会計事務の仕事内容にはどのような種類があるのか【資格情報も紹介】の画像

会計事務の仕事内容にはどのような種類があるのか【資格情報も紹介】

会計事務の仕事内容はどのようなものなのでしょうか。本記事では会計事務の仕事内容の種類とは?会計事務の仕事内容の種類で必要な資格も変わるのか?会計事務の仕事内容は大変なのか?会計事務以外の事務職の種類ということをご紹介します。会計事務という職業・業種に興味を持っている方はぜひ参考にしてみてください。

会計事務の仕事内容とは?

会計事務の仕事内容のイメージ

会計事務は、女性に人気がある仕事内容の一つです。

そのため、有効求人倍率が1.5を超えた売り手市場と言われる今日の転職市場でも、倍率が高くなっています。

しかし、事務全般を仕事とする一般事務と比べると、会計事務はまだ倍率が低いので、狙い目の職種と言えるでしょう。

会計事務の仕事内容は、ざっくりいうと会社の会計に関する事務作業がメインです。

会計事務と一言で言っても、人によって一般企業の経理や財務部で勤務している人もいれば、会計事務所で働く人もいて、職場の種類によって仕事内容も変わってきます。

一般企業の会計事務であれば、いわゆる『経理』でイメージされる日頃の経費の計算がメインになってくるでしょう。

一方で、会計事務所で働く会計事務の場合は、経理業務だけでなく確定申告も仕事の一つです。

どちらも、会計事務は会社にとって大切な『お金』を扱う仕事であり、その点が他の事務職と大きく違っています。

ただ、職場によっては一般事務のように電話や来客時の応対などの、一般的な事務の仕事もすることになるでしょう。

会計事務の仕事は、さまざまな種類がある事務の仕事の中では、他の会社でも通用するスキルが身につく仕事です。

そのため、会計事務の経験があると、転職時の求人の種類にも幅が出てきて転職にも有利になります。
 

関連相談

会計事務の仕事内容の種類とは?

会計事務として働いている女性のイメージ

会計事務の仕事内容には、たくさんの種類の仕事がありますので、紹介していきます。
 

会計事務の仕事内容の種類

会計事務の仕事の種類の中で、普段の仕事内容は『経理業務』が中心になります。

これは、提出された請求書や領収書を項目ごとに分類し、会計ソフトに入力していき、総勘定元帳を作成する仕事です。

そして、決算期には会計事務にとって一大イベントの『決算業務』が待っています。

これは総勘定元帳をもとに、試算表をつくり、さらに決算特有の仕分けをして、最終的にその年度の貸借対照表と損益計算書を作成する仕事内容です。

また、毎年年末に行う『源泉徴収』も会計事務の仕事の種類の一つなります。

さらに会計事務所で働く会計事務は『確定申告』も仕事ですので、この時期は繁忙期になります。
 

一般的な会計事務所では経験できない仕事もある?

一般的な会計事務所は、税理士が中心となっていて『経理業務』が主な仕事内容です。

しかし、公認会計士の会計事務所や監査法人の場合は、上場企業に対する仕事が大きいため、コンサル的な仕事が増えてきます。

そのため、上場に向けての資料作成や、海外進出、国際税務に関する事務もしなければなりません。
 

関連相談

会計事務の仕事内容の種類で必要な資格も変わる?

会計事務の仕事内容の種類で必要な資格も変わる?

会計事務は、職場の種類で仕事内容が変わってきますが、それによって必要な資格やスキルの種類もまた、変わってきます。
 

基本的に必要な資格やスキル

まず、どんな職場であっても会計事務に必要なスキルは、パソコンのスキルです。

今は会計ソフトを使っている職場がほとんどで、ソフトによって使い方は変わってきますが、最低限のパソコンスキルは必須になります。

資格の種類で言うと、MOSを持っていると強みになりますが、資格は必須ではありません。

また、他部署や税理士、クライアントとやり取りをするのも仕事内容の一つですので、コミュニケーションスキルも必要です。

会計に関する資格やスキルですと、会計事務という種類の仕事内容から、日商簿記3級以上の資格やスキルが最低条件になります。
 

仕事内容の種類によって必要な資格やスキル

会計事務所で働く場合は、一般企業の会計事務と比べてより高度な会計知識やスキルが求められます。

資格の種類ですと、最低でも日商簿記2級以上は持っていた方が良いでしょう。

実際に会計事務所で働く人は、税理士や会計士の勉強中の人が多いため、税理士試験の科目合格を求められることもあります。

監査法人など海外進出や海外税務も行っている職場では、英語力も必要です。
 

関連相談

会計事務におすすめのエージェント2選

会計事務になりたい方におすすめのエージェントをご紹介します。

これらは、屈指の知名度、実績を誇るエージェントですので積極的に利用することをおすすめします。
 

知名度No.1マイナビエージェント 会計士

手厚いサポートで定評のあるマイナビエージェントの会計士特価版がマイナビ会計士です。

企業会計士や会計事務所等、様々な転職先を紹介してもらえるのが特徴で、業界No.1の実績がある転職エージェントとなります。

登録をしないと求人を確認することができないため、まずは登録をしてみてはいかがでしょうか。

  • 求人量:4.2 ★★★★☆
  • アドバイザーのの質:4.7 ★★★★★
  • 求人の質::4.1 ★★★★☆

✔公式HP:https://cpa.mynavi.jp/
 

マイナビ税理士の総合評価

  • 求人量:3.9 ★★★★☆
  • アドバイザーのの質:4.7 ★★★★☆
  • 内定率の高さ: 4.2 ★★★★☆

税理士に特化した転職エージェントの中ではダントツの人気を誇る転職エージェントがマイナビ税理士となります。

豊富な知識と経験があるアドバイザーから、自分のキャリアを最大限に活かした転職先の提案をしてもらえます。

ほとんどの求人が非公開求人であるため、まずは応募をおすすめします。

✔公式HP:https://cpa.mynavi.jp/
 

関連相談

会計事務以外の事務職の種類

会計事務以外の事務職の種類イメージ

計算が苦手で、数字を見ると拒否反応が出てしまう人は、残念ながら会計事務の仕事内容には適していないでしょう。

そこで、会計事務が向いていない方に、会計事務以外の事務職の仕事の種類を紹介します。
 

未経験でもできるおすすめの事務職

事務の仕事は『事務職』と十把一絡げにされがちですが、種類によって仕事内容も難易度も全く違います。

その中で、未経験の人でもできる仕事内容なのが、『一般事務』です。

一般事務は、電話や接客の対応、書類作成、データ入力など幅広い事務作業をし、事務職のベースとなる職種です。

これといった専門的なスキルや知識がいらないので、未経験の求人も多く出ています。

しかし手軽な分、人気も高いので、自分の得意分野を見つけていかないと転職するのも厳しいでしょう。
 

給料がいいおすすめの事務職

未経験でもできる一般事務は、事務職の中でも一番給料が低く、事務職の中でも種類によって給料に差があります。

高度な専門スキルや知識、そして資格が必要な仕事内容の事務職は、給料が高いです。

英語や貿易についての知識が必要な『貿易事務』、人事のスペシャリストである『人事事務』は給料が高い傾向にあります。

そしてもちろん、会計事務もまた専門知識が必要であるため、事務職の種類の中では給料が高い職種です。
 

関連相談

まとめ

事務職と一言で言っても、仕事内容によってたくさんの種類があり、給料にも差があります。

会計事務は、会計を専門とした事務ですので、専門的な分野である分、給料も高いです。

経理業務の他に、決算や、年末調整、確定申告など、仕事の種類も多く、繁忙期には仕事の量が膨大になります。

しかし、会計事務は着実にスキルをつけてキャリアアップできる仕事ですので、気になる方はぜひ、目指してみましょう。
 

会計事務の仕事内容は大変なの?

会計事務の仕事内容に疲れている男性イメージ

会計事務は一般事務に比べて、給料が高く設定されていることがほとんどです。

給料が高い分、会計事務は大変な仕事内容も覚悟しなければなりません。
 

大変な会計事務の仕事内容とは?

会計事務の仕事内容で大変な点は、お金を扱う仕事内容であるため、ミスが許されない点です。

そして、会計事務の仕事内容は、会社にとって重要な財務に関わるため、責任が求められプレッシャーもあります。

また、繁閑の差が激しい種類の仕事であることも、会計事務の大変な点です。

月初や月中の仕事の種類は、会計ソフトへの入力が中心のため、仕事量も少なく余裕があるでしょう。

しかし、月末になると処理する伝票や請求書が膨大な量となり、また会計諸表の作成などの他の種類の仕事も増えます。

さらに、決算期や確定申告、源泉徴収の時期には、日頃の経理業務と並行してする仕事が増えるため、残業が続き、まさに激務です。
 

楽しいこともあるの?

会計事務の仕事内容は地味で淡々としていますが、もちろん楽しいこともたくさんあります。

多くの種類の仕事内容があるので、それを覚えていくことで着実にスキルアップできる点は、働いていて楽しい事の一つです。

会社の経営状態を把握する重要な仕事であるため、非常にやりがいのある仕事でもあります。
 

この記事に関連する転職相談

民間と公務員はどっちがいいでしょうか

現在大学生なのですが、進路で決めかねいます。 公務員であれば職を失うことはないかもしれないですが、仕事を頑張るのであれば相応に評価される給料に反映される民間の方がいいのかなとも思っています。 両親には将来のことを考えると安定している...

コンサルティング会社はどうなっているのでしょうか

コンサルティング会社で働いている人はその分野について詳しくないのにコンサルティングができるのか?と思っています。 専門分野に詳しい人や、業界で成績を出している人がコンサルティングをするのは理解できるのですが、コンサルティング会社に専門...

会計事務の仕事内容はどのようなものでしょうか?

会計事務の仕事内容はどのようなものなのでしょうか? 会計事務の主な仕事内容を教えていただきたいです。

管理職になったのですが、どのような仕事をすればいいのでしょうか?

管理職に昇格することができました。 ただどちらかと言うと営業として働いていたのですが、営業成績がよかったことによって管理職になってしまいました。 営業職は楽しかったですし管理職も狙っていなく、プレイヤーとしてガンガン稼いでいこうと思...

やりたい仕事が見つかりません、どうするれば見つかるでしょうか

私は現在、あるメーカーの検査作業の仕事をしています。 今の仕事は頭を使わない単純作業でいいのですが、やりがいを持って仕事をしたい思っています。 私は昔から将来の夢などがなく、就職の際も知人の紹介で就職しました。 なので自分から意欲...

メディア系の企業の仕事内容はやりがいがあるのでしょうか?

現在、大学2年生です。 将来はメディア系の企業に就職したいと思っています。 一応企業も決まっていて、自分の興味があることを事業内容としていたため、そこの企業にしようと思っています。 ただメディア系は辛いと良く聞きます。 ですので、...

企業法務は一人あたり何件くらいの契約をこなす業務量でしょうか?

企業法務の業務量についてお聞きしたいです。 転職1年目の知財マンです。中小企業の一人法務兼知財職として採用されて働きはじめましたが、法務の仕事が多くて困っています。 オフィスアワー+常識的な残業時間で法務、深夜残業してやっと知財事務を...

仕事は楽しいものですか?皆さんは仕事を楽しんでいますか?

大学を卒業すると仕事をする人が大半だと思うのですが、今まで仕事を楽しそうにしている人を見た事がありません。 もちろん仕事をしている友達もいるのですが、楽しんで仕事をしている人を見た事がないのです。 皆さんは仕事を楽しんでいるのでしょ...

仕事をする上で重視するものは何ですか?

お金、雰囲気、ブランド... など色々あると思いますが、一番これが大事!! というものは何でしょうか。 回答よろしくお願い致します。

管理部門の仕事は経理、人事、労務、購買であって...

管理部門の仕事は経理、人事、労務、購買であっていますか?

この記事に関連する記事

マイナビ会計士の評判は良い?悪い?【メリット・デメリットも紹介】

会計士におすすめの転職エージェントはたくさんありますが、本記事ではおすすめの一つマイナビ会計士をご紹介します。マイナ...

会計事務へ就職するにはどうする?【就職するメリット・デメリットも紹介】

会計事務に就職したいと思っている方は多いのではないでしょうか。本記事では新卒で会計事務所へ就職するときの注意点、会計...

会計事務の年収はどれくらいなのか?【無資格での年収は?】

会計事務になりたいと思っている方はいるでしょう。本記事では会計事務の年収はどれくらいなのか、無資格での会計事務の年収...

会計事務に資格は必要なのか?【おすすめの資格も紹介します】

会計事務になりたいと思っている方は多いのではないでしょうか。本記事では会計事務に資格は必要なのかということ、会計事務...

会計事務のパートの仕事内容とは?【パートの給料もご紹介します】

会計事務の仕事内容はどのようなものなのでしょうか。本記事では会計事務の仕事内容と必要なスキルや資格、会計事務のパート...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー