【社内メール】書き出しはどんなメッセージが良い?ポイントをご紹介の画像

【社内メール】書き出しはどんなメッセージが良い?ポイントをご紹介

社内メールはビジネスにおいて必須のスキルと言えるでしょう。何か社内の方と連絡をとる時、直接よりもメールを通してコミュニケーションをとる機会が多くなりました。そこで、今回はよく使う社内メールの書き出しの方法についてご紹介します。ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか?

社内メールの書き出しに必要な3つの項目

新入社員が上司や先輩にメールを起こることは頻繁に起こる場面です。

そのため、社内メールについては社内人であるならば最低限のことを知っておく必要があります。そこでこの記事では社内メールの書き出しについて紹介します。

まず最初は社内メールについて必要な「件名」、「宛名」、「冒頭文」の3項目について紹介します。
 

「件名」はコンパクトに

「件名」とは、メールの本文とは別に書くもので、メールを受信したときのメールボックスに表示される部分のことです。

つまり、メールボックスを見ただけでメールの内容がわかるような「件名」を書く必要があります。

しかし、長すぎると伝わらないためできるだけコンパクトに書くようにしましょう。
 

送り先を書く「宛名」

メールの本文で一番最初に書くのが「宛名」です。

詳細については後ほど述べますが、送信する人数や相手の肩書によって「宛名」の書き方を変える必要があります。
 

「冒頭文」で挨拶をする

「宛名」の次に各内容が「冒頭文」です。

こちらについても詳細は後ほど紹介しますが、基本的には、「お疲れ様です。」と書きます。

なお、社外の取引先の人にメールをする場合は「お世話になっております。」と冒頭文を書きます。

関連相談

社内メールの「宛名」の書き方


次は、社内メールの書き出しに必要な3つの要素のうち「宛名」について紹介します。

メールを出す相手や人数によって、大きく2つの書き方に分けられます。1つは「肩書」を用いた宛名で、もう1つは「各位」という言葉を使った宛名になります。
 

「肩書」を書く場合

基本的には、個人名+役職名を記載します。

例えば、〇〇課長や〇〇部長のように書きます。役職がない人には、所属部署+個人名+様と書くのが無難です。

例えば、〇〇課 〇〇様のように書きます。この時に注意するべきことは、役職名+様(殿)という書き方はマナー違反になります。

理由は、この表現が二重敬語となり、間違った使い方になるからです。
 

「各位」と書く場合

各位と書く時は、メールの宛先が複数人の時に使います。

特に送り先がある部署だけの場合は、〇〇部 各位という表現も使うことができます。しかし、丁寧さを重視するあまり二重敬語にならないように注意が必要です。
 

「冒頭文」で挨拶をする

先に紹介したような「宛名」を書いた後は、「冒頭文」を書きます。

「冒頭文」の書き方については後ほど詳しく紹介しますが、基本的には相手にかかわらず、社内の人間であれば「お疲れ様です。」という文章で問題はありません。

関連相談

目上の人に社内メールを送るときのポイント


「宛名」の書き方については先ほど紹介しましたが、ここではさらに具体的に紹介していきます。

この記事では目上の人への社内メールを書く時の書き方について上司に送る場合、役員に送る場合、そのほか肩書のない人に送る場合の3つの場合に分けて紹介します。
 

上司に送る場合のポイント

「宛名」は、〇〇課長や〇〇部長のように書きましょう。

なお、二重敬語にならないように気を付けましょう。「冒頭文」は、「お疲れ様です。」という書き出しが無難です。
 

役員に送る場合のポイント

役員に社内メールを送る場合も基本的に上司に送るときと同じで問題はありません。

「宛名」については、〇〇専務や〇〇取締役というように書きましょう。特に役員に送る社内メールの場合、丁寧に書かないとと思いすぎて二重敬語を使ってしまう人が多いようです。

メールを送る前には二重敬語を使っていないか確認を必ずしましょう。

「冒頭文」も「お疲れ様です。」という書き方で問題はありません。

しかし、役員は多忙であることが予想されるため、最後までメールを読まない可能性があります。そのため、冒頭文に差出人の名前を入れておきましょう。
 

「~様、~さん」と書く場合

肩書のない人に社内メールを送る場合は、〇〇様もしくは〇〇さんと書きます。

特に先輩などの目上の人に対しては〇〇様と書き、後輩や部下などの目下には〇〇さん、〇〇さまと書くようにしましょう。

関連相談

社内メールの冒頭文は何を書けばいいの?


次は、社内メールの「冒頭文」の書き方について紹介します。
 

「お疲れ様です」が一般的

先ほどまで紹介してきた通り、「お疲れ様です。」という言葉が一般的です。

目上の人だけでなく目下の人にも使える冒頭文です。
 

会社によってルールが異なる場合も

会社によってルールが異なる場合もあります。

例えば、朝の時間帯にメールを送信する場合は、冒頭文に「おはようございます。」と書く場合があります。

また、時間の遅い場合には「夜分にメール失礼します。」と書く場合もあります。

このようなことがルール化されている会社もあるので自分に送られてくる社内メールや周りの人に確認するようにしましょう。
 

いきなり本題を書く会社もある

会社のルールによっては、いきなり本題を書く会社もあります。

このルールは、社長や役員の人たちの考えで決まるルールになります。

社長や役員になるとこなす必要のある業務はたくさんあり、メールもたくさん送られてきます。しかし、送られてくるたくさんのメールに「お疲れ様です。」という文言が続くと時間がないのにとイライラする社長や役員がいるようです。

このような会社だと社内メールでいきなり本題を書かないといけないルールができていると思います。たくさんの社内メールを見て、適応できるようにしましょう。

関連相談

【基本】良い社内メールを書くためのコツ


最後に良い社内メールを書くコツについて紹介します。

この記事では、情報は最低限にする、読み手の負担にならないようにする、ほかの人の良い部分をマネするの3つを紹介します。
 

情報は必要最低限にする

社内メールで書く情報は必要最低限にしましょう。

社内メールでは、情報共有という意味でできるだけ多くの情報を1回のメールで伝える必要があります。

しかし、メールの送信先の相手が目上であるほど忙しいため、メールを全文読んでいる暇がないと考えられます。

そのため、概要を箇条書きするなど情報を必要最低限にする工夫が必要となります。
 

読み手の負担にならないようにする

良い社内メールと思われるには読み手の負担にならないような工夫も必要となります。

この理由も先ほどと同じでメールを読む相手が全文を読んでくれるほど暇がない可能性があります。

この方法についても文章量を減らすなどの工夫が必要となります。
 

他者の社内メールの良いところを真似してみる

最後は、ほかの人の社内メールの良いところを真似してみるです。

目上の人あてのメールでccであなたに送られてきたメールは必ず確認をしましょう。目上の人に気を使って様々な工夫をしていると思われます。

どこか真似ができる部分がないかという目線でメールを確認してみましょう。

関連相談

最後に

いかがでしたでしょうか?

社内メールの書き出しについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?この記事をまとめると以下のようになります。

  • 社内メールの書き出しに必要な3つの項目について
  • 目上の人に社内メールを送るときのコツについて
  • 良い社内メールを書くコツについて

仕事をする上で社内メールは必要になります。

社内メールは会社によってさまざまなルールがあるので他の人のメールを参考にして速くなじめるようにしましょう。

この記事に関連する転職相談

メールを返信する上での社会人としてのマナーは何ですか?

メールを返信する上での社会人としてマナーは何ですか。 時間帯を配慮しつつ、即レスで返信するのはあまりにも難しいのでは??と感じてます。

内定後の人事の方とのやりとりでははフランクで話してもいいんですか?

内定後の企業とのやりとりについてです。 SNSで人事の方とやりとりをしていますが、人事の方はかなりフレンドリーな話し方(絵文字、顔文字も使っている)です。 こちらも返事をする時は、絵文字や顔文字を使うまではしなくても、(ガチガチの敬語を使うの...

上司へ社内メールを送る時の宛名についてのマナーを教えてください

社内メールのビジネスマナーについて質問です。 これから、上司と一緒に仕事していく事になり、頻繁にメールのやり取りをしながら仕事を進めていかなくてはいけません。 そこで質問なのですが、課長や部長へメールを送る時は、宛名はどのように設定...

社内メールでの宛名の順は偉い人順にしておくべきですか?

現在、新卒二年目の新米です。 これから、社内メールを送るのですが、宛名は偉い方順にするべきでしょうか。 過去に、自分の同僚が上司を一番左にしていて、その後に課長という順に並べていたのですが、違和感があり相談です。 自分の感覚ですと...

社内メールで様を使うことに違和感を感じるのですが、いかがですか?

先日より、新規転職先で働き始めているものです。 今の会社に入社して驚いたことなのですが、社内の人にメールを送る際の宛名に 〇〇様というような挨拶をしてからメールをすることになっています。 社内メールで「様」を使うことに非常に違和感...

メールを返信する上での社会人としてのマナーは何ですか?

メールを返信する上での社会人としてマナーは何ですか。 時間帯を配慮しつつ、即レスで返信するのはあまりにも難しいのでは??と感じてます。

電話やメールのマナーがめんどくさいのですが、どうすれば解決できますか?

電話やメールのマナーがめんどくさいと感じるのですが、どうすれば解決できると思いますか。

ビジネスメールを書く際のマナーはどんなものがありますか?

2点お聞きしたいことがございます。 ビジネスメールの作成する上でのマナーはありますか。 また、世の中に出回ってるビジネスメールの書き方や表現(マイナビやリクナビなどのサイト)の信憑性について、ご教示いただきたいです。

転職面接のお礼メールを送りたいのですが担当してくれた方の名前を思い出せず困っています

先日、面接をしていただいた企業へ、お礼メールをしたいと思っているのですが、担当してくれた方の名前を忘れてしまいました。 もし、名前が不明な場合は、「ご担当者様へ」と宛名を書くのがマナー的に正しいのでしょうか? それとも、名前を書かない...

ビジネスメールで直接ファイルを開けるパスワードを入れるのはマナー違反なのですか?

ビジネスメールのマナーについてお聞きしたく質問しました。 先日、社外へメールを送信した際に、共有ファイル(結構大切なファイル)があったため送信しました。 その際に、パスワードも一緒に添付して送信したところ、社外の方に「そのままファイ...

この記事に関連する記事

【会社を休む時のメール】正しい伝え方を例文付きでご紹介

皆さん、どんな理由で会社を休むことがありますか。また、会社を休むときには、どんな方法で会社に連絡をしていますか。昔は...

メールでの御社と貴社の使い分けについて|一度読めば二度と恥をかかない

皆さんはメールで、御社と貴社のどちらを使うのが正しいのかいまだに迷ってはいないでしょうか。実はそこまで難しい使い分け...

【社内のメール返信】覚えておきたいマナーや返信方法について

日々大量にやり取りされる社内メールに、どこまで返信すべきか迷うことありませんか。会社によっても社内メールのルールは違...

【社内送付状】正しい書き方やテンプレートを詳しくご紹介

社内送付状について疑問を持っている方はいるのではないでしょうか。この記事では社内送付状が必要になる場合や、社内へ送る...

【徹底解説】内々定のお礼メールの正しい送り方をご紹介致します

内々定の通知が来るということは、その会社に入社するということを表しています。その時に、内々定のお礼メールを送らないと...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー