【映像エディター】未経験で転職する時の仕事内容と有利なスキルをご紹介の画像

【映像エディター】未経験で転職する時の仕事内容と有利なスキルをご紹介

いつもなんとなく見ている動画広告や番組、ドラマなどの映像媒体。これらは、見る分にはシンプルに思えますが、実はとても複雑で細かな素材と作業によってできているのです。これらを作っているのは、番組制作会社やCM制作会社の人だけではありません。実は、映像エディターという人たちによって支えられてもいます。そこで今回は、映像エディターの仕事内容についてお伝えしたいと思います。

はじめに

ひと口に映像編集と言ってもその内容はさまざまです。
今では当たり前となっているバラエティ番組等のテロップ入れや加工のほかにも、
企業のPR動画や商品紹介の特殊加工をする仕事もあります。

「映像編集に興味はあるけれど、一体どんな仕事なのだろうか」
「映像編集の経験を活かしたいけど、TV業界しか思いつかない」
「裏方の作業系の仕事がしたいけど、多くの人の評価されたい」
と思っている方も多いでしょう。

そんな方のために今回は

  • 映像エディターとは
  • エディターの種類
  • 有名な資格・スキル

の3本だてでお伝えしたいと思います。 

この記事を見ている人はこの質問を見ています:

映像エディターとは

映像エディターは、学生時代に映像編集を専攻したり学んできたと言う人も多いですが、
実はそうでない人たちもたくさんいる職業です。


実際の仕事内容はというと、映像素材をつなぎ合わせるのが基本的な仕事であり、
主にCMやTV番組などの映像素材を編集し、一つの映像として繋げる作業をしています。

例えばクライアントから、
「一人の女の子が部屋に入る映像を組み立ててほしい」といった内容の依頼が、絵コンテと素材と共に来たとします。

素材は、女の子が部屋のドアを開ける動作一つとっても
ドアを開けている間の部屋の外からと室内からの様子や、ドアノブを手にとる手元のアップ、女の子の表情…
などなど、非常に様々です。

映像エディターは、このようにありふれた素材を、「女の子が部屋に入る」
という一つのストーリーとして成立するように、かつ、初見の人でも理解できるように編集します。

 

編集しては見直してを繰り返す、非常に細かい作業なので、
未経験でも、コツコツと物事を進めるのが好きな方に向いているかもしれません。

エディターの種類と違い

映像エディターには、
オフラインエディター(仮編集エディター)と、オンラインエディター(本編集)の2職種があります。

それぞれ見ていきましょう。


オフラインエディター(仮編集エディター)

オフラインエディターは、映像同士のつなぎやタイトル挿入など簡単な部分の編集を行います。
CGが用意出来ていなければ、仮の素材で編集をします。

映像編集では一度素材を作って、全てやり直しとなると、多くの時間がかかってしまいます。
これを防ぐために仮編集という工程が存在します。

仮編集終了後にクライアントに承認を得ることでやり直しを防ぐ事ができます。



オンラインエディター(本編集エディター)

仮編集はアシスタントがやる場合も多いですが、本編集はかなり技術がいる作業です

オンラインエディターは、仮編集では行わなかった、色味の調整、音声・音楽の合成等を行い、映像作品の完成まで持って行きます。
素材の合成に近い業務を行う場合もあります。



簡単にいうと、オフラインエディターが下準備で、
オフラインエディターが肉付けということになります。

有利な資格・スキル

ソフトを使いこなすセンスが大事

映像エディターに求められるのは、ソフトのスキルと編集センスです。

ソフトの関しては、
編集環境によって使用するソフトは様々ですが、Adobe Premiere等の編集ソフトの知識は必須でしょう。他にもFinal Cut Pro やAfter Effectsにも精通しているといいですね。

また、映像編集に関するセンスというのも勿論必要です。
クライアントの絵コンテに沿って編集していく中でも、自分のセンスを発揮して編集できるようになるとより評価が高いです。
こういったセンスを磨くには、普段から多くの映像作品を見て、触れることが大切です。
特に海外発の映像は、今までにない編集方法などが使われていたりする例もあるので、勉強になると思います。

 

持っていると有利な資格

特に必須な資格はありません。

ですが、アドビ関連の資格は持っていると有利です。
特に、Adobe関係の知識は必須ですので、
「アドビ認定エキスパート(ACE)」という資格が有利になります。
スキルアップも目指しつつ資格取得にもチャレンジしてみましょう。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

像エディターへの転職は、多少でもソフトの知識があると転職しやすいでしょう。
最初はアシスタントからのスタートになりますが、やればやるほどスキルアップできる職業です。

現在、様々な分野で映像媒体は多様化しているので、今後映像エディターの需要も増えると思われます。

映像エディターは、自分の努力やスキル、センスが形として評価されやすい職業です。
未経験でも、制作が好きなことはもちろん、何かに没頭するのが好きな方が向いている職業なのではないでしょうか?

 

JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 この記事の企業

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

株式会社映像システムに関する求人情報

jobs by Indeed job search
無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー