【ライターになるには】年収や資格などのまとめの画像

【ライターになるには】年収や資格などのまとめ

ライターになるには何をすべきなのでしょうか。今や美容ライターやパチスロライターなど様々な硬いのライターが存在しますが、そのライターの種類によってなるための過程や条件が異なるようです。今回はライターになるにはそれぞれ何が必要なのかをまとめてみました。

ライターになるにはどうすればいいのか

「ライターになるには?」というテーマに対し、やはり自分自身を顧みて情報提供することが効果的と考え、やや主観に傾向しつつ本記事をまとめていきたいと思います。
 

資格は必要?

資格は必要ありませんが、自身を表す肩書があるほうが好ましいように思います。

文書作成にかかわるスキルや知識を訴えることとなり、そのライターの専門性を語る上で役立つと考えられます。

とはいえ、ライター正確にはライターの書く記事に求められるものは読者の共感であり、読者の必要とする情報であり、知識であることが大半です。

(中には求める読者の想像を大きく逸脱する驚きを提供するライターもいるかもしれません。)

人に共感を抱かせる意思をもち、文章表現力を育むことができるならば、それがライターになるための(エントリー)資格になるはずです。
 

企業に勤める

ライターという職に就くために、その関係の企業に勤めるという選択肢もあります。

例えば、出版社や編集プロダクション、ウェブ関連の企業などです。

文章を扱う仕事に就き、その過程を学びながら自身でもライティングの仕事も徐々にこなしていきます。

フリーランスのライターとは異なり、文章を扱うプロとして時間をかけて自らを磨くことができ、ライターとしての実力は間違いなく身につくでしょう。

経験を積んで実力を身につけてから独立する人も多いようです。
 

フリーランスのライター

フリーランスのライターは、その文章表現力に期待を寄せられ、出版社や企業の委託を受けて記事を作成することになります。

人と違う視点であったり、情報収集力であったり、ライター自身の人的ネットワークが大きな武器となります。

現場に足を運び、自ら体感することで記事を作成しているわけです。

フリーランスのライターは専門家気質溢れるタイプになります。

関連相談

ライターになる方法【種類別】


以下に述べるのは、専門領域に特化したライターの例です。

上述したように、記事に対する読者の共感がポイントであり、読者層が異なることで要求されるベースの知識が異なります。
 

美容ライターになるには?

雑誌やウェブサイトが読者への記事提供媒体になります。

ターゲットとなる読者は、年齢や美容の種別、時には性別、スキンケア等の一般向けの情報など、届ける情報により異なります。

化粧品素材や色彩学などに関わる知識や表現能力、医療関係の知識など、高い専門性が役立つ場合も多いと思われます。

ライターになるまでの過程は様々であり、個人のブログ提供からスタートして知識や人間関係を広げていく方法や、美容ウェブサイトと契約をして記事を書く方法などがあります。

現在はウェブサイトを介した多数の求人があり、自身の専門性や興味の領域とのマッチングを図ることが可能です。

美容系雑誌を扱う出版社に属するという方法もあります。

こちらは前節に述べたように文書作成のプロに向かう道になります。

保有するキャリアによると思いますが、初心者であればハードルの低いところからトレーニングを積んで、読者の共感を得られるライターを目指すのがよいと思います。
 

パチスロライターになるには?

パチスロライターは、雑誌やウェブ上での記事作成が主要な仕事となりますが、最近ではDVDやネット動画での実録といった仕事も多いようです。

読者層は趣味とはいえ勝負事に目を光らせる人たちであり、ライターにはパチスロに関する一般レベルを超えた知識が求められます。

そのためには情報戦が必須であり、メーカーへ機種の取材に出かけたり、実践を通じてデータ取りをしたりといったことが仕事の中に入ってきます。

とはいえ、やはりライターであるからには文章表現力が大きな武器となります。

仕事としてはなかなかハードな一面が見受けられますが、パチスロライターは得てして「趣味を仕事にしている」と言います。

自身のみぞしるテクニックを読者と共有できることに快感を抱くといった話も聞きます。

パチスロライターになる方法は、雑誌やウェブサイトの求人募集にエントリーするケースがほとんどようです。
 

音楽ライターになるには?

音楽を耳にする人は極めて多く、ジャンルも多様です。

現在は、音楽誌をはじめとして、ありとあらゆるメディアで音楽や歌手の情報が取り上げられています。

ライターに限らず音楽を文章により表現し、人々の共感を得ている人たちが数多くいます。

また、ブログの普及で自身の感動を共有したいといった、ライターと同様の活動を趣味で進める人たちも多く、ライターとしての存在価値を示すことがなかなか難しくなってきているようです。

独自性や人に抜きんでた洞察力など、読者の共感に訴える記事を作成できることがポイントになるでしょう。

ライターになる方法はメディアの求人が中心で、求められるレベルも様々です。

プロの音楽ライターが希望であるなら有名どころの音楽誌やウェブメディアの採用へエントリーすることがおすすめです。

少し気楽にエントリーしたいのであればクラウドソーシングサイトのライター募集に応募する方法もあります。

関連相談

ライターになるにはどんなスキルが必要か


題材を掲げ、記事に落とす際には、様々な情報から独自の視点で物事を読み取り、論理立って説明する能力が必要となります。

人生経験であったり、日頃感じる違和感であったり、洞察力であったり、そのようなものが読者の心に響くはずです。
 

まずは文章力

前節では異なる分野のライターの特性に目を向けましたが、共通して要求されるのは「文章(表現)力」です。

ライターという仕事に就く前からもともと兼ね備えている人も少なからずいますが、このような人は大変な読書家であったり、趣味で文章を書き続けていたりと、長きに渡り文章に携わってきた経験をもつケースがほとんどです。

また、文章力を身につけるために、専門の学校や講座へ通ったり、出版社などへ就職し、仕事経験の中で文章力を身につけたりと、文章力の獲得方法は多様です。

いずれにしても文章力は一朝一夕で身につくものではありません。

たくさん文章を書くことをすぐにでも始めることをおすすめします。
 

読む人が欲しい情報を提供できる力

繰り返しですが、ライターとして一番重要であることは読者が共感する記事を提供することです。

読者は偶然に記事に出くわすこともなくはないでしょうが、多くの場合は欲しい情報を求めて記事にたどり着きます。

「なるほど、そういうことだったのか」と思える情報が読者の求めるものです。

これを提供するにはやはり多くの情報を読み解き、または体感し、わかりやすく提供できる力が必要です。
 

オリジナルの視点

いまの時代は多くの情報が溢れて、ウェブサイトを検索すれば、ありとあらゆる情報が手に入ります。

どの記事を見ても似たような情報、似たような解釈であれば読者は退屈してしまいます。

様々な情報から独自の視点で物事を読み取り、抽象化し、論理立って説明する能力が必要なのです。

人生経験であったり、日頃感じる違和感であったり、洞察力であったり、そのようなものが読者に響くものと思います。

読者に「新たな気づき」を与える記事が魅力的です。

関連相談

ライターになるのに向いている人


文章を読むこと・書くことが好き

たくさんの文章を書くことはなかなか大変な作業になります。

長い文章になると一貫性がなくなったり、後半に行くほど表現が雑になったり、といったことではよい記事は書けません。

文章を書いて、読者に何かを伝えることが好きであることがライター気質の大前提かと思います。

そのうえで、相手に伝わる記事を書くには前述の通り文章表現力が重要です。

本や雑誌、ほかのライターの書いた記事など数多く目を通していれば、段々と言い回しや表現方法、語彙などは身についてくるものと思います。
 

好奇心旺盛

読者の求める情報を提供するには、やはり数多くの経験がものを言います。

疑問や違和感に対して、解決すべくあたってみる好奇心は大きな武器になります。

多くの人が踏み出せない場所に足を踏み入れるわけですから、読者の共感を刺激することは間違いありません。

経験がないといけないかというと、全てを事前に知っていることが必須というわけでもないでしょう。

記事を書くにあたり挑戦してみればよいのです。

人の知らないことを知る探求心をもつ人はライターとしてとても魅力的です。
 

納期をきちんと守れる

ライターとしての仕事が増えるほど、書かなければならない文章の量が増えることは言うまでもありません。

また、ライターという仕事は決して一人ではなく、出版社やウェブサイト運営者、情報提供者など様々な方々の協力関係の下に成り立っています。

計画的に、効率よく文章を仕上げる能力は必須です。

これをこなせるならば人間関係、信頼関係を良好に保て、人気ライターとしての道につながることとになるでしょう。

関連相談

ライターになるには大学へ行くべきか


大学へ行くか専門学校へ行くか

大学へ行くとライターになるための素養が見につくかというと、そんなことはありません。

最近の大学は高校の延長のようなイメージもありますが、昔から変わらず知的好奇心に出会う多くの機会を与えてくれる場所だと思います。

将来の自分を模索する場であるとも思います。

多くの場合「手に職をつける」ことが主目的ではないので、ライターとしての実力と大学教育は1対1には結びつかないです。

しかしながら、自分を模索する活動は多くの経験を育みます。これがライターとしての能力養成につながることも多いと思います。

前述した「好奇心旺盛であれ」ということがライターを目指そうとしたその時に役立つことでしょう。

一方、専門学校は特定技術をできるだけ短い期間で効率的に獲得することを目的とする場です。

社会に出て収入を得るためのスキルを身につける場です。

その専門性がライターであるならば、その基礎技術が身につくのは間違いないです。

その一方、人にない経験、独創性を磨くといったモチベーションが沸きにくい環境と思われます。

どちらが好ましい、という判定はできませんが、大学や専門学校は人生のほんのひと時に過ぎず、後からいくらでも取り返せるものと思います。

早い時期から目的ある生活を送ることを心掛けると、大学や専門学校は将来の糧となるでしょう。
 

とにかく文章を書く

ライターとしてのスキルを早く身につけるには、やはり文章をたくさん書くことです。

幸い、いまの時代、ブログなどの発信ツールが充実しており、素人であっても読者に対して主張を語る機会がもてます。

自分の体験を記事に起こして、読者と共感を図るトレーニングを積んでいると、ライターとしての活動にも抵抗なく参入できるでしょう。
 

学生時代の色々な経験

ライターであっても、就職面接であっても、「面白い経験」を積んできている人の話は魅力的であり、またそのバイタリティーに人は共感するものです。

チャレンジの仕方を学んできていると評されるのかもしれません。

学生時代というのは、比較的まとまった時間を取れるチャンスでもあり、そこで得た色々な経験が将来の強みになります。

特に、ライターが描く、読者の未体験ゾーンは興味深いものです。

学生時代の経験は良かれ悪かれ、大きな武器となるでしょう。

関連相談

まとめ

ライターになるために、という題目で話を展開してきました。

繰り返しになりますが、筆者が最重要視したいのは、読者に共感を与える記事が書くということです。

文章表現力などはどれだけ文章を書いたか、すなわちトレーニングを積んだかで着実に身につくものです。

独りよがりの文章は、読者の求めるものではありません。

ライターと読者の間の駆け引きにおいて何が共鳴するかを探り出すところがライターという職業の面白いところではないでしょうか。

相手があって初めて成り立つ仕事です。

反響音を響かせるには、何かをぶつけなければなりません。

登録しておきたい無料転職サービス

おすすめの転職サービス

エージェント名 おすすめ度 特徴
リクルートエージェント 5

国内最大級の求人数

パソナキャリア 4.8

独占求人が多い

ビズリーチ 4.2 ハイクラス転職に強い


以上の転職エージェントを利用することがおすすめです!

公式HPはこちら
・リクルートエージェント:https://www.r-agent.com/
・パソナキャリア:https://www.pasonacareer.jp/
・ビズリーチ:https://www.bizreach.jp/

この記事に関連する転職相談

インフラエンジニアのスペシャリストになるにはどんな資格が必要ですか?

現在は、クラウド系のサーバーの仕事をしてます。 インフラエンジニアのスペシャリストを目指したいですが、どんな能力を求められますか。なるにはどういう経験と知識が必要ですか。オススメの資格などあれば教えてください。

28歳無職ですが、今からWebエンジニアになることはできますか?

現在、28歳無職です。 26歳の頃、仕事をやめてから貯金等を切り崩しながらギリギリで生きています。 付き合っている彼女にも頼っていたりしているので、この現状を変えたくエンジニアになることを検討しています。 すでに、独学ですが勉強してい...

一般大学からWebデザイナーとして働くためにはどうしたらいいですか?

私は今一般の大学に通っている四年でWebデザイナーになろうか迷っています。一般大学からWebデザイナーになった方はいらっしゃいますか? いらっしゃいましたら、どのような経緯でどのくらい勉強して就職した、もしくはWebデザイナーとして稼げるようにな...

フリーランスになるにはどのようなスキルが必要ですか?

フリーランスエンジニアになるにはどのようなスキルが必要でしょうか?

看護師になるためには大学か専門学校に通わないとなる事はできないですか?

30代女性です。 老人ホームで勤めており、看護師の仕事にも興味をもちました。なので、看護師の職に就きたいと思っているのですが、大学か専門学校の学歴が必要なようです。 これって本当でしょうか? 看護師は資格取得が必要なので、独学で学ぼ...

ファンドマネージャーになるには経済学部で学ぶべきですか?

ファンドマネージャーという仕事に憧れています。 というより、むしろ投資という仕事に憧れています。ある漫画を読んで、影響され興味が湧いています。 将来的に、金融関連の企業でファンドマネージャーとして働けたらなと思っています。ただ、就職...

化粧品開発職になるには、大学でどのような事を学ぶべきなのでしょうか?

将来、化粧品開発の仕事に就きたいと思っています。 私自身、化粧が好きなので、好きな事を仕事にできたら嬉しいと思い、将来は化粧品開発ができる人材になりたいと思っています。ただ、化粧品開発は化粧品開発でも、どのような事を大学で学ぶべきなの...

CGデザイナーになるためには学歴は必要なのでしょうか?

CGデザイナーを目指しています。 現在高校3年です。 中学の時からデザイン関係の技術やスキルを学んできました。また、クラウドソーシングでデザイン関連の(キャライラストや風景を描く仕事)仕事をしてきたので、自信はあります。 ベンチャー企業...

ゲームサウンドクリエイターが学べる大学や専門学校はどこですか?

ゲームサウンドクリエイターになりたいと思っているのですが、ゲームサウンドが学べる大学または専門学校はどこですか?

CGデザイナーになるためには専門学校で学んでから就職を始めた方が良いですか?

CGデザイナーを目指しています。 どうしても行きたいベンチャー企業があって、そこでCGデザイナーとして働きたいのですが、スキルも経験もありません。 飛び込みで面接受けてみたのですが、落ちてしまいました。リベンジしたく、勉強してスキルをつ...

この記事に関連する記事

【ガス主任技術者の仕事内容とは】資格取得のメリットなど紹介します

皆さんはガス主任技術者という職業をご存知でしょうか?ガス主任技術者とはガス設備を整える際の現場監督して活躍している人...

【臨床検査技師の年収事情について】待遇の良い病院など紹介します

皆さんは臨床検査技師という職業をご存知でしょうか?臨床検査技師とは患者様の身体や検体を分析し、データを採取したりする...

【テレビカメラマンになりたい】必要な資格や就職状況についてご紹介

テレビカメラマンは、テレビで放送するさまざまな番組の撮影をする仕事です。撮影する番組の内容はテレビドラマやドキュメン...

キャラクターデザイナーの気になる年収とは?仕事内容や苦労もご紹介!

みなさんはキャラクターデザイナーという仕事をご存知ですか?キャラクターデザイナーとは、アニメ作品やゲームに登場するキ...

キャラクターデザイナーの仕事内容とは?1日の仕事の流れや現状・将来性もご紹介!

みなさんはキャラクターデザイナーという仕事をご存知ですか?キャラクターデザイナーとは、簡単にいうとゲームやアニメ作品...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー