【海外インターン】参加する時の費用や就活に役立つのかを徹底解説の画像

【海外インターン】参加する時の費用や就活に役立つのかを徹底解説

海外のインターンで、どのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。この記事では、海外インターンでの、費用や海外インターンの種類などについて詳しく解説致します。また、有給の海外インターンはあるのかなど解説致しますので、ぜひご覧ください。

海外インターンの費用について

海外でインターン活動を行うことは国内でのインターン活動と違ったものが得られます。

ですが、海外インターンと聞くと気になるのは、費用ではないでしょうか。

「インターンに参加するための費用はいくらかかるのか」「海外での生活費はどのくらいかかるのか」など、色々考えると海外インターンに躊躇する人も多いかもしれません。

海外インターンでかかる費用はすべて含めると数十万と高額な金額になってしまいます。

金額は一概に言えず

  • 渡航する国
  • インターン期
  • 渡航する時期

などで差があります。

この章では海外インターンにかかる費用などを解説していきます。

海外インターンの費用でかかるもの

海外インターンでかかる費用は主に

  • 滞在費
  • 交通費
  • 他雑費
  • ビザ申請費用

などです。

ビザ申請費用

滞在期間や渡航先などで、ビザの種類によって料金もかわります。

またアジア園内などで就労ビザが発給される場合は、申請費用が発生しないケースもあるのでインターン先の企業でしっかりと確認しましょう。


海外インターンでの滞在費


滞在費は主に家賃や食費などの費用ですが、こちらは滞在方法や滞在する都市でかなり差があります。

滞在方法の種類は

  • ホームステイ
  • 語学学校などの学生寮
  • シェアアパート
  • 一人暮らし
  • 共用宿泊型のホテルなど

色々ありますが、上記の滞在方法が多いと思います。

また、上記の滞在方法で食事が付いているかで費用が大きく変わります。

ホームステイなどは食事が付いている事がほとんどですが、その分かかる費用も高めです。

為替により金額は変動しますがニューヨークなどで平均7万円ほどかかります。

また食事が付いていない場合は外食するか、自炊するかで食費が大きく変わります。

当然ですが自炊の方が食費を抑える事ができるで、出来るだけ安くしたい場合は自炊が望ましいです。

海外インターンでの交通費

交通費も移動距離や交通手段で大きく変わります。

電車やバスなどで移動する場合は、定期券などを購入すると少し交通費を抑える事が出来ます。

ですが、国や地域によっては公用交通機関がない場合があります。

その場合は、車を使用する事が多くなりますが移動距離が長い場合はレンタカーなどを利用する事になります。

レンタカーの費用もかかるので注意が必要です。

他雑費

他雑費とは渡航先で使う携帯電話や友人との娯楽費用です。

インターン活動中に気が合う仲間と外食などをする場合もあると思います。

携帯電話はSIMロックフリーのものがおすすめです。

渡航先でSIMカードを購入すると現地で利用できるので携帯電話購入費用を抑える事ができます。

海外インターンの費用は2ヶ月や2週間など期間で変わる

当然ですがインターンの期間が長くなるほど、滞在費なども多くなり、費用は高くなります。

また、申請するビザの種類も変わるため、費用は大きく変わります。

海外インターンを考える方は滞在期間や申請するビザなどを確認して、費用の準備をする必要があります。

海外インターンの費用の負担は誰なのか

海外インターンで宿泊場所を無償で提供している場合もあり、その場合は家賃などの費用は抑える事ができます。

また、インターン先の企業で交通費を支給してくれる企業もあるので、インターン先の企業を1度確認しましょう。

ですが、基本的に負担するのは自分です。

ビザの申請や海外インターンでの生活費など、まとまった金額を用意しておく必要があります。

関連相談

海外インターンで有給はあるのか

海外インターンは無給と有給2種類あります。

無給インターンとはお金を貰う事はできませんが、有給インターンの場合は、お金を貰いながらインターン活動を行えます。

有給インターンはどんなものなのか、海外インターンの特徴を紹介します。

有給の海外短期インターンの特徴と種類

海外短期インターンは1週間~3カ月で期間で行われるインターンシップです。

高校生や大学生、社会人が参加でき、内容は国や地域によって様々な種類があります。

短期海外インターンの場合は無給インターンが多く、有給インターンは数が少ないのが特徴です。

またボランティア活動などもあり、地域での交流がある場合もあります。

有給の海外長期インターンの特徴と種類

有給インターンは「就労」を目的として行うインターンで、給料を貰いながら海外の企業で働きます。

インターンシップの期間は最低6ヵ月間が多く、一般的な期間は1年~1年半と長期間です。

企業も従業員を採用する気持ちで人材を採用しているので、有給インターンに参加する事によって短期と比べて、より深く仕事に関わる事ができるので、多くの経験を積む事ができます。

ですが、有給インターンシップでは、学歴や語学力などある程度の条件をクリアーしないと、参加する事ができません。

長期有給インターンを考えている方は1度参加条件などを調べてみてください。

海外インターンのキャリアについての本音

最近は日本国内だけではなく、グローバル展開していく企業が多いです。

日本国内の市場だけだと、生き残る可能性が低くグローバル化は必須と言えます。

グローバル化は企業単位だけでなく、人も同じといえます。

国内の企業でも日本人だけの雇用ではなく、海外の人間を積極的に採用する企業も増えてきているので、海外インターンシップの経験は今後のキャリアプランの中で、非常に強力な武器と言えます。

海外インターンシップでは、社員の管理などを任されることもあり、現地の方は日本人とはまた違った考え方なので戸惑うこともあり、その中で如何に周りを巻き込み、成果を上げていくか。

そんな経験ができれば、とても貴重な人材になれます。

当然ですが、現地の人とのコミュニケーションは英語がほとんどです。

海外インターンシップに行くことで、英語力を鍛える事もでき、自身の市場価値を高めることができます。

関連相談

海外インターンを社会人がする場合


インターンシップと聞くと学生が行う活動だと思う方も多いと思います。

海外インターンシップなどは社会人でも参加することは、できるのでしょうか。

答えは「参加可能」です。

この章では費用やおすすめの海外インターンなどについて紹介します。

社会人のインターンの費用はどのくらいなのか

インターンの費用も渡航先や期間などで差はありますが、学生同様、数十万~以上はかかります。

学生と社会人で大きな金額の差はありません。

また、ビザの種類によっては年齢制限がある場合があります。

ビザ申請の際も確認する必要があります。

社会人のインターンで有給はあるのか

社会人の海外インターンでも有給インターンを募集している企業もあります。

有給インターンの最大の魅力は、研修先で招待状をもらったり就職活動の履歴書に書いくことができ、帰国後の就職活動にもとても有利です。

また有給ですので、金銭的な負担を抑える事ができます。

ですが有給とはいえ、それだけでは生活することは難しいので、ある程度の生活費を準備しておかないといけません。

社会人にオススメの海外の短期と長期のインターン

オーストラリアやニュージーランド、カナダなどが治安が良く、インターン活動も行いやすくおすすめです。

また、費用を安く抑えてインターン活動を行いたい場合は東南アジアでのインターンは費用も抑えられ、日本人も多く活動しやすいようです。

関連相談

海外インターンのビザについて

海外インターンシップに参加するうえで必要になるのはビザです。

国によっては、インターンシップ専用のビザはない場合があるので、どのビザを用意する必要があるのか、事前にしっかり確認する必要があります。

海外インターンのビザは国によって種類がある

長期で渡航する場合はアメリカはインターンシップ専用のビザ(J-1ビザ)を申請する必要があり、短期の場合は観光ビザ(ESTA)を申請します。

またカナダやオーストラリア、シンガポールなどは、インターンシップ専用のビザがない場合があり、その場合は、ワーキングホリデービザが必要となります。

申請費用もそれぞれ異なるので注意が必要です。

海外インターンで体験できる仕事

海外インターンでも様々なインターン活動を行う事ができます。

ホテルや旅行会社、IT業や政府機関まで様々な業種を体験することが出来ます。

体験できる業務は無数にあるので、自分にあったインターンを見つける事が出来るはずです。

関連相談

夏休みと冬休みにおすすめのインターン


夏休みや冬休みなど、まとまった休みがある時にインターン活動を行う方も多いと思います。

アメリカなどでは「交流訪問者プログラム」などの一環で夏休み。冬休みを利用して最大4ヶ月アルバイトインターンシップが可能です。

また、インターンプログラム終了後は30日間観光旅行を体験する事ができるシステムもあります。

学生と社会人の夏休みにおすすめの海外インターン

長い休みが続く夏休みに人気なのが、短期海外インターンです。

インターンの目的で選択する国などは変わりますが、自分の目的が明確にあり、目的のスキル向上を考えている方はアメリカを選ぶ方が多いようです。

またアジア圏ではフィリピンなどでインターン活動を行う方も多いようです。

学生と社会人の冬休みにおすすめの海外インターン

冬休みは夏休みに比べ短いですが、海外インターンでは1週間~募集しているインターンもあります。

特にネパール、カンボジア、フィリピンなど近場のアジア圏が人気で、インターンの期間も短いものが多く冬休み中のインターンシップとしては人気です。

関連相談

海外インターンについてのまとめ


いかがでしたでしょうか。

海外インターンでは英語が話せる事が条件となり、海外の方はインターン生も社員と同じ扱いで業務を任せるようです。

ミスが許されない業務も多く難易度は日本国内のインターンに比べ高くなりますが、海外インターンを経験することで、さまざまな刺激を受け、大きく成長できる環境です。

もし可能なら海外のインターンに参加してみてはいかがでしょうか。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事に関連する転職相談

海外留学と就職活動の時期が被るのですがどうすればいいですか?

留学経験者の方々へ質問です。 韓国の大学に通っている大学3年生です。 今年の9月から1年間、中国の大学に交換留学することになったのですが、来年から始まる日本での就活のシーズンとどうしても被ってしまうので、就活に影響が出ないかすごく悩んで...

強みは持っているが海外進出できていない中小企業の見つけ方はありますか?

ニッチでとても強力な製品を所有しているが人材不足で海外販売・進出ができていない中小企業はどうやって見つければいいでしょうか。 当人10年以上、日本人と海外企業の間にブリッジのような役回りで仕事をしてきたのですが、どちらかというと外資系...

憧れの海外のエンジニアの年収が全然高くないのですがどうすればいいですか?

私はエンジニアとして、日本で数年外資系の企業で働いていました。 その人脈もあり、アメリカの企業を紹介してもらい、エンジニアとして2年ほど働きその後フリーランスに転向しました。 しかしフリーランスになると思っていたより年収を上げることが...

海外で仕事をする時にに大事にすべきことはなんですか?

下記以外で海外で働くことを視野に入れた場合に大切にすることは何でしょうか。 ・英語を話せること。 ・意見を持つこと。 ・常に謙虚で、死に物狂いで働くこと。 ・Noと言えるようにすること。 ・自分を大切にすること

海外に就職を考えたときに取るべき行動はどんなことがありますか?

もし海外就職をしたいと考えた場合に取る行動は下記のうちどちらにするべきなのでしょうか。 ・その国の転職エージェントへ登録する。 ・Linkedinやwantedlyを使って探す。 ・その他

海外の企業から日本の企業へ転職することは、困難なのでしょうか?

現在、海外ベースで外資系のCAをしています。職種はいくつか経験していますが、海外生活が15年以上になります。 仕事では管理職レベルで、身体への負担が大きい以外は、待遇も職場の雰囲気や同僚にも恵まれている方だと思います。オンとオフの切り替えも...

新卒カードを捨ててプログラマーとして海外で働くのはもったいないですか?

私はバリバリの文系の現役大学生ですが、プログラマーという職業に憧れ勉強を始めました。 Rubyを選び、フロントエンドから少しずつかじって、Ruby on railsでデータベースの構築からアプリ開発に至るまで一つポートフォリオを作り終えたレベルです。 文...

海外の大学院卒業後の進路について、皆さんはどのような進路にしますか?

アメリカの大学院卒業後の進路について: アメリカに修士留学してコンピュータサイエンスを学んでおりますが、卒業後の進路に迷っております。 (1)アメリカの日系SI企業(非シリコンバレー)でOPT使ってエンジニア(待遇:日本の新卒並み、ビザサポート...

半年間の海外本社移動は経験しておくべきでしょうか?

現在、海外本社へ移動の話があります。 ただし半年間で非常に短い期間での移動です。半年後は日本に戻ってきます。 海外へのあこがれはあるのですが、半年間だけなので本当に良い経験になるかどうか不安です。 他の外資系の企業への転職もちょう...

大手総合商社における、①海外転勤の頻度と②海外転勤辞令が生じるまでの配慮、プロセス等を教えていただきたいです。

大手総合商社における、①海外転勤の頻度と②海外転勤辞令が生じるまでの配慮、プロセス等を教えていただきたいです。 ①事業部などにより一概に言うことは難しいと思いますが、一般的に、海外転勤の頻度などはどのくらいなのでしょうか? ②海外転勤は...

この記事に関連する記事

【海外の年金制度について】日本との比較や代表例についてご紹介

老後の生活を考える上で、最もポイントになるのが「お金」の問題です。そして、老後のお金の重要な柱となるのが、「年金」と...

大学生の海外インターンと海外留学の目的の違いとは?心得ておくべきこともご紹介!

大学生のみなさんは海外インターンに興味はありますか?海外インターンは海外留学とは少し違い、海外に行って現地の企業や団...

【大卒の年齢について】海外の卒業年数や公務員の年齢制限について解説

公務員志望の方が忘れてはいけないことは、公務員試験には年齢制限があるということです。そのため、大学に通うのであれば、...

【スポーツトレーナーの資格】仕事内容や海外の事例についても解説

皆さんは「スポーツトレーナー」という仕事をご存知ですか?アスリートのケアを行う裏方のイメージがありますが、近年の健康...

【新卒から海外就職はできるのか?】メリット・デメリットを徹底解説

就職活動の中、海外に興味を持つ方もいると思います。しかし、海外就職となると日本との文化や物価の違いなど非常に多くの負...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー