医療機器業界の営業職はきつい?楽?年収や有利になる資格などをまとめましたの画像

医療機器業界の営業職はきつい?楽?年収や有利になる資格などをまとめました

高齢社会を皮切りに、仕事の幅が広がっている医療機器業界。そんな医療機器業界の営業職はきついだったり激務だったりと言われることが多いようですが、具体的な仕事内容や仕事のやりがいについて調査していきます。また市場のニーズが強まっているなか、営業職の年収はどれくらいなのでしょうか。医療機器業界の営業職として働くための資格や人物像についてもご紹介します。

7672

医療機器営業はきつい?仕事内容や働き方

高齢社会の日本では医療業界の市場の伸びが顕著であり、それに付随して医療機器についても大きく市場が伸びています。

様々な業界で人材不足が叫ばれていますが、医療業界もまた人材不足が進行している業界のひとつです。

そんな医療機器メーカーの営業マンは具体的にどんな仕事内容なのでしょうか。
▶︎ 
営業をうまくこなすには?
▶︎ 生保や損保の営業で活躍している方の特徴は何ですか?

人材不足ということは、ひとりひとりの負担が大きくきつい仕事なのでしょうか。

医療機器メーカー営業の仕事はきつい?

医療機器業界の営業職では、基本的には病院のドクターや代理店に対してのルート営業になります。

医療機器といっても幅広く、CTやMRIなどの大型機器からメスや鉗子などの小型なものまで多種多様の製品群になっています。

その為、扱い商材により仕事内容は大幅に変わる傾向にあります。

訪問は他業界と違い、アポ入れてからの訪問はあまりありません。

理由としては、ドクター自体が忙しいためメーカーや代理店の為にわざわざ時間を割くことが難しいからです。

その為、基本的な訪問パターンとしては、病院に行き医局の前や外来の前でドクターが出てくるまで待ち、
運よくドクターと会うことができれば営業をするといったかたちになります。

そういったドクター起点での働き方になってしまう点が「きつい」と言われる所以なのかもしれません。

ただ一つ良い点として、MRと違い医療機器は会社により製品の特性が違ってきますのでMRの方よりもドクターは話を聞いてくれる傾向があります。

関連相談

年収は高い?待遇、就業環境は

待遇は他業界、他の営業職と比べ高給になる傾向があります。

平均年収としては30代半ばで600万円~800万円程度です。

医療業界は他業界と比較し外資系企業のシェアが非常に高いのですが、
当然外資系の方が内資よりは給与水準が良く、このことも平均年収を上げている要因かもしれません。

また、医療業界は社会保障費によって支えられ国民生活にとってなくてはならない業界であるため、
安定性も高いものとなっております。

どんな人が向いているのかを知りたい方はこちらの記事を読んでみてくださいね。
▶︎ 医療業界に向いている人どんな人?

一方で就業環境は体力勝負な側面があります。
ドクターをはじめとして病院の人間関係は体育会系です。

そういった方々がお客さんである以上、メーカーや代理店もその流れに乗っかってしまっている状況があります。

就業時間も長い傾向にありますが、それよりもこういった体育会系の風土に慣れるための体力が必要とされます。

関連相談

仕事内容や働き方の向き不向き

これまで仕事内容や働き方についてご紹介してきましたが、実際に働く方に向き不向きはあるのでしょうか。
いくつか例に挙げながらご紹介します。

病院は休みがなく、融通が効きづらい

もちろんですが、病院には休みがありません。
その為、オペや機器トラブルなどにより急な出社を余儀なくされることも少なくありません。

ワークライフバランスを充実させたい方や、
家族のイベントには絶対参加したい方には向いていない可能性はあります。

しかし、これも販売する製品によって異なりますので一概には言えません。

外科系の製品やインプラントは上記の傾向がありますが、
逆に手袋やオペ着、手洗い洗浄液など消耗品と呼べるものを扱っている会社は上記には該当せず、その他の業界と同様の就業形態といえます。

加えて、上記の通り体育会系の会社が多いのも事実ですので、
体育会系のノリが合わない方にとっては苦しいかもしれません。

また、営業職は女性に向いているという噂もありますよね。実際のところどうなのでしょうか。
▶︎ 女性は営業職に向いている?

自分の向き不向きをしっかりと見極めて職場を選べるといいですよね。

勉強も必要だがやりがいは大きい

営業マンとして、お医者さん向けに医療機器の販売を行なう仕事だけに、やはり医療知識は必要です。

専門性のあるお医者さんと対等に営業トークが出来ないといけないわけですから、継続的に勉強はしていく必要があるといえるでしょう。

しかしながら、他業界で仕事しているだけでは学べないような医療知識が身についたり、簡易救命処置の方法やAEDの使い方なども習得できたりするため役立つ内容であると言えます。

そして、精密な商品を扱うだけに高額な商品では1000万円を超えるものもあります。

営業マンとしても金額規模の大きな仕事になりますし、なによりなによりも人命につながる責任の重い仕事であり、やりがいを感じる点は大きいようです。

関連相談

未経験でもチャレンジできる?有利な資格は?

さて、医療機器メーカーの営業マンは、他業界の営業マンが未経験でもチャレンジできるのでしょうか。

持っていると有利になる資格などはあるのでしょうか。未経験での転職や資格についてご紹介していきます。
 

営業経験や医療業界での経験はあると有利

これまでご紹介してきましたが、やはり専門性の高い業界です。

営業マンとして他業界で活躍していた経歴があったとしても、やはり知識面での勉強は必要になります。

また、医療業界での仕事経験がある方も医療機器への知識や理解について求められますし、営業マンとして活躍できる素養があるかも転職の有利不利を決める点となるでしょう。

JobQ内の、未経験営業職にまつわる質問をご紹介します。

医療業界の営業は未経験でも可能でしょうか?  

医療業界への転職を検討しているのですが、医療業界は業界未経験でも営業の商材を売りやすい業界なのでしょうか?

医療業界への転職を検討しているものの、詳しい企業や会社まではまだ決めていません。
そのため、もし未経験でも挑戦しやすい業界なのであれば、どのような商品を売るのがオススメなのか等を伺いたいです。

顧客が日々必要な物を売るのでそんなに難しくはないですが競合との価格競争やフォロー、医療現場との関係性に左右されますよ。

医師や看護師をしっかりおさえ、事務サイドとの交渉を行えれば数字は行きます。

命に関わる仕事ですので知識と機転は必要です。てきとうなこと言うと人を殺してしまいます。面白い業界なので頑張ってください

と、営業職の中でも他業界よりも安定性はありますが、責任感などが問われるようですね。

関連相談

医療機器の営業マンならではのやりがい

やりがいについては少し前でも触れていますが、やはり大きなやりがいのある仕事といえるでしょう。

医療というのは二つの意味を持ちます。

一つは「命を救うこと」もう一つは「患者さんのQOLを向上させること」です。

製品の提供、サービスの提供によって最終的には患者さんの命を救ったり、
生活の質を向上させることができる。

また、その過程でドクターをはじめとした医療関係者や患者さんから“ありがとう”との言葉をもらえる。

これは医療機器営業職でしか体験できないやりがいになってきます。

営業のやりがいについて知りたい方はこちらをみてみてください。
▶︎ 営業の仕事のやりがいってなんですか? 

自分の仕事にやりがいを見つけ出せることは素敵なことですよね。

関連相談

医療業界の将来性

医療業界の市場規模は年々増加傾向にあります。

これは日本の高齢化社会と連動して上昇しているともいえますが、
その反面社会保障費が増えすぎ国民の負担が増える一方のため、政府としては社会保障費の削減を検討しています。

その結果として、診療報酬の見直しや償還価格の改定を行っています。

医療サービスは“なくてはならないもの”ではあるため、業界としての安定性はあります。

しかし、医療機器メーカー同士の競争も激しく、営業に対する会社の要求も高いものであるというのが現状です。

つまりは会社も個人も弱肉強食の世界であるということです。

個人の成長を目指し、
頑張りに見合った報酬を得たい方には是非オススメしたいのが医療機器業界の営業職です。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

今回は、医療業界の営業職の仕事の内容や仕事のやりがいについてまとめてみました。医療業界にある独特な雰囲気を感じ取れたらなと思います。

さらに詳しく医療業界への就職が知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください。
▶︎ 医療業界への就職を詳しく解説

また、高齢化が進み、今後も伸びていく業界ですので引き続き、注目していきましょう!

登録しておきたい無料転職サービス

職場での悩みを解決できる1つの方法が「転職」です。そこでオススメするのがDODAです。
DODAは、国内転職者満足度1位を誇る人気転職サイトです。

サービス概要

  • 数ある企業からあなたに最適な企業を紹介
  • 転職のプロが1対1で転職活動をサポート

DODAに1分で無料登録する

本記事の初回公開日は2017年08月16日です。

この記事に関連する転職相談

ヤフー株式会社に営業として中途で入社をするか迷っています。

ヤフー株式会社に営業として中途で入社をするか迷っています。 半年間は契約社員で給与も前職からすると150万円ほど大幅に下がります。 正社員を目指し頑張りたい気持ちとどんなに頑張っても三年で契約満了が前提と捉えるべきでしょうか。 仮に正社員に...

サービス業から営業職へ転職することは可能でしょうか?

飲食店での接客を4年以上続けてきました そこの飲食店は、手取り月22万と、なんとも言えない額を毎月貰っています ただ、このままでは、なんの将来性もなく、ただ時間が浪費されていきそうで不安です そこで、接客で身につけた対人コミュニケーシ...

30代で営業未経験だと転職は厳しいのでしょうか?

人材派遣会社の事務職に就いています。人材営業もしくは人材コーディネーターへと職種転換したく転職活動をしています。 しかし、転職活動が全く上手くいかずに、心が折れそうです。 5社受けたのですが、2社は書類選考落ち、3社は面接まで行けたのですが...

営業から経理に異動希望なのですが、やっておくと良いことや、異動に有利になる資格を教えてください。

営業から経理に異動希望なのですが、やっておくと良いことや、異動に有利になる資格を教えてください。 営業職4年目のものです。会社の成り立つ仕組みやお金回りに興味があるため、将来経理職への異動を希望しています。 学生時代は会計とは無縁の学...

ヤフーのポテンシャル採用のビジネス部門の採用フローは?

ポテンシャル採用(第二新卒)のビジネス部門について質問です! 現職はIT業界とは無縁の会社で営業として働いておりますが、もともとITには興味が素人程度の知識ですがあり、受験を考えています。 そこで数点質問です。わかることだけでも教えていた...

自動車ディーラーの営業職はノルマが厳しいんでしょうか?

自動車ディーラーの営業職はノルマが厳しいんでしょうか? 自動車業界は激務なイメージがありますが、女性が働いていける業界でしょうか?

30代、飲食店長が一般企業の営業職へ転職出来ると思いますか?

現在、30代でとある飲食店で店長を勤めています。 これから40代、50代と迎えるに当たって今までの働き方をしていては体がついていかないと考え、転職を検討しています。 一般企業の営業や事務職などへの転職を検討しているのですが、自分のようなキ...

ルート営業に転職希望していますが、今まではずっと事務職で営業の経験がありま...

ルート営業に転職希望していますが、今まではずっと事務職で営業の経験がありません。 年齢も37歳(女性)と若くないです。 やはり営業での転職は厳しいでしょうか?

人材派遣会社の営業の勤務時間やワークライフバランスは?

23歳女性 人材派遣会社に入社して2年目になります。職種は営業で、製造業中心の法人ルート営業と派遣スタッフの管理をしています。 今の会社では、6:00-18:00と9:00-19:00のどちらかが定時時間となっており、始めに交わした契約書の勤務時間帯と異なっ...

あなたの職場で営業では男性と女性どちらが活躍していますか?

あなたの職場で営業では男性と女性どちらが活躍していますか? 基本的に営業は女性に向いている気がします。

この記事に関連する記事

【完全版】富士通へ転職する前に参考すべき情報をまとめてみた

富士通への転職・中途採用を考えた際に年収や面接の情報、営業やエンジニアなどの職種情報、評判、難易度というのは非常に重...

【完全版】富士薬品へ転職する前に参考すべき情報をまとめてみた

富士薬品への転職・中途採用を考えた際に転職面接内容や営業やMRなどのキャリア情報、評判、年収、転職難易度というのは非常...

【完全版】NTT東日本へ転職する前に参考にすべき情報をまとめてみた

NTT東日本への転職・中途採用を考えた際に年収や評判、面接、激務かどうか、福利厚生、仕事内容というのは非常に重要な情報だ...

【完全版】タマホームへの転職に必要な情報を徹底的にまとめてみた

タマホームへの転職を考える際、年収や評判、営業や事務などの職種などの情報は非常に重要ですよね。今回は、タマホームの転...

大塚商会へ転職する前に参考すべき情報をまとめてみた【完全版】

大塚商会への転職・中途採用を考えた際に面接方法や求めている人材、その会社の評判というのは非常に重要な情報だと言えます...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー