【企業研究のやり方】この方法を知るだけで内定へ近い道しようの画像

【企業研究のやり方】この方法を知るだけで内定へ近い道しよう

就職活動をしたことがある人なら企業研究という言葉を聞いたことがあると思います。しかし、企業研究の正しいやり方を自信をもって説明できる人は少ないと思います。そこでこの記事では、企業研究のやり方や調べるべきポイントについて紹介していきます。まずは、企業研究とは何かについて解説していきます。

そもそも企業研究とは?なぜするの?

企業研究とは企業への理解を深めること

企業研究とは、その企業への理解を深めるための調査です。

企業研究をしている度合いによってほかの就活生と差がつく場合があります。

つまり、しっかりと企業研究をしていれば、その企業から内定をもらいやすくなるということです。


企業研究をする理由

企業研究をする最大の理由は、採用試験対策のためです。

採用試験のエントリーシートや面接では、ほかの就活生とはいい意味で異なった回答をすると採用の確率はかなり上がります。

例えば、エントリーシートで、志望動機を問われると思います。

企業研究をあまりしていない人は、ホームページ上に載っている業務内容をについて回答すると思います。

しかし、企業研究をしっかりとしている人は、業務内容を参考に実際に何をしているのか、自分なら何ができるのか、どのように会社に貢献ができるのかというさまざまな視点から考察して回答することができます。

このように企業研究をしていると、ほかの就活生とは一線を画した回答ができるため採用確率が上がります。

関連相談

企業研究のやり方とは


企業研究は就活において大切であるということは先ほど紹介しました。

しかし、実際にどのように企業研究をすればよいのかわからない人が多いと思います。

ここからは、一般的な業界の企業研究のやり方について紹介します。


企業のホームページや企業説明会で情報を得る

まずは、企業のホームページや企業説明会で情報を得ましょう。

簡単に企業の情報を手に入れられるのはホームページです。

しかし、ホームページ上の情報は誰でも閲覧することができるので企業研究を深めることはできません。

一方、企業説明会ではホームページには掲載されていない情報やそこでは働いている人たちの生の声を聞くことができます。

そのため、特に志望順位の高い企業の場合は、企業説明会に参加することをおすすめします。


OBを訪問する

OBを訪問することも企業研究としてはよい方法の1つです。

この方法でも、働いている人の生の声を聞くことができます。

特にOBが若手社員であれば、若手社員から見た会社内部の話や大変な話をなどよりリアルな話を聞くことができます。

理系なら専攻に特化するとリスクが高い

理系の場合、先行している内容によっては、不採用になる可能性が高くなります。

特に理系の修士卒生の場合、エントリーシートや面接時に自分の研究内容を説明します。

そこで自身が専攻している内容と企業が望んでいる内容が大きく乖離していると不採用になります。

しかし、理系の学部卒や修士卒生は選考内容よりその研究をどれだけ理解しているか、どれだけ頑張ってきたかが評価されます。

そのため、専攻が異なっているという理由で不採用になることは近年ではあまりありません。

関連相談

IT系の企業研究のやり方


IT系の業界は、ほかの業界とは少し異なっています。

それは、会社を設立して年数が浅い企業が多いことです。

そのため、会社の組織がほかの企業と異なっているなど、同じような対策だけでは内定をもらいにくい可能性があります。

ここからはIT系の企業研究のやり方について紹介します。


日本経済新聞や四季報から情報を入手する

IT系の企業研究の時は、まず日本経済新聞や四季報から情報を入手しましょう。

IT業界は変動が激しい業界です。ソフトバンクや楽天などの大企業はここ数十年で急速に規模が拡大したIT企業です。

また、通信アプリのLINEを運営しているLINE株式会社やパズドラを運営しているガンホーなどは、近年、アプリの利用率が急速に拡大して業績を伸ばした企業です。

このようにIT業界では、5年後、10年後どのようになっているかわかりにくい業界といえます。

そのため、将来IT業界はどのようになるかを考えるために、今現在のIT業界を知っておく必要があります。

そのため日本経済新聞や四季報から情報を入手するようにします。


SNSも情報源になる

IT系の企業はほかの業界よりもSNSに強い会社が多いです。

そのため、就活関係の最新情報をSNSから発信している企業もたくさんあります。

志望している企業のSNSは常にチェックするようにしましょう。

関連相談

企業研究ノートの作り方と例


次は、企業ノートの作り方とその例について紹介します。

就活を開始すると終了するまでに約20~30社企業研究を行うことになります。

面接が解禁されると並行して採用試験が開始されるため、忘れたり、混乱する可能性があります。

そのようなことがないように企業研究ノートを作成しておくことをおすすめします。


集めた情報をルーズリーフに整理してまとめる

まずは、集めた情報をルーズリーフに整理してまとめましょう。

ノートだと、まとめた後、企業ごとにさらに整理することができなくなるため、ルーズリーフでまとめましょう。


1ページに1企業ずつ書く

ルーズリーフ1枚に1企業ずつ書きましょう。

ルーズリーフ1枚に複数企業の情報を書いてしまうときちんと整理することができなくなります。

また、その企業について新たな情報が出てきたときに余裕をもって書いているとさらに追加してその情報を書くことができます。


同じテンプレに従って書く

1企業について同じテンプレートで書くようにしましょう。

このように書くことでそれぞれの企業同士を比較することができます。

例えば、企業の本社の所在地や会社の雰囲気、社員のコメントなど自分が必要と思われる項目ごとに分けて書くようにします。

関連相談

転職に役立つ企業研究のチェックポイント


最後に、就職活動の時に役立つチェックするべきポイントについて紹介します。


企業の経営状況をチェック

チェックするべきポイント1つ目は、企業の経営状況です。

経営状況を確認するためにはその企業の売上高の推移を確認します。

売上高が年々増加している場合は、経営状況は良好ですし、減少している場合は良好でないことが分かります。

上場企業であれば、各社のホームページで確認することができますし、四季報で確認することもできます。


同業他社との利益率を比較する

同業他社と利益率を比較することで経営状況が良好であるか、給料をたくさん払える状態であるか確認することができます。

利益率とは、売り上げに対する純利益の割合のことです。

いくら売り上げが高くても、それに対して費用が掛かっていると利益は小さくなります。

計算式は、「利益率(%)=純利益÷売り上げ×100」です。

一度、自分が志望している企業の利益率を計算してみましょう。


企業の将来性をチェック

企業の将来性を確認する方法はたくさんありますが、この記事では中期経営計画について紹介します。

中期経営計画とは直近の3~5年間でどのような経営を行っていくかを示した指針です。

つまり、これを確認すればその企業が今後何に力を入れているかを知ることができます。

関連相談

まとめ

企業研究のやり方について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

この記事をまとめると以下のようになります。

  • 一般的な業界やIT業界での企業研究のやり方について
  • 企業研究ノートの作り方について
  • 企業研究で調べるべきポイントについて

企業研究のやり方によって、ほかの就活生と差をつけることができます。

ぜひ、この記事を参考に自分なりの効率的な企業研究のやり方を見つけましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事に関連する転職相談

文系でエンジニア未経験の就職の場合、SIerになるのですか?

文系の二回生です。エンジニアに興味があって、現在rubyを独学中です。華やかなIT業界に憧れてます。また、社会人としての経験を摘んで、社内でも個人でも問わないので自分でサービスを開発したいなと思ってます(今は何もアイデアはありませんが) ここで...

内定ブルーなのですが、就職して実際に働くまでに何を考えればいいですか?

はじめまして。 就職活動を終えた大学4年生です。 自分は大和ハウス工業営業職とと第1地銀(準メガ)に内定を頂き、本当に選べなくて悩みに悩みましたが、第1地銀に就職することを決めました。 理由としては、地域のリーディングカンパニーであるこ...

営業職はどのような雇用体系なのでしょうか

私は営業職に憧れているのですが、営業職は歩合やインセンティブなど給与体系が変則だと思います。 営業職はノルマがあると聞いていて、ノルマを達成できないと減給されたりするのでしょうか。 または、固定額は決まっていて売上をあげるとプラスで...

損保損害サービスの仕事と商社の営業事務の仕事だとどちらがおすすめですか?

現在、損保の損害サービスの仕事と商社の営業事務で内定を頂いております。どちらも中小企業で土日祝休みです。想定年収が100万円程違うのですが、年収をとるか、ライフワークバランスをとるかで悩み中です。

公認会計士を挫折し、メーカーの企画・マーケティング職に就きたいと考えています。これは面接官から不審がられますか?

公認会計士を挫折し、休学留年して民間就活に切り替えた者です。 進路について再考した結果、メーカーの企画・マーケティング職に就きたいと考えています。これは面接官から不審がられますか…?やっぱり経理財務志望であるべきでしょうか。 ちなみに、マ...

長文失礼します。2000年早生まれの現在18歳男です。地方に住んでいるのですが大学受験で、受かると思っていた...

長文失礼します。 2000年早生まれの現在18歳男です。地方に住んでいるのですが大学受験で、受かると思っていた都内中堅私立大学にも不合格で、不合格になるなんて思ってもいなかったのでその後を考えていませんでした。後期受験までの日程費用から考え...

内定を承諾するか迷っています。 IT企業、独立系ソフトウェア企業から内定を頂きました。システムエンジニア職で...

内定を承諾するか迷っています。 IT企業、独立系ソフトウェア企業から内定を頂きました。システムエンジニア職です。従業員数300~400人、社歴数十年以上の会社です。 賞与が1.●カ月プラス能力に応じた額ということで、少な目なのが気になります。また転...

ゲームプランナーの就職は厳しいと聞きましたが、何が強みになるのでしょうか?

ゲーム関係の仕事に携わりたく、ゲームプランナーを視野に入れています。 元々デザイナーに興味があったのですが、大学で企画などに携わっていくうちに運営や企画に興味が出始めました。 美術大学で立体を専門としています。 ゲームプランナーの就職は...

就職留年を検討している上位旧帝大生です。2留での就職活動は無謀ですか?

就職留年を検討している上位旧帝大生です。 私は今年ある企業に内定を貰いましたが、自分が志望している業界ではないため、就職留年を検討しています。 しかし、私は大学2年の頃に単位を取得しきれずに留年をしており、就留すると2留で就職活動に望むこ...

会計事務所へ就職したいのですが何が必要なのでしょうか?

会計事務として会計事務所に就職したいと思っているのですが、資格やスキル、対策などの何が必要なのかをお伺いしたいです。 可能であれば、実際に会計事務をしている方にお伺いしたいです。

この記事に関連する記事

地方に就職で迷っている方にはぜひ見てほしい【実態をご紹介】

地方に就職しようと迷ったことはないでしょうか。この記事では地方に就職することのメリット・デメリットや、地方から東京に...

会計事務所へ就職するにはどうする?【就職するメリット・デメリットも紹介】

会計事務に就職したいと思っている方は多いのではないでしょうか。本記事では新卒で会計事務所へ就職するときの注意点、会計...

【徹底解説】内々定を貰える時期はいつくらいなのかご紹介

毎年、内定の時期や内々定の時期が異なっています。この記事では内定と内々定の違いや、内々定が早い企業など詳しくご紹介し...

【持ち物とは】入社式の所持品について詳しく解説致します

入社式は、就職後に最初に行う仕事といっても過言ではありません。人柄を見られ、上司からの評価が決まることもあります。何...

【社員に聞いた】熊谷組の年収は高いのか?低いのか?

今回は熊谷組の年収や業績についてご紹介したいと思います。熊谷組の年収が知りたいけど、どのくらいなのかと悩んでいるに熊...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー