【第二新卒の自己PR】面接官の評判を上げる自己PRの書き方のテクニックの画像

【第二新卒の自己PR】面接官の評判を上げる自己PRの書き方のテクニック

第二新卒の方が自己PRを書くとき、注意している事はありますか?自己PRというのは、短時間で自分という人間を知ってもらうのには大切な機会です。学生時代に頑張った事があっても、それを文章化できなければ意味がありません。相手にいかに伝えるかが重要です。自己PRにも書き方が決まっています。今回は第二新卒の自己PRの書き方についてご紹介します。是非、参考にしてみてはいかがでしょうか?

自己PRの目的

自己PRをなぜ問われるのか。それは職務経歴だけでは分からない、転職者のパーソナリティの部分や長所を知り、それが会社の応募しているポジションで活躍できる内容なのかを把握するためです。

つまり自己PRにはこの目的を達成する内容を記載することが必要です。

何も考えずに、「○○が得意です」で終わってしまったら意味がありません。自分の得意なことと、会社が欲していることがリンクしているかが重要です。これなら活躍してくれそうだなと思ってもらえる内容を記載していきましょう。

関連相談

自己PRの書き方

JOBQの中でも質問がありました。書く内容に対して悩んでいらっしゃる方が多いようですね。


転職活動中ですが、自己PRが書けないのでアドバイスをお願いします

自己PRについてアドバイスをお願いします。

就職、転職活動の際用いる自己PRなんですが、基本的には志望する業種、職種が決まっている前提で作っていくものだと思うので、例えば文章の締め方としては、自分の~~といったところを、(希望職種)の~~で活かしていきたい、といった感じになると思います。

ただ希望職種が決まっていない、つまり職種を絞らず自分が気になる、やってみたいと思う仕事を探している場合、業務内容に紐付ける事ができません。

こういう場合、どういう方向で作っていくとよいでしょうか?

応募先ごとに作り変えるというのではなく、就職転職サイトのweb履歴書用に記載するためです。


例え職種が決まっていなくとも、例えば「人とコミュニケーションを取る仕事に携わっていきたい」のようにある程度の方向性は定めておき、スキルや得意分野と紐付けたらいかがでしょうか。



この方の場合、職種が決まっていないので、自己PRの内容が定まらないということでした。

企業が欲していることに合わせて書くのが自己PRなので、
定まらないという悩みが発生するのは当たり前かもしれません。

また転職のタイミングによっても内容が変わってきますね。
 


第二新卒の自己PRはどういうことをPRすればいいのでしょうか?


今年、新卒入社して半年がたちます。元々行きたかった業界への第二新卒への就職(転職)を考えています。

その際に自己PRは大学生時代に使っていたものと、半年の社会人経験での内容を踏まえたものとの、どちらがいいと思いますか?

第二新卒ですし、社会人経験の内容を踏まえた方がいいとは思うのですが…、
どうしても内容が表面的に聞こえてしまいます。
かといって、大学時代に使っていた自己PRでは現職での経験談が出てこないの第二新卒らしくない?
とも思います。

皆さんならどちらの自己PRを使用しますか?

大学時代に使われていた自己PRと第二新卒としての自己PRの両方を使用されてはいかがでしょうか?
面接の中で、面接官の反応を見て反応が良さそうな方にシフトしていけばよろしいかと思います。


第2新卒の方、新卒の方、社会人経験が長い方、
それぞれのタイミングに合わせて内容を変えていくことも必要です。

ではまとめてみます。

 

①読みやすい量、見た目であること

正直人事は忙しいです。たくさんの職務経歴書を確認する中で、パッと見て読みたいと思ってもらえることが心を掴む第一歩です。
文字は10.5前後、行数は長くても10行程度でまとめましょう。

②順序立てて記載されていること

この順序とは、

  1. 事実
  2. 根拠
  3. 具体的事例

が基本です。

例えば、
「私の長所はコミュニケーション能力があることです。貴社でもこの力を活かして一生懸命頑張ります。」
と書かれているとします。

しかしこれでは熱意があることが採用者側に伝わらず、
根拠と具体的事例がないため、信憑性に欠けるでしょう。

必ず具体的な根拠と事例を入れ込んで、人事に信じてもらえる内容にしていきましょう。

③意欲が感じられる内容であること

上記で記載したように、意欲ばかりで具体的根拠がないのもダメですが、
意欲がないのはもっとダメです。

頑張ってくれそうだなと思ってもらえる書き方をしていきましょう。

また、その際に自分の書いたPRが応募先の企業、職種に合っているかを確認しましょう。
どんなに素晴らしいPR内容でも、仕事にマッチしていなければ、
うちで活躍してくれそうだという印象を与えることができません。

関連相談

自己PRの書き方の注意点

第二新卒の自己PRの書き方で気をつけることですが、いくつか気をつけるべきポイントがあります。

まず、第二新卒は新卒とは違い、数年の社会経験があるという事からも、新卒とは違い、スキルや経験が少々求められています。たとえば、社会人としてのマナーやコミュニケーション能力、さらにビジネススキルなどが求められています。

前職での経験がそのまま生かすことが出来る職場であれば、それを十分にアピールすることで採用に近づくことが出来ます。

また、第二新卒の方が自己PRをする場合ですが、まだまだポテンシャル採用なども多いといえます。企業側は、まだそれほど経験がなくても、ポテンシャル採用ということで、やる気や熱意がある若者を育てたいという企業も少なくありません。

このため、経験やスキルに自信がないという場合には、やる気や熱意などをアピールすることで、今後の伸びしろを期待できるような人材であることをアピールすることがとても大切となります。

関連相談

自己PRの例文

上記3ポイントに加え、最初にお伝えした、
応募している企業や職種に合わせたPRがきちんと盛り込まれているかを確認していきましょう。

例文を紹介します。

①読みやすい量であること

例文は11ポイント、10行です。


②順序立てた内容であること

  1. 事実(得意なこと)
  2. 根拠(なぜ得意と言えるのか、どんな方法なのか)
  3. 具体的事例(その結果どうなったか)

でまとめると信憑性が増します。


③意欲があるか

これまでの実績でをPRするだけでなく、転職して何をしたいのかを入れ込むことで意欲が伝わり好印象となります。

今回は営業職だったので数字を入れましたが、職務経歴のところで数字を使った結果を入れ込めていれば、自己PRではあまり数字に固執しすぎなくていいと思います。あくまでもあなたのパーソナリティが応募ポジションに活かせるかを確認したいだけなのです。

関連相談

第二新卒の面接での自己PR

第二新卒の方で、転職を検討しているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

第二新卒での転職となると、企業側からのニーズも高く、チャンスは溢れているといえます。しかし、ライバルに打ち勝つためには、しっかりとした面接対策をする必要があります。

面接や書類選考でとても大切なのが、自己PRとなります。

自己PRは企業側からも必ず聞かれる質問の一つです。このため、しっかりと準備をしておく必要があります。第二新卒での自己PRの方法ですが、どのようなことに気をつければいいのでしょうか。

まず、第二新卒での自己PRですが、第二新卒は、新卒とは違い、ある程度職場経験を積んでいるということから、前職での経験を求められるケースが多いです。

社会人経験が数年あるということから、新卒とは違う経験などがあるということを自己PRでは盛り込むようにしましょう。コミュニケーション能力や、やる気や熱意なども盛り込み、ポテンシャルの高さもアピールしましょう。

関連相談

学生時代の自己PRについて

第二新卒の自己PRですが、新卒とは違い、第二新卒という年齢でもありますが、学生時代の経験などもアピールしていくことはとても重要です。

第二新卒という年齢は、まだまだ企業側にもニーズがありますし、若い人材ということで、教育コストをかけて育てたいという企業も多いです。また未経験からの転職でもまだまだチャンスがあります。

このため、学生時代の経験などをアピールすることで、採用に有利になることは十分にあります。

特に志望している業界・職種に役立ちそうな経験などは積極的にアピールするようにしましょう。たとえばアルバイト経験だったり、部活動の経験、また大学でのボランティアやサークル活動などもアピールしてみると良いでしょう。

志望する業界や職種に関連する事柄であれば十分なアピール材料になります。

また、企業としては、将来的に重要な任務を任せることが出来る人材を求めていることも多いですので、リーダーとしてまとめてきた経験もあれば、なお良いでしょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は第二新卒の自己PRの書き方についてご紹介しました。

自己PRでは自信を持って伝えていただきたいとは思いますが、自信を持ちすぎていて、逆に印象が悪くなるという失敗もよくあります。

例えば一人の営業職としてのポジションで応募するのに「私が貴社を引っ張っていきたいと思います。」といきなり伝えるのは印象がよくありません。

例えば「なるべく早く、貴社を引っ張っていけるような存在になれるよう努力いたします。」と言い換えるだけで印象は変わりますね。

自己PRは書類通過のためにかなり重要な要素であり、面接でもその人の印象を大きく左右するものです。

今回まとめた内容をしっかり盛り込むことで人事の心をギュッと掴み、あなたのPRポイントを活かした仕事ができることをを願っております!

登録しておきたい無料転職サービス

職場での悩みを解決できる1つの方法が「転職」です。そこでオススメするのがDODAです。
DODAは、国内転職者満足度1位を誇る人気転職サイトです。

サービス概要

  • 数ある企業からあなたに最適な企業を紹介
  • 転職のプロが1対1で転職活動をサポート

DODAに1分で無料登録する

本記事の初回公開日は2017年08月11日です。

この記事に関連する転職相談

面接の最後の逆質問をする際にメモを見て質問をするのは印象が悪いですか?

面接の最後に逆質問があるかと思います。 事前に逆質問を手帳にまとめているのですが、面接の時に、そのメモを見て質問するのはやはり印象が悪いでしょうか?

第二新卒ですが、転職面接で言ってはいけないNGワードはありますか?

第二新卒です。 今年25歳の私ですが、転職を決心しました。 理由は、入社してみてわかったのですが、私の会社は学閥がしっかりとできあがっていて、 自分の大学からでは、キャリアアップを重ねていくことが難しいということを実感したためです。 ...

大学院生で、来年就職活動ですが今から出来る準備は何でしょうか?

来年、就活です。 一度就活はしたことがあるのですが、どこにも受からず、大学院に進学しました。中高教員、大学職員、公務員を受けていました。正直、自分が何をしたいのか分からなくなりました。来年が怖いです。 生物系の研究室で、あまり専攻に関わ...

転職活動を始める際にまずやるべきことってなんでしょうか?

転職活動を始める際にまずやるべきことってなんでしょうか? 現在、年齢23歳で新卒一年目なのですが、転職を検討しています。 まず何からはじめたらいいのかわからず、相談することにしました。 気をつけたほうが良いことなどを含めてアドバイスを...

休まず会社に出勤する事を面接や履歴書でどのような形で自己PRとして書いたら良いでしょうか?

会社を転職するために退職しました。以前の会社では、出勤率、早退、残業とどれをとっても完璧に近い位の出勤率でした。そこで質問ですが、その休まず会社に出勤する事を、面接や、履歴書で、どのような形で、自己PRとして、書いたら良いのか、解りません...

将来海外で仕事をするためにはどこに留学したらいいでしょうか?

現在大学生のものです。 私は文系で将来化学商社や化学メーカーの総合職や営業職に就きたいのですが、 化学系は海外への転勤が大変多いと聞きました。 そこで将来海外で仕事をするためにも留学をしようと思うのですが…、行先としてはどの国に行くのが...

大学二年生ですが、就活準備として何をしておくと良いと思いますか?

大学2年生の今の時期にやっておいた方がいいことを教えてもらいたいです。 (資格や検定、勉強など)大学では語学を専攻しています。 将来何の仕事をしたいかもまだ定まっていなくて、何から手をつけたらいいかわからないです…。 ・最近就職され...

転職の面接でどのような意思表示の方法がいいと思いますか?

転職についての質問です。 新卒では営業職として採用されたのですが、若気の至りで半年ほどで退職した過去があります。 その後というと、契約社員として事務系の仕事をしておりました。 現在は年齢的なことと、今までの甘えを捨ててもう一度営業職に挑戦...

就職活動においてやっておいてよかったなと振り返ってみて思うことはありますか?

初めての質問になります。現在大学一年生です。それで、質問なのですが、就職活動においてやっておいてよかったなと思うことはありますか? もしくは、失敗談でもなんでもいいので、どんな準備をしておけばいいのか。教えて下さい!

転職活動中ですが、なんでか緊張してしまいます…解決策とかありますか?

現在転職活動をしていますが、面接が苦手で仕方がありません。 元々、人前で話すことがなんとも苦手です。友人にこのことを相談すると、意外だねと言われます。いかにして就職活動を乗り越えたんだろうというのが正直なところですね。。。 普段は比較的...

この記事に関連する記事

【転職で内定が複数】迷ったらチェックしたい入社の決め方4選

転職活動でやっと、勝ち取った内定でも迷いや悩みはつきものです。内定を複数もらったが、どこにするか悩んで決められない。...

【転職の最終面接】顔合わせ・ほぼ合格は嘘?最終面接の意味と対策法

転職の面接で最終面接まで行ったらもうほとんど合格が決まったようなものなんて思ってはいけません。最終面接では役員や取締...

【40代・50代の転職】未経験でも可能?転職成功率などご紹介

40代50代の転職はできれば止めた方がいいと言えます。特に50代は定年を控えた時期であり、無理して冒険をする必要はない!と...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー