税理士法人への転職に関する情報を解説【志望動機も紹介】の画像

税理士法人への転職に関する情報を解説【志望動機も紹介】

税理士法人への転職をするにはどうすればいいのか、未経験からでも税理士法人に転職することは可能なのか、税理士法人への転職と年齢の関係について、税理士法人への転職での志望動機について、税理士法人のコンサルティング転職についてなどをご紹介します。

税理士法人への転職について

税理士の働き方として、個人事務所に勤める・税理士法人に勤める・独立するという選択肢があります。

他は民間企業や税務署、市役所に経理担当として働くということもあります。

この中で、今回は、税理士法人に勤めることを想定して、お話させて頂きたいと思います。

就職活動を行うのも、新卒と中途採用ではまた異なります。

あなたの実際の就職活動のスタイルにあった内容で、ご参考下さい。
 

税理士の就職について

税理士は、税理士事務所や法人に勤める以外にも、税務署・市役所・一般企業などに勤めることもあります。

一般企業だとしても、税に関する専門家がいるということは、とても心強いものです。

社内での監査担当として、採用されることもあります。

お金にまつわる専門家という立場から、税関係の事務所や法人以外でも、実は多くの就職先があるのが税理士です。
 

税理士への転職を30代で成功させるには

30代であれば、税理士としては未経験でも社会経験のキャリアが期待されます。

例えば、営業経験です。

税理士として、相手先と話を進めていく上で、営業としてのトークスキルや交渉スキルは大変重宝されます。

今まで培ったスキルにプラスして、税理士の試験科目に合格しているという点がプラスされると、さらにアピールポイントとなるでしょう。

実務に関わる部分が多い科目の試験に合格していれば、これも大きなアピールポイントとなりますので、ぜひ試験合格を目指して、日々の勉強を頑張って頂きたいと思います。
 

税理士への転職を40代で成功させるには

40代で、未経験である税理士への転職を考える場合には、30代の場合と同様に今までの社会人としてのスキルと試験科目の合格、さらにはマネージメント能力をアピールしていきたいところです。

そして、狙う就職先は個人経営の事務所ではなく、従業員数20~30名以上を抱える比較的大きな税理士法人を狙いましょう。

この様な大手の場合、ポジション的に管理能力者や、顧客先との交渉の際に年齢に見合ったバックボーンとともに重宝される可能性があります。

個人経営の事務所の場合、これからの伸びしろや税理士としての即戦力を期待して採用するケースが多いため、40代の未経験者には不利と言わざる負えません。
 

関連相談

税理士法人への転職は未経験でも可能か



最初はだれでも未経験とは言え、転職は、ある程度社会経験を積んだ上での就職となります。

その社会経験の中に、新たに勤務を希望する税理士についての経験を含めない場合、採用してもらえるのでしょうか?
 

税理士事務所は未経験資格なしでも働けるのか

20代や30代前半など、比較的若い世代であれば、未経験で資格が無くても採用されるケースは多いです。

若い年代であれば、一から教えていくことで、今後の成長が期待されます。

未経験とは言え、企業での経理経験や簿記を勉強していたという点があれば、アピールしておきましょう。

30代後半以降では、未経験でさらに何も資格が無い状態では、税理士事務所への転職は、正直厳しいと言わざる負えませんが、まったくチャンスが無いわけではありません。

いままで培った社会人としてのスキルや経験、マネージメント能力の高さなどをアピールしていきましょう。
 

税理士事務所は高卒でも働けるのか

税理士事務所の事務職としての採用であれば、高卒でも働くことはできるでしょう。

ですが、ここでは高卒で税理士として働くことを前提としてお話させて頂きたいと思います。

事務としてであっても、税理士事務所で3年以上働き、職歴証明書を発行してもらえば、高卒でも税理士試験を受験する資格を得ることができます。

または、日商簿記1級の取得を目指しましょう。

この試験も決して容易なものではありませんが、日商簿記1級に合格すれば、税理士試験の受験資格を得ることができます。

上記はあくまで、税理士試験の受験資格を得ただけですので、その先には試験に合格しないことには、晴れて税理士にはなれない、長い道のりではあります。

ですが、高卒でも税理士となることは可能です。
 

税理士補助は未経験でも採用されるのか

税理士補助は、税理士のサポート的役割ですので資格はまだ必要ありませんが、採用側としては税理士の科目試験に合格している人や経験者を募集しているところが多いです。

それでも税理士補助として、未経験者でも働きたいと望むのであれば、せめて簿記の資格は取得しておくことをおすすめします。

日商簿記2級以上は、最低でも取得しておいて頂きたいところです。
 

関連相談

税理士法人の転職と年齢の関係について



税理士として働きたいと考えた時、年齢がネックとなるのではないかと心配になる人も多いものです。

実際に、転職するに際して年齢は関係あるのでしょうか?
 

税理士の年齢制限とは

税理士自体には年齢制限はありません。

ですが、事務所によって、求人の募集要項に年齢制限を設けている事務所はありま
す。

税理士への転職を考えた際に、ベストの年齢は20代から30代前半までという声が多いのが事実のようです。
 

税理士の独立におすすめの年齢とは

税理士資格を持っていて、新たな事務所への転職ではなく独立を考えている人もいるでしょう。

では、独立にベストな年齢というのがあるのでしょうか?

ベストという訳ではありませんが、多くの人が40歳前後に独立を考えるようです。

もしくは、マネージャークラスに昇進する直前が思案するタイミングであることが多いようです。

実務経験も積んで、相手先との信頼関係もできた頃、独立を考えていくのでしょう。
 

35歳税理士は転職するべきなのか

一説では「転職35歳限界」という、実しやかな言葉がまかり通っていました。

多くの税理士も、35歳を目前に転職を一度は考えるようです。

ひと昔前は35歳を超えた転職は難しい事実がありましたが、現在は35歳以上でも転職に成功している例はたくさんあります。

つまり、もう年齢を理由に転職を考えなくてもよいのです。

あなた自身のステップアップやキャリア形成のために天職考えた時、たまたま35歳だったということは大いに結構だと思います。
 

関連相談

税理士法人への転職での志望動機について



税理士に限らず、転職の際には必ず志望動機を尋ねられます。

この志望動機によって、転職の行方を大きく左右するポイントとなることがあります。

ぜひ失敗しない志望動機をマスターし、転職活動に活かして頂きたいものです。
 

税理士法人への志望動機は新卒はどう書くべきか

志望動機に書くべきポイントをあげるとすれば「その業界を選んだ理由」「その事務所を選んだ理由」「自分がその事務所に入って何ができるか(アピールポイント)」を明確にすることが大切です。

さらに、もし税理士の科目試験に合格していたり、英検1級などの資格を取得しているなら、ぜひともアピールしていきましょう。
 

志望動機は実務経験を積みたいで良いのか

実務経験を積みたいという志望動機でアピールできるのかと言えば、未経験者であれば誰しもが思うことですので、この志望動機だけではアピール度にかけます。

なぜ、その事務所でなければいけないのかということも踏まえて、志望動機に盛り込むと良いでしょう。

その事務所でなければ積めない経験、それを目指してぜひここの事務所に入りたいということをアピールしていきましょう。
 

税理士の転職理由について

税理士が転職を考える理由の中で、もっとも多いのが、ある程度キャリアを積んだのちの収入とライフワークのバランスを考えたときです。

税理士は高収入のイメージが大きいですが、激務が続き、実は収入と見合っていないと感じる人は多いようです。

また、同じ事務所に長年勤めていると、収入の上限に限度が見えてきます。

更なるステップアップを求めて、転職を考える人が多いのです。
 

関連相談

税理士法人のコンサルティング転職について



税理士の業務の中に、経営に関するコンサルティング業務があります。

このコンサルティング業務を主な業務内容にしている税理士事務所もあります。

転職の際に、このコンサルティング業務のキャリアアップを目指して、転職を考える税理士の方も大勢いらっしゃいます。
 

税理士のコンサルタントとは

税理士のコンサルタントとして、2っのパターンが考えられます。

まずは、税や会計に関するコンサルティング、こちらは税理士の税務や会計書類作成の際に生じることから、限りなく税理士業務に基づいたコンサルてぃぐになります。

次にあげられるのが、経営のコンサルタントです。

こちらは、税理士の普段の業務からは、少し距離があるコンサルティングの内容になります。

ですが、この経営コンサルタントを得意とする税理士法人があります。
 

税理士のキャリアプランについて

税理士のキャリアプランとして、大きく分けて3っのパターンが考えられます。

1っは税理士の法人もしくは事務所に雇用されるパターン。
2っ目としては、独立開業するパターン。
そして最後の3っ目が、一般企業に雇用されるパターンです。

それぞれの得意分野ややりたい仕事によっても選択肢は変わってくると思いますが、若い時は税理士事務所で修業を積み、転職を考えた時点で独立開業もしくは一般企業への就職という道を選ぶことが多いようです。

税理士としてのキャリアは、一般企業でも十分活躍の場があります。

経験者の中には、一般企業に勤めたことで年収がアップしたケースもあるようです。
 

税理士の専門性について

税理士は税の専門家です。

税に関する問題は、個人だけではなく企業も苦手としているところが多く、そんな中で税理士を社員として雇用する企業が増えています。

税理士事務所や法人だけが、税理士の力を発揮する場所ではありません。

税金はお金が動く場所では必ず関わることです。

幅広い間口で、税理士の専門性が求められています。
 

関連相談

まとめ

税理士の転職を中心とした情報をまとめました。

税理士はエリートとして、就職活動もなんなくこなしてきたイメージもありますが、転職やキャリアアップについて悩むのは、みんな同じです。

ぜひあなた自身が納得のいく転職となりますことを願っております。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。
 

登録しておきたい無料転職エージェント

おすすめの転職サービス

エージェント名 おすすめ度 特徴
リクルートエージェント 5

国内最大級の求人数

パソナキャリア 4.8

独占求人が多い

type転職エージェント 4.2 首都圏での転職に強い


以上の転職エージェントを利用することがおすすめです!

公式HPはこちら
・リクルートエージェント:https://www.r-agent.com/
・パソナキャリア:https://www.pasonacareer.jp/
・ビズリーチ:https://www.bizreach.jp/
・type転職エージェント:https://type.career-agent.jp/

この記事に関連する転職相談

マイナビ税理士の使ってよかったところを教えてください

税理士をしており、マイナビ税理士を使ってみようかなと考えています。 そこで、マイナビ税理士を使ったことのある方にマイナビ税理士を使ってみてよかったところを教えていただきたいです。 ご回答よろしくお願いします。

高卒でも税理士になることは可能でしょうか?

商業高校を卒業して、会社員として働いています。  高校時代、簿記の検定に力を入れていたため、日商2級の資格を持っています。  今の会社もあまり将来性のないとこで、転職を考えているのですが、仕事のスキルなどあまりないので、活かせるとしたら...

税理士と公認会計士の仕事の違いとは何でしょうか?

税理士か公認会計士になりたいと考えています。 どちらの資格を取得しようか迷っているのですが、イマイチ仕事の違いが分かりません。  公認会計士と税理士どちらの仕事もこなしているという方もいるらしく、正直同じ業務内容なのではと思っていま...

税理士と会計士の仕事内容の違いとは何でしょうか?

現在、簿記を勉強しています。 将来、税理士か会計士どちらかの仕事に就きたいと考えているのですが、仕事の違いがよく分かりません。 具体的に仕事内容はどのように違うのでしょうか? 分かる方いましたらご回答お願い致します。

財務職と税理士だとどちらのほうが魅力的な職だと思いますか?

財務職に就くのと、税理士に就くのだとどちらのほうが魅力的だと思いますか? 現在、税理士の資格取得に向けて勉強している社会人1年目のものです。 職種は営業職で、大学在学中に簿記1級を取得していたのですが、 現在は商社で働いています。 そ...

税理士になるには大学の学部は経済学部か商学部どちらにした方が良いでしょうか?

税理士を目指しています。  去年浪人をしてしまったので高校卒業してから1年間は簿記の勉強と受験勉強を独学ですが平行させてきました。 今回、商学部と経済学部を受験するのですが税理士になるにはどちらの学部が有利でしょうか? または受験...

SNSや口コミに書かれている会社の情報は信じない方が良いですか?

続きです! 転職活動中、書類審査通過した企業がありますが、口コミなど見るとあまりヨロシクないことが書かれてました。 まぁ退職者が書いたものだから、割り切れますが、ツィッターなどのSNSで悪徳業者とか書かれたもののがあり、これはさすがに大丈夫...

大学中退した者は転職サイトを利用するのはやめた方がいいですか?

結局、大学中退したものが大手の転職サイト(doda,Type転職、マイナビ転職など)転職活動を行うことは良くないことなのでしょうか。 実は大学を中退する5ヶ月前から dodaやtype転職サイトなどで転職活動を行っていました。 ただ、私宛にオファーの来る...

旭化成の設備保全には高卒でも転職することは可能ですか?

旭化成に設備保全(電気)で転職を考えている者ですが、高卒でも採用枠はあるのでしょうか?

転職活動で求人情報と異なる勤務地に配属されたら受け入れるしかないですか?

第二新卒で転職活動中の者です。 求人情報と、面接で言い渡されたことで勤務条件が異なることについて質問です。 実家が都内にあり、転職先も都内で探しております。 某大手企業の、都内勤務で希望職種(法人営業)の求人を見つけ、面接に進みました...

この記事に関連する記事

【司法書士とは?】年収や将来性についてなどご紹介します

皆さん、「司法書士」についてどのようなイメージをお持ちでしょうか?司法書士とは、不動産登記や商標登録など、法律的な手...

【MS-Japanの評判とは?】利用するメリット・デメリットをご紹介

MS-Japanの評判とは一体どういったものなのでしょうか。MS-Japanは、経理や財務といった管理部門に特化した転職エージェント...

【会計関連の転職を検討している方必見】ジャスネットキャリアの評判とは?

税理士や公認会計士の方で転職を検討している方がいると思います。そんな方におすすめなのがジャスネットキャリアです。ジャ...

【最新版】税理士法人のランキングを詳しくご紹介いたします

今回は、税理士法人のランキングについて詳しくご紹介いたします。税理士法人の仕事内容は楽でホワイトなのか、報酬などはど...

【税理士の資格】取得するためにするべきことをご紹介します

今回は、税理士の資格についてご紹介いたします。税理士の資格を取得するためには、どのようなことをすれば良いのでしょうか...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー