三井物産への転職は難しい?【経験者の生の声や中途採用情報をご紹介】

三井物産への転職は難しい?【経験者の生の声や中途採用情報をご紹介】

三井物産の転職を考えた際に年収や評判、面接、福利厚生の情報というのは非常に重要な情報だと言えます。そこで今回は三井物産年収や評判、面接、福利厚生の情報など幅広くご紹介します。これから三井物産の転職を考えている方がいましたら是非、参考にしてみてはいかがでしょうか。

3421

三井物産の企業情報と特徴

三井物産の会社概要

会社名 三井物産株式会社
本社所在地 東京都千代田区丸の内一丁目1番3号
資本金 341,481,648,946円
設立 1947年7月25日

三井物産の事業内容

  1. 金属分野
  2. 機会・インフラ分野
  3. 化学品分野
  4. エネルギー分野
  5. 生活産業分野
  6. 次世代・機能推進分野

の6つの事業分野が存在します。 

また、それぞれの事業分野で細分化がされていて、計16本部存在しています。

海外市場を3地域に分けて営業本部間の横の繋がりもつくり、風通しの良く、商社としての総合力を発揮しやすい体制にしています。

参照:三井物産公式HP

三井物産の特徴

・大手総合商社の1つで、三井物産グループの中核企業

・「人の三井」といわれるほど多様な人材の多い社風

・資源ビジネスで業界を牽引

・平均年収は1200万と高水準

・平均残業時間は約30〜40時間と同業他社とほぼ同じ

・産休・育休も取得しやすく、女性の働きやすい環境

今回は三井物産の転職情報をご紹介いたします。

三井物産へ転職を検討している方だけでなく、就職を希望している方もこちらの記事を参考にしていただければ幸いです。

参照:三井物産 会社概要

 

代表者メッセージと事業計画

三井物産は、「自らが新たなビジネスを創り、育て、発展させる集団」とされています。

2020年までの新中期経営計画のキーワードとして「Driving Value Creation」を掲げています。

多様な人材の総合力を活かし、付加価値を生み出すことを目標としているようです。

また、三井物産は2016年の赤字決算を踏まえ、

・環境変化とリスクに耐えうる「収益基盤の確立」

・メリハリをつけたダイナミックな「経営資源の配分」

・ガバナンスや人材の強化によるさらなる「経営基盤の強化」

の3点に重点的に取り組んでいます。

中長期的な安定的成長のために、根本的な見直しを取り組んでいる企業ということがわかります。

グローバル展開 

三井物産は66の地域に127の海外拠点を構えています。現地に根ざしたビジネスに取り組んでいるようです。

海外の取引先や事業パートナー、グループ企業も非常に充実しています。

営業部だけでなく、コーポレートスタッフ部門でも積極的に海外駐在を行っていますので、海外で活躍したい人にオススメできる環境です。

三井物産の年収は?

ここで、三井物産の平均年収を紹介していきたいと思います。

三井物産の平均年収

年度 年収
2015 1213万円
2016 1213万円
2017 1419万円
2018 1430万円
2019 1393万円

参照:有価証券報告書 

2019年度の年収は前年度と比較すると減少していますが、1300万円〜1400万円代が平均年収のようですね。

ここで、JobQに三井物産の年収についての投稿がありましたので、早速確認していきましょう。

三井物産は40代でどれくらいの年収になるのでしょうか?

今、就活中なのですが、商社で働くことを考えています。

そのなかでも伊藤忠や三菱商事などもたくさんあるのですが、親のすすめもあり今は三井物産に就職することを考えています。そこでなのですが、やはり三井物産は他の企業よりも年収は高いのでしょうか?

回答お願いします。

三井物産で働いていた経験があります。給与水準は…続きを見る

いかがでしたでしょうか。三井物産の年収についてよくわかったと思います。

三井物産の年収の水準は非常に高いようです。高い年収の分、多くの業務を請け負うようですが、休暇もしっかり取得できるので精神的な余裕も持てるでしょう。

またある程度の年次までは毎年一定の昇給があるとのことですので、結果にはあまり関わらず高い給与を得ることができるのではないでしょうか。

30代後半から年収の差がついてくるようですので、結果を出すために早いうちから挑戦していくことが大切だと言えるでしょう。

三井物産の中途採用情報

次に三井物産の中途採用情報についてご紹介いたします。

こちらに関して、実際に三井物産の中途採用情報を見ながら、現在募集している職種について確認していきたいと思います。

では、早速確認していきましょう。

転職のポイント

・中途採用は年2回で、上期・下期に実地

・専門職ではなく、総合職としての募集

・高い専門性とマインドを持つことが選考では重要

・求人情報のチェックのために、三井物産のホームページから「キャリア登録」をする

・非公開求人も取りこぼさないように、転職エージェントを活用

三井物産が現在募集している職種

上記のポイントでも紹介したように、三井物産の転職ではキャリア採用という雇用制度をとっています。

そのため、特定の職種で転職するのではなく、総合職として転職します。

募集要項を以下の図にまとめてみたので、是非活用してみてください。



以上の図が三井物産の転職時の募集要項となっています。

福利厚生制度も充実しており、三井物産はここに記載している以外にも社員の健康状態を良い状態に維持できるようにさまざまな取り組みを行っています。

休日休暇制度もきちんとしており、週給2日はもちろんのこと、祝祭日、年末年始休暇、年次有給休暇(時間単位での取得可)、結婚休暇、出産・出産付添休暇、介護休暇、その他各種有給休暇制度が充実しています。

簡潔にまとめたものですので、実際に転職活動を行う際はHPを参考にしてください。

参照:三井物産キャリア採用

JobQ内の記事にも三井物産の福利厚生に関してまとめた記事がありましたので、そちらも参考にしてみてください。

【三井物産の福利厚生】社員の方の口コミ情報をご紹介します

また三井物産のような大企業には非公開求人が多く存在し、企業ページに記載している求人以外にも、転職エージェントなどを利用しなければ見ることのできない求人があります。

ですので、リクルートエージェントやdodaといった大手転職エージェントを利用し、企業ページ以外の求人も探してみると良いでしょう。

✓ リクルートエージェント公式サイト:https://www.r-agent.com/
✓ doda公式サイト:https://doda.jp/

選考フローを確認しよう

次に三井物産の選考フローをご紹介いたします。

こちらに関しても実際に三井物産の中途採用情報を見ながら、選考フローについて確認していきたいと思います。

では早速確認していきましょう。

 

三井物産の選考フロー

Step.1 WEB履歴書による1次書類選考
Step.2 WEBテスト
Step.3 Career Loungeへの参加
Step.4 エントリーシートによる2次書類選考
Step.5 面接選考
Step.6 最終面接
Step.7 意思確認を経て内々定


以上のように、三井物産の選考はWEB履歴書による書類選考から始まり、WEBテストに合格するとCareer Loungeへ参加が可能となるようです。

Career Loungeへの参加は任意で選考に関係はないようですが、社員の方と話せる機会ですので、参加した方が良いのではないでしょうか。

その後、エントリーシートによる書類選考が行われ、面接へと進みます。面接は2回あり、最終面接に合格すると意思確認をされて内々定となります。

転職における三井物産の面接の難易度は?

転職活動の際に希望企業の面接情報を事前に把握しておくことは面接の成功に大きく関わってくると思います。

そこで、ここでは三井物産の面接の難易度についてご紹介いたします。

こちらに関して、JobQに三井物産の面接に関する投稿がありましたので、早速確認していきましょう。

三井物産で面接を控えています。アドバイスお願いします。

現在32歳の男です。転職先として三井物産を選びました。そこで、今度面接を控えているのですが、どんなことに気をつければよいのでしょうか。

また、対策といいますか気をつけておくべきことや、どんな質問をされるかなども知りたいです。

経験者の方がいましたら回答お願いしたいです。

以前三井物産で働いていました。

自分もふたつ目の転職先として三井物産を選んだのでそこでの自分の質問内容などを覚えている範囲ですがお答えしますね。

聞かれる質問ですが、…続きを見る

友人が中途入社していたので少し話を聞いてみました!参考程度に見てみてください。

・三井物産の志望動機
・以前の…続きを見る

いかがでしたでしょうか。

三井物産の面接で難しい質問はされなかったようです。

簡単な質問に対していかにスムーズに論理的な回答が行えるかが大切なようですので、志望動機や将来のビジョンなど想定できる質問に関しては事前に回答を考えておくべきでしょう。

面接時間は人によって異なるようですが、30分前後とのことです。長い時間ではないようですので、面接時間内に自分の魅力を伝えるためにも、自己分析や企業分析を十分に行うことが大切なのではないでしょうか。

三井物産の社員の評判をご紹介

次に三井物産の評判についてご紹介いたします。

こちらに関して、JobQに三井物産の評判に関する投稿がありましたので、早速確認していきましょう。

三井物産に転職を検討中ですが、誰でも馴染みやすい社風でしょうか?

現在は全く別の業界で企業で営業をしています。

ただ、今はそこの会社での出会いもあり三井物産に転職することを検討しています。知り合いはいるのにはいるのですが色々な方の話を聞きたいと思い、転職するにあったて三井物産がどんな社風なのかと思い質問するに至りました。

中途のものでも馴染むことができるような会社でしょうか?はじめての転職となるので不安ではあります…おてすうですが、ご回答お願いします。

三井物産での就労経験があります。

社風としては社員教育制度は充実し、成長すればそれに応じた仕事を担当できるが、基本的には…続きを見る

いかがでしたでしょうか。三井物産の社風についてよく分かったと思います。

三井物産では個人の能力や意欲を重視しているようで、上司や若手など関係なく誰でも意見を言える雰囲気であるようです。

時には厳しい意見交換なども行われることから、自分の考えをしっかり持つことが重要なのではないでしょうか。

社内には仕事を重視している人、仕事を重視している人それぞれいるようですが、出世のためには結果を出すことが求めれれるようです。

社内には元気でユニークな人が多いようで、イベントも多く開催されていることから、様々な価値観を持っている方と話をする機会があるのではないでしょうか。

またJobQに三井物産の評判について他の投稿がありましたので確認していきたいと思います。

三井物産等の総合商社は本当に激務なのですか?

大学時代の友人と話していると、商社で働く友人がいつも大変だ、転職したいと言っています。

実のところ自分自身、商社とは無縁の業界で携わっていますのでいつも大変そうにしている友人が実際にどれくらい大変なのか聞いても教えてくれないため質問することにしました。

どなたかご存じの方がいらっしゃいましたら教えて下さい。

三井物産で働いていたことがああります。

皆さん商社と聞いて激務なイメージを抱きがちですが、実際はというと…続きを見る

いかがでしたでしょうか。三井物産の業務は忙しい時はあるようですが、激務にならないように調整してもらうことは可能なようです。

休暇に関しても1週間以上の休暇を取得することも可能であり、休暇をサポートする体制も整っているようですので、ワークライフバランスは非常に良いのではないでしょうか。

しかし、部署によって残業時間の差は大きいようです。一概に三井物産が激務であるとは言えないのではないでしょうか。

三井物産転職の総括

いかがでしたでしょうか。

今回は三井物産の転職情報についてご紹介しました。

三井物産の年収の水準は非常に高いようであり、社内にもユニークな方が多く、明るい雰囲気なようです。

面接では難しい質問は少ないようですので、落ち着いて論理的な回答をすることが重要なのではないでしょうか。

これから三井物産へ転職を希望している方がいましたら、ぜひこちらの記事を参考にしていただければ幸いです。

【必見】登録しておきたい完全無料の転職エージェント

人気の転職エージェント

転職エージェント 対象
マイナビエージェント 転職を目指す全ての20〜30代におすすめ
レバテックキャリア IT業界・Web業界に特化
リクルートエージェント 業界総合実績・求人数No.1
第二新卒エージェントneo 20代の第二新卒・フリーターに強い
JAIC 就職成功率81.1%以上
ビズリーチ 年収1,000万円を超える求人が1/3以上
dodaキャンパス 国内最大規模の新卒向けサービス


以上の転職エージェントを利用することがおすすめです!

公式HPはこちら
・マイナビエージェント
 https://mynavi-agent.jp/
・レバテックキャリア:

 https://career.levtech.jp/
・第二新卒エージェントneo:
 https://www.daini-agent.jp/
・リクルートエージェント:
 https://www.r-agent.com
・JAIC:
 https://www.jaic-college.jp/
・ビズリーチ:
 https://www.bizreach.jp
・JAIC:
 https://www.jaic-college.jp/
・dodaキャンパス:
 https://campus.doda.jp/

この記事は役に立ちましたか?

この記事に関連する転職相談
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料

この記事の企業

  • 東京都千代田区大手町1丁目2番1号
  • 総合商社
  • Q&A12件
三井物産株式会社(英文名 MITSUI & CO., LTD.)の設立年月日は1947年(昭和22年)7月25日である。代表取締役社長は安永 竜夫で、資本金は341,481,648,946円 (2016年9月30日現在)である。従業員数は5,905名 (連結従業員数43,611名)(2016年3月31日現在)である。事業所数は138拠点/65ヶ国・地域...続きをみる

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す