【40代で転職できる方法とは】資格や正社員に近づける成功方法についての画像

【40代で転職できる方法とは】資格や正社員に近づける成功方法について

40代の転職は女性・男性問わず厳しいと言われています。特に女性などは転職先に悩んでいる方も多いのではないでしょうか?未経験の職種や、資格を活かした転職先など様々な仕事の選択肢があります。ただ成功できるかどうかは自分次第です。エージェントなども利用すると良いでしょう。40代の転職は失敗もありますが成功する方法もあります。今回は40代の転職方法についてご紹介します。

「40代の転職というのは楽なものではない」

というのは、皆さんも具体的な統計などを調べるまでもなく、
ある意味一般常識としてあたりまえに認識しているのではないかと思います。

それは、まぎれもなく正解だと言えます。

そう、40代の転職は、はっきり言って楽なものではありません、
かなり困難だと言ってもいいでしょう。

しかし方法がないわけではありません。

きちんと現状を把握して、
ポイントを押さえれば充分有利に転職は成功可能でしょう。

というわけで今回は40代の転職について、詳しく調べていきましょう。

関連相談

40代の厳しい転職の成功率とは

現在、転職においては3人に1人の割合で、
離職してから再就職するまでに1年以上の年月がかかると言われています。

DODAより引用
この資料を見ても分かるように年々転職成功者の平均年齢が上昇してきています。

次にこの資料をご覧ください。

▲DODAより引用

40代以上になると、転職成功者の割合が低いこともデータとして出ています。

上記の2つのデータを比較すると
年々転職者の平均年齢は上昇しているにも関わらず40歳以上の転職成功率はとても低いです。

つまり40代という一定のラインを超えてしまうと
転職は一気に困難になってしまうことが、このグラフからもお分りいただけたと思います。

やはり特別な資格、海外勤務経験、英語力、IT系のハイレベルな技術や経験が重要です。
こういった資格や技術スキルを持っていない状態だと、できる仕事は大幅に限定されます。

結果、IターンやUターンで郊外にチャンスを求めたり、
転職ではなく起業にシフトチェンジする人が多くなってくるのが現状なのです。

関連相談

転職を成功させる秘訣とは

年齢を気にして転職をあきらめる人も多いと思いますが、
方法がないわけではありません。

ここでは、いくつか方法をご紹介していきます。
 

40代でも雇ってくれる業種に絞る。

現在40代の求職者でも、
積極的に求人をしている業種というは実は存在します。

ひとつは、介護職。

介護のに携わる職業というのは、慢性的な人手不足に陥っています。

しかも、ある程度世間知や社会性があることが望ましいとされますので、
40代の転職者にはぴったりです。

他にも、タクシーやトラック運転手などのドライバー関係は求人が多く出ています。

 

転職エージェントサイトを利用する。

元々40代の転職者を受け入れる企業は多くありません。

当たり前のように求人誌やハローワーク、
求人広告で普通の就活をしてうまくいくわけがないのです。

ですので、今やネット上に数多くある
転職エージェントサイトを利用することを考えましょう。

こういったサイトでは、求人を探したり引き合わせてくれるだけではなく、
あなたのキャリアや資格、スキルに合わせたアドバイスをしてくれることもあります。

可能性の低い40代の転職のその率を少しでも上げるため、
よく調べてからこういったサイトに登録するのも一つの手です。

つまり情報取集が転職の鍵を握っています。

また、転職目的の明確化も重要です。

就活も、ハローワークや転職エージェントに任せきりにするのではなく、
自分で企業をリサーチし、行けそうな、もしくは行きたい企業を自ら見つけてくる。

これくらいの行動力がないと、転職はうまくいかないでしょう。

関連相談

女性にもオススメの資格

40代にオススメの資格は

  • 医療事務
     
  • 介護福祉士

などの資格がオススメできます。

 

医療事務

医療事務の資格を取得するとクリニックや病院など幅広い勤務地で仕事が可能です。
詳しくはこちらをどうぞ。

医療事務の仕事内容

 

介護福祉士

介護福祉士は「社会福祉士および介護福祉士法」に基づく国家資格です。
仕事をするには資格を取得することが必須の条件となってきます。 

勉強だけでなく、経験も必要ですのでそれなりに準備をしていく必要があります。
詳しくはこちらをどうぞ。

介護福祉士の仕事内容


など他にも資格は様々ですが、一般的にはこれらの資格を取得すると転職する際に様々な仕事が可能になるでしょう。

関連相談

正社員として働くには

よく40代以上になると正社員として転職するのは難しいと言われています。 
また転職を考えた場合、正社員という道が正しい道なのでしょうか?

転職者の10%以上の方が40歳以上を占めています。 
40代からでも転職を十分可能です。 

ただ40代が抱える問題として収入面だったり職場の人間関係だったり不安要素はとても多いと思います。 

ここでjobQ内に投稿された質問を見てみましょう。

 

あまり実績のない40、50代からで正社員転職は出来ますか?

あまり実績のない40、50代からで正社員転職は出来ますか?

現在会社の業績が傾きつつ、このまま残るか転職するか考えています。
しかし私はほぼ事務の仕事ばかりなので目立った経歴というものはありません…。

転職の場合、できれば正社員での雇用をと考えています。

実際に同じくらいの年代の方が転職してきた場合、どういう業種があるのかを教えて下さい。

小さな会社を経営しております。プログラマーです。

転職活動は労働力を売る営業です。

「実績はありません」だとか「何もできません」だとかを理由をつけて力説されても、普通に「そんなの買わないよ」というだけで意味がありません。

それでも20年以上もお仕事をしていたわけですから、6000万人の労働人口の平均から考えて、何もできないわけでも、実績がないわけでもないかと思います。組織の中にいると、会社が月に数十万円出してでも質問者様にやってもらっていた仕事の価値が見えなくなっているだけです。

会社が賃金以外も含めて年間1000万円以上のお金を出して「実績がない」なんて許されるはずないです。

一般的な「事務」という仕事があるわけではなくて、細かく見れば何かをしていたはずですから、それを棚卸して、実績として見るにはどうするのかは、人材紹介の人に相談すれば協力してくれるかと思います。

との事でした。
実績などに不安がある方は一度エージェントなどに相談してみるのも良いのではないでしょうか? 

関連相談

最後に

今回は40代での転職を成功させるための秘訣として
アドバイスのような形で話を進めて参りました。

しかし40代の転職は何度も言うようにかなり厳しいです。

ただ方法がないわけではなく、
転職エージェントサイトなどを有効活用し、
行動力さえあれば成功率は上がるでしょう。

ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?
 

本記事の初回公開日は2017年08月22日です。

この記事に関連する転職相談

銀行の採用基準では簿記のスキルはどれほど重要ですか?

銀行への就職 私は銀行を志望していますが、現状、簿記ができません。 大丈夫でしょうか?

就職活動で単位が30残ってるのはどの程度マイナスになりますか?

就職活動で単位が30残ってるのはどの程度マイナスになりますか? トイックそこそこ高めだったりいろいろやってたりしましたが、体育会系とかではないし、それなりに不安です。 卒業はなんとかなりそうですが、、、 人気上位100社とかも狙ってます。

金融機関への転職時に、借金の自己申告するというのは本当ですか?

金融機関への転職を検討しています。 金融機関への転職ということで、未経験ながら転職を希望しているのですが、 借金の自己申告が必要であるという話を知り合いから聞きました。 昨年、車を購入したばかりでローンで支払っているのですが、このよ...

派遣期間が短いと採用側は中身に問題がありと判断する可能性はありますか?

派遣社員で働いてます。長くて5ヶ月で契約が終わります。短い派遣期間が続くと中身に問題有りと面接で判断されますか。

会社の採用基準が定期的に変わることって有りますか?

会社の採用基準が変わることってありますか? なりたい職業があるのですが、持病がある為なれない可能性が高いです。 もしかしたらこの先、採用基準が変わる可能性はないのかな?と思う時があります。  

営業事務になるには簿記やPCスキルは重要視されますか?

営業事務の募集も、簿記の資格があった方が選考に有利なのでしょうか。 やはりPCスキルを重視されやすいですか。

エンジニアに転職をしたいのですが、未経験の場合採用基準は何ですか?

来月26歳になる男性です。 現在輸入工業製品仕様書の翻訳の実務をしています。本当に唐突になのですが、何かを作ってみたいという思いが沸々と湧いてしまい、無料のプログラミング教室に足を運んで以来、気がついたらこの2ヶ月ほど休みの日や空き時間は...

大学生ですが、3留は就職活動にどのような影響を与えますか?

私は現在地方国公立に通うで3留が確定した学生です。 自分は理系に通っているということもあるのですが、一年目は人間関係が上手く行かずに学校をサボりがちになり、それが起点となり授業についていけなくなり…留年が決まりました。 そのままずるず...

転職面接で街頭アンケートを利用して合否を決めることってあるのでしょうか?

初めて転職活動をしています。 今度面接を受ける企業ですが、採用試験として自ら2時間ほど街頭アンケートを実施し、その回答率で採否が決まると言われました。 このような採用試験は中途ではよくあるものなのでしょうか?

元銀行員と元証券マンが転職面接に来た場どちらを採用しますか?

採用担当者に質問なのですが、もしキャリア年数同じの元銀行員と元証券マンが転職の面接を受けにきた場合はどちらを採用しますか?

この記事に関連する記事

【英語を使った面接】転職活動時に使えるノウハウと面接準備とは

英語が得意なのにそれを活かした仕事に就けないこともあります。今回は、そんな英語を使う企業へ就職や転職をする時の英語面...

【楽天への転職】面接内容から中途採用の年収事情までご紹介します

楽天への転職を考えた際に面接方法や求めている人材、その会社の評判というのは非常に重要な情報だと言えます。そこで今回は...

【化粧品メーカーの仕事】商品企画など仕事の種類について詳しくご紹介

私たちは、プラスチックや洗剤を始め様々な化学製品(化成品)を使っています。食品等に含まれる科学的に製造された添加物も...

【TOEICの点数】就職活動にTOEICのスコアの必要性について

TOEICは就職でどれくらい必要性のあるものなのでしょうか。一つの採用基準としてTOEICのスコアというのは重要です。TOEICのス...

アクセンチュアの面接を通過するためには?【社員が教えます】

アクセンチュアへ転職するためには、面接が非常に重要です。アクセンチュアの面接を通過するには、質問内容や重視されるポイ...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー