• HOME
  • キャリア
  • 【フリーランスに転職する前に】するべき準備・成功の秘訣を紹介します

【フリーランスに転職する前に】するべき準備・成功の秘訣を紹介します

フリーランスへ転職して、時間・場所などの様々な自由を得たいと思っている方は多いのではないでしょうか。確かにフリーランスは多くのメリットがあり魅力的ですが、その反面「最初からフリーランスをやっている人に比べて不利じゃないのか」「フリーランスになって仕事がなくなったらどうしよう」「フリーランスになって気を付けるべきことは何だろう」といった不安もたくさんあることでしょう。今回はフリーランスへの転職が不利じゃない理由、転職の準備、転職成功の秘訣などを紹介します。フリーランスへの転職を考えている方は是非参考にしてみてください。

フリーランスへの転職は不利じゃない!その理由は?

フリーランスへの転職に成功した人のイメージ

フリーランスは、特定の企業に雇用されるのではなく、クライアントから直接案件を受注して仕事をする働き方です。

独立した個人として仕事を受けますので、自由なスタイルで仕事ができるという特徴があります。

しかし、フリーランスへの転職は不利な点ばかりではありません。


フリーランスの約7割が会社員からの転職であるから

フリーランスについての調査を実施している中小企業庁は、現在フリーランスとして働いている人がその以前はどんな働き方をしていたかという調査を行っています。

そのデータによると、フリーランスの約7割が会社員からの転職であるという結果になっています。

したがって、会社員からフリーランスに転職する人というのは少なくなく、むしろ多数派であるということがわかります。
 

未経験フリーランスと比べて、経験・スキルがある

フリーランスに転職する人が、新卒でフリーランスになるのと比べて有利な点は、経験・スキルを持っているという点です。

フリーランスというのは、会社に属さない形態であり、つまり自分を教育してくれる上司は基本的にはいません。

そんなフリーランスの世界で、経験・スキルを持っているというのは、新卒や全くの未経験からフリーランスになる人に比べて大きくアドバンテージを持っているといっても良いでしょう。
 

転職前の人脈がフリーランスで生きる

先ほど述べた経験やスキルだけでなく、会社員時代に築いてきた人脈もフリーランスになってからも活きてきます。

会社員時代に関わりがあった人にフリーランスに転職したということを伝えておくことで、仕事や他のフリーランスを紹介してもらえることもあるでしょう。

また、万が一フリーランスから会社員になりたくなった時にも、それらの人脈が生きるかもしれません。
 

フリーランスへの転職に関するJobQユーザーの声

フリーランスへの転職を考えている女性のイメージ

フリーランスへの転職は可能でしょうか?

フリーランスへの転職を考えているのですが、フリーランスへの転職を成功させるにはどのようなことが必要でしょうか。

フリーランスへの転職を成功させるには、新卒にはない社会人との人脈、実務経験を生かすことがポイントでしょう。

社会人の人脈を生かすことで、仕事を紹介してもらえることもあるので、これを活かすのが良いでしょう。


こちらの質問者の方のようにフリーランスへの転職は可能なのか悩んでいる方も多いと思います。

フリーランスへの転職は、決して楽な道のりではないと思いますが、新卒でフリーランスになる場合と比べて非常に有利な点が多いので、まずは第一歩を踏み出してみてください。
 

フリーランスへの転職は可能でしょうか?

今回ご紹介したフリーランス転職に関するユーザーの声はこちらです。
 

フリーランスに転職する前にしておくべき準備は?

フリーランスに転職しようとしている人のイメージ

会社員からフリーランスに転職するにあたって必要な準備について解説します。
 

十分な貯金があるかを確認

フリーランスとして仕事をはじめたばかりの時期は仕事に必要な備品やソフトウェアを購入したり、仕事を受注するための営業をすることになります。

最初から安定して収入が得られるとは限りませんので、貯金を十分に貯めておくことが大切です。

クライアントから継続的に仕事がもらえるようになるまでは収入に波ができてしまいます。

収入が少ない時期でも余裕を持って生活できるだけの貯金があるかを確認しましょう。
 

健康保険を決める

会社員からフリーランスになるときに、健康保険の種類を決めることになります。

これまで加入していた会社の健康保険を継続することもできますし、新たに国民健康保険に加入することもできます。

保険料や医療費の扱いなどを確認してどちらかに決めるようにしましょう。
 

どの業種で仕事するのかを決める

フリーランスにはたくさんの業種の仕事がありますので、どんな業種で仕事をするのか最初に決めておくことで効率よく仕事を探せるようになります。

サラリーマン時代の経験などをもとに積極的に受注していく仕事の種類を決めておきましょう。
 

フリーランスとしての仕事を得る方法の確保

フリーランスになってからどのように仕事を得るのか、仕事探しのスタイルも決めておきましょう。

クライアント企業に営業したり、エージェントに登録したり、クラウドソーシングを利用する方法もあります。

このように、仕事の得方やどのくらいの収入を得られるのかという目星をつけておくことでフリーランスに転職した後に慌てることが少なくなるでしょう。
 

フリーランスへの転職の成功の秘訣

成功したフリーランスのイメージ

フリーランスへの転職を成功させる秘訣をいくつか紹介します。

会社員の場合でも当てはまることも紹介していますが、フリーランスの場合は特に大切にすべきことをご紹介します。
 

特にフリーランスは体調に気を付ける

フリーランスになってからは体調管理にしっかりと気をつける必要があります。

もし病気や怪我で仕事ができなくなってしまうと収入を得る方法がなくなってしまいます。

突然の体調不良が長引いて仕事の納期が守れなくなると、継続して仕事を受注できなくなるかもしれません。

そういったことが収入減につながるのがフリーランスですので、今まで以上に体調に気をつけて生活するようにしましょう。
 

フリーランスは人とのつながりを大切にする

フリーランスは自宅で黙々と仕事をこなすこともありますが、人とのつながりも大切です。

会社員からフリーランスに転職する場合の利点としては、会社員時代の人脈が生かせることが多いことが挙げられます。

また、会社員時代の人脈に加えて、フリーランスになってからもセミナーなどに参加して人脈を広げましょう。

SNSなどインターネットで交流するのもフリーランスの人脈づくりのひとつの方法です。
 

転職後も常に勉強して、スキル向上に努める

フリーランスを成功させるには常に自分のスキルを向上させる必要があります。

フリーランスへの転職後も書籍やセミナーなどで常に勉強をして、最新のスキルを身につけるようにしましょう。

また、閉鎖的に仕事をしていると世の中の流れに疎くなってしまう場合もありますので、意識的に最新情報に触れるようにしましょう。
 

フリーランスに転職して仕事がない時の探し方は?

仕事を探しているフリーランスのイメージ

フリーランスに転職して仕事がなくなってしまったらどうすべきなのでしょうか?

フリーランスが仕事を探す主な選択肢について紹介します。
 

フリーランス向けエージェントに登録して求人を探す

フリーランスが仕事を探す方法としておすすめなのが、フリーランス向けのエージェントです。

自分の経歴や仕事の実績、スキルなどをエージェントに伝えておけば、希望や適性に合う仕事を紹介してもらうことができます。

契約の手続きを任せることもできますので、業務に集中できるというメリットもあります。
 

知り合い、顧客に紹介してもらい仕事を得る

知り合いや既存顧客に仕事を紹介してもらうのも有効な方法です。

会社員時代の人脈を活用して仕事を回してもらえば仕事を探す手間がなくなります。

その分業務に時間をかけたりスキルの習得ができますので、人脈はフル活用して仕事を得るようにしましょう。
 

営業して売り込んで仕事を得る

フリーランスは個人として仕事を受注しますので、自分からクライアント企業に営業するのが仕事を得るために重要です。

その方法は人によりますが、メールを送るという方法や電話をかけたりといった方法が考えられます。

また、フリーランスデザイナーなどの場合は、過去にこなした業務を紹介するポートフォリオサイトを作り、それを利用して自分のスキルをアピールすることも大切です。
 

フリーランスが転職をする際の注意点は?

フリーランスが転職をする際の注意点を教えてください。

フリーランスが転職をする際の注意点を教えてください。

フリーランスが転職をする際の注意点は収入源を確保してからフリーランスになることです。

そうしないと収入がない状態が多く続いてしまいます。


いかがでしたか。
フリーランスへの転職で注意すべき点としてはこのようなものが挙げられます。

フリーランスへの転職 まとめ

転職した女性フリーランスのイメージ

今回はフリーランスへ転職するにあたって知っておくとよいことを紹介しました。

自由な働き方が魅力ではありますが、仕事が安定して受注できるかなど不安なこともあるはずです。

フリーランスへの転職を成功させるには、自分のスキルを磨きながら仕事を受注する先を積極的に確保することが大切です。

クラウドソーシングなど便利なサービスも活用しながら、安定して報酬が得られる環境を作っていきましょう。
 

登録しておきたい完全無料な転職サービス

おすすめの転職サービス

  エージェント名 実績 対象
1位 リクルート 5 30代以上 
2位 ビズリーチ 4.5 ハイクラス層
3位 パソナキャリア 4.3 全ての人


以上の転職エージェントを利用することがおすすめです!

公式HPはこちら
・リクルートエージェント:https://www.r-agent.com
・ビズリーチ:https://www.bizreach.jp
・パソナキャリア:https://www.pasonacareer.jp

この記事に関連する転職相談

新卒で就職した会社を3日目で辞めたいのですがどうしたらいい?

新卒でメーカーに就職しました。 しかし、同期で仲が良い人がいない。配属先の先輩(年齢が20くらい上)と話が合わない。仕事内容も工場勤務なので全くやる気がでない。出社する時に毎回辛い気持ちに...

ロレックスの時計を面接にをつけていったら落とされたのですがどう思いますか?

私は時計が大好きで時計を優先してほどです。 そんな私も社会人になってから頑張って貯金をしてロレックスの購入に成功して、常に肌身離さずつけています。 しかしいつもの癖で、転職活動の面接...

転職エージェントに転職後でも相談して大丈夫でしょうか?

転職エージェントには、転職活動終了後でも相談しても良いのでしょうか。 転職エージェントと継続的にコミュニケーションをとることで、キャリアに関する相談ができるのでメリットがあると考えておりま...

転職したいのですが怖くてできませんどうすればいいですか?

私は転職を1回したことがあります。 1回目の転職は新卒で入った会社がハードワークすぎて肉体的にも精神的もきつくなり転職しました。 その後資格を取得して現在の会社で勤めているのですが、...

40代の転職で30社以上不採用なのですがどうすればいいですか?

人件費削減のため、会社がリストラを行い、その対象に選ばれてしまいました。 40代の今まで、転職を1度も考えたことがなかったため、仕事を失いとても困っています。 貯金でなんとか生活はで...

焦って転職して失敗したのですがどうすればいいですか?

私は前の会社をすぐに辞めたくて、急いで転職活動をしました。 転職エージェントに登録して、転職できそうな企業を紹介してすぐ面接をして転職したという感じです。 しかし、転職したのはいいの...

失敗するかもしれないと思い転職できないのですがどうすべきですか?

30歳まじかになり、今の職場の年収と業務内容が割りに合わなく転職したいです。 しかし、求人を見つけてウェブ上の口コミを見るとブラックなどの口コミをよく見るので、転職活動が怖くなってしまって...

転職して年収が350万円ダウンしたのですがどうすればいいですか?

私は新卒で大手広告代理店から経験やキャリアを積むために、数人規模のベンチャー企業に転職しました。 ベンチャーに転職する前から年収が350万円ほどダウンすることはわかっていたのですが、将来の...

転職回数が多い人に特徴はありますか?

来年新卒のものなですが、転職をいっぱいする人に特徴はあるのでしょうか? 転職回数が多いと転職活動が不利になったりと聞くので、とても気になっています。 「飽き性」など、性格的なものと、...

20代で転職するのと10年近く勤めるのならどちらキャリア的に良いですか?

20代で転職しているのと10年近く勤めているのはどちらがいいのでしょうか? 10年正社員として勤めてきました。この度諸々の理由から転職を考えているのですがタイミングが良くないのは分かってい...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す