【面接での転職理由】事実を捻じ曲げずにポジティブに伝える方法の画像

【面接での転職理由】事実を捻じ曲げずにポジティブに伝える方法

転職の面接で必ず聞かれることとして、転職理由と志望動機があります。これは、採用する側にしてみれば、必ず確認しておきたい重要な事なのでしょう。しかし、このようなシンプルな質問ほど的確に答えることは難しいものです。転職したいと思うのは、今の状況に少なからず不満があるから、というのは当たり前です。それを嘘をつかずにどうポジティブに言い換えるかが問題ですよね。そこで今回は、面接で事実を捻じ曲げずに転職理由を伝える方法、についてお伝えしたいと思います。

はじめに

転職理由と志望動機は必ず聞かれる質問だからこそ、無難な答えになりやすく、面接官も何人もの人たちにこの質問をしているので、返ってくる答えのパターンは大体わかっているでしょう。


ですが、面接を受ける側からすれば、転職したいと思うのは、今の状況に少なからず不満があるからであり、
正直に応えづらいのは当たり前ですよね。

ありがちな転職理由

転職を考えている方の理由として多いのが、

  • 仕事量に対して給料が安い
  • 上司や同僚とそりが合わない
  • 忙しすぎる
  • 仕事が面白くない

…などなど、前職に不満を抱いている場合がほとんどだと思います。



こちらをご覧ください。


 

こちらは、厚生労働省が出している平成27年の雇用動向調査の結果の一部のデータです。

ここに出ているデータを見てみても、
男女ともに「その他の理由(出向等を含む)」、また男性は「定年・契約期間の満了」を除くと、「給料等収入が少なかった」や「職場の人間関係が好ましくなかった」など、ネガティブな転職理由が上位に挙がっているのが見受けられます。






転職理由についてもっと知りたい方はこちら!↓
転職を考えている方へ!経験者の転職理由をまとめました!Part1
転職を考えている方へ!経験者の転職理由をまとめました!Part2

あなたの転職理由と志望動機、整合性ありますか?

「応募書類の退職理由と志望動機を見れば、どういう人物かだいたい分かる」というのは、皆さんもよく耳にすると思います。



本当に当社に入社したいという人は、退職理由と志望動機に一貫した流れがあります。
そして面接官は、そういう人に対して、どういう意欲を持っているか、どんな人柄かが自然に思い浮かびます。

逆に、退職理由と志望動機に矛盾があったり、つながりが薄かったりすると、「本当の退職理由は別にあるのではないか」「単に条件面で当社を選んだだけではないのか」と思われてしまいます。



よって、ネットで拾ったような無難な転職理由や、その場しのぎの曖昧なものは、
志望理由や、その他の質問に対する回答と、ずれや矛盾が生じる原因の一つになってしまいます。

そして、経験豊富な面接官は、ほとんど一発でそれが事実ではないことを見抜きます。

 

この記事を見ている人はこの質問を見ています:

転職理由を掘り下げて考えてみる

こうした問題を避けるには、一度自分の転職理由を見つめなおし、掘り下げて考えてみることが必要です。
これは、できるだけ具体的であることが重要です。


例えば、「仕事がつまらない」といった理由であれば、
「自分の希望に合った活躍の場を求めたい」ということに繋がり、
では自分の希望とは何なのか…
自分の活躍の場とは何なのか…

というように、どんどん具体的に掘り下げて考えていくのです。




例外はあるかもしれませんが、多くの人は、やりがいのある仕事をし、自分の努力に対して正当に評価されたい、と考えているのではないでしょうか。


よって、ネガティブな理由で退職したいと思うのは、現状から脱して、理想的な自分になるために転職したい、ということと表裏一体の関係にあります。



しかし、現職にひどく意欲を失っていたり、疲労で気力が衰えていたりすると、「とにかく現状から逃げたい」という一心で転職を考えてしまうこともあるかもしれません。



まずはそういった自分の状況に気づくことが大切なのです。

最後に

いかがでしょうか。

転職活動では本音とその場しのぎな建前の使い分けはするべきではありません。
それは、あなたにとっても企業とっても合理性がないからです。


転職活動は入社がゴールではありません。

表現のしかたには十分配慮するとして、基本的にはできるだけ正直に自分を表現すること。

そして、そういうあなたの姿勢を評価してくれる会社を選ぶことが最も重要ではないでしょうか。

この質問に関連する転職相談

最終面接において、役員の方から「あなたがやりた...

最終面接において、役員の方から「あなたがやりたいと言った仕事はウチではあまりできないかもしれない」といったことを言われた場合、どのように返すべきでしょうか?

自己 PRにアルバイトの経験しか書けず悩んでいます。

来年就職活動をする学生です。 就職活動の自己PRに書く内容が無さすぎて困っています。 いまになって全てを見直し自己分析をしていると、書ける内容が少なすぎて焦りを感じています。 大学時代に頑張ったことはアルバイトくらいしかないです。 ...

身体障害者の情報を履歴書に書かず面接で言ってもいいんですか?

履歴書について 既卒で企業に応募しようと思うのですが身体に障害があります。 その職業になれないとは思うのですがダメ元で履歴書をだしてみようと考えています。 そこでお聞きしたいのですが身体障害者だということを始めに出す履歴書に書いた...

給料が低いという退職理由は転職活動時の面接で言ってもいいですか?

同業で比較した時に、自分の給料がかなり低いというかなり先々月にわかりました。 それから悩んだのですが、転職を決意しました。 転職理由は待遇(給与)改善なのですが、こういった理由は転職活動時の退職理由で話すのは適切なのでしょうか? 不適...

就職活動時に推薦入試で入学した学生は不利ということは本当ですか?

就職に際して悩みがあります。 現在22歳学生です。 自分は指定校推薦で大学に入りました。 よく噂で推薦入試だと、就職に不利だということを良く耳にします。 これは実際問題あるのでしょうか? また、「一般入試で入学しましたか?」と面接等で質...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー