【専務と取締役の違い】各役職の年収などを徹底解説致します!の画像

【専務と取締役の違い】各役職の年収などを徹底解説致します!

取締役、専務といわれても、どのような仕事をしているのか、どのような立場なのかピンとこないかもしれません。ここでは専務や取締役といった役職名に戸惑うことがないよう、専務と取締役の関係性及び、取締役の年収や平均年齢についてご説明します。

専務と取締役の関係は?

「執行取締役 専務」と記載された名刺を見たことがあるかもしれません。

このような名刺をもらったら、その人は取締役会に出席して企業経営に影響を及ぼすことができるほどの強い立場で、なおかつ社長の補佐を行っているんだなと理解してよいでしょう。
 

専務は取締役の一員と言っていいのか?

一般的に、専務は取締役の一員となっていることがほとんどです。

しかしながら、取締役の業務内容や役職の上下関係については会社法ではなく、企業が作った就業規則に記載されているため「専務=取締役」という公式が成り立たないこともあります。
 

専務が取締役ではない場合もある

企業の方針により、専務が取締役でない場合もあります。

取締役専務として仕事をしていたが、体調不良により取締役職を辞した場合などです。

しかしながら、多くの場合は取締役職を辞した時点で退職したり専務職も辞するため、取締役ではない専務がいる会社は非常にレアケースであるといってもよいでしょう。

関連相談

専務や常務といった取締役の役割の違い


取締役の中には社長、副社長、専務、常務などたくさんの役職が含まれています。

同じ取締役であってもそれぞれの仕事内容は大きく異なります。

詳しい内容を見ていきましょう。
 

取締役はどんな役割があるのか?

取締役は取締役会に出席し、企業経営に関する重要事項を協議する立場にあります。

また、ほかの取締役の業務に対する監査や代表取締役の選出などを行います。

そのなかでも専務の主な役割は「社長の補佐」であり、かなり社長と近しい関係の業務を取り扱っています。

企業戦略作りを補佐したり、社長と社員との仲介役を行うなど、社長の業務が円滑に進むようサポートしています。

常務は社長補佐と同時に日常業務もこなしていますが、専務は社長補佐業務に専念しているため、会社の日常的な業務に携わることはないといわれています。

より経営者的な仕事をしていることから、社長のブレーンと表現されることもあります。

副社長は社長の補佐を行う傍ら、緊急時に社長の代理となることができる人物です。

そしてホームページの企業紹介などに写真が載ってしまうなど、まさに会社の顔ともいうべき取締役が社長です。

社長が「代表取締役」として取締役のトップに立っている場合がほとんどです。

関連相談

自称専務という肩書きは会社法で問題がある?


専務や常務という肩書は、会社法によって規定されているものではありません。

会社法で規定されているのは「取締役」と「代表取締役」のみです。

では、専務ではないにもかかわらず、取締役の一人が勝手に「専務です」と名乗ってしまったらどうなるのでしょうか。

実は企業にとっても、本人にとってもあまりよいことはないのです。
 

専務の肩書きを会社が勝手に付けた場合の問題を解説

専務という肩書を付けると対外的には非常に体裁が良いかもしれません。

起業したばかりの会社や、小規模な会社ではたまにあるようです。

しかしながら、メリットは体裁の良さだけです。

体裁の良さを除くと、他はその人へのデメリットしかありません。

どの様なデメリットがあるか、具体的に見ていきましょう。
 

従業員は税制的に優遇されている

従業員の給与は「経費」として処理することができます。

しかしながら、役員報酬と呼ばれる専務の給与は経費ではなく損金という科目になります。

損金処理をした場合、柔軟な支払いができませんし、税務調査で引っかかってしまう可能性もあるのです。
 

雇用保険や労災保険が適用されない

専務は一般的に執行役員ですから、従業員ではなく会社側の人間になります。

雇用保険や労災保険は、労働者に対してのみ支払われるものです。

もし専務と名乗った後に事故や病気になってしまったら、業務内容からいえば降りるはずの労災が認可されなくなってしまうかもしれません。

そして、一度否認されてしまうと、その認定されなかった決定を覆すために裁判を起こさなければならないかもしれず、大きな手間と労力がかかります。

参照:大阪過労死問題連絡会

関連相談

専務や常務など取締役の年収は?


専務や常務など、責任ある肩書の取締役。

高い役職の人においそれと収入を聞くことはできません。

そこで年収はいくらほどになるのか、そして専務や常務になれる平均年齢はいくつくらいなのかを調査してみました。
 

専務や常務などの取締役の平均年収は?

専務の年収は2433万円で、常務は1885万です。

これは上場企業1500社と未上場企業から任意に抽出した1000社の計2500社にアンケートし、155社から得た回答を基に集計したものであり、上場企業が入っていることがあって、一般企業の専務や常務の年収とはかけ離れているかもしれません。

なお、取締役は企業と個人的に委任契約をしている場合が多く、一人一人が個人経営者です。

それゆえ通常の社員よりもかなりの額を給与としてもらっていると考えてよいでしょう。

参照:年収ガイド
 

専務や常務の平均年齢は?

2015年時点での専務の平均年齢は60.4歳で、常務が59.2歳です。

やはり業務経験豊富で、業界の知識を十分に備えた人が専務や常務を務めている場合が多いといえるでしょう。

また、若くして起業に携わった人はさらに若い年齢で取締役になっている場合もあります。

関連相談

まとめ

常務、専務といった人たちに年収などは聞きづらいですが、なんとなく想像がつきましたね。

高額の給与をもらっているとはいえ、取締役の仕事は会社の方向性を大きく変えてしまうほどの大きな責任を負っています。
 

非常にストレスを抱えている取締役がいる一方、そのやりがいはかけがえのないものです。

この記事に関連する転職相談

法学部を卒業したら就職先は法律関係の仕事でしか働けないのでしょうか?

法学部3年です。 就活に向けて、色々準備をしていこうと考えているのですが、証券会社に行くにしても銀行に行くにしても、経済の専門的知識がないんので、就職できるかどうか迷っています。 先輩との懇談会などは、ほとんど法律関係の職に就いてしま...

業務委託として働いているのですが源泉徴収されないのは違法でしょうか?

ベンチャー企業で働いています。 業務委託として働いているのですが、源泉徴収が未だされていません。 これって違法でしょうか? 業務委託として働くのが初めてなので、色々検索をかけてみたのですが、よくわからない点が多いためこちらで質問さ...

行政書士の資格を取得しているのですが企業に役立てることは可能でしょうか?

社会人2年目です。 事務職をしております。 大学時代に行政書士の資格を取得したのですが、今勤めている企業では役立ちそうもないです。 企業によっては仕事に活かせたりはするのでしょうか? また活かせるとしたら、どんな仕事をするのでしょう...

企業法務の仕事をやる上で学んでおくべき法律知識は何でしょうか?

法律学部の学生です。 現在、民法、会社法、法人法全般、著作権等知的財産権などのことは学んできました。 あとはどんなことを学ぶべきでしょうか? 予定としているのは、金融法と刑法系です。 分かる方いましたらご回答お願い致します。

外資求人でよく見かけるマネージングディレクターの仕事内容は何ですか?

外資系の求人でよく見かけるマネージング・ディレクターという職の仕事内容について伺いたいです。 現在日系企業でマネジメント系の仕事をしている20代後半の者です。 仕事内容に魅力を感じ、とある会社のマネージング・ディレクター職への転職を検...

webデザイナーで基本給料が18万円(20時間の固定残業代を含む)は安いですかね?

webデザイナーで未経験で転職しようと思っているものです。 基本給料が18万円(20時間の固定残業代を含む)は安いですかね? だいたい20万円以上からが相場だと思っていたのですが…。 ちなみに仕事内容はおおまかに、サイト更新、SNS企画と運用、商品...

年収が高いのは日本と海外はどちらでしょうか

大学2年生なのですが、海外就職と日本就職を迷っています。 私は両親の都合で海外には頻繁に海外にいく機会が多く馴染みがあります。 その甲斐あって英語は不自由なく話すことができます。 また、大学の授業でプログラミングも学んでいるため今ま...

年収が200万円いかないのは、やっぱり少ないですよね…

新卒で働き始めて3年ほど経つのですが、月の手取りが15万円弱しかなく、貯金もまともにできません。 同級生と比べるととても少なく感じてしまい、悲しくなります。 転職するか、副業するか、私はどうするべきでしょうか?

テックビューロやコインチェックの年収ってどれくらいですか?

去年から仮想通貨に興味があって、ブロックチェーン技術にもかなり興味を持っています。 日本の仮想通貨の大手企業と言えば、テックビューロやコインチェックだと思いますが、年収はどれくらいでしょうか?

新卒2年目ですが心と体をとるかお金をとるかで悩んでいます

現在社会人2年目。 今の職(営業)から転職をすると年収が100万円下がります。奨学金を2つ借りており、一人暮らしもしているので年収が下がるのは厳しいです。 現職はノルマがきつく毎日怒鳴り声が聞こえており雰囲気が悪いです。先日胃潰瘍になりまし...

この記事に関連する記事

退職日までの期間は半年〜1年あると良い?就業規則や法律のルールとは

退職することを決めた時、退職日をいつに設定するのが良いのでしょうか。退職することで、今までお世話になった会社との間に...

退職日の決め方は何日前がいいのかわかりますか?法律も教えます

正社員や契約社員の方は何日前に退職日を決めればいいのでしょうか。法律ではどのようになっているのでしょうか。そもそも退...

退職する時に知っておきたい法律の知識!就業規則や民法について知っておこう

退職する時には、何らかのルールに則って手続きが行われています。このルールは法律ですが、労働や退職に関する法律も一つだ...

【覚えておきたい】契約社員の5年ルールや雇い止めとは何?

労働契約法が改正され、契約社員など有期労働契約で仕事をしている人に対して新しいルールが定められました。そのルールは契...

【副業をしたい人へ】法律違反にならないための基礎知識についてご紹介

副業を始めるにあたり、気をつけたいのが法律違反を犯していないかどうかです。例えば、ある一定額を副業で稼いだ場合、確定...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー