自動車業界未経験者が知って得する、面接時の志望動機についての画像

自動車業界未経験者が知って得する、面接時の志望動機について

自動車業界は人気がある転職先で、仕事が多種に分かれているため自動車業界の経験がなくても、前職の経験を生かせる職場が多くあります。さらに慢性的な人材不足もあり、比較的有利な転職市場で、あなたの経験を生かせる業界だと言えるでしょう。自動車業界は、排ガス規制など非常に困難なハードルを乗り越えてきました。ガソリンに変わるエネルギーとして、電気自動車や水素自動車も開発し実用化しています。将来は、合併や吸収によって数社しか残らないと言われた自動車メーカーも、それぞれの企業が独自性を発揮し生き残っています。そんな技術力の強い自動車業界をめざす方に、転職活動で重要な「志望動機」に絞って得する情報をお伝えします。

まずは、希望する企業と自動車業界全体を知る

志望動機を考える前にするべきことがあります。

それは、希望する企業の情報を把握することで、
「経営理念」「会社方針」など基本的なことと、企業が求める人物像を十分に理解することです。

そして、自動車業界の競合他社情報を知ることも忘れてはいけません。

例えば、面接で「御社の○○技術に感動しました」と言った場合、
実は他社で、同じような技術を開発していたらアピールできません。

他社も調べて、希望する企業の特色や優位性をしっかり把握しましょう。

次に、自分自身を客観的に評価して長所や経験をまとめ、企業が求める人物像にマッチしているポイントを整理しましょう。

自動車業界が求める人材を理解する

自動車業界が求める人材は、基本的には他の業界と同じで
「自分で考え、自分で行動し、最後までやり遂げる人」で協調性や素直さなどがプラスされますが、もう一つ「グローバルな人材」が求められています。

自動車販売は国内が頭打ちで、多くの自動車メーカーが海外に拠点を持ち、
現地生産で世界の需要に対応しています。

もし、転職すれば、出張や異動によって海外で働く機会もあります。
このためグローバルな人材は、自動車業界において求められる人材になります。

グローバル人材とは、日本人としての誇りを持ち、
広い視野に立ち、異なる環境でのコミュニケーション能力と協調性、創造性や社会貢献意識を持った人と言われますが、

企業もこれらの要件を全て要求しているわけではなく、何か一つでも持っていればということでしょう。

分かりやすく言えば、語学や留学経験より、異なる環境でコミュニケーション能力を発揮し、
成果を出せる人のことになります。

企業が、志望動機から知りたいこと(志望動機の重要性)

キャリア採用の場合、人事担当が面接で重視するのは職務経歴と志望動機です。企業は、志望動機から応募者が企業や自動車業界を理解しているか、企業にどれだけの熱意をもって貢献しようとしているかを評価します。その人の応募にかける意識の高さを推し量って、入社後も長続きするか、仕事に真剣に取り組んでくれるか!などを判断します。志望動機が具体的でポジティブな内容なら評価されます。これを踏まえて、志望動機を整理することが重要になります。

志望動機として伝えてはいけないこと

以上のことから、志望動機の重要性が理解できますが、ここで志望動機として伝えてはいけないことを整理します。
ネガティブなことや漠然とした内容は伝えない、が基本になります。

- 伝えてはいけない具体的な事例

  • 「御社の将来性に魅力を感じた」漠然
  • 「車が好きなので御社で働きたい」漠然
  • 「福利厚生がいい」「給与やボーナスがいい」「長期連休がある」条件面より事業や仕事内容を!
  • 「人材会社に紹介されたので応募した」自主性がない
  • 「自動車に関する技術を勉強したい」会社は学校ではない
  • 「家から近い」自己都合

志望動機でアピールすべきこと

それでは、転職を成功させるために志望動機を面接でどうやってアピールすべきか記載します。志望動機の構成としては、初めに「会社の魅力や経営理念などで共感できること」を伝えましょう。そして、自分の経験や能力で会社に貢献できることをアピールしましょう。この会社で働きたいとの強い思いを自分の言葉でポジティブに伝えることが大事です。

- 面接で伝えたい志望動機の内容

  • 企業の優位性を理解して、他社でなくこの会社だから入社したい熱意を伝える
  • 企業が必要とする人物像を理解してそれにマッチした内容を伝える
  • 自分の職務経験を企業で生かせることを伝える
  • 入社して自分のキャリアを高めるための目標や方策を伝える

最後に

自動車業界に転職を希望する未経験者の人を対象に、「志望動機」の重要性や準備することを記載しました。採用される可能性が高い自動車業界ですが、志望動機の内容によっては落とされる可能性があります。希望する企業をしっかり調査して、自分を知り、その企業に特化した志望動機に仕上げることが合格への道に繋がります。明日からでもその企業で働く姿をイメージして、志望動機を自分の言葉で熱意を持って伝えたら道は開けてきます。

この質問に関連する転職相談

転職面接で相手を見抜く一番の方法は何でしょうか?

今年から人事を勤めています。 元々、営業職でしたので、人を良くみて仕事をしてきたつもりだったのですが、 採用目線と営業目線での人の見方の違いに最近は驚かされています。。。 そこで、最近本当に悩ましいのは、この人いいな!と思った人は フ...

就職面接の際に面接官からされた一番困った質問は何でしょうか?

これから就活を控えている者です。 一次面接、二次面接に進むにあたって、様々な準備はしてきたのですが、面接での質疑応答には正直不安でいっぱいです。 まず、何を質問されるのか分からないので対策の仕様が無くネットで調べるしかありませんでし...

転職活動時に離職期間をどのように穴埋めするべきかで悩んでいます

転職活動の離職期間の問題で悩んでます。 現在、今年入社したブラック企業を短期で離職し、転職活動をしてますが、離職期間が延びるため、職歴の繋ぎのものとして派遣の仕事を探してるのですがなかなか選考が通りません。派遣の選考って元々通りにくいも...

最終面接後に条件面談の日程調整があったのですが、内定と受け取っていいですか?

最終面接後に条件面談の日程調整がありました。まだ内定とご連絡いただいてはいないのですが、ほぼ内定と受け取ってよいのでしょうか?

会社が倒産した場合転職活動時に何と説明するのがいいですか?

来月、会社の倒産が決定しました。 転職活動をしているのですが、会社の退職理由が会社の倒産というのは 人事側の心象としていかがでしょうか。 これから転職活動をすすめていかなければならないのですが、非常に悩んでいます。

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー