会計事務所へ就職するにはどうする?【就職するメリット・デメリットも紹介】の画像

会計事務所へ就職するにはどうする?【就職するメリット・デメリットも紹介】

会計事務に就職したいと思っている方は多いのではないでしょうか。本記事では新卒で会計事務所へ就職するときの注意点、会計事務所へ就職するメリット・デメリット、会計事務所の仕事は楽しいのかきついのかということ、会計事務所はホワイトな会社を選ぶべきということについてをご紹介します。会計事務所への就職を検討している方はぜひ本記事を参考にしてください。

新卒で会計事務所へ就職する時の注意点

会計事務へ新卒で就職した男性のイメージ

新卒で会計事務所だけを狙って就職活動する人は、ほとんどいないと思います。しかし在学中に税理士の試験科目の合格を果たしていて、将来はぜひ税理士になりたいという場合もありますね。

すでにお話したとおり会計事務所は、個人事業主の事務所でプロ集団です。ですから新卒を一から育てる考えは、ほとんどの会計事務所にはありません。

会計事務の業務未経験であっても着任後すぐに担当を割り当てられ、先輩と同じレベルの仕事を任せられることがほとんどです。そういった状況をあらかじめ了解しておくことが必要です。
 

会計事務所への就職は離職率が高い

会計事務として就職して経験する仕事は、一度身に付けばどこの会計事務所でも通用するものなのです。そのあたりが一般企業の事務職と大きく違うところです。

ですから転職はさほどむずかしくないので当然のことながらよりよい条件を求め、離職率が高いのです。
 

会計事務所には退職金制度がない

会計事務所は、基本的に法人ではなくて個人事務所です。もちろん例外はありますが、給料や福利厚生には期待しないほうが無難でしょう。退職金制度も完備していないことがほとんどです。
 

所長のワンマン経営の可能性が高い

個人事務所ですから、代表が所長が全ての決断を行うのは当然のことです。もちろん会計事務の意見を取り入れてくれる場合もあるでしょうが、概ねワンマン経営の会計事務所が多いでしょう。
 

関連相談

会計事務所へ就職するメリット・デメリット

会計事務所へ就職するメリット・デメリットのイメージ

会計事務として、会計事務所に就職するメリット、デメリットは何があるでしょうか。
 

メリット:経験を積むことができる

会計事務所に就職し会計事務の仕事を一度経験すれば、それはどんな会計事務所でも通用し、つぶしがきくので転職に有利です。

また一般企業の経理部門へ転職を希望する場合にも、会計事務の経験というのは高く評価してもらえます。
 

デメリット:待遇が悪いかも

何度も言いますが、会計事務所は個人事務所です。一般企業のような待遇は期待できません。
 

関連相談

会計事務所の仕事は楽しい?きつい?

会計事務所の仕事を楽しんでいる男性のイメージ

会計事務所での仕事はどうでしょうか?新しいことを経験できるのが楽しいと感じることもきっとあるでしょう。仕事量は所長の方針に依存すると思います。

やる気満々の所長であればたくさんの顧客を抱えていますので、会計事務の残業も多くなって、仕事がきついと思うこともあるでしょう。所長の方針を就職前にホームページなどから確認できるとよいですね。
 

会計事務所へ就職してもすぐ辞める人が多い

就職したけど残業ばかりで勉強する時間がなかったり、逆に暇すぎて十分な経験が積めないとか、覚悟していたけど給料が安すぎるなど、退職理由は色々でしょうが、会計事務所での会計事務の定着率は極めて低いです。
 

仕事を教えてくれない事務所も多い

会計事務所の生業はあくまでもプロ集団で、未経験者を一から育てる思想がありませんので、教育制度の用意があるところはあまりないでしょう。

大概は皆自分の仕事で手一杯なので、新人のサポートをする十分な時間が取れないのも事実です。

仕事は盗んで覚えろなんて、いつの時代の話なんだと笑わないでくださいね。それはあまりにも極端だとしても、就職後にがっかりしないように、可能な範囲で面接時に職場の雰囲気をたずねましょう。
 

関連相談

会計事務所はホワイトな会社を選べ

ホワイトな会計事務所のイメージ

会計事務所はブラックであるという記事もよくみかけます。そもそもホームページの用意もないところは避けるべきです。

ブラックな会計事務所に就職しないために、面接でまずは所長の経営方針や理念について質問します。大概は所長自ら面接官を務めることが多いと思います。話の中で相手の人間性を垣間見ることもできるかもしれません。

そのほかのチェック項目としては、 給与体系、平均的な残業時間、メンバー構成(年齢、経験、資格の有無など)、職場の雰囲気を質問しましょう。

所長の回答に少しでも違和感を覚えることがあれば、その会計事務所への就職はやめたほうが無難です。
 

所長のパワハラがない場所へ行こう

職場の雰囲気は、所長によって決まるといっても過言ではありません。

仮に所長が利益至上主義で、従業員や顧客の気持ちに寄り添えない人間だとすれば、事務所の人間関係は悪化しがちでパワハラ、セクハラの危険性をはらんでいますから就職は見合わせます。

そして会話を通して所長の人格を見極めます。

パワハラをするタイプは、その話し方や振る舞いで初対面から想定できますから、面接の際には注意して観察しましょう。
 

会計事務所は女性比率と残業時間も調べるべき

メンバーの女性比率が多いと所長に男性メンバーを育てる裁量がない、逆に男性ばかりだと男尊女卑の職場であると言われていますので、メンバー構成の質問をする時には、女性比率の確認も忘れずに行いましょう。

そして残業時間については面接での質問はもちろんのこと、可能であれば、就職を決める前に月末月初など締めのタイミングの22-23時頃オフィスを見にいってみましょう。

電気が煌々とついていたら、月末月初は確実に残業があると判断できます。
 

関連相談

会計事務所への就職に関するJobQユーザーの声

ここで、会計事務所への就職に関するJobQユーザーの声をご紹介します。
会計事務所への就職を考えている方は是非参考にしてみてください。

会計事務所へ就職したいのですが何が必要なのでしょうか?

会計事務として会計事務所に就職したいと思っているのですが、資格やスキル、対策などの何が必要なのかをお伺いしたいです。

可能であれば、実際に会計事務をしている方にお伺いしたいです。

会計事務として就職するには、基本的には会計事務の求人に応募することから始まるのですが、会計事務所の求人は経験者優遇の事務所が多いです。

なぜなら、会計事務所は少数の社員で事業を進めていくので採用人数も少なく、即戦力を採用したほ
うが収益に結び付くからです。

新卒で会計事務所に就職するには採用人数の多い事務所に絞るか、未経験歓迎の会計事務所に応募するという方法があるので、あらかじめ調べておく必要があります。


会計事務への就職に関してはこのような声が寄せられました。

会計事務所によって従業員数、未経験を積極的に受け入れているのかが違いますので、しっかり調べておく必要があります。
 

会計事務所へ就職したいのですが何が必要なのでしょうか?

今回ご紹介したJobQユーザーの声はこちらです。
 

関連相談

会計事務への就職 まとめ

会計事務所に会計事務として就職することは、一般企業に就職するのとは随分状況が違います。

会計事務として経験を積むことで得られるメリットももちろんありますが、税理士になるなどの目的が明確にない場合には、一般企業も合わせて検討することを強くお勧めいたします。
 

この記事に関連する転職相談

就職活動中の国際関係学部の大学生です。メーカーの事務系職のやりがいについて伺いたいです。

就職活動中の国際関係学部の大学生です。 語学力を活かした仕事、 公益性が高いと感じる仕事をしたいと思っております。 その軸を基に、 生活に必要な商材を扱うメーカーして志望しているのですが、 技術系に比べてものつくりに直接関われない一方...

事務職は、AIなどにより、なくなりつつありますか?

事務職とSE職。 就職を控えている学生です。 事務職は、AIなどにより、なくなりつつありますか?最近は事務職人気で、競争率が激しいと聞きました。 また経理の求人は少ないですか? 会計士の勉強を前していて、簿記1級は持っているので、経理という選...

会計事務所へ就職したいのですが何が必要なのでしょうか?

会計事務として会計事務所に就職したいと思っているのですが、資格やスキル、対策などの何が必要なのかをお伺いしたいです。 可能であれば、実際に会計事務をしている方にお伺いしたいです。

会計事務の年収は大体どれくらいですか?

大学卒業後に会計事務所に就職しようと思っています。 会計事務の年収は大体どれくらいでしょうか。 実際に会計事務として働いている人に年齢と年収を教えていただきたいです。

会計事務はブラックって本当ですか?見分け方はありますか?

会計事務はブラックできついところが多いって聞いたことがあるのですが、本当ですか? また、ブラックな会計事務所の特徴、見分け方ってありますか?

会計事務の仕事内容はどのようなものでしょうか?

会計事務の仕事内容はどのようなものなのでしょうか? 会計事務の主な仕事内容を教えていただきたいです。

転職して会計事務になりたいのですが何が必要でしょうか?

会計事務への転職を考えているのですが、会計事務所への転職には何が必要なのでしょうか?

会計事務に未経験でなることは可能なのでしょうか?

未経験の状態で会計事務として会計事務所に就職・転職をすることは可能なのでしょうか?

事務職での給与の底上げに有利な資格はどんなものがありますか?

事務職での給与の底上げに有利な資格はどんなものがありますか?

会計事務に将来性はあるのでしょうか?

会計事務所への就職を考えているのですが、会計事務の将来性はどうなのでしょうか? ネットを見ていると、「会計事務には将来性はない」という趣旨のサイトがとても多いので、このまま会計事務になって問題ないのかがとても不安です。 会計事務には将来...

この記事に関連する記事

会計事務として転職するには?【おすすめの転職サイトも紹介】

会計事務所への転職を考えている方は多いでしょう。本記事では会計事務所へ転職するときには年齢が大切?会計事務として転職...

会計事務の年収はどれくらいなのか?【無資格での年収は?】

会計事務になりたいと思っている方はいるでしょう。本記事では会計事務の年収はどれくらいなのか、無資格での会計事務の年収...

会計事務に資格は必要なのか?【おすすめの資格も紹介します】

会計事務になりたいと思っている方は多いのではないでしょうか。本記事では会計事務に資格は必要なのかということ、会計事務...

【会計事務志望の方必見】気になる会計事務の将来性とは?

皆さんが就職・転職をする際に判断材料にするものの中に、その業界の将来性というものがあります。会計事務への就職・転職を...

会計事務の仕事内容が大変って本当?【仕事の探し方も紹介】

会計事務への就職・転職を考えている人は会計事務の仕事内容や会計事務の仕事内容が大変なのかどうかということが気になるで...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー