【介護業界の転職事情】人手不足でも意外と厳しい求人状況の画像

【介護業界の転職事情】人手不足でも意外と厳しい求人状況

高齢化の急激な加速に伴って、人手不足が深刻化する介護業界。だからと言って人手不足だからと甘く考え、志望動機や介護に関する基本的な情報等が曖昧なまま応募したり、転職しても「仕事がきつい」「イメージと違う」等の理由ですぐに辞めてしまうというケースも少なくありません。そこで今回は、介護業界の転職事情についてご説明したいと思います。

はじめに

この記事を読んでいただいてる方は、
少なくとも介護業界に興味のある方や転職を考えている方がほとんどだど思います。
「介護業界」と聞いたときに、どんなイメージが思い浮かびますか?

恐らく、ほとんどの方が、
高齢化の加速に伴い、激務による人手不足で常に頭を抱えているイメージを持っていると思います。

それは間違いありません。
しかし、人手不足だからといって、
「誰でもいいからとにかく来てください!」というスタンスではないのが、
介護業界の転職事情の特徴です。


そこで今回は、

  • 求人状況
  • 人手不足の裏には?
  • 有利な資格や経験

 という順に、そんな介護業界の転職事情を探っていきます。

求人状況

まず一つ言えるのは、介護業界の求人市場は、意外と移り変わりが激しい
という事です。

2009年で介護保険制度がスタートし以来、制度開始前から開始後1~2年ほどは求人が激増し、
「無資格でもOK」「未経験者歓迎」
といった条件を問わない求人が多数見られ、
とにかく多く人数を確保し、すぐにバリバリ働いてもらおうという姿勢が一般的でした。

その後は、ある程度人員が充足し、
「ヘルパー3級以上」「介護福祉有資格者必須」
などといった、ある程度の条件やレベルを求める求人が増えたようです。

しかし、こういった求人とは裏腹に、
景気が上向きになるにつれ、介護という重労働な仕事への求職者は減っていきます。
さらにはコムスン事件をきっけに、介護業界の待遇の悪さや離職率に注目があつまった事も、
求職者の減少の大きな要因となりました。

そういった状況でも、高齢化は進む一方であり、
それに伴って、有料老人ホームが普及していったことから、介護業界は再び人手不足に陥ります。


このような状況を、介護業界は景気の動向や他業種の求人状況によって、
行ったり来たりしているのです。

この記事を見ている人はこの質問を見ています:

人手不足の裏には?

現在はどうなのかというと、
介護業界はこういった現状を受け、
ついには他業界からの人材を積極的に受け入れ始めています。

しかし、一部大手介護事業者では、
「無資格」「未経験者」を募集しているのはもちろんですが。
自社のホームヘルパー養成研修などを活用し、
採用後の教育に力を入れているのが、現在の介護業界の特徴です。

はじめは、未経験者の受け入れに対して、
短期間での退職が多いことから消極的だった施設も、
試験的に受け入れたところ期待以上の活躍が見られ、今では積極的に受け入れるようになっています。


しかし、他業界から実務経験のない無資格者を受け入れたものの、
やはり「キツい」「自分の思っていたのとギャップを感じる」「向いていない」
などの理由で、辞めてしまう問題は、解消されません。

こういった状況から、大手に比べて職員数に余裕のない中堅・中小事業者の中には、
無資格や未経験者の採用は負担や離職リスクが大きいことから、採用に慎重になっているところもあります。
そのため、20社以上受けたのに受からないという声も今では少なくありません。


このように現在の介護業界は、
「人手不足とはいえ、採用できれば誰でもいいわけでは無い」という傾向がより強くなっているのです。

必要とされる資格や経験

現在の介護業界の転職事情としては、
資格や経験は重視されている
という事は十分にお分かり頂けたかと思います。

では具体的に、
どういった資格や経験が必要とされているのでしょうか?

資格

介護系の資格には、次のような種類があります。

  • 介護福祉
  • ケアマネージャー
  • 介護職員実務者研修
  • 介護職員初任者研修
  • レクリエーション介護士

この他にも、介護の各領域によって様々な資格がありますが、
いずれにおいても、2級以上を取得するのが強いと思います。

特に介護職員初任者研修は、
少なくとも130時間の研修を受講すれば取得できるので、
他業界から転職を考えている未経験者や初心者の方でも取りやすい資格だと思います。


経験

一番良いのは、特別養護老人ホームや有料老人ホームなどの
高齢者施設でボランティアを経験です。

介護業界での仕事は未経験高でも、
高齢者介護の実態に直接触れ、体験した上で求職活動に望むことで、
志望動機や自己PRでの説得力が上がると思います。
 

最後に

いかがでしたでしょうか?

このように、人手不足という現状のなかでも、
だからこそ有資格者や経験者のような、ある一定のレベルを求めているのが
現在の介護業界の転職事情の特徴です。

是非、今後の転職活動や、資格取得の際、ご参考にしていただけたらと思います。
 

この質問に関連する転職相談

介護業界で働いていますが、どうしても残業をしています…改善できるでしょうか?

介護の仕事をしています。4年目になりますが、介護福祉士はとっていません。 介護は好きです。ですが、仕事量が多く、自ら進んで残業してしまいます。 現在負担に感じていないのが怖いです。 介護の仕事は好きですが、仕事ばかりでプライベートの...

IT(セールスエンジニア)と介護福祉はどちらのほうが将来性がありますか?

IT業界に復帰したいと考えている33歳のものです。 現在は、介護関係の職についているのですが、 IT業界へ復帰したいなと考えています。 元々はセールスエンジニアを担当していたので、復職するのであれば同様にセールスエンジニアをやりたいと考え...

介護士ってこれから給料が上がっていく職種だと思いますか?

これから起こる日本の問題として、介護士不足が挙げられると思います。 実際にも、2025年までには約40万人もの介護士が不足な状態になるという情報を見たこともあります。 こういった問題の重みがどんどんましてくると、介護士従事者の需要がどんどん...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー