【初めての転職活動者必見】将来性の高い業界まとめの画像

【初めての転職活動者必見】将来性の高い業界まとめ

「いい学校に入り、いい会社に入社することが幸せである」という時代は終わりました。大手企業がある日突然つぶれてしまうことも、現代では珍しくありません。今は、企業を選ぶ上で、個人の判断力が問われる時代なのです。そこで今回は、将来性のある業界についてまとめてみました。

はじめに

以前であれば大きな会社や有名な会社に入社すれば、確かにそれなりの年収が確保できたかもしれません。

しかしながら、もう既に時代は変わってきていますよね。
センサーやIotの普及に伴う自動化により、価値が高いとされてきた職業の価値が下がったり、注目されていた企業がつぶれたりと、業界の価値の変動は複雑になっています。

この現状に生きる私たちは、就活や転職活動において、将来性の高い業界を見分け、探さなければなりません。

では、将来性の高い業界とはどんな業界なのでしょうか。 

伸びる業界の特徴

例として、まず一つ言えるのが、ロボット関連の研究者と技術者です。
既に某自動車メーカーはロボット研究に数年前から取り組んでいますが、これからその技術が普及していく可能性があります。


そして、これからさらにIT化は進んでいくため、SEやIT関連のエンジニアの価値は高いまま続くでしょう。
この職業はITに精通した知識とコンサルティングの能力が備わっているため、技術者だけでなく、ITマーケティングのコンサルタントも求められていきます。


このように、専門に特化したスキルを持っていて、尚且つ希少性が高いという要素を持っている業界が今後必要とされていきます。


さらには、時代の変化によって、媒体が移り変わっても必要とされる技術を持つ業界は、長年に渡り生き延びていく業界だと思います。




「あったらいいな」を実現するのは、常に敏感なアンテナを持ち、ブームを引き起こすクリエイターやデザイナーの役割であり、「なくてはならない」を継続するのが、業界や企業の存在意義です。

伸びない業界の特徴

まず一つ目は、コンピューターで代用できる仕事は価値が下がります。


先ほども説明したように、これからは今以上にコンピューターとロボット技術が進んでいきます。

それに伴い、人間がやらなくても良いような仕事の価値は下がっていくだけでなく、職業としてなくなってしまう可能性が高いのです。


コンピューターに置き換えられるものを考えた時に何か思い浮かぶものは何がありますか?

おそらく真っ先に思い浮かぶものは工場の単純作業ではないでしょうか。

実際に工場などのライン作業は単純なものは全て機械化されていて、複雑なものや微妙な調整が必要なものだけが人の手で作られています。

Amazonの倉庫がその例です。
アマゾンジャパンは、倉庫に高性能な機能を持った機械が導入されたことによって、配置されている人数や雇用状況が大きく変わりました。


さらに詳しく知りたい方はこちら↓
【アマゾンジャパンへの転職】Iot導入で雇用は変わる?アマゾンの求人状況を探る
人手不足で悩まされるIT業界、第二新卒で転職するには何が必要?





そしてもう一つは、媒体の移り変わりに対応しにくい業界です。

多くの人が知っている業界だと、テレビ局や新聞社などのマスメディアがその例です。
国の手厚い保護のもと利益を出しているため、自由競争がしづらい業界です。
インターネット配信などを今よりも積極的に行なわなくてはなりませんが、それもなかなか上手くいかないのが課題です。

将来性のある業界まとめ

【1.インターネット広告業界】

ネット広告が伸びている要因として、インターネットやスマホの普及に加えて、効果測定の容易さ、ターゲティングの絞り込みやすさなどが挙げられます。

従来のテレビ、新聞、雑誌の広告は、不特定多数の人に対し広告を行い、受け手のレスポンスを待つという形でした。
こうした広告は多くの人が見たり読んだりする媒体ほど価値が高く、当然のことながらその広告費はとても高価なものでした。
さらに、その広告効果を厳密に測定する事は難しく、高額の広告費に対してどの程度の効果があったのかは曖昧です。



その一方でネット広告は、広告の表示、クリック回数に加え、サイト誘導後の閲覧者の行動も詳細に分かるため効果測定が容易です。

また、リスティング広告やRTB広告により閲覧者の興味・関心に合わせた広告配信が可能となるため、ターゲットの絞り込みも容易となります。
さらには、広告費もテレビや新聞などに比べ低額で、まとまった資金が用意できない中小企業などでも活用できます。



このように、インターネットやスマホの普及を背景に拡大を続けてきたネット広告業界は、
従来型の広告にはない長所もあわせ持つため、今後の動向に注目が集まります。







【2.インフラ業界】

平成23年に入り、東日本大震災の復興需要、民間の設備投資の増加、
また、平成24年末からのアベノミクスの公共事業投資により、インフラ業界の業績は上がっています。
 

平成27年も、首都圏を中心に再開発が進み、
高層ビル、新築マンション、商業施設の建設ラッシュが続きました。


東京五輪前まではこうした状況が続くと見られ、建設業界は強い追い風を受けています。


さらに、2020年東京五輪開催により、鉄道網や高速道などのインフラ整備が加速します。
東京都の試算によると、五輪が開催される2020年までの経済波及効果はインフラ業界で4,745億円となっています。

 

五輪開催と東日本大震災の復興特需が重なったため、インフラ業界は深刻な人手不足です。

さらには、人材の高齢化も問題となっています。
人材が不足した状態が続くと、工期の延長が予想され、建設会社のコストを圧迫する結果となります。


五輪へのインフラ整備と復興を両立するためにも人材の確保が必要となっているため、インフラ業界の需要は伸びています。







【3.介護業界】

日本の高齢化社会は、今後も加速を続けます。


日本の人口は、2010年をピークに減少していますが、75歳以上の高齢者数は、その逆で急速に増加。

2010年には1419万人だった75歳以上の人口が、2025年には1.5倍の2179万人に増えるようです。

そして、日本の人口が2010年の3分の2近くに減少する2060年になっても、75歳以上の高齢者の数は2336万人へと、増え続けます。

高齢者が増えれば、介護サービス受給者も増えることが想像されます。

 

現在は、職場環境や給与面の問題がありますが、
法整備が進み、改善が見込まれれば、介護業界に従事する人の割合も自然と増加します。


当然、この介護業界にもロボットが導入されるようになりますが、
介護ロボットに関する、安全性や倫理的議論は堪えません。
「人間の命を預かるのは人間でなくてはならない」という需要は、完全には無くならないのです。


よって、低価格なロボットの介護が実現されたとしても、人間による介護は、サービスとして生き残ります。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回の記事は、転職先を選ぶ時の、材料の一つにしていただければと思います。


重要なのは、必要な業界かどうかです。

その中でも、危機を乗り切った企業や、
時代の流れに負けず、自社技術を活かして様々な事業を展開し続ける企業はやはり強いです。

転職先や就職先に悩んでいる皆さんは、「とりあえず最初は大手!」ではなく、
いつ、どんな時に、そんな業界や企業が活躍していたのか、という事を考えて判断されてみてはどうでしょうか?

 

 

 

転職に悩んでいる方はこちらも参考に!
【初めての転職活動者必見】転職活動に必要な適切な準備とは?
転職エージェントを有効活用する4つのポイント!

この質問に関連する転職相談

介護業界は他の施設に転職すれば給与は上がることはありますか?

私はヘルパーとして現在働いています。 月給が安すぎるため転職しようか悩んでいます。 ただ、現在まで福祉の大学を卒業してからずっと介護業界に携わってきたため、他の職種の仕事をしたことがありません。 今の職場は地方ということもあり、給与が...

会社の雰囲気は良いですが仕事内容が不満で転職をしようか悩んでいます。

営業職を2年しています。会社の福利厚生や会社の雰囲気はとてもいいです。しかし、自分が営業をしても意味がないと思う瞬間が多々あり、また販売会社なので、上から降りてきた指示でしか動けないため、仕事の幅がとても狭いです。さらに業界の将来性もあま...

第二新卒が採用面接時にアピールすべきことは何ですか?

第二新卒です。現在転職活動をすすめています。 今回、聞きたいことは第二新卒が採用面接時にはどのようなことをアピールしておく必要がありますか。 実際に面接を再来週に控えているのですが、 正直、新卒二年目ということもあり、特筆した結果や...

新卒1年目ですが、事務職から営業職やSEは転職可能でしょうか?

事務職から営業職やSEは転職可能でしょうか? 新卒で早期離職をしてしまい、事務の経験も3ヶ月しかないです。 正直、新卒の時以上に事務の求人が少なくてリクキャリやウズキャリ、ジェイックなどのエージェントにも断られたりしてます。このまま正社員と...

転職活動で年収が上る人はどれくらいアップするんですか?

現在転職活動をしています。 社内のメンバーとの不和から異動を命じられたのですが、 自分の希望しているポジションではなかったので、転職活動をしています。 最低限目標として年収70万円upを目標に転職活動をしているのですが、 40万円アップまで...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー