人材派遣の営業職は転職に有利?やりがいや年収について解説の画像

人材派遣の営業職は転職に有利?やりがいや年収について解説

人材派遣業界の営業職はどのような仕事をするのでしょうか?人材派遣業界の方はどのようなキャリアパスを歩むのかについても書いていきます。人材派遣業界の営業職の年収についても書いていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

2746

人材派遣業界の営業職とは?

一口に人材派遣業界への転職と言っても、営業やスタッフ支援、アドバイザーなどの業務が知られており、志望する以上はそれぞれの業務が誰を対象にどのような仕事を行うのかを心得ておく必要があります。

今回は派遣スタッフやクライアント、また提案から育成などの幅広い仕事を行っている人材派遣会社の営業という職業について徹底解説していきます。
 

そもそも「人材派遣」って?

人材派遣会社はここ数年間で一気に需要が高まり、企業にとっても、労働者にとってもなくてはならない存在となっています。

そもそも「人材派遣」とは、企業の業務効率化と労働者への機会の提供の2つの命題を担っており、日本経済の新しい働き方を広めていると言っても過言ではありません。

このような背景があり、すでに営業スキルを持ち合わせているビジネスマンなどから転職先として熱い注目を集めています。
 

営業職の位置づけ・仕事内容

人材派遣会社の営業と言っても、企業ごとに任せている業務が異なるため、志望する企業では「営業に対してどのような働きを期待しているのか」をしっかりと確認しておきましょう。

一般的な企業で営業が行う業務は以下の3点と言われています。

  • 新規開拓
  • ルートセールス
  • アドバイザー

営業の経験のある方であればイメージすることは難しくないと思いますが、新規開拓は未契約の企業を対象に、ルートセールスはすでに取引のある企業を対象に見積もりやサービスの提案を行う業務を行ないます。

また、企業ごとに分類が異なるのが、アドバイザーです。

アドバイザーはクライアントの課題と派遣社員として登録しているスタッフの橋渡しを行うポジションとして、営業とは別の担当者を用意しているケースもあります。

さらに、人材派遣企業に初めて挑戦する人材が初めて任されることが多いのがアドバイザーであることもあり、企業が営業に任せているのかどうかもチェックしておく必要があると言えます。

関連相談

人材派遣の営業職のキャリア


転職が一般化した昨今では、人材派遣会社に登録している人材数も急激に増加しています。

そして、登録者数や注目度の上昇に伴って、人材派遣の営業職のキャリアへの期待感も急速に高まっています。

ここからは転職に有利で、将来性もあると言われている人材派遣の営業の実情を解説していきます。
 

人材派遣の営業職の将来性

日本経済のあり方や人材派遣の営業職の立ち位置を考慮すれば、仕事がなくならないという意味で将来性があることは間違いないでしょう。

前述の通り、「転職が当たり前」となった現代では、人材派遣会社の質によって可能性の広がり方が異なります。

しかし、言わずもがなではありますが、「企業ごとの存続可能性」という意味では、どんな企業でも安泰という訳ではありません。

今後は「価値があると思えるサービス」を自分で選べ、熱意をもって営業を行える人材にこそ、将来性が生まれると言えるでしょう。
 

人材派遣営業は転職に有利?

「クライアント企業のコンサルティングを行う」という目的で人材派遣の営業を行っていれば、転職に有利な立場を構築することも可能です。

ただし、人材派遣の営業としての経験の有無が、そのまま別の業界や企業に活かされるという訳ではありません。

営業としていろいろな企業の問題解決のためにデータを集める、自分なりの分析を通じて提案を行う、その多くの経験やノウハウを有しているというスキルが競争力となるわけです。

人材派遣会社の営業として在籍していたことが価値につながるわけではないという点には注意が必要です。

関連相談

人材派遣の営業職の年収


転職を希望している方にとっては、見込める年収も重要な情報となるでしょう。

ここからは人材派遣の営業職が見込める年収、またトップ層と平均の違いが生まれる理由について解説していきます。
 

トップ層の年収はいくら?

人材派遣の営業職でも、トップ層の年収は平均で800万円を超えると言われています。

リクルートホールディングスやマイナビ、パソナといった大手企業は給与に対する満足度も高く、実績に応じた年収を得やすい企業として評価されています。
 

人材派遣の営業職の平均年収

人材派遣の営業職の平均年収は450万円ほどとされています。

トップ層の企業が800万円ほどの年収を手にしているため、一般的な企業では400万円ほどの年収に落ち着くケースも少なくありません。

人材派遣の営業へ転職を志し、また満足できるキャリア形成を実現するためには、企業がどのような評価を行ない、年収やそのほかの待遇として反映していくのかについても詳しくチェックしておく必要があるでしょう。

関連相談

人材派遣の営業職の仕事のやりがいと辛さ


多くの企業や労働者から「無くてはならない存在として注目」されている人材派遣の営業ですが、黙っていれば実績があがるほど楽な仕事ではありません。

ここからは「スタッフの魅力を引き出すという魅力」と、「辛くてきついとという厳しさ」について解説していきます。
 

その人の魅力を、最大限に活かせる仕事

人材派遣の営業の最大の魅力は、スタッフが希望するキャリア形成やライフプランに出来る限り寄り添える点にあります。

また新規開拓やルートセールスでは、企業ごとの課題を把握し、自分なりの提案を行えるという点が魅力となるでしょう。

数字に対するこだわりはもちろんですが、スタッフに対して、クライアントに対しての責任感が強ければ、面白みを感じながらスキルアップしていけます。
 

人材派遣営業は辛くてきつい?

数字に対するこだわりや、クライアントにする責任感といった気持ちをもつことができなければ、人材派遣の営業は辛くてきついものでしかなくなります。

特に前述したトップ層の企業は出来高を設けていることが多く、実績を上げられない限り、やりがいを感じることはできません。

転職を希望する際に、どのような評価制度かを確認する意味は、やりがいにもつながっています。

関連相談

人材派遣の営業職としてのスキルアップのために


人材派遣への転職ではより具体的なキャリア形成が求められ、そのためには、必要な資格や成績を上げるためのコツといった知識が必要となります。

ここからは人材派遣の営業職に求められるスキルについて、詳しく解説していきます。
 

何か資格は必要なの?

人材派遣の営業には、弁護士や医師のように「これがなければ仕事にならない」という資格はありません。

ただし、クライアントに安心感を与えられ、認めてもらえるスピードをアップさせるためには、「人材コーディネーター」や「キャリアカウンセリング」といった資格が有益です。

派遣スタッフとのやり取りがある、キャリアカウンセリングを行えるという信頼があることで、クライアントも具体的な相談ができるわけです。
 

成績を上げるためのコツ

一昔前までは、「頭図を揃えることが仕事」とされていた人材派遣の営業ですが、昨今ではスタッフのモチベーション維持やクライアントのコンサルティングが重要な業務と考えられるようになっています。

一企業が人材派遣会社を利用する動機には、「事務処理の効率化」や「人材を募集する費用の削減」などがあり、コンサルティングを通じて、問題解決を行ないながらコストダウンできるという提案が必要となります。

関連相談

まとめ

転職が一般化した昨今では、人材派遣の営業のあり方にも変化が訪れています。

転職を希望するのであれば、市場動向を踏まえて、どんな働き方ができるのかをしっかりと整理しておきましょう。

また、注目を集めている人材派遣とは言え、営業職であることに変わりはなく、楽な仕事ばかりではありません。

やりがいを感じられるポイントや辛いきついと感じられやすいポイントについても、冷静に分析しておく必要があると言えるでしょう。

登録しておきたい無料転職サービス

おすすめの転職エージェント

エージェント名 おすすめ度 特徴
リクルートエージェント 5

国内最大級の求人数

ビズリーチ 4.8

年収の高いハイクラス層が対象

doda 4.2

利用満足度が業界1位


以上の転職エージェントを利用することがおすすめです!

公式HPはこちら

・リクルートエージェント:https://www.r-agent.com/
・ビズリーチ:https://www.bizreach.jp/
・doda:https://doda.jp/

この記事に関連する転職相談

人材系の職種はなぜ長く続けられないのでしょうか?

人材業界のイメージは、「激務」「営業」「長く続かない」「成長できる」等が強いと思います。転職や就職を扱うお仕事なので、前向きな転職等も多いと思うのですが、それとは別になぜ、長く続かないのでしょうか。 私自身、これから就職活動をしていく...

ブライダル業界から人材業界への転職で良い点や大変な点について教えてください。

ブライダル業界で営業、プランニングの仕事をしておりましたが、年齢や将来的なことを考えまた自身の成長のためにも異業種へ転職を考えています。 私の過去の経験から人材業界を勧められたのですが、同じような職種から転職された方がいたら、良かった...

人材業界の中途入社で成長できる職場環境はどの企業でしょうか?

人材業界の中途入社難易度を教えてください リクルートキャリア、ジョブズ、indeedJapan、キャリアデザインセンター、マイナビ、エン・ジャパン、パーソルキャリア 成長できる環境という視点でみるとどこにいくべきでしょう。そしてその難易度をしり...

人材業界の営業職の方はどういった業界や職種に転職される方が多いのでしょうか?

人材業界の営業職に就職予定です。 会社柄ずっといるイメージはないのですが、その反面キャリアステップのイメージも湧きません。 実際に人材業界の営業職の方はどういった業界や職種に転職される方が多いのでしょうか。 教えてください。

今後のキャリアについて相談です。私は現在27歳の女性営業職勤務...

今後のキャリアについて相談です。 私は現在27歳の女性営業職勤務です。 業界は人材業界の求人広告の領域で 社会人4年目です。 第2のキャリアとして 同業界(キャリアアドバイザー)にいくか 異業界にいくか悩んでます。 給与×将来性で考える...

今、転職するならお勧めの業界はありますか?教えてください

現在外資の保険業か人材、メーカーで転職迷っています。おススメの業界等あれば教えてください。

人材業界は子持ちの女性でも働きやすい業界でしょうか?

人材紹介業界に詳しい方いらっしゃいますか? これから波が来る業界というよりも、昔からあり成熟している業界といえると思います。 今後の将来性はどうなると思われますか? 転職ブームなんて言葉もありますが、転職市場は盛り上がりを見せたとして...

40歳ですが人事や人材業界に未経験で挑戦したいのですが厳しいでしょうか?

40歳ですが人事や人材業界に未経験で挑戦したいのですが厳しいでしょうか?

人材業界のキャリアイドバイザーの人は次のキャリアなどどのような業界、会社、職種に行く人が多いのでしょうか?

人材業界のキャリアイドバイザーの人は次のキャリアなどどのような業界、会社、職種に行く人が多いのでしょうか? 皆さんの経験や、知っている人の話を聞かせていただければと思います。

人材派遣派遣業は残業が多いようですが、就業の実態はいかがですか?

お世話になります。トランコムscなど人材派遣派遣業は残業が多いようですがの就業実態を知りたいです。

この記事に関連する記事

【キャリアラダーとは】人材育成に関するビジネス用語を徹底解説

今、人材教育の場面において導入されつつあるのが「キャリアラダー」という概念です。職務内容や難易度を詳しくわかるように...

【ワークシェアリングのメリット】ビジネス用語を実例を用いて解説

皆さんの会社では「ワークシェアリング」を導入していますか?働き方改革や昨今の人材不足に伴って、業務を分担して業務改善...

【タレントマネジメントの目的】人材を有効活用するための方法

皆さんは「タレントマネジメント」という言葉を聞いたことがありますか。売り手市場で人手不足が深刻化する今日、企業内部の...

【コンプライアンスの考え方とは】公正な取引や守る理由についてご紹介

皆さん、「コンプライアンス」という言葉をご存知でしょうか?コンプライアンスとは、英語の「compliance」からきており「(...

【労働生産性と課題】会社をより効率化するための取り組みと実例

皆さんの会社は「労働生産性」を重視していますか?働き方改革を行い、労働時間の減少と生産性の向上が求められるようになり...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー