株式会社リッチメディアの年収・平均勤続年数を調べてみました!の画像

株式会社リッチメディアの年収・平均勤続年数を調べてみました!

転職を考えるとき、企業情報って気になりますよね。年収や勤続年数は特に。今月、東証マザーズに上場が決定したリッチメディア。ヘルスケア事業とビューティー・スキンケア事業を展開しています。そんなリッチメディアの年収や勤続年数を始め、企業情報を調査しました。

1008

今回、紹介させていただくのは株式会社リッチメディアです。

ヘルスケア事業、ビューティー・サロン事業を手掛けるリッチメディア。
昨年は、2015年8月に東証マザーズへの上場予定でしたが、直前で延期になってしまった経緯もありました。

今回はそんなリッチメディアの平均年収・平均勤続年数などをはじめとした企業情報を調べてみました!

リッチメディアの平均年収・平均勤続年数・平均年齢・従業員数は?

まずは平均年齢・平均勤続年数・平均年齢・従業員数を見てみましょう。

 

  2015年6月
平均年収 473.5万円
平均勤続年数 1.9年
平均年齢 30.1歳
従業員数 77人

 

2010年に創業したリッチメディア。
まだ創業5年ということもあり、勤続年数は2年程度。
ベンチャー企業としては平均的な数字でしょうか。

平均年収は500万弱と比較的低めの数字となっています。
まだ成長途上のフェーズということもあり、これから上がっていくのでしょうか。

業績推移は?

  2013年6月 2014年6月 2015年6月
売上高 724 865 1,264
経常利益 92 19 98
当期純利益 50 12 △45

(単位:百万円)

 

売上高の推移を見ると、比較的順調に成長しているようにみえます。
一方で、上場延期の理由が架空取引計上の疑惑も上がっていたりもします。

純利益ベースでは、2015年に美容室予約サイトkamimado(現在はティフルにサービス名変更しています)を事業譲受しており、赤字となっていますが、経常利益ではしっかり1億円程度の黒字がでています。

シナジーのある事業のM&Aをするなど積極的な投資もしており、攻めの経営姿勢がみられます。

最後に

いかがだったでしょうか。

リッチメディアは、メディアやサービスを通じて出会った顧客やユーザー、 会社で働く社員やその家族、そしてパートナーや株主といった、関わるすべての人々がもつ「夢」を、自分たちのもつ「アイディア」と 「情熱」で叶えていくことを理念として企業活動をしています。

一人でも多くの人が夢を持ち、叶えることができる、 もしくは叶えられるかもしれないという希望を持てること、

それこそが世の中をより「豊か(Rich)」にしていく。

そんな「ヒト」と「夢」の「繋ぎ目(Media)」になり、 豊かさの架け橋を担うための組織づくり、事業づくり、サービスづくり、になることを目標としています。

今後どのように伸びていくのか、今後のリッチメディアの成長に目を向けていきたいです。

JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 この記事の企業

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー