未経験からブライダル(ウェディングプランナー)への転職ノウハウの画像

未経験からブライダル(ウェディングプランナー)への転職ノウハウ

ブライダル業界。華やかなイメージで特に女性には人気のある業界ですね。ただ憧れはするけれど、経験も資格もないし、転職できるのか…と踏み込めていない方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで新卒からブライダル業界に入り、現場を経験後、新卒・既卒採用共に携わった私から未経験でブライダル業界に転職するためのノウハウをお伝えしていきたいと思います。

とにもかくにも、未経験でもブライダルに転職できるの??

結果からお伝えすると、転職できます!

実は業界経験者の転職はほとんどないのです。

中にはステップアップとして有名なプランナーがいる会場に転職するなどはありますが、基本的には未経験者採用を積極的に行っている業界です。

ですので未経験だからと不安になる必要はありません。

もちろん近い業界として、美容師、アパレル、ホテル等の接客業から転職する方が多いですが、全く関係のない事務職、秘書、看護師さんまで様々な背景を持った方が入社されています。

経験より大切なものがあるので、それも含めて紹介していきます。

この記事を見ている人はこの質問を見ています:

応募前にやるべきこと。業界研究・企業研究

結婚式には様々な形、やり方がありますよね。
つまりブライダル業界も企業によって仕事内容、やり方が変わってきます。

どのタイプの企業に自分のやりたいと思っている仕事の形があるのかじっくり研究しましょう。

ホテルの中にあるブライダル課なのか、ゲストハウスなど式場を自社で持っている企業なのか、式場は持っておらずどこでも結婚式をプランニングしていく、プロデュース会社なのか。

私は邸宅を貸し切って挙式・披露宴を行うゲストハウスを全国展開している会社にいました。

私には自分自身が全力でおすすめできる会場を使って、
一緒に1からオリジナルウエディングを作っていきたいという想いがあったので、ホテルでもプロデュース会社でもこの想いを叶えることはできなかったのです。

このように、同じブライダル業界でも、企業によって違い、
自分がやりたいことがどこでも叶うわけではないのです。

どこでもいいからとにかくブライダル、と応募するのは絶対にNGです。

業界研究・企業研究をじっくりやって応募先を決めていきましょう。

こちらの記事もよく見られています!
私がCRAZYになる理由 〜株式会社CRAZY 伊東さんのキャリアと仕事の選び方〜

ブライダルに資格は必要?

ブライダル業界もたくさんの資格があります。
しかし、正直就職に必要かというと不要だと私は思います。

スクールにも通わなくていいと思います。

資格があるから採用となるわけではないですし、
資格がないから落とすこともしません。

国際資格などもありますが、未経験の状態で簡単にとれるわけでもないので、

もしどうしても何かプラスになるものを取りたいのであれば、カラーコーディネーターやマナー講師、秘書検定など、直接は関係なくても間接的に役に立つものをお薦めします。

これがあるから採用されるわけではないですが、それだけこの仕事に対して本気なのだ!と熱意が伝わると思います。

面接や筆記試験。何を見られてる?

接客業なので、正直ほぼ第一印象で決まります。面接で具体的に見ているところを紹介します。

【第一印象】

  • 清潔感があるか(身だしなみ)
  • 笑顔かどうか。

【話す内容+印象】

  • 声のトーン
  • 明るいか
  • 人の話を聞くことができるか(自分の話ばかりする人ではないか)
  • 素直かどうか(新卒採用された人が多い会社では、年下の上司となる場合が多いので、それでも素直に新しい仕事を吸収できるか)
  • やる気があるか

性格テストのような筆記試験を導入している企業が多いです。

これは対策が難しいのでどうしようもないのですが、
とにかく正直に答えるしかありません。

よく見せようとしてもそれが結果として悪い方向に出てしまうテストなので、お気を付けください。

靴の先から頭のてっぺんまで身だしなみが整い清潔感があるか、
笑顔かどうか、客観的に周囲の人に見てもらい面接に臨みましょう。

 

ブライダル企業の未経験既卒面接でよく聞かれること。

  • なぜ弊社に応募したのですか。

最初にお伝えしたとおり、業界の中でもタイプが様々あり企業もたくさんあります。それらの違いをよく理解したうえで、なぜその企業なのかを熱意をもってお伝えしましょう。

  • 周りの方からどんな人だといわれますか?

キャラクターを見ています。

  • 長所と短所を教えてください

自分の短所をどう捉えていて、どう伝えるかを見ています。最終的にはプラスの表現で言い終えること。小さなミスをしやすい、性格が暗い、などブライダル業界で致命的になるようなことは言わないほうがいいです。

  • これまで一番頑張ったことは何ですか?

キャラクターの確認、忍耐力、精神力等様々な方向から見る質問です。プレゼンだと思って準備をしておきましょう。

  • 少子化に伴い、今後のブライダル業界はどうなると思いますか。

答えは一つではないので、しっかり自分の意見を持っているか見ているだけです。業界研究の成果もここで発揮しましょう。


全体的に新卒のときに聞かれる質問に近いものがあると思います。
こちらは一部ですので参考にしてください。

本当にやりたいことか、考える。

ブライダル業界はやりがいがあり、本当に幸せな仕事です。

その反面、一生に一度の結婚式、そしてとても高価なものを取り扱うこともあるので絶対に失敗ができないという責任の重い仕事であり、体力、精神力、そしてお客様への強い想いが必要です。

またウエディングプランナーには、単価UPなど営業的な面も常についてきます。

土日が休みになることは基本的にはありません。
※最近は子育てをしている女性のために土日どちらかを休みにする企業も増えています。

それでもやりたい仕事なのか、企業なのか、十分に考えて転職活動に挑みましょう。

私は縁があり今は違う仕事をしていますが、
ブライダル業界で仕事をしている期間は本当に充実していて楽しくて心からやってよかったと思います。

そう思えるのはブライダル業界の中でも自分に合う会社を見つけられたからです。

最初に戻りますが、とにかく企業研究をしてブライダル業界の中でも自分のやりたいことに合う企業を探すところから初めていきましょう!

この質問に関連する転職相談

転職活動中ですが、ブライダル業界って将来性を感じますか?

転職活動中です。 念願のブライダル業に行くべきか、将来を考え職種を選ぶべきかなやんでます。

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー