【介護業界への転職】志望動機や職務経歴書の書き方などご紹介の画像

【介護業界への転職】志望動機や職務経歴書の書き方などご紹介

高齢化の急激な加速に伴って、人手不足が深刻化する介護業界。だからと言って人手不足だからと甘く考え、志望動機や介護に関する基本的な情報等が曖昧なまま応募したり、転職しても「仕事がきつい」「イメージと違う」等の理由ですぐに辞めてしまうというケースも少なくありません。そこで今回は、介護業界の転職事情についてご説明したいと思います。

「介護業界」と聞いたときに、どんなイメージが思い浮かびますか?

恐らく、ほとんどの方が、高齢化の加速に伴い、激務による人手不足で常に頭を抱えているイメージを持っていると思います。

それは間違いありません。

しかし、人手不足だからといって、「誰でもいいからとにかく来てください!」というスタンスではないのが、介護業界の転職事情の特徴です。

そこで今回は、そんな介護業界の転職事情を探っていきます。

関連相談

求人状況について

まず一つ言えるのは、介護業界の求人市場は、意外と移り変わりが激しいという事です。2009年で介護保険制度がスタートし以来、制度開始前から開始後1~2年ほどは求人が激増し、「無資格でもOK」「未経験者歓迎」といった条件を問わない求人が多数見られ、とにかく多く人数を確保し、すぐにバリバリ働いてもらおうという姿勢が一般的でした。

その後は、ある程度人員が充足し、「ヘルパー3級以上」「介護福祉有資格者必須」などといった、ある程度の条件やレベルを求める求人が増えたようです。

しかし、こういった求人とは裏腹に、景気が上向きになるにつれ、介護という重労働な仕事への求職者は減っていきます。さらにはコムスン事件をきっけに、介護業界の待遇の悪さや離職率に注目があつまった事も、求職者の減少の大きな要因となりました。

そういった状況でも、高齢化は進む一方であり、それに伴って、有料老人ホームが普及していったことから、介護業界は再び人手不足に陥ります。


このような状況を、介護業界は景気の動向や他業種の求人状況によって、行ったり来たりしているのです。

関連相談

人手不足の裏には?

現在はどうなのかというと、介護業界はこういった現状を受け、ついには他業界からの人材を積極的に受け入れ始めています。

しかし、一部大手介護事業者では、「無資格」「未経験者」を募集しているのはもちろんですが。自社のホームヘルパー養成研修などを活用し、採用後の教育に力を入れているのが、現在の介護業界の特徴です。

はじめは、未経験者の受け入れに対して、短期間での退職が多いことから消極的だった施設も、試験的に受け入れたところ期待以上の活躍が見られ、今では積極的に受け入れるようになっています。


しかし、他業界から実務経験のない無資格者を受け入れたものの、やはり「キツい」「自分の思っていたのとギャップを感じる」「向いていない」などの理由で、辞めてしまう問題は、解消されません。

こういった状況から、大手に比べて職員数に余裕のない中堅・中小事業者の中には、無資格や未経験者の採用は負担や離職リスクが大きいことから、採用に慎重になっているところもあります。
そのため、20社以上受けたのに受からないという声も今では少なくありません。


このように現在の介護業界は、「人手不足とはいえ、採用できれば誰でもいいわけでは無い」という傾向がより強くなっているのです。

関連相談

必要とされる資格や経験

現在の介護業界の転職事情としては、資格や経験は重視されているという事は十分にお分かり頂けたかと思います。

では具体的に、どういった資格や経験が必要とされているのでしょうか?

 

資格について

介護系の資格には、次のような種類があります。

  • 介護福祉
  • ケアマネージャー
  • 介護職員実務者研修
  • 介護職員初任者研修
  • レクリエーション介護士

この他にも、介護の各領域によって様々な資格がありますが、いずれにおいても、2級以上を取得するのが強いと思います。

特に介護職員初任者研修は、少なくとも130時間の研修を受講すれば取得できるので、他業界から転職を考えている未経験者や初心者の方でも取りやすい資格だと思います。
 


経験について

一番良いのは、特別養護老人ホームや有料老人ホームなどの高齢者施設でボランティアを経験です。

介護業界での仕事は未経験高でも、高齢者介護の実態に直接触れ、体験した上で求職活動に望むことで、志望動機や自己PRでの説得力が上がると思います。

関連相談

志望動機の作成方法について

介護業界へ転職する場合、志望動機の作成はとても重要になります。採用担当者の方を惹きつけるような、一目置かれるような志望動機を作成しましょう。

志望動機を作成する際には、まず「目的」を設定し最初に書きましょう。

目的が無いのに、その業界へ転職すると言うのは内定を貰える確率は、かなり下がってしまいます。介護業界へ転職するにあたり、その転職するための「理由」があるはずです。

自分の実体験や過去の経歴など、自分のキャリアやバックグラウンドなども志望動機に織り交ぜて、なぜその介護業界に転職したいのかを志望動機に織り交ぜると良いでしょう。

以下の手順で志望動機を記入すると、まとまりがあり、具体的な内容を伝えることができるでしょう。

  1. 転職する目的
     
  2. 自分の強みや長所
     
  3. やりたい仕事
     
  4. 将来のビジョン


また、志望動機など例文が多くありますが、テンプレート化してしまいオリジナルテキストではなくなってしまうため、できるだけ自分で考えるようにしましょう。

大体の例文は、誰もが考えつきそうな内容が多く含まれていることが多いです。採用担当の方は何百人もの方と面接を重ねているプロです。そのようなテンプレート化したテキストでは、すぐにバレてしまうため、繰り返しになりますが使い回しや引用はさけましょう。

関連相談

職務経歴書の作成方法について

職務経歴書を作成する場合、まず重要な箇所は2点あります。

それは

  • 過去の職場での経験か
     
  • どのような職種で働いていたのか


介護業界の人事の方は、即戦力な人材を求めています。 

どのような介護の現場で働いていて、どのような仕事を担当していたのか、具体的に記載しましょう。

介護の仕事は多岐に渡り、いくつもの職種に別れているため、過去働いていた仕事はより詳細に書くと良いでしょう。

また、未経験から転職を考えている方の場合は、前職の知識や経験が介護業界にも活きると考えられるような文言に設定しましょう。例えば、「過去接客業の経験がある」、など、介護業界は利用者とのコミュニケーションが非常に重要です。その課題をクリアできそうな事を前職で経験していると採用担当の方の評価は上がるでしょう。

実績やスキル・資格なども参考材料となりますので、要点をしっかり記載しておきましょう。

関連相談

最後に

いかがでしたでしょうか?

このように、人手不足という現状のなかでも、だからこそ有資格者や経験者のような、ある一定のレベルを求めているのが現在の介護業界の転職事情の特徴です。

是非、今後の転職活動や、資格取得の際、ご参考にしていただけたらと思います。
 

登録しておきたい無料転職サービス

職場での悩みを解決できる1つの方法が「転職」です。今回オススメするのはリクナビNEXTです。
リクナビNEXTは、転職決定数No.1(楽天リサーチ2015年の転職調査)という実績と、常時1万件前後の求人数を誇る、安定感のある転職サービスです。

サービス概要

  • 幅広い職種、業種、地域を網羅し、新規求人が毎週1,000件以上更新
  • 転職サイトと転職エージェントの併用が可能

リクナビNEXTに1分で無料登録する

本記事の初回公開日は2017年08月17日です。

この記事に関連する転職相談

介護業界は他の施設に転職すれば給与は上がることはありますか?

私はヘルパーとして現在働いています。 月給が安すぎるため転職しようか悩んでいます。 ただ、現在まで福祉の大学を卒業してからずっと介護業界に携わってきたため、他の職種の仕事をしたことがありません。 今の職場は地方ということもあり、給与が...

介護業界で働いていますが、どうしても残業をしています…改善できるでしょうか?

介護の仕事をしています。4年目になりますが、介護福祉士はとっていません。 介護は好きです。ですが、仕事量が多く、自ら進んで残業してしまいます。 現在負担に感じていないのが怖いです。 介護の仕事は好きですが、仕事ばかりでプライベートの...

IT(セールスエンジニア)と介護福祉はどちらのほうが将来性がありますか?

IT業界に復帰したいと考えている33歳のものです。 現在は、介護関係の職についているのですが、 IT業界へ復帰したいなと考えています。 元々はセールスエンジニアを担当していたので、復職するのであれば同様にセールスエンジニアをやりたいと考え...

介護士ってこれから給料が上がっていく職種だと思いますか?

これから起こる日本の問題として、介護士不足が挙げられると思います。 実際にも、2025年までには約40万人もの介護士が不足な状態になるという情報を見たこともあります。 こういった問題の重みがどんどんましてくると、介護士従事者の需要がどんどん...

国際関係の仕事をするにはTOEICスコアはどれくらい必要でしょうか?

国際関係の仕事をしたいと思っています。 これから、TOEICのスコア獲得に向けて勉強をしていくのですが、だいたいどれくらいのスコアを獲得すると国際関係の仕事をできるのでしょうか? 転職するにむけて、少しでもスコアを獲得しておきたいので、質...

転職面接の流れって予め把握することって可能なのでしょうか?

これから転職面接をする者です。 転職者経験者の方から聞いたのですが、ある企業では英語面接をいきなりされるとの事でした。自分は全然英語が話せないので、その話を聞いて若干不安に感じています。 もちろん、これから受ける企業が英語面接あるか...

採用面接で印象に残る自己紹介をしたいのですがアイデアが浮かばず悩んでいます

転職面接を控えています。 一次・二次面接は無事突破し、これから最終面接です。 最終面接では、何か印象に残るように自己紹介に工夫を凝らしたいと思っているのですが、なかなかアイデアが浮かびません。 そもそも特別なことをする必要はないの...

転職が決まった後に有給休暇を利用することは出来るんですか?

先日、とある会社から内定をいただきました。 一つ返事で承諾の趣旨の話をし、だいたい1ヶ月後に入社との話で終わりました。 転職活動をしたのが初めてですので、いまいちわかっていないのですが、この場合退職までの1ヶ月間を有給消化しても大丈夫...

転職後の住民税の支払いについて質問があります

転職後に住民税の通知が来ました。 4分割か1回で払って欲しいとの通知書でした。 今回支払う住民税というのは前職の1~12月の1年間の所得を元に計算されたものなのでしょうか? また、退職したため給料から天引きができないため普通徴収に切り替わ...

貿易関連の会社へ転職するにはどのような事をアピールすれば良いでしょうか?

貿易関連の仕事に就きたいと思っています。 現職の仕事内容にやりがいを感じられなくなってしまったため転職を考えています。また前職では、英語を使う仕事をしていたため少々語学力には自信があります。 語学力は自信がありますが、なかなか、他の...

この記事に関連する記事

【業界の研究】介護福祉士の現状の課題と今後の将来性について

介護福祉士の仕事のイメージは「高齢者の世話」がほぼ全てかもしれません。しかし実際の介護福祉士が受け持つ仕事の範囲は現...

【福祉・介護業界の年収】福祉・介護業界はどれくらい稼げるのかご紹介

介護・福祉業界の年収はどれくらいなのでしょうか。介護福祉業界には介護福祉士という仕事があります。介護福祉士と一言で言...

【介護福祉士の仕事内容】仕事のやりがいや必要な資格についてご紹介

介護福祉士は介護施設か病院で働くかで仕事内容が変わってきます。介護福祉士の資格を取得すると様々な介護に関する仕事が可...

人手不足が悩まされる介護業界の仕事内容や年収とは?

介護業界はなぜ人手不足なのでしょうか?主に厳しい労働条件だったり人手不足が原因で人一倍働かなくてはならないという要因...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー