SEからITコンサルタントへキャリアアップするためには?の画像

SEからITコンサルタントへキャリアアップするためには?

IT社会が進む現代、SEからITコンサルタントにキャリアアップと考えている方は多いのではないのでしょうか。そこで今回は、SEからITコンサルタントへのキャリアアップを成功させるための、いくつかのポイントをお伝えしていきたいと思います。

はじめに

SEからITコンサルタントにキャリアアップしたい・・・。
そんな風に考えている方は多いでしょう。

「給与がいいから」
「上流工程を中心に働きたいから」
「なんとなくカッコイイから」

などなど、理由はさまざまです。
では果たして、SEからITコンサルタントになることは可能なのでしょうか?

答えは"YES"です。

しかし、両者は似て非なる存在です。
キャリアアップを成功させるためには、いくつかのポイントを押さえなくてはなりません。

それは具体的にどういうことでしょうか?

  • 目的の違いを意識すること
  • 求められる能力
  • 求められる資格
  • 前職がSEというメリットを活用

の順番にご説明していきます。

目的の違いを意識すること

ではまず、SEとITコンサルタントの違いとは何でしょうか?
両者の「目的」という観点から、ご説明します。

端的にいうと、 SEは要件に従い、システムを構築・運用することが目的です。
一方、ITコンサルタントは、IT(情報技術)で、企業の「経営課題」を解決することが目的です。

つまり、2つの職業は、目的によって区別されます。

当然、仕事内容も重なる部分もありますが、
前者は技術的なこと、後者はマネジメント的なことを担う場合が多いのです。

SEからITコンサルタントにキャリアアップしたい方は、この目的の違いをはっきりと意識することが大切です。

求められる能力

この章では、ITコンサルタントに、求められる能力について、伝えたいと思います。
キャリアアップするために、どれも必要なものばかりですので、
自分に欠けていると思うことがあれば、積極的にインプットしていきましょう。
 

 経営や業務に関する知識

前章でご説明した、ITコンサルタントの目的については、経営課題を解決することですよね。
そのためには、経営や業務に関する知識が当然、必要になります。

具体的には、
生産物流・販売・購買・人事・総務・財務会計
などに対しての理解力が求められます。
 

特定分野の専門知識

ITコンサルタントは特定分野の専門知識が必要になります。
ITソリューションを提供するので、ITに関する知識は、もちろん必須です。

その他にも、ERPパッケージを導入するプロジェクトにアサインされた場合は、
SAPOracleについての深い知識が求められる場合が多いです。

その点も、意識しておきましょう。
 

課題解決能力

ITコンサルタントには、課題解決能力が必須です。
例えば、有名どころだと、以下の3点が挙げられます。

●ゼロベース思考
ゼロベース思考とは、目的成功のための手段を、先入観を持たずに、白紙の状態から思考することです。

 

●仮説思考
仮説思考とは、手元の情報から課題と解決手段を予測して行動する思考法のことです。
そして、適宜修正を重ねながら、問題解決へと向かう行為です。

 

●MECE(ミーシー)
MECEとは、
Mutually( 相互に)、Exclusive(重複せず)、and Collectively(全体として)、Exhaustive(漏れがない)
という訳を見ればわかるように、
漏れなくダブりなく思考を巡らせることを言います。
 

コミュニケーション力

ITコンサルタントには、コミュニケーション能力が必要だということは、
みなさんも想像できると思います。
クライアントとエンジニアの間に挟まれつつ、win-winな関係を築けるように、調整する能力が求められます。
 

体力と精神力

ITコンサルタントは、一般的に、
労働時間も長く、責任も重いので、体力的にも精神的にもタフであることが求められます。
どちらも欠けている人は、ITコンサルタントの職務を行うことが難しいでしょう。

求められる資格

この章では、ITコンサルタントの職務に役立ち、転職も有利になる資格を5つ紹介します。

  • ITコーディネーター
  • プロジェクトマネージャー試験
  • PMP
  • 中小企業診断士
  • SAP / Oracle (認定コンサルタント)

これらは、必須というわけではありません。

ですが、キャリアアップ際、資格のある人は圧倒的に有利になる可能性が高いです。
ですので、余裕のある人は、取得してみると良いでしょう。

前職がSEというメリットを活用

この章では、ITコンサルタントになる上で、
SEだからこそ持っているメリットを2つ説明します。

まず、一つ目は、ITの知識に基づいたシステム案を考えることができることです。
技術に関する知識が豊富であるというバックグラウンドが役に立ちます。

二つ目は、実装部隊であるSIerの方と円滑なコミュニケーションがとれることです。

ITコンサルタントには、前述したように、
コミュニケーション力が必要なので、この点は有利でしょう。

まとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございます。
今回は、SEがITコンサルタントにキャリアアップするためのポイントについて、ご説明しました。

簡単にまとめると、

  • 目的の違いを知ること
  • 求められる能力を知ること
  • 有利な資格を取得すること
  • SEであるメリットを活用すること

が大切です。

ぜひ本記事を参考に、ITコンサルタントとして、キャリアをスタートさせてみてはいかがでしょうか。

この質問に関連する転職相談

システムエンジニア等、IT系の職種への未経験での転職について

未経験職種への転職について 現在30才の者ですが、転職を考えております。今の職種はメーカーにて内勤営業と生産管理を兼ねた仕事をしております。 年々業績が悪化しており、会社の将来が危ないと感じて、色々な会社を検討し、転職サイトに登録していま...

システムインテグレーター(営業)の仕事は、大変でしょうか?

IT業界について質問です。 システムインテグレーター(営業)の仕事は、大変でしょうか。 大手、独立系の会社から内定を頂きました。 自身は、文系出身でITに関する知識は今のところ一切ありません。実際に周りに、この業界の営業職として働いてい...

現状のITエンジニアは不足してると聞きますが本当に不足しているのでしょうか?

itエンジニア不足と聞きますが、なぜ派遣先が決まらないitエンジニアがいるのでしょうか。本当にエンジニアは不足しているのでしょうか。 教えて下さい。

ITコンサルタントへの転職を考えています。仕事内容はエンジニアに比べて激務ですか?

以前エンジニアをしていましたが、ITコンサルタントへの転職を考えています。 会社員とフリーランスとしての仕事内容と、エンジニアに比べて激務なのかどうかを教えてください

ネット証券の営業に将来性が見えません。会社をすぐ転職するのは厳しいでしょうか?

大手証券会社に内定を貰っている者ですが、ネット証券の台頭により、正直今後の対面証券営業の展望を感じません。また、そのためネットを使っていない方を開拓せざるを得ないので、これまで以上に激務になると予想もされ、就職するのがとても不安に感じて...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー