人事の心をギュッと掴む!会いたくなる自己PRの書き方の画像

人事の心をギュッと掴む!会いたくなる自己PRの書き方

職務経歴書を作成するとき、経歴や成果は書けても、自己PRがうまく表現できず悩んでしまう…というような方も多いのではないでしょうか。実はこの自己PRは目立った経歴がない人でも書き方一つで、会ってみたい!と人事に思わせることができる重要な項目なのです。またどんな職種、どんな業界でも面接で必ず自己PRは聞かれ、この自己PRがうまくできるかで、あなたへの印象は大きく変わります。今回は面接でも活かせる、自己PRの書き方の工夫をまとめていきたいと思います。

自己PRの目的

自己PRをなぜ問われるのか。それは職務経歴だけでは分からない、転職者のパーソナリティの部分や長所を知り、それが会社の応募しているポジションで活躍できる内容なのかを把握するためです。
つまり自己PRにはこの目的を達成する内容を記載することが必要です。何も考えずに、○○が得意です。で終わってしまったら意味がありません。自分の得意なことと、会社が欲していることがリンクしているかが重要です。
これなら活躍してくれそうだなと思ってもらえる内容を記載していきましょう。

自己PRの書き方

JOBQの中でも質問がありました。書く内容に対して悩んでいらっしゃる方が多いようですね。


転職活動中ですが、自己PRが書けないのでアドバイスをお願いします

自己PRについてアドバイスをお願いします。

就職、転職活動の際用いる自己PRなんですが、基本的には志望する業種、職種が決まっている前提で作っていくものだと思うので、例えば文章の締め方としては、自分の~~といったところを、(希望職種)の~~で活かしていきたい、といった感じになると思います。

ただ希望職種が決まっていない、つまり職種を絞らず自分が気になる、やってみたいと思う仕事を探している場合、業務内容に紐付ける事ができません。

こういう場合、どういう方向で作っていくとよいでしょうか?

応募先ごとに作り変えるというのではなく、就職転職サイトのweb履歴書用に記載するためです。


例え職種が決まっていなくとも、例えば「人とコミュニケーションを取る仕事に携わっていきたい」のようにある程度の方向性は定めておき、スキルや得意分野と紐付けたらいかがでしょうか。


この方の場合、職種が決まっていないので自己PRの内容が定まらないということでした。
企業が欲していることに合わせて書くのが自己PRなので、定まらないという悩みが発生するのは当たり前かもしれません。
また転職のタイミングによっても内容が変わってきますね。

第二新卒の自己PRはどういうことをPRすればいいのでしょうか?


今年、新卒入社して半年がたちます。元々行きたかった業界への第二新卒への就職(転職)を考えています。

その際に自己PRは大学生時代に使っていたものと、半年の社会人経験での内容を踏まえたものとの、どちらがいいと思いますか?

第二新卒ですし、社会人経験の内容を踏まえた方がいいとは思うのですが…、
どうしても内容が表面的に聞こえてしまいます。
かといって、大学時代に使っていた自己PRでは現職での経験談が出てこないの第二新卒らしくない?
とも思います。

皆さんならどちらの自己PRを使用しますか?

大学時代に使われていた自己PRと第二新卒としての自己PRの両方を使用されてはいかがでしょうか?
面接の中で、面接官の反応を見て反応が良さそうな方にシフトしていけばよろしいかと思います。


第2新卒の方、新卒の方、社会人経験が長い方、それぞれのタイミングに合わせて内容を変えていくことも必要です。

ではまとめてみます。

 

①読みやすい量、見た目であること

正直人事は忙しいです。たくさんの職務経歴書を確認する中で、パッと見て読みたいと思ってもらえることが心を掴む第一歩です。
文字は10.5前後、行数は長くても10行程度でまとめましょう。

②順序立てて記載されていること

この順序とは、事実→根拠→具体的事例が基本です。
例えば、「私の長所はコミュニケーション能力があることです。貴社でもこの力を活かして一生懸命頑張ります。」と書かれているとします。しかしこれでは熱意があることが採用者側に伝わらず、根拠と具体的事例がないため、信憑性に欠けるでしょう。
必ず具体的な根拠と事例を入れ込んで、人事に信じてもらえる内容にしていきましょう。

③意欲が感じられる内容であること

上記で記載したように、意欲ばかりで具体的根拠がないのもダメですが、意欲がないのはもっとダメです。頑張ってくれそうだなと思ってもらえる書き方をしていきましょう。
また、その際に自分の書いたPRが応募先の企業、職種に合っているかを確認しましょう。
どんなに素晴らしいPR内容でも、仕事にマッチしていなければ、うちで活躍してくれそうだという印象を与えることができません。

自己PRの例文

上記3ポイントに加え、最初にお伝えした応募している企業や職種に合わせたPRがきちんと盛り込まれているかを確認していきましょう。例文を紹介します。

【電化製品メーカー法人営業職→IT営業職 へ転職の場合】

私はお客様とリレーションを築くことが得意です。

現職の業務用キッチン機材の担当顧客は大手・中小企業様々100社を超えておりますが、お客様に合わせたコミュニケーションを取ることでリレーションを築いてきました。

小さな個人店舗のお客様へはメールや電話で終わるのではなく、必ず月に1度はお店に足を運びお話を聞くようにし、大手企業の担当の方には上司の方にも説明しやすいよう資料を毎回作成したうえでお伺いする等、工夫をしてきました。

その結果リレーションを築いただけでなく、私が担当していなかった前年と比べ140%の売り上げUPを達成することができました。

貴社に入社できましたら、この強みを活かして、顧客の悩みやをきちんとヒアリングし、リレーションを築きながら、その顧客に合わせた提案をしていきたいと思っております。またその結果売り上げに貢献することが私の使命だと思いますので、活躍できるよう精進してまいります。

①読みやすい量であること

例文は11ポイント、10行です。

②順序立てた内容であること

事実(得意なこと)→根拠(なぜ得意と言えるのか、どんな方法なのか)→具体的事例(その結果どうなったか)でまとめると信憑性が増します。

③意欲があるか

これまでの実績でをPRするだけでなく、転職して何をしたいのかを入れ込むことで意欲が伝わり好印象となります。

今回は営業職だったので数字を入れましたが、職務経歴のところで数字を使った結果を入れ込めていれば、自己PRではあまり数字に固執しすぎなくていいと思います。あくまでもあなたのパーソナリティが応募ポジションに活かせるかを確認したいだけなのです。

この記事を見ている人はこの質問を見ています:

最後に。注意しておきたいこと。

自己PRでは自信を持って伝えていただきたいとは思いますが、自信を持ちすぎていて、逆に印象が悪くなるという失敗もよくあります。

例えば一人の営業職としてのポジションで応募するのに「私が貴社を引っ張っていきたいと思います。」といきなり伝えるのは印象がよくありません。

例えば「なるべく早く、貴社を引っ張っていけるような存在になれるよう努力いたします。」と言い換えるだけで印象は変わりますね。

自己PRは書類通過のためにかなり重要な要素であり、面接でもその人の印象を大きく左右するものです今回まとめた内容をしっかり盛り込むことで人事の心をギュッと掴み、あなたのPRポイントを活かした仕事ができることをを願っております!

この質問に関連する転職相談

最終面接において、役員の方から「あなたがやりた...

最終面接において、役員の方から「あなたがやりたいと言った仕事はウチではあまりできないかもしれない」といったことを言われた場合、どのように返すべきでしょうか?

自己 PRにアルバイトの経験しか書けず悩んでいます。

来年就職活動をする学生です。 就職活動の自己PRに書く内容が無さすぎて困っています。 いまになって全てを見直し自己分析をしていると、書ける内容が少なすぎて焦りを感じています。 大学時代に頑張ったことはアルバイトくらいしかないです。 ...

身体障害者の情報を履歴書に書かず面接で言ってもいいんですか?

履歴書について 既卒で企業に応募しようと思うのですが身体に障害があります。 その職業になれないとは思うのですがダメ元で履歴書をだしてみようと考えています。 そこでお聞きしたいのですが身体障害者だということを始めに出す履歴書に書いた...

給料が低いという退職理由は転職活動時の面接で言ってもいいですか?

同業で比較した時に、自分の給料がかなり低いというかなり先々月にわかりました。 それから悩んだのですが、転職を決意しました。 転職理由は待遇(給与)改善なのですが、こういった理由は転職活動時の退職理由で話すのは適切なのでしょうか? 不適...

就職活動時に推薦入試で入学した学生は不利ということは本当ですか?

就職に際して悩みがあります。 現在22歳学生です。 自分は指定校推薦で大学に入りました。 よく噂で推薦入試だと、就職に不利だということを良く耳にします。 これは実際問題あるのでしょうか? また、「一般入試で入学しましたか?」と面接等で質...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー