社会人における基礎力とは|12項目の社会人基礎力テストで診断の画像

社会人における基礎力とは|12項目の社会人基礎力テストで診断

皆さんは自分が社会人においてどの程度の基礎力を有しているか知っていますでしょうか。叱るのが下手な上司を持った部下は自分でどこが悪いのかを知らなければなりません。また、自分が部下を持つ立ち位置になれば教えてくれる人がいないので必然的に基礎力を忘れてしまうこともあります。そうならないためにも、自分で自分の基礎力を把握できるようなテストをご紹介いたします。是非この機会に自分の基礎力を今一度確認してみてはいかがでしょうか。

社会人に必要な基礎力の定義とは

社会に出て社会人として企業に勤め始めて「社会人としての基礎力がない」といわれてしまった人もいるかもしれません。

学生時代と異なる能力の要求に、なかなか答えられなくて参っているという人もいるかもしれませんね。

では、社会人にとって必要な「基礎力」とは、いったい何なのでしょうか。


社会人の基礎力の定義

社会人の基礎力の定義は2006年に経済産業省が発表した「前に踏み出す力」「考えぬく力」「チームで働く力」の3つの能力だとされています。

この3つの能力はさらに12の構成要素からなっていますが、これらの能力を身につけることは社会人として上を目指すうえで重要な要素です。


マネジメントを行う上で、国際的に活躍するうえで必須とも言えるこれらの能力について、さらに詳しく見ていきましょう。

関連相談

社会人に必要な基礎力とは具体的にどんなものか


会社に入る前にこれらの能力を是非磨いておきたいという人もいるかもしれませんね

では具体的にこの3つの能力はどのようなものなのでしょうか。


前に踏み出す力

前に踏み出す力は「主体性」「働きかけ力」「実行力」の3つから構成されています。

自らが主体性をもって動き出すための力は、現代社会に生きるうえで自分が自分であるためにも重要な要素です。

働きかけ力や実行力は下で説明する「チームで働く力」にも関連しますし、社会においては、ほかの人との協力無くしては何事も成し遂げられません。

さらに「口だけ達者」では信用を失います。

有言実行、目標を見つけたら成し遂げるために実行計画を立て、実行できるだけの力が必要になってきます。


考え抜く力

考え抜くための力には「課題発見力」「計画力」「想像力」があります。企業で働いていると常に問題が発生します。

その問題解決のためには課題を発見する能力と想像力(推察力)が必要です。

課題を発見した後には課題を実際に解決していくためにスケジュール立てを行う計画力が必要となってきます。


チームで働く力

前述のように社会に出ると一人でできることは少なく、他の人と協力しながら物事を進めていくことになります。

社会に出たら必要となる「チームで働く力」には「発信力」「傾聴力」「柔軟性」「状況把握力」「規律性」「ストレスコントロール力」の6つがあります。

チームで動くためにはメンバー間に生じるストレスをコントロールする必要があります。

規律を守り、状況を把握しながら柔軟に物事にあたることは、チームで何か一つの事を行うにあたっても重要な要素です。

さらに傾聴力は人間関係を良好に保ち、将来マネジメントを行う際にも必要不可欠な能力となります。

社会人に必要な基礎力が必要とされる場面とは


では、社会人にとってこれら3つの基礎力が必要とされる具体的な場面はどのような場面でしょうか。

想定される事例と共に、3つの能力がどのように働くのかについて解説していきます。


前に踏み出す力が必要とされる場面

「主体性」「働きかけ力」「実行力」の3つから構成されている「前に踏み出す力」。

すでに納期や目的、目標が決まっている仕事をいかにこなしていくのかという場面で必要とされます。

目標に対して周囲を巻き込みながら自主的・主体的に業務を進めて、高いパフォーマンスを発揮することは社会人にとって重要な能力といえます。


考え抜く力が必要とされる場面

前述のように考え抜く力は「課題発見力」「計画力」「想像力」の3つから構成されています。

社会人として生きることは常に問題解決と隣り合わせといっても過言ではありません。

トラブルは生じた際に「何が根本的な問題なのか」を冷静に見つめながら課題を発見し、想像力を働かせてトライアンドエラーをしながら計画を立て実行していくという場面で、考え抜く力が必要とされています。

研究開発などをする場合には必須ともいえますが、事務職であっても「データが消えてしまった。どうしよう」「効率よく業務をするためにどうしたらいいか」など、たくさんの課題を抱えています。


チームで働く力が必要とされる場面

他の人と協力しながら物事を進めていく際に必要となる「チームで働く力」には「発信力」「傾聴力」「柔軟性」「状況把握力」「規律性」「ストレスコントロール力」の6つがあります。

社会人になり会社に所属すると部署で仕事をするようになります。

複数人と一緒に仕事をすることで人間関係のすれ違いのストレスがあったり、プロジェクトが上手くいくかどうかわからないときに不安に悩まされることもあります。

特に、プロジェクトを共に行っていくうえでは独りよがりではいけません。人の話を聞き理解し同調しながら、自らの意見を発信していく必要があります。

さらに、業務を行う上で困っていることや、出てくる課題に対して柔軟に状況に応じて対応することが求められます。

会社に所属するとなると、基本的なルールを守る必要もあります。

そのため、「チームで働く力」の6要素は必要なのです。

社会人に必要な基礎力を養うには


社会人に必要な基礎力は、会社に所属している様々な場面で必要とされる能力だということが分かりましたね。

社会人になる前に、社会人になってからも必要に応じて、これらの基礎力を養っておきたいものです。

では社会人に必要な基礎力を養うために、どのようなことができるでしょうか。


前に踏み出す力を養う方法

前に踏み出す力は「主体性」「働きかけ力」「実行力」からなっています。

「主体的に動く」といっても自分のやりたいようにしたらいいというわけではありません。

周りの状況を見ながら助けが必要そうであればヘルプを申し出ることで「主体性」、サークル活動などでたくさんの人や周りを巻き込みながら1つのものごとを成し遂げていくことで「働きかけ力」、目標を設定して物事に取り組む習慣をつけることで「実行力」が備わるといわれています。

学生の内からたくさんの人と交流を持ち、何かを成し遂げるという経験は、名に踏み出す力を養う方法として最適です。


考え抜く力を養う方法

考え抜く力には「課題発見力」「計画力」「想像力」の3要素があります。

現在の状況をしっかりと把握したうえで「本当にこれでいいのかな?」と考える習慣をつけることにより、課題発見力が生まれます。

また、自分の能力よりも少し高めの部分にチャレンジして、失敗体験を積むことで「計画力」が生まれます。

さらに、単なる思い付きではない「想像力」を働かせるためにはたくさんの情報が必要です。

企業研究などでは「情報を収集する」「まとめて自分なりの結論を出す」ということを行います。

このようなサイクルで物事を考える習慣をつけることで、考え抜く力を付けることができます。


チームで働く力を養う方法

チームで働く力には「発信力」「傾聴力」「柔軟性」「状況把握力」「規律性」「ストレスコントロール力」の6要素があります。

これらは人との関わり合いの中で磨いていくしかありません。

「相手はどのように考えているのだろうか」「相手は自分の言っていることを理解しているだろうか」ということを頭の片隅に置きながら会話をすることで傾聴力や発信力が養われます。

柔軟性を養うには相手との関係性の中で「自分の考えが絶対正しい」と思わないことを意識する必要があります。

今までにない状況に自分の身を置くことで、柔軟性や現状把握力を磨くことも可能です。

海外や遠方に旅行に行ってみることで、自分試しをしているという人もいます。

なお、ストレス耐性についてはストレスを溜めておける許容量を増やすのではなく、自分に最適なストレス解消方法を見つけたり、何を言われてもストレスを感じにくいような考え方に持ち込んだりという方向でストレス耐性を付けていきます。

【社会人基礎力チェックリスト】自分で診断してみよう


1.イベントやサークル活動において、自ら率先して物事にあたった経験がある。

2.友人やアルバイトメンバーをまとめて、1つの物事を成し遂げたことがある。

3.みずから設定した目標を達成した経験がある。

4.物を購入する際は、商品の調査を行いたくさんの選択肢の中から選択している。

5.物事を行う際には、計画を立ててからでないと落ち着かない。

6.新聞を読んだり、世の中で何が起こっているのかを知るのが楽しい。

7.自分の専攻(得意)分野を相手にわかりやすいよう説明することができる。

8.人から相談を受けることが良くある。

9.アイデアマンだといわれたことがある、あるいは問題解決には自信がある。

10.自分のアルバイト先或いは所属先での立ち位置と役割を理解している。

11.待ち合わせ時間は守る。

12.失敗しても他の方法で再びチャレンジすることが多い。
 

丸がついた数が多いほど、社会人としての基礎力が高いことになります。

4より低かった人は是非、今後の生活の中で基礎力を養ってみてはいかがでしょうか。

まとめ


社会人としての基礎力を付けるためには日頃のコミュニケーションの取り方や、自ら意識しながら生活をすることで能力を高められそうです。

学生時代には社会人としての基礎力を付ける機会がたくさんあります。

ぜひ、学生生活を自由に遊び倒すだけでなく、能力アップのためにも利用してみてくださいね。

この記事に関連する転職相談

一般的に下から這い上がった人間の方が評価されるのはなぜですか?

なぜ一般に下から這い上がった人間の方が評価されるのでしょうか? ビリギャルが慶應に入るのと、 コツコツ頑張った人が慶應に入るのの なにが違うのでしょう? 前者には、短時間で努力できる根気などがありますが、後者にも努力を続ける力などがあ...

この記事に関連する記事

【業績評価について】意味や設定方法をどこよりも詳しくご紹介

よく耳にする「業績評価」。実際にはどのような評価で自分の賃金が連動するのか気になる方も多いと思います。今回は、業績評...

【評価・テスト】半導体/電気/機械の仕事内容についてご紹介します

評価・テストはどのような仕事内容なのでしょうか。エンジニアなどが開発したものは全て検証やテストをする必要があります。...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー