【日本工営へ転職するためには】様々な中途採用情報をご紹介

【日本工営へ転職するためには】様々な中途採用情報をご紹介

日本工営への転職を考えた際に年収や評判、面接、難易度の情報というのは非常に重要な情報だと言えます。そこで今回は日本工営の年収や評判、面接、難易度の情報など幅広くご紹介します。これから日本工営への転職を考えている方がいましたら是非、参考にしてみてはいかがでしょうか。

1171

日本工営の会社概要

会社名 日本工営株式会社
本社所在地 東京都千代田区九段北1丁目14番6号
資本金 7,437,728,609円
設立 1946年6月7日


今回は日本工営に転職希望の方が知っておくと便利な情報をご紹介致します。

ぜひ、転職を希望している方だけでなく、就職を希望している方もこちらの記事を参考にしていただければ幸いです。

※ 参考:日本工営 会社概要

日本工営の年収の水準は高い?低い?

転職先を考えている際に大きな指標の一つになるのが、年収情報ではないでしょうか。

そこで、今回は日本工営の年収についてご紹介致します。

こちらに関して、JobQのQAに日本工営の年収についての投稿がありましたので、早速確認していきましょう。

日本工営の20代の年収水準が低いということを聞いたのですが、そんなことないですよね?

日本工営への転職を考えています、現在24歳で第二新卒のものです。

そこで質問なのですが、日本工営は年収水準はそこまで低いということを聞かないのですが、実際どうなんでしょうか?

20代ではどれくらいの年収水準なのでしょうか?なんでもいいのでお答えをお願いしたいです!

僕自身、転職が初めてだということで、年収水準がどんな感じなのかを教えて下さい

日本工営は若手のうちは残業代が満額支給されるので年収もそれなりによいが、一定の年数以上になると残業代は支給されなくなり、年収は下がるということがあります。

また勤務時間の長さ(残業含む)を考えると報酬の額は決して良いとはいえないとも思いますがね…。

査定制度は一応あるが、ほとんど差がつかない構造になっています。また査定の内容も不明確であるのでここについては何ともいえないです…。

ということで20代ですと、年収は600万くらいもらえるのではないのでしょうか…


いかがでしたでしょうか。

日本工営は若手のうちは残業代が満額支給されるようですが、一定の年数以上になると、残業代が支払われなくなり、年収が下がることもあるとのことです。

勤務時間も残業含めると、長くなってしまうようです。

しかし、20代で年収600万円ほどとのことで、一般的な企業と比較すると年収は高いのではないでしょうか。

こちらのQAに関して、もう一つ投稿がありましたので、確認していきましょう。


知り合いで、日本工営で働いている人がいるので答えますね

仰るとおりで、日本工営は年齢が上がればそれなりに上がっていく会社です。

それと、業界内ではそれなりの給与水準であり、若手は残業代もしっかりつく。ある年齢からは職務手当てとして基本給に含まれる様になリます。

自分の裁量で仕事を進められる為、時給に換算すると非常に高水準とも感じますね。

このため同業界内では、給与水準は良い方だと思う。それほど不満はないと言っていました。

具体的には35歳で年収800万~900万程度だったかと思います。

ちなみに、副参事以上になると、残業代が付かなくなる。よって副参事初期は従前の技師のころよりも年収が落ちるケースもみられる。

いかがでしたでしょうか。

残業代が出なくなるとのことでしたが、職務手当として基本給に含まれるようになるようです。

35歳での年収の例として800万~900万程度だと挙げられています。

日本工営の給与は年功序列で、年齢が上がればそれなりに給与は増えるそうです。

これらから、日本工営の年収に水準は高めであると言えるのではないでしょうか。

自分の市場価値知りたくありませんか?

ビズリーチでは登録者の70%以上が市場価値を知るために利用しています。

転職を考えるときにはまず自分の市場価値を知ることか大切です。

ビズリーチに登録しておくことで、スカウトを受けることができ年収UPする人が続出しています。
 


ビズリーチ転職後の平均年収

  • 30代:840万円
  • 40代:960万円

今すぐ登録してまずは市場価値を確かめましょう!
 

ビズリーチの公式サイト
▶︎https://www.bizreach.jp/

日本工営の中途採用情報

ここでは日本工営の中途採用情報についてご紹介致します。

こちらに関して、実際に日本工営の中途採用情報を見ながら、現在募集している職種について確認していきます。

では、早速確認していきましょう。

日本工営が現在募集している職種

  • コンサルタント国内事業本部
  • コンサルタント海外事業本部
  • 電力(コンサルタント)事業本部
  • 電力(製造部門)事業本部
  • 電力(建設部門)事業本部
  • 技術本部
  • 事務職/営業職(総合職)

以上となります。

日本工営では様々な職種を募集しているため、自分のキャリアに合った職種を見つけることができるのではないでしょうか。

また、募集要項は更新される可能性があるため、日本工営へ転職希望の方は随時情報をチェックしましょう。

※ 参考:日本工営 中途採用情報 募集職種

また日本工営のような大企業には非公開求人が多く存在し、企業ページに記載している求人以外にも、転職エージェントなどを利用しなければ見ることのできない求人があります。

ですので、リクルートエージェントやdodaといった大手転職エージェントを利用し、企業ページ以外の求人も探してみると良いでしょう。

日本工営への転職におすすめのサービス

エージェント名 おすすめ度 特徴 公式HP
ビズリーチ 5 年収の高いハイクラス層が対象 https://www.bizreach.jp/
リクルート
エージェント
4.8 国内最大級の求人数 https://www.r-agent.com/
doda 4.2 利用満足度が業界1位 https://doda.jp/

面接で日本工営は何を聞いてくるのか

転職活動の際に希望する企業の面接情報を知っていることで、面接の成功に大きく関わってくると思います。

ですので、ここでは、日本工営の面接内容についてご紹介致します。

こちらに関して、JobQのQAに日本工営の面接内容に関する投稿がありましたので、早速確認していきましょう。

日本工営の中途採用面接ではどのようなことが聞かれるのでしょうか?

今度、日本工営の中途採用面接を受けることになりました。

そこで、日本工営の中途採用面接について聞きたいことがあります。

日本工営の中途採用面接ではどのようなことが聞かれるのでしょうか?

また面接の雰囲気や対策についても詳しく聞きたいです。ご回答よろしくお願いします。

以前に、日本工営の中途採用面接を受けたことがあります。

雰囲気に関しては非常に和やかでした。落ち着いた環境で面接が受けられると思います。

質問に関して、特に変わった質問はありませんでした。しかし、かなり幅広い範囲の質問をされますね。

仕事関係からプライベートのことまで結構聞かれます。

仕事関係では普段から心がけていることなどでプライベートなら趣味や気分転換についてですね。

後は志望動機や学生時代の話などでした。

対策としては、企業分析と自己分析に加えて、自分の仕事観みたいなのをまとめておくとよいと思います。


いかがでしたでしょうか。

日本工営の面接は非常に穏やかで落ち着いた環境での面接であるとのことでした。

質問内容は仕事からプライベートまで幅広く質問されるとのことです。

具体的には

・志望動機や仕事で意識していること
・学生時代の話、趣味や気分転換の方法

などが挙げられています。

面接の対策として、企業分析や自己分析を行い、どんな話題でも対応できるようになっておく必要があると言えるかもしれません。

働きやすい?日本工営の評判をご紹介

次に日本工営社員からの評判をご紹介致します。

日本工営の評判としてよく聞くことは働きやすい環境であるかどうかといったことではないでしょうか。

こちらに関してもJobQのQAに日本工営社員からの評判がありましたので、早速確認していきましょう。

日本工営の社風として、は働きやすい社風の会社でしょうか?

日本工営への転職を考えているのですが、日本公営の社風としてどのような特徴があるのでしょうか?

初めての転職ということもあるので、しっかりなじむことができるのか。中途でも働きやすい社風の会社なのかというところが詳しく聞きたいと思うのですがどうなんでしょうか?

何でもいいので何かお話を聞きたいと思っています!回答の方を何卒よろしくお願いします

日本工営の社風としてというか特徴としては、出勤時間がバラバラ、朝の挨拶もなしということもあります。

9時出社にもかかわらず皆、早くても9:30以降に来る事が多いです。毎晩遅くまで仕事に追われているらしいのですが…。

基本的に日々での時間の締切の感覚が少ない職場環境。お昼休憩は一斉に11:50~12:50まであります。

基本的に、話し声が聞こえない、また電話がほとんどかかってこないというような感じの会社です。

という感じで職場の雰囲気はかなりいいですね。

技術的にわからないことがあった場合には、上司は親身になって教えてくれますので、やり易い職場環境にあるといえると思います。

また、社内の親睦交流も盛んに行われており、様々なジャンルのイベントに参加することが可能で、こんなことをやってみてはと発案することも大歓迎されますね。


いかがでしたでしょうか。

日本工営の社風として、時間に対する締め切りの感覚が薄いようです。基本的に話し声がなく、電話もほとんどかかってこないような環境とのことです。

雰囲気自体はかなり良く、上司に質問なども聞きやすい雰囲気であるようです。

また社内の交流会も盛んであり、様々なイベントに参加することができると言えるでしょう。

このほかにも投稿がありましたので、早速確認していきましょう。
 

日本工営は残業時間のばらつきが凄い会社であると思います。

残業が全くない閑散期の時と休日出勤を含めると150時間/月を越える月があり、体調管理やスケジュール管理が困難な時期があるのも特徴で有ると思いますね。

仕事が一部に集中しすぎる事でこのような事態になるのではないかと思います。

それでも、一応フレックスもあり、そもそも各自の案件については自分の裁量で進められる。

勤務時間から、休日までかなり自由に調整可能な雰囲気でもあると思います。

従って残業なども付き合いや強制される事はあまりなく、業務さえこなせればいい意味で自由ともいえますね。


いかがでしたでしょうか。

日本工営は閑散期と繁忙期の差が非常に大きいようで、残業が全くない月もあれば、150時間/月を超えるときもあるそうです。

繁忙期は体調管理やスケジュール管理が困難になるほど忙しいとのこと。

日本工営は各自の案件は自分の裁量で進められ、勤務時間から休日までかなり自由に調整可能であるようです。

したがって、残業や付き合いに強制されることもなく、自由な面もあるとのことです。

日本工営は自分でスケジュール管理などできるのであれば、比較的働きやすい環境なのではないでしょうか。

日本工営の転職難易度はどのくらい?

最後に日本工営の転職何度についてご紹介致します。

こちらに関しても、JobQのQAに日本工営の転職難易度についての投稿がありましたので、早速確認していきましょう。

転職したいのですが、日本工営の転職難易度はどのくらいなのでしょうか?

現在、転職を考えています。考えている転職先は日本工営です。

そこで、日本工営の転職難易度について聞きたく投稿しました。

日本工営の転職難易度はどのくらいなのでしょうか?ご回答よろしくお願いします。

日本工営の転職難易度について回答させていただきます。

日本工営の転職難易度は非常に高いですよ。国内トップレベルともいえると思います。

やはり大手の建設コンサルタントなので転職難易度は高くて当然ですね。

今までの経験が非常に重要になります。

いかがでしたでしょうか。日本工営の転職難易度は非常に高いようです。国内トップレベルの建設コンサルタント企業であることから人気も高いようです。

その分、優秀な人材が集まりやすく、難易度は高くなると言えるのではないでしょうか。

また難易度が高い日本工営への転職を確実に成功させるためには、転職エージェントなどのサービスを利用すると良いでしょう。

日本工営への転職を考えている場合、特にビズリーチの利用がおすすめとなります。ビズリーチは優秀な人材の転職を専門としているので、日本工営などの大企業には非常に相性が良い転職サービスとなります。

✓ ビズリーチ公式サイト:https://www.bizreach.jp

日本工営転職の総括

いかがでしたでしょうか。

今回は日本工営の転職情報についてご紹介致しました。

日本工営は年収の水準が高く、業務も各自の裁量に任されている部分が多いとのことです。

転職の難易度は非常に高いようで、面接では仕事のことからプライベートのことまで幅広く質問を受けるようなので、自己分析や企業分析が重要になってくるのではないでしょうか。

これから、日本工営へ転職希望の方がいましたら、ぜひ、この記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。

完全無料!転職エージェントおすすめランキング

  転職エージェント/公式サイト 総合評価
1位 ビズリーチ
 https://www.bizreach.jp
4.7 ★★★★☆
2位 レバテックキャリア
 https://career.levtech.jp/
4.4 ★★★★
3位 マイナビエージェント
 https://mynavi-agent.jp/
4.3 ★★★★
4位 リクルートエージェント
 https://www.r-agent.com
4.2 ★★★★
4位 パソナキャリア
 https://www.pasonacareer.jp/
4.2 ★★★★
6位 JAIC
 https://www.jaic-college.jp/
4.1★★★★
7位 ハタラクティブ
 https://hataractive.jp/
4.0 ★★★★
8位 第二新卒エージェントneo
 https://www.daini-agent.jp/
3.8 ★★★☆

 

1位 年収アップを目指すならビズリーチがおすすめ!

2位 IT業界で年収アップなら目指すなら業界大手のレバテックがおすすめ!


この記事は役に立ちましたか?

この記事に関連する転職相談
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料

この記事の企業

  • 東京都千代田区麹町5丁目4番地
  • 建築・建設・設計・土木
  • Q&A13件
日本工営株式会社は1946年6月7日に設立した企業である。資本金は約739億円で、連結従業員数は4366名である。事業内容は開発および建設技術コンサルティング業務ならびに技術評価業務、電力設備、各種工事の設計・施工、電力関連機器、電子機器、装置などの製作・販売である

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す