• HOME
  • 転職
  • 【マーケティングの転職エージェント】おすすめできるサービスをご紹介

【マーケティングの転職エージェント】おすすめできるサービスをご紹介

マーケティングへの転職を検討している方は多いでしょう。今回は、マーケティングへの転職にオススメの転職エージェントをご紹介します。今回はマーケティングへの転職エージェントを利用するメリットやデメリット、転職活動を成功するノウハウについてご紹介します。

マーケティングの仕事内容とは

マーケティングとは、企業・団体・組織が実行する営業活動で「お客様が真に求める商品・サービスを構築して宣伝などにより情報を届けて、お客様がその価値を効果的に得ること」の概念です。

お客様のニーズ分析・価値を創成する経営・戦略・仕組み・プロセスを示します。

マーケティングの概念は理想的な単語と用語が羅列されていますが、「売れる仕組みを作ること」です。

現在はインターネットの普及とIT技術の飛躍的な進歩で、お客様のニーズを広域に取得することが可能になりました。

その情報を調査・分析して「売れる仕組みを作る」のです。

マーケティングに関する業務は多種多様で広範囲です。「製品・サービスの販売拡大するため」企画・戦略・販路を分析・検討して市場に浸透および定着させることがマーケティング職の業務です。

マーケティング職になるには

マーケティング職に就くにはどうすれば良いのでしょうか?マーケティング職に必要な公的資格や民間の公認資格を有さずに就くことができます。

マーケティングに関して知識が無い方は論外として、その気がある方は入門書を一冊熟読しておきましょう。

マーケティング職になるには、希望の業界・業種に興味を持って製品やサービスの販路開拓・拡大・知名度を上げる工夫を好む方多く就業しているようです。

業務用機器・プラント・キャラクターグッズの販売などと業界によって、マーケティング方法も異なります。マーケティング職で就業している方は、次のような共通意識がありようです。

第1に「好奇心が旺盛」の方です。マーケティング職に就くために市場の動向や流行に敏感であることです。

自分自身のアンテナを伸ばして、多方面に興味を持つことが必要で、感性が豊かな方に適性がある職種です。

第2に「想像力が豊かな」な方です。「売れるための販路開拓・仕組みづくり」には想像力・思考力が必要になります。

販売対象のターゲットの立場になり、その製商品をゲットしたときの気持ちの想像ができることが求められます。

第3に「地味な作業や数字に苦手ではない」方です。格好いいイメージのあるマーケティング職ですが、内部の業務は地味な下調べがあります。

微細なデータを基にした展開予想を計画するなど、細かな数字を取り扱いが苦にならない方に向いています。
 

未経験からマーケティングを目指すには

マーケティング職に必要な資格はありません。但し、営業・企画・戦略担当職を経験せずにマーケティング職を求人募集している企業・団体・組織に就職・転職することは容易ではありません。

実務経験者がマーケティング担当部門に採用されるケースが多いようです。

マーケティング職への就業は、親族・知人・友人・近隣の有力者などの紹介による縁故就職・転職をするケースをよく見受けます。

企業の営業戦略・営業企画をする重要な職種ですので、一般求人応募での就業は厳しいと言われています。

公共職業紹介機関のハローワークでも、マーケティング職が未経験者の就職紹介は相談担当職員とよく相談して応募しましょう。

未経験者のマーケティング職求人応募は20歳代~30歳代前半が限度で、30歳代後半以降は経験者の求人応募になります。また。民間の転職エージェントを並行活用することをお勧めします。

マーケティング職を紹介することが得意としている転職エージェントを紹介します。

①「ビズリーチ」です。若年層~中堅層、ベテラン社員まで幅広く支持されている大人気の転職エージェントです。

②「リクルートエージェント」です。職決数№1の王道の転職エージェントです。

③「doda」です。深田恭子さんをイメージキャラクターにした有名な人材サービス企業です。初めて活用する方にお勧めの転職エージェントです。

④「JACリクルートメント」です。高報酬を望む方向けの転職エージェントです。
 

マーケティングへの転職に活かせる資格

第1に「マーケティング・ビジネス実務検定」です。当資格は「特定の業種に捉われない共通のマーケティング知識習得」を目的とした検定資格です。

マーケティング職に関する汎用的な知識を有していることが合格条件です。

第2に「マーケティング検定」です。マーケティング知識を活用してキャリアアップ、キャリアチェンジを目標にした方にお勧めの資格です。マーケティング職の幅広い基礎知識を習得していることが合格条件です。

上記の検定資格は、民間の認定試験です。この資格を所得していることは、就職・転職に有利な条件ですが、必須な資格ではありません。

マーケティングに向いている人の特徴とは

マーケティング職に向いている方を紹介します。マーケティング職は経営学・経済学・統計学・マーケティング理論の知識を有しているか、大学で専攻した経歴があると役立ちます。

これからマーケティング職に向いている方の特徴を紹介します。

第1に「数字・データに強い」方です。新しい製商品を企画・開発するときは市場調査や市場動向結果を基に精査・分析・統計をします。数字が苦手な方には不向きな職種です。

第2に「世間の出来事に関心がある」方です。世間の動向・市場の流行を把握するためには分析・統計データだけではなく、街中の情報収集も重要です。メディア・インターネット口コミを活用して、最新情報を早期に取得することができる方です。

第3に「コミュニケーション能力がある」方です。マーケティング職は提案・企画だけでは任務を果たせません。

営業・宣伝・広報・製商品開発部門との連携が必要になります。業務推進のため関連部署社員の意見を傾聴すること、簡潔明瞭なプレゼン能力が必要です。

第4に「客観的・論理的な思考ができる」方です。情報収集した結果を客観的な観点で捉えて、論理的な思考でまとめたプレゼン能力が必要です。

情報収集した結果をまとめて発表するだけでは、データアナリストです。マーケティング職にはなれないので、注意です。

マーケティング職の転職エージェントとは

オススメ総合転職エージェント

  求人量 サポートの質 女性の評価
リクルートエージェント ★★★★★ ★★★★ ★★★★
doda ★★★★ ★★★★ ★★★★★
マイナビエージェント ★★★☆☆ ★★★★★ ★★★★
ビズリーチ ★★★☆☆ ★★★★ ★★★☆☆

 

業界最大手であるリクルートエージェントはやはり、使い勝手が良いでしょう。

豊富な求人数に加え、圧倒的な転職エージェント在籍数を誇ります。まず間違いなく自分にあった求人にめぐり会うことができます。

ただし、転職エージェントには相性もありますので、複数の転職エージェントに登録することをおすすめします。

オススメは総合系転職エージェントに2-3社程度登録し、それでも相性が良いエージェントに巡り会えなかった場合は担当変更や業界に特化したエージェントに登録することです。

ハイクラス層に特化しているビズリーチやはオススメです。

マーケティングにオススメの転職エージェントとは

リクルートエージェントの総合評価

リクルートエージェント

  • 求人量:4.6 ★★★★★
  • アドバイザーのの質:3.7 ★★★★
  • 内定率の高さ: 4.2 ★★★★

求人数は、リクルートエージェントが一番多いと言われています。

非公開求人が多く、実際にエージェントを利用してみると、思っていた以上に高待遇の求人に巡りあえるなんていうこともしばしばあります。

まず間違いなく、登録しておいて損はない転職エージェントと言えるでしょう。

✔公式HP:https://www.r-agent.com/map/
 

dodaの総合評価

  • 求人量:3.8 ★★★★
  • 女性からの評価:4.5 ★★★★★
  • アドバイザーのの質:4.2 ★★★★

dodaの特徴はなんといっても、アドバイザーの質の高さでしょう。

入社後のアフターケアも充実しています。

リクルートエージェントは規模からエージェントの質も上下の幅がありますが、dodaはアドバイザーの質が充実しており、応募者の満足がいく転職活動を行うことができるでしょう。

✔公式HP:https://doda.jp/


ビズリーチの総合評価

ビズリーチ

  • 求人のの質:4.2 ★★★★
  • 外資系やハイクラスへの精通度:4.5 ★★★★★
  • アドバイザーの提案力:3.7 ★★★★

ハイクラス層の転職といえば、ビズリーチというイメージがありますね。

ビズリーチの場合、担当者が求人を紹介してくるため、自分で求人を探すという手間がない分、エージェントとの相性が肝となります。

有料以外にも、無料サポートもありますので、利用してみるのも手でしょう。

✔公式HP:https://www.bizreach.jp/

転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントを利用することで様々なサービスを受けることができます。ですので、転職エージェントを利用することで得ることができるメリットをご紹介いたします。
 

スケージュールの調整をしてくれる

転職エージェントを利用することで、面接などの日程調整を直接企業と連絡を取って行ってくれます。

ですので、自分が忙しくなかなか転職活動ができない場合、転職エージェントを利用することで非常にスムーズに転職活動を行うことができます。

またどのように転職活動の連絡を取っていいのかわからない場合も、転職エージェントは非常に使えるサービスと言えるでしょう。
 

希望にあった将来性のある会社を紹介してくれる

転職エージェントを利用する最大のメリットは、質の高い求人を紹介してくれるということでしょう。

さまざまなデータから希望に合った会社を紹介してくれるのが、転職エージェントの特徴です。

また企業ページには乗っていない求人も転職エージェントは多く保有しております。このような求人を非公開求人と言い、転職エージェントなどを通さないと、見ることができない求人となっています。

ですので、転職エージェントを利用することで、転職できる求人の幅が広がると言えるでしょう。
 

転職活動のサポートをしてくれる

面接の練習など転職エージェントでは様々な転職活動のサポートを行ってくれます。

特に面接においては、前回同じ企業を受けた方のデータが溜まっており、面接でどのようなことが聞かれるのかなどある程度の予想を立てることができるようになります。

また応募書類の添削など、1人で転職活動を行うには非常に労力がかかることを全力でサポートしてくれるので、転職活動を非常にスムーズに進めることができると言えるでしょう。
 

給与などの待遇面を交渉してくれる

転職エージェントは内定が決まった後もサポートを行ってくれます。

内定後で特に重要なサービスとしては、年収の交渉と言えるでしょう。自分から企業に伝えづらい年収の交渉も転職エージェントは、しっかりと行ってくれます。

企業に対して、話しづらいことも転職エージェント利用することでしっかりと伝えることができるので、納得のいく転職ができると言えるでしょう。

マーケティング転職エージェントのまとめ

マーケティング職は、企業の製商品やサービスを販売拡大するためのマーケティング部門の司令塔です。

マーケティング職は企画担当・戦略担当や広報担当と連携をとるコミュニケーション能力が大変重要です。

マーケティング職に就くには縁故による紹介がありますが、転職エージェントを並行して活用しましょう。

登録しておきたい完全無料な転職サービス

おすすめの転職サービス

  エージェント名 実績 対象
1位 リクルート 5 30代以上 
2位 ビズリーチ 4.5 ハイクラス層
3位 パソナキャリア 4.3 全ての人


以上の転職エージェントを利用することがおすすめです!

公式HPはこちら
・リクルートエージェント:https://www.r-agent.com
・ビズリーチ:https://www.bizreach.jp
・パソナキャリア:https://www.pasonacareer.jp

本記事の初回公開日は2019年01月17日です。

この記事に関連する転職相談

転職エージェントが合わないのですがどうすれば良いですか?

転職エージェントが合わないのですがどうすれば良いですか? 連絡が遅い、希望と違う提案をしてくる、など転職エージェントと合わないと感じた時はどうすれば良いのでしょうか。 転職エージェン...

30代から初めての転職活動をしても内定を手に入れることができますか?

現在32歳です。大手メーカー企業に勤めています。 入社してから10年が経つのですが、異動について会社に疑問を抱いており、 元々会社が提示した条件と全く違う状況に立たされています。 ...

日立ソリューションズからNRIやNTTデータなどの大手SIerに転職することは可能ですか?

就活生です。 日立ソリューションズからNRIやNTTデータなどの大手SIerに転職することは可能でしょうか。また、転職するにあたって1番求められるスキルは何ですか。

転職エージェントを併用するメリットとデメリットはなんですか?

転職エージェントを併用するメリットとデメリットはありますか? また、転職エージェントを併用する時の注意点はどんなのがあるのでしょうか? 転職エージェントを併用するとしたら何社くらいが...

転職エージェントに本当の退職理由を隠せと言われるのですがなぜですか?

仕事を辞めてからの転職活動 現在仕事を辞めてから転職活動をしています(30歳男)。 前職(物流)が長時間労働が常態化しており、月の残業100時間を超えることもしばしばで、体調を崩したり、...

思っていた仕事と違くてやめたいのですが職歴に傷がつきますか?

新卒で入社した映像系の会社やめたいです。 入社する前は、映像に関する仕事だと思い頑張って就職活動を行ったのですが、思っていた業務と実際の業務に違いありやめたいです。 しかし、新卒で入...

転職先の内定承諾を入社2ヶ月前に辞退しましたが取り消せますか?

転職先に内定承諾後、入社2ヶ月前に辞退しました。 その後考えやはりその会社に行きたいと思いました。 エージェントを通してやりとりしていましたがこれってまた戻れたらすることはあるのでし...

アクセンチュアとベイカレントならどちらに転職するのが良いですか?

30歳中小SIer勤務でコンサル未経験となります。コンサル経験を積んでスキルアップを図りたいと思い、コンサルへの転職を検討しています。 現在、アクセンチュアとベイカレントの2社で悩んでいます。...

転職するのと育児休暇を取得して独立するのならどちらがいいですか?

今の仕事に馴染めず、頭が回らず体にも不調が出てています。転職をすべきか、育休取得をして本当にやりたい独立準備をするかで悩んでいます。 30代前半妻子持ちです。今の会社に転職をして2年弱です...

転職サイトに登録する自己PRはどのように記述するのがいいですか?

転職サイトに登録する自己PRはどのように要点を絞って記述していくのがいいのでしょうか。 私自身、内容自体あるものの、どううまく書けばいいのか、わからず困っています。

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す