【美容師の仕事のやりがい】仕事の苦労や魅力をご紹介の画像

【美容師の仕事のやりがい】仕事の苦労や魅力をご紹介

美容師の仕事のやりがいとは何でしょうか。美容師の苦労や魅力、様々な仕事の事情等を確認していきましょう。美容師ならではの仕事の魅力は何でしょうか。美容師の仕事情報を確認していきましょう。

美容師について

美容師とは

美容師の仕事とは、良く知られているのは髪を切ったり、シャンプーをしたり、カラーやパーマをしたりといったものです。

他に、カウンセリングと呼ばれるお客の要望や相談を聞くのも大切な仕事です。

 

美容師に必要な資格

美容師になるには、国家試験である美容師資格試験に合格しなければなりません。これは美容師法により定められています。

また、これを受験するためには美容師専門学校など、美容師養成施設の教育課程を修める必要があります。
 

美容師の特徴とは

美容師とひとまとめにされがちですが、実はスタイリストとアシスタントに別れ、業務を分担しています。

病院で言うと看護師と看護助手のようなものですね。スタイリストはすべての業務をこなせますが、現場を効率よく回すために細かな雑用はアシスタントにお手伝いしてもらいます。

他に、カラーリングを専門に行うカラーリストなど、美容師も仕事内容によって細かく分類されます。

関連相談

美容師の仕事のやりがいとは

美容師の魅力とは

自分の技術がそのまま反映される点や、ヘアスタイルなど、自分の考えがそのまま目に見える形になる点が美容師という仕事の魅力です。

カットやヘアアレンジが上手く行くかどうかはすべて自分の腕にかかっています。

お客様に満足していただければお店のリピーターになったり、自分を指名してくれたりもします。

持っている技術力がそのままお客様の満足度につながる数少ない職業と言えます。
 

美容師のやりがいとは

美容師と言う仕事はお客様と密に接する職業です。まずお客様の髪の毛に関する悩みや希望するヘアスタイルを聞き、それにあったシャンプーやカット、パーマを施します。美容師の腕が良ければそれだけお客様の喜びも大きく、自分の技術がそのまま反映されますので、美容師のやりがいと言えるでしょう。

お客様に満足していただければ自分の満足感ややる気にもつながり、やりがいとなり、さらに熱心に仕事に取り組めます。
 

美容師のアシスタントのやりがいとは

アシスタントというと、シャンプーや床掃きといった雑用のイメージが一般的です。しかし、美容師のアシスタントならではのやりがいもあります。

アシスタントは一か所にずっと付きっきりではなく、いろんなスタイリストやお客様と接する機会があります。

と言うことはそれだけ多くのものを吸収するチャンスがあり、スタイリストよりも多くのお客様と触れ合えるということです。

たくさんのお客様と話すことで自分の視野や世界観が広がり、それは仕事に限らず人生経験として生きてきます。
 

美容師の世界に入ったばかりということもあり、多くのことを吸収しなければならない時期ですから、たくさんのスタイリストやお客様と接する機会を得られるのはとても貴重なことでしょう。

関連相談

美容師の仕事に大変なこととは

美容師の苦労とは

美容師の世界では、何と言っても技術がモノを言います。そのため、仕事が終わってもカットの練習をするなど、プライベートの時間が少なくなりがちです。

他にも、肉体労働による疲れがたまりやすいことも挙げられます。

スタイリストにしてもアシスタントにしても、仕事中はほとんど立ちっぱなしです。

お客様の髪のバランスやボリュームを把握するためには上から見下ろす必要がありますし、アシスタントはやはり雑用が多いので座っている暇がないのです。

毎日何時間も立っているため、足のむくみに悩んでいる美容師も多いようです。

また、手荒れも美容師の悩みとしては多いものです。これはシャンプーによるものなので、スタイリストよりもアシスタントのほうが手荒れには悩まされるでしょう。
 

美容師の世界は厳しいのか

美容師の世界は先輩後輩などの上下関係がはっきりしており、特に仕事したてのころは精神的なストレスが大きいでしょう。

美容師はチームワークやコミュニケーションが大切ですから、仕事仲間との関係には気を使わなくてはなりません。

同様に、お客様との会話も人によってはストレスになりかねません。

来店されるお客様にもいろんな方がいますから、馬が合わなかったり、気疲れしたりすることもあるでしょう。
 

美容師がしんどいといわれる理由は

労働時間に見合わない給料の低さも美容師が大変と言われる理由のひとつです。

国家資格が必要な仕事のなかでも給料水準は低く、平均年収は260~280万円ほどです。

さらにハサミなどの器具は自腹ですし、練習用のカットウィッグも技術向上のためには必要不可欠です。

美容師になりたてのアシスタント時代こそ器具やカットウィッグが必要になりますが、アシスタントの平均年収は170~190万円程度です。

プライベートの時間と自分に使うお金を削り、ひたむきに仕事と向き合わなければなりません。

関連相談

美容師として仕事するには

美容師はどんな人が向いているか

何と言っても人を喜ばすことが好きな人が美容師に向いていると言えるでしょう。

ヘアカットやヘアアレンジはもちろんのこと、お客様とコミュニケーションを取ることも大事な仕事内容です。

いかに相手を楽しませるか、リラックスしてもらうかを考えながら毎日仕事をしなければなりません。

お客様が喜んだり満足したりしているところを見て、自分のモチベーションにつなげられるような人にとっては天職と言えます。
 

美容師として大切なこととは

美容師に大切なことはやはりお客様を喜ばせようという気持ちでしょう。

お客様に満足して帰ってもらうために、日々カットを練習したり、講習に参加したりして腕を磨く必要があります。

逆に言えば、お客様の喜びや満足感をモチベーションに昇華できなければ、美容師の仕事をこなしていくのは大変かもしれません。
 

美容師の仕事の本音は

美容師もやはり人間ですから、表面は笑顔で話していても心の中では真逆のことを考えているかもしれません。

この項目ではそういった美容師の本音をいくつかまとめてみました。

・お客様注文内容がざっくりしすぎている
髪の長さやスタイルをどうしてほしいかは、できるだけ細かく伝えてもらった方が美容師側としても助かります。あまりにも曖昧な注文だと、後々クレームにつながる可能性などもあります。


・将来性がない
特に男性美容師の場合、雇われのまま年を取っていくと徐々に年収が減っていきます。

理由は単純に年配の男性に髪を切られるのを嫌がる女性が多いからです。だからといって独立しても成功する店は2割程度ですので、将来性のなさに見切りをつけて転職する人が多いようです。
 

・拘束時間が長い、給料が低い
やはり労働時間の長さや休日の少なさの割に、給料が少ないという不満はほとんどの美容師が持っているようです。

関連相談

まとめ

美容師と言うと華々しいイメージがありますが、内情は想像よりも大変なようです。

給料や労働時間、肉体労働など、一般的な美容師の印象とは裏腹に過酷な世界を生き抜いているのがうかがえたと思います。

登録しておきたい無料転職サービス

おすすめの転職サービス

リクルートエージェント

リクルートエージェント

全ての人向け
★★★★★4.8
※先月1000人以上登録

パソナキャリア

30代以上向け
★★★★★4.5
※先月600人以上登録

ビズリーチ

ビズリーチ

高年収希望者向け
★★★★4.0

※先月400人以上登録


以上の転職エージェントを利用することで、成功することができるでしょう!

公式HPはこちら
・リクルートエージェント:https://www.r-agent.com/
・パソナキャリア:https://www.pasonacareer.jp/
・ビズリーチ:https://www.bizreach.jp/

この記事に関連する転職相談

美容師経験者が美容室の事務や人事に転職することは難しいですか?

新卒から4年間、美容師をしていた者です 9月いっぱいで辞めて今は無職です。 現場で働くのは体調面(腰痛や手荒れ)で 退職をしたので、現場にはしばらく戻れません ですが美容室は好きで人のサポートをする 仕事に就きたいなと思い、美容室の本社の ...

美容師と営業職をした経歴では人事に転職することは難しいですか?

美容師を新卒から4年間経験し 今年に入り3ヶ月だけ法人営業しました。 100%飛込みだったのと、何より 上司が俗に言うパワハラで精神的に 追い込まれ辞めてしまい、現在無職です。 希望としては、未経験ですが人事職に 挑戦したいと思ってますが ...

美容師から未経験でIT業界へ転職するにはどうすれば良いですか?

こんにちは、 私は現在23歳男で美容師のアシスタントをやっている者です ノマドワークや、リモートワークに憧れて システムエンジニアに転職したいです まったくの未経験でIT業界への転職を希望しているのですが、道筋が見えずに困っています Web系...

美容師から他の職業に転職も考えているのですが、どのような仕事につけるでしょうか?

28歳の美容師ですが、将来のことを考えると収入面で不安があります。今後は結婚して子供も育てていきたいです。 このまま雇われの身として美容師を続けるか、美容師として独立するか、全く別の仕事に転職するかなどいろいろ考えています。 美容師から...

27歳で美容師ですが、キャリアチェンジすることは可能ですか?

27歳で美容師をしています。 美容師を辞めて他の業種に行くことは可能ですか?

35才、美容師です。全く別の職業に就きたいと考えているのですが可能でしょうか?

35才です。美容師をしていますが、全く別の職業に就きたいと考えています。今の会社が福利厚生もほぼ無く、休みも週一回。給料は手取りで30万くらいです。 この給料と同じか、上で福利厚生もしっかりとしている仕事に就くことは可能でしょうか? 美容師...

冬になると仕事のやる気が下がるのですがどうすればいいですか?

冬になると休みがちになります。 冬になると必ずと言っていいほど休みがちになります。 もともと年中“あぁ、仕事めんどくさい。サボりたい”とは思っているのですが寒くなると何故か泣きたくなるくらい気持ちが沈み気づくと仕事をやすんでしまいます...

「一生懸命本気で頑張りたい人、生きたい人」を支えられる仕事はありますか?

「一生懸命本気で頑張りたい人、生きたい人」だけを支えられる仕事を探しているのですが、心当たりはないでしょうか。 福祉業界は全ての人を平等に見るので、頑張る気がない人まで支えることになり、少し我慢できない部分があります。

やりたいことが一致してる企業を探すのは難しいですか?

以下のような状況でお金がない場合、相性の合う企業と自らやりたいことが一致してる企業を探すのは、難しいことなのでしょうか?? 以下の場合です。 年齢:18歳-22歳 学歴:2018年3月に大学を中途退学。 悩み: •一つ内定を貰ったものの、 その企業...

Webディレクターのやりがいはなんですか?

Webディレクターの楽しさを教えて下さい!

この記事に関連する記事

【アイリストの仕事内容について】やりがい・楽しさなどについてご紹介

アイリストは、どのような仕事内容なのでしょうか。アイリストとは、「マツエク」と言われる、まつ毛のエクステをする人を指します。美容学校を出てから目指せる職種ですが、まずは目指す前...

【美容師でフリーランス】どのような働き方?給与関係はどうなる?

美容師のフリーランスとしての働き方について今回はご紹介します。最近では同じ職業でも働き方が多彩になり、自分の個性や特性を活かして活動する人達が増えています。美容師のフリーランス...

【美容師の休み】週1しかないって本当?休日事情についてご紹介

美容師の方の休暇について今回はご紹介します。サービス業を生業とするお仕事は、どうしても一般的なお休みの方とは日程が合い辛いものです。ですが、自分だけのお休みスケジュールを立てる...

【美容師を辞めたいと思う理由】スタイリストやアシスタントの悩み

どんな職場でも、一度は会社を辞めたいと思ったご経験があるのではないでしょうか?今回は美容師にフォーカスを当てて、美容師が辞めたい理由についてご紹介します。アシスタントの方やスタ...

【美容師の資格】中卒でもなれる?通信制の学校なら資格取得可能?

美容師の資格取得を目指している方も多いのではないでしょうか?しかしながら、学歴の問題で、どのようにして美容師資格を取得すれば良いか迷っている方もいる事でしょう。美容師は中卒の方...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー