• HOME
  • キャリア
  • 商品企画の難しさはどんな部分にあるのか|商品企画を始める前に

商品企画の難しさはどんな部分にあるのか|商品企画を始める前に

人気職である商品企画の難しいところはどんな部分でしょうか。本記事は商品企画の難しさからやりがい、反対に楽しいところや必要な資格、コツなどについて幅広くまとめました。商品企画職に就く前にこの記事を読めば、自信をもって出社できるようになれるでしょう。

1982

商品企画の仕事内容など


就活生や転職希望者から人気の職業として商品企画という仕事があります。

商品企画にはアイデアを出して全く新しいヒット商品を生みだすというクリエイティブなイメージがありますが、実際はどのような仕事なのでしょうか。

商品企画の仕事内容や仕事の進め方を解説します。


商品企画とは

商品企画とは、消費者のニーズをリサーチして、どのような商品が求められているか把握し、新商品を企画する仕事です。

どんなメーカーも定期的に新しい商品を売り出さないと業界の中で生き残っていくことはできません。

既存商品のリニューアルも含めて、新しい商品を生み出すのが商品企画の役割です。


商品企画は何をするのか

商品企画は新商品のニーズの調査やアイデアの立案、新商品のコンセプトや仕様の決定、価格やマーケティング戦略の立案、関係部門へのプレゼンなどを行います。

新商品の開発や製造は別の部門で行われることが多く、商品企画は新商品のアイデアや商品仕様の決定や大まかなマーケティング戦略の立案を行います。


商品企画の進め方

商品企画の仕事はチームでプロジェクトを行うのが一般的です。

まず最初に消費者のニーズを把握するための情報収集を行います。

消費者にアンケートをしたり、他社の商品やサービスを研究したり、日本全国、場合によっては世界に目を向けて新商品のヒントやアイデアを集めます。

少しずつアイデアをはっきりさせていき、他社の商品に勝てるかどうか、予算やコストはどうなるか、どのようなターゲットにどのような販売戦略で売り出すかなど具体的に決めていきます。

また、商品企画は会議やプレゼンをする機会が多い仕事でもあります。

チームで企画を練っていきますので、すり合わせのために頻繁にミーティングがあります。

それに伴ってプレゼンの資料作成などもかなりの頻度で行うことになります。

会社の上層部や商品開発・製造部門などに説明をして、了解を得ることができる企画を目指します。

商品企画をするためには


商品企画の仕事は未経験からチャレンジすることはできるのでしょうか。

商品企画をするために必要な能力や資格を解説します。


商品企画に求められる能力

商品企画に求められる能力は、ユーザーのニーズを把握する感性や地道な情報収集力、業界の深い専門知識です。

新商品が思いつきやアイデアだけで開発されることは決してなく、地道の情報収集を徹底的に行いデータを分析する能力が求められます。

もちろん、集めたデータをもとにして魅力的な新商品を開発する発想力や創造力も必要になります。

このあたりは理論で身につけるのは難しいため、その人の才能によるものもあります。

また、さまざまな人と関わりながら動くため、コミュニケーション力も必要です。


商品企画に必要な資格は

商品企画になるために絶対に必要な資格というものはありませんが、取得しておくと知識やスキルの証明になる資格はあります。

民間の資格検定ではありますが、商品開発士、商品開発コーディネーターといった資格があり、転職活動をするときは有利になる場合があります。

また、社外の取引先などとやり取りをするときに資格があれば信頼してもらいやすくなることも期待できます。


製品企画と商品企画の違い

企業によっては商品企画という部署名ではなく製品企画という呼び方をしていることもあります。

その会社が自社で作っているものを製品と呼ぶのか商品を呼ぶのかという違いですので、仕事内容は基本的には同じです。

一般の消費者に向けて販売するものは「商品」と呼ぶことが多いため部署名も商品開発となっていることが多いです。

商品企画の難しさとは

商品企画の仕事も楽しいことばかりではなく、誰にでも簡単にできる仕事ではありません。

商品企画の難しさはどのようなところにあるのでしょうか。


商品企画も楽しいことばかりではない

商品企画には新商品のアイデアを出していくクリエイティブな仕事というイメージありますが、実際はリサーチアンケートなど地道な情報収集や、会議やプレゼンなど関係部門との調整が多く、楽しいことばかりではありません。

企業の商品企画はその商品がヒットして利益を出すことが目的ですので、単なる思いつきだけで商品企画できるわけではありません。


商品企画の難しさとその理由

商品企画の難しさは、消費者のニーズを正確に把握し、そのニーズに沿った新商品を開発しなければならないところにあります。

消費者のニーズは常に変化していきますので、幅広い知識と情報収集、クリエイティブな発想で売れる新商品を生み出さなくてはなりません。

新商品の売れ行きが悪いと会社に損失が出てしまうこともありますので、そういったプレッシャーも抱えながら仕事を進めていくことになります。


商品企画のやりがい

自分が企画した商品を、社内や取引先で協力して作り上げていくのが、商品企画の仕事のやりがいにつながります。

自分が企画した商品がヒットして、自社や取引先の売上に貢献したときの喜びはとても大きなものになるでしょう。

商品企画の疑問点を解決


商品企画の仕事についてのよくある疑問点とその答えを紹介します。


商品企画で独立は可能か

商品企画はヒット商品を生みだすことで会社の売上に大きく貢献できる可能性のある職種です。

新商品企画で会社に大きく貢献した人は、そのまま昇進して管理職になることがあります。

また、商品企画としてのキャリアを積み上げていくことで個人として独立することも可能です。

業界で多くの人が知っているような有名な新商品を企画した実績があれば、個人で事務所を構えても商品企画の仕事を受注することができるようになります。


商品企画で便利なツール

商品企画で使える便利なツールとしては、Web上で無料で見つかる企画書のテンプレートがあります。

色々な種類の企画書を使ってみて自分に合ったものがあれば企画の仕事を進めやすくなります。

商品のネーミングやアイデアを産み出すマインドマップやブレインストーミングなどにも有効なツールになるでしょう。


商品企画の給料は

商品企画の給料は、全年齢の平均年収を出すと550〜580万円程度となります。

商品企画の年収は勤務する会社の規模によっても変わりますし、新商品がヒットするかどうかでも変わります。

特に中小企業の場合はひとつのヒット商品が生まれるだけで会社の業績に大きく貢献こともあります。

臨時で給料が増えることもあったり、部署内で昇進することで年収が上がることもあります。

まとめ

今回は商品企画の難しさについて紹介しました。

商品企画はメーカーの仕事の中で特に人気の高い職種です。

クリエイティブな仕事というイメージがある商品企画ですが、難しさもある仕事です。

ぜひ今回の内容を参考に商品企画の仕事がどのようなものか理解を深めていってください。

本記事の初回公開日は2019年02月28日です。

この記事に関連する転職相談

どんな仕事につけば時間外に勉強ができますか?

エンジニアで残業が多い仕事を続けてきました。他に勉強したいこともあります。どんな仕事につけば時間外に勉強ができますか。

企画書の作成、みなさんどうされていますか?

企画書の作成、みなさんどうされていますか? ひな形に自分なりのワンポイントを加えていたりする方、教えてください!

営業のノルマを達成するために、どうすればいいですか?

保険の営業をしています。 毎月のノルマが達成できません。 ノルマ量が多すぎるわけではありません。 実際、同期で達成できる人もいるので。 なので、私の腕が悪いのは確かなのですが、 どうし...

チームのコミュニケーションの質を上げるために行っていることはありますか?

質問です。 グループ内でのコミュニケーションの質を上げるために、 皆様はどのような工夫をされているでしょうか。 最近部署異動があり、とある部署を管理するポジションに配属されたのです...

みなさんのキャリアで一番大きなミスはなんですか?

新卒一年目のものですが、質問です。 まだまだミスしてばかりなのですが、 経験が豊富なみなさんがした最も大きな仕事上でのミスはなんですか?

まだサービスの認知度が低い黎明期のマーケットで事業開発をする際にはどのようなアプローチが効果的でしょうか?

まだサービスの認知度が低い黎明期のマーケットで事業開発を担当する際にはどのようなアプローチが効果的だと思われるでしょうか? 私の場合、下記3点で考えてはおります。 1:(既に海外で認知度が...

初めて面接官をやるのですが、重要なことは何でしょうか?

現在、大学生で長期インターンを1年ほど続けています。今、インターンをしている企業でチームを作ることになり、インターン面接官をすることになりました。 インターンの面接では、学生が面接に慣れて...

仕事でついた負け癖を払拭する方法はありますか?

仕事に対して負け癖がついてしまっています。 上手く行かないとすぐに辞めてしまって、仕事を続けるのが難しいです。 契約社員とかで不本意で辞めさせられることもあり、社員で受けても落とされます。 ...

仕事を永続きさせるための秘訣は何でしょうか?

転職を繰り返してしまうのが悩みです。 現在26歳なのですが仕事が半年以上長続きした事がまったくありません。今まで働いてきた会社は正社員、バイト、派遣含めて10社くらいです。 辞めた理由が「対...

仕事の対価についてどう思いますか?

自分が生み出した価値に対して対価が発生すること、アウトプットで評価が決まるのは当然だと思いつつ、 残業すると「こんなに働いてるのにあんまりお給料もらえないな、、」 とも思ってしまう自分がいま...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す