【初めての海外転職】タイでの働き方 の画像

【初めての海外転職】タイでの働き方 

今回は、初めての海外転職ということで、タイについて書きました。物価も日本の2分の1くらいの料金で生活費やインフラの費用をタイでは賄えます。日本人においては給料も高くなるような政策がタイでは行われており、初めて海外へ転職しようと思っている人にとっては、働く環境は良いと思われます。転職のポイントなど書いてあるので読んでみてください。

なぜタイか?

5万バーツ
これを見て何かピンとくる方はいるでしょうか?

この通貨の金額は、タイで労働許可証を取得する際に、国別に最低賃金が定められて
おり、日本人が貰える最低月収賃金となります。

日本円に換算すると、円高の影響もあり2017年7月現在で5万バースは約16.5万円です。

一方、タイ人の最低月収賃金はバンコク首都圏で300〜310バーツ日本円で約1,000円と給与を日本の最低賃金と比較すると
かなり低いことが分かります。

ちなみに、タイ人の平均月収は約3万バース、日本円で9.6万円
これは医師やエンジニア、歯科医、会計士といった上位の職業の平均月給です。

なぜ、こんなにタイの賃金が比較的安いかというとタイの物価の安さが挙げられます。

例えば家賃。
タイのバンコクでは一般的に東京の2分の1の家賃で住むことができます。
食費も同様に、タイでは日本の半分のお金でまかなうことが可能です。

つまり、金銭面で困窮するレベルで物価は高くないと言って良いでしょう。

生活に困難になってしまうと、働く以前の問題となってしまい海外での転職が決まって
働けても、結局日本に戻らないと生活できない、なんて事態に陥りかねません。

あらかじめ、日本の最低賃金が高く定まっているタイなら安心して働くことが
できるのではないでしょうか?

タイでの働き方

タイを含め、海外で働く場合

  1. 駐在員
     
  2. 現地採用
     
  3. 投資・起業


といった3パターンがあります。 金銭に余裕があれば3といった働き方もありますが
多くの人が1、2の働き方といった雇用形態になるでしょう。

では駐在員と現地採用の違いはなんでしょうか。

駐在員とは、日本企業や外資系企業の日本法人に雇用され海外を拠点として
赴任している人のことです。
この駐在員は時間の拘束が多い一方で、待遇や福利厚生も充実しています。

現地採用とは、現地タイ法人で直接雇用されている人のことです。
自由時間は多いですが、年金や保険など自身で手続きしなくてはならないので
少し手間が掛かります。

しかしスキルがなくても働ける案件もあるので、ビザさえ取れれば働くことは可能です。

スキルなしやキャリアがなくても日本人を相手にする仕事や、
日本でもできる仕事をタイでやっている企業もあり、未経験でも充分挑戦できるような
企業もあるので、そこで働くことも可能です。

注意が必要なのが、タイにおける「ブラック企業」の存在です。

例えば日系企業が運営するコールセンターは注意が必要です。

仕事内容は電話対応で、月8日で自由に指定できる休暇が保証、日本人上司のパワハラや
残業もほとんどなく、一見ホワイトに見えます。

しかし、給与をよく見てみると平均給与が3万バーツ(日本円で約9万円)程度なのです。

またそれを承知した上で雇用契約を結んでいるのは事実です。

ただ問題なのは、延々と同賃金で働き続けなくてはならないということです。

延々と電話対応のためキャリアも築けず、気づいたら搾取されていたという状況になる
可能性があるため、転職の際は求人サイトをよく見て選択していく必要性があります。

そこで、次は仕事探しのポイントを書いていきます!

タイでの仕事探しのポイント

転職エージェントを探すことをオススメします!

日本も含め海外での転職は情報が限られており、Googleで検索しても
なかなか出てこなかったりします。

エージェントを利用することによって、必要な情報が入手できるので
タイで就職、転職をする方は利用すべきでしょう。

しかし、転職エージェントにも優良なとこと、そうでないとこがあるので
選択に注意すべきです。
例えば

  • 登録料や転職サポートに金銭の要求がある場合や(転職できたら料金発生するエージェントもある)
     
  • 日本人スタッフが1人もいないエージェント。
     
  • 登録するのに非常に手間がかかる。

これらの転職エージェントは極力避けるべきです。

一方優良エージェントの特徴としては、

  • 登録料、転職サポート無料
     
  • 日本人スタッフが働いている
     
  • 登録簡単
     

上記が挙げられます。
また様々な案件を比較一覧するためにも、無料のエージェントを登録してみてください!

タイへの転職活動に向いてる人、オススメできる人

タイでの転職者に向いている人とは、経験や技能・能力は無いが
積極的に前向きに求職活動ができる人が向いていると思います。

なぜなら大学を卒業して、就職して自分の功績を築いたのに転職を失敗しキャリアを途切れさせる
事による損失の可能性もあるからです。

今の就職先よりも好条件の転職先に、なかなかありつけずその結果
結局日本で働くなんてこともあるでしょう。

失うものが大きい人ほど、タイの転職に限らず海外諸国の転職は
覚悟や明確なプランがないと、できるものではないと思われます。

繰り返しになりますが、そう言った面でもキャリアは無いがパッションを持って求職活動に
取り組める人の方が、タイでの転職活動には向いているでしょう。

まずは、エージェントに登録し自分の条件に合ったものを視察してみるのが
良いでしょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は、タイへの転職について記事を書いてみました。

物価が安く、しかも日本においての最低賃金は高い。
生活の安定性が高いというのは、かなりのメリットです。

それだけ仕事や自己投資に時間を注ぐことができるからです。

初めて海外へ転職しようと悩んでいる方は、是非タイを視野に入れてみてください!

この質問に関連する転職相談

第二新卒が採用面接時にアピールすべきことは何ですか?

第二新卒です。現在転職活動をすすめています。 今回、聞きたいことは第二新卒が採用面接時にはどのようなことをアピールしておく必要がありますか。 実際に面接を再来週に控えているのですが、 正直、新卒二年目ということもあり、特筆した結果や...

新卒1年目ですが、事務職から営業職やSEは転職可能でしょうか?

事務職から営業職やSEは転職可能でしょうか? 新卒で早期離職をしてしまい、事務の経験も3ヶ月しかないです。 正直、新卒の時以上に事務の求人が少なくてリクキャリやウズキャリ、ジェイックなどのエージェントにも断られたりしてます。このまま正社員と...

転職活動で年収が上る人はどれくらいアップするんですか?

現在転職活動をしています。 社内のメンバーとの不和から異動を命じられたのですが、 自分の希望しているポジションではなかったので、転職活動をしています。 最低限目標として年収70万円upを目標に転職活動をしているのですが、 40万円アップまで...

パワハラをされないようにするための秘策はありますか?

はじめまして 先々月転職が決まり、今週から転職先の会社で働いています。 退社理由は、無理な業務量を上司から押し付けられていたことからだったのですが、 私は、人に言われたことをあまり強く拒絶することができずにいて、前の会社ではあらゆる業...

適性検査で、自分の希望している職と一致しない場合皆さんならどうしますか?

現在事務職で仕事を探し転職活動をしているのですが、適職診断で、向いている仕事が、SEや軽作業、情報収集分析、などと診断され、向いていない仕事が事務、販売、営業となりました。このような診断結果に基づいて職種を考え直した方がいいのでしょうか?

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー