で、とても参考になりますので、ウェブサイトを検索してみましょう。

IT業界・エンジニアとして年収アップを目指しませんか?

レバテックキャリア」の特徴5選

1.  年収600万円以上の求人が80%
2. 初回の提案での内定率90%
3. 最速一週間で内定
4. 自分の市場価値を知ることができる
5. 未経験可能な求人も多数保有


紹介求人例
プロジェクトマネージャー 年収 650 〜 1,500万円
サーバーサイドエンジニア 年収 600 〜 820万円
フロントエンドエンジニア 年収 600 〜 800万円
QAエンジニア(未経験可) 年収 600 〜 800万円
営業企画(未経験可) 年収 575 〜 850万円
ITコンサル(未経験可) 年収 450 〜 700万円

 

レバテックキャリアの公式サイト
 https://career.levtech.jp/

フリーランスWebデザイナーのサイトの作り方


Webデザイナーであるからにはサイトのデザインは凝って、自分にとってNo.1のものを使いたいし、それにフリーランスですから、サイトを案件獲得のツールとして活用したいですよね。

でもクライアントにとって、サイトの重要ポイントとは、コンテンツの内容であり自分の欲しい情報が簡単に手に入ることなんです。

ですからサイト作成にあたっては、シンプルでわかりやすいデザインで、コンテンツの内容を充実させることに注力しましょう。

SEO対策やSNSやブログと連携ができたらなおベターですが、そのあたりはサイト更新の際に、徐々に取り組むのでもよいと思います。

 

フリーランスはWordpressが基本になる

フリーランスWebデザイナーのサイト作成には、Wordpressが基本です。

Wordpressはオープンソースソフトウェアなので無料で利用できますし、5分インストールで誰でも簡単に利用を開始できます。

Wordpressのテンプレートの利用で、短時間で見栄えの良いサイトを作ることができます。

 

実績やスキルをしっかりアピールする

フリーランスWebデザイナーが、自分のサイトのコンテンツとして必要とするのは、次の項目です。

  • サービス内容
    自分がどのようなことができるか、できるだけ細かく掲載します。

    なにを重視して制作しているか、仕事のこだわりを書くのもいいですね

 

  • 仕事の実績
    過去の実績をみればスキルやセンスが明らかになりますので、制作実績は、バリエーションがあるとよいです

 

  • 制作の流れ
    仕事の依頼から納品まで、一連のワークプロセスをWeb知識がゼロでもわかりやすい言葉で説明します

 

  • 料金案内
    案件によって作業内容が変わるため固定料金の提示は難しいので、目安になる料金を提示しましょう。

    料金に何が含まれるかも明確にしましょう

 

  • プロフィール
    フリーランスWebデザイナーにとって、自分をどう見せられるかが勝負です。

    自分の写真を掲載するのもよい方法ですので、間に合わせで自撮りしたものではなくて、ベストショットを掲載しましょう。

    顔の見える相手とならクライアントも安心するものです

 

  • 問い合わせ先
    お問い合わせフォームをサイトに埋め込み、後から電話かメールで連絡をするしくみがベストです。

    フリーランスの場合、仕事場である自宅の住所や電話番号の公開に抵抗があるかもしれませんが、できるだけ公開するほうが印象が良いものです。

フリーランスの個人サイトはポートフォリオとなる


Webデザイナーがより良い仕事を得るために、これまでの自分の制作実績を示し、的確な自己アピールのためには、ポートフォリオを作成します。

まさにフリーランスWebデザイナーの個人サイトは、名刺がわりであり、ポートフォリオとなります。

 

未経験・初心者のポートフォリオの作り方

ポートフォリオを作るのが初めての方向けに、ポートフォリオの作り方をさくっとアドバイスしましょう。

まずフリーランスWebデザイナーとして、今まで制作した自分の全作品を確認します。

そして内容に自信が持てないものがあれば直ちにブラッシュアップを行い、作品の品質向上につとめます。

ポートフォリオに入れる作品が確定したら、それぞれの作品がどんな内容なのかを説明する文書を入れます。

Webデザイナーとしてのスキル、作風を印象付けられるような作品構成にできるよう、大いに工夫しましょう。

ポートフォリオのトップページには、自分で最高の出来だと思う作品を使うとか、一度見たら忘れないようなデザインにするといいですね。

でもサイト全体のデザインとのバランスも考えましょう。

アピールしたい作品は、前半に配置するといいでしょう。

さらに見栄えが良くなるフォントの選定もお忘れなく。

そして自己紹介ページも加えます。適正なボリュームで見応えのある内容を目指しましょう。

フリーランスWebデザイナーのサイトまとめ

フリーランスWebデザイナーが自分のサイトを持つことの意義とメリット、そしてサイト制作について必要なことについてお話ししてきました。

自分のサイトのリリース後は頻繁なアップデートして、常に新しいコンテンツを加えましょう。

クライアントが興味を持つような、Webに関しての最新ニュースを載せてみるのもいいですね。

サイト開設をしたからすぐに案件受注率アップとはいきませんが、継続して「育てる」ことです。

繰り返しになりますが、フリーランスWebデザイナーにとって、自分のサイトは名刺がわりでポートフォリオです。

サイトをパワーアップしていくことが、フリーランスWebデザイナーの価値を高め、いずれそれが案件獲得につながること間違いなしです。

フリーランスWebデザイナーに関してもっと詳しく知りたい方は、ぜひこちらの記事もご覧ください。

▶︎ 【Webデザイナー】フリーランスとしての働き方も選べる

完全無料!IT業界におすすめの転職エージェントランキング

  転職エージェント/公式サイト 総合評価
1位 レバテックキャリア
 https://career.levtech.jp/
4.7 ★★★★☆
2位 マイナビエージェント
 https://mynavi-agent.jp/
4.4 ★★★★
3位 Geekly
 https://www.geekly.co.jp/
4.3 ★★★★
4位 ネットビジョンアカデミー
 https://www.netvisionacademy.com
4.2 ★★★★
4位 type転職エージェントIT
 https://type.career-agent.jp/it/
4.2 ★★★★
6位 ビズリーチ
 https://www.bizreach.jp
4.1★★★★
7位 リクルートエージェント
 https://www.r-agent.com
4.0 ★★★★
8位 ハタラクティブ
 https://hataractive.jp/
3.8 ★★★☆

 

1位 IT業界で年収アップを目指すなら業界大手のレバテックキャリアがおすすめ!


2位 IT業界への転職を目指す全ての20代〜30代はマイナビエージェントがおすすめ!

この記事は役に立ちましたか?

この記事に関連する転職相談
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す