【金融業界のインターンについて】参加するメリット事例をご紹介の画像

【金融業界のインターンについて】参加するメリット事例をご紹介

将来金融業界を目指している学生さんで「金融業界について知りたい」「銀行員の就労について具体的なイメージがわかない」などの悩みがあるのではないでしょうか。そういった方は、ぜひ金融業界のインターンシップに参加してみてください。夏には数日間のインターンシップを開催している企業が多くあります。金融業界のサマーインターンシップは、仕事内容を理解できる内容になっていることが多く、業界研究に役に立つことが多いです。今回は金融業界のインターンシップについて紹介していきます。

714

金融業界とは、どうような業界なのでしょうか?
大別すると、

  • 銀行(都市銀行や地方銀行、信金、信組など)
  • 証券会社・保険(生命保険や損害保険)
  • ローン(住宅や消費者)
  • クレジットカード(MastetCardやVisa,JCBなど)
  • リース(情報機器や車両、医療機関の高精度検査機器など)

に分類されます。その業界の中でも業態・業種は多岐に渡ります。

金融業界は、広く他業界との結びつきが必要であり、業界の再編成が頻繁に実施されます。
最近は特に大手金融機関でグローバル化の動きが顕著で、海外進出する企業が多く見られます。

学生さんにとって人気の業界の1つで、短期のインターンシップが積極的に実施されています。

関連相談

金融業界について

金融業界は大きく、銀行・信用金庫、証券・投資銀行、保険、リース・カードに分類できます。

金融のインターンに参加するには、金融業界について知ることが必要です。

ここでは、金融業界についてみていきましょう。


銀行・信用金庫

銀行は主に個人などからお金を集め、企業などへ貸付を行い、その差額を利益として得ています。

銀行は地方銀行と都市銀行に分類され、都市銀行にはメガバンクが、地方銀行には各地方に営業を展開している銀行が属します。

また、信用金庫は、金融サービスを提供しているという点では銀行と同じですが、相互扶助を理念とし非営利組織である点で異なっています。


証券・投資銀行

証券銀行は、主に企業が発行する株式・債券を個人投資家や機関投資家などに販売しています。

投資銀行は、証券会社の中に法人向けサービスを行なっていて、主にM&Aのアドバイザリーや株式や社債の引き受けをしています。


保険

生命保険・損害保険は、同じリスクのある人がお金を出し合い、そのリスクを被ってしまった人にお金を渡すシステムです。

生命保険会社が人の生死というリスクについて保険を提供し、損害保険会社では事故や災害などのリスクに保険を提供しています。

収益構造については共通しています。


リース・カード

リース会社は、設備や機器を企業に貸し出し、貸出先の企業からリース料金を受け取る仕組みです。

企業側には、高額な設備を購入しなくて済むため、管理・廃棄などの手間が省けるという利点があります。

カード会社は人々の決済を便利にする役割があり、カードに加盟している加盟店からの手数料と、クレジットを実際に使っている使用者からの年会費が収益となっています。

関連相談

金融業界のインターシップとは

金融業界の大手銀行企業のインターンシップは、銀行の主業務である
「貯蓄・融資・為替」の業務体験は無いようです。

夏休みを中心に1日~1週間のインターンを実施する銀行が多いようです。
このインターンシップは銀行業務にほとんど関係のない、
働くこととは何か?やコミュニケーションを円滑にする方法、お客様は神様である理念などを
小学生レベルの学生さんに発表するという内容などです。

大手都市銀行は、お金を融通する事やお金を流通させる事によって利益を得る企業の仕組みです。
経済の血液とも呼ばれるお金を、賃借する過程を詳細に渡ってインターンシップでは体験しません。

銀行に絞って職種を洗い出してみれば、
営業職・総合職・事務職・IT部門担当職など分野が異なります。

インターンシップとは、企業の業務体験をする機会です。
しかし、銀行業務を業務体験するには業務範囲が広過ぎるために、
社会人になる前の心得や、就業の意味、コミュニケーション方法、接客の手解きなどを体験する機会になるようです。

関連相談

夏のインターンシップ事例

実際の夏のインターンシップについて紹介します。
金融業界のサマーインターンシップでは、その企業での仕事内容を理解できるような内容になっていることが多いです。
つまり、業界研究に役に立つことが多いです。是非参考にしてみて下さい。
 

三菱東京UFJ銀行のインターンシップ事例

金融業界の大手メガバンク「三菱東京UFJ銀行」インターンシップの事例を紹介します。

三菱東京UFJ銀行は「世界屈指の総合金融グループ」を目指し、
2005年三菱UFJフィナンシャル・グループが誕生しました。三菱東京UFJ銀行は、
国内最大級の邦銀として随一の顧客基盤と強固な財務基盤を保有しています。

三菱UFJフィナンシャル・グループは

  • 中核銀行の銀行業務
  • 信託銀行業務
  • 証券業務
  • クレジットカード業務
  • 貸金業務
  • リース業務

などを展開しており、
2018年4月より三菱東京UJF銀行は「三菱UFJ銀行」に社名変更します。
インターンシップは8月に5日間実施され、銀行の法人営業を体験できます。

体験内容は、

  • リテール(小売)業務
  • 中堅中小企業取引
  • シンジケーション(資金調達方法)業務
  • ストラクチャード・ファイナンス(投資リスク管理)業務
  • 大企業取引市場営業

などです。

メガバンクの銀行業務について、講義やグループワークの形で体験業務が知る事や、
日々の業務について具体的にイメージを想像出来て事が非常に有意義であった感想が多く寄せられています。
 

日本生命保険のインターシップ事例

生命保険業界の大手「日本生命保険相互会社」のインターンシップの事例を紹介します。

日本生命保険は、約1,000万人の契約者数と50兆円規模の総資産など、
世界各国の生命保険会社の中でトップクラスの水準を誇ります。
各格付会社からも高く評価される生命保険業界の先進企業です。

日本生命保険は「世界一の安心を提供する企業」を目指して、常に戦略的な挑戦を続けています。

インターンシップは8月~9月に5日間実施され、
座学だけでなく、実際の業務フロアで現職員と机を並べ、業務体験をご経験できます。

体験コースは

  • 「営業企画・教育」
  • 「資産運用」
  • 「海外事業」
  • 「広報・CSR(企業の社会的責任)」

など8種類あります。

内容は体験コースによってまったく異なります。
コースによって難易度が変化しているようです。

しかし、社会人の方々に囲まれる体験で、ビジネスマナーの面で苦労し勉強になった感想が多く寄せられています。

関連相談

内定に有利?夏のインターンに参加するメリット

さて、先程紹介したサマーインターンシップですが、就活での内定に有利になるのでしょうか。
 

経団連企業では採用選考とは分離

経団連に所属している企業では、その倫理協定の中で採用活動の開始時期が決められています。
そのため、サマーインターンシップの時期に採用活動として活動することはできません。

経団連とは、正式名称を「日本経済団体連合会」といい、2002年に「経済団体連合会」と「日本経営者団体連盟」が統合されてできた総合経済団体。構成会員は日本を代表する企業や団体で、その数は1,600以上。
経団連に所属する企業は、それら企業の採用活動に対するあり方を定める、「採用選考に関する指針」や「手引き」を作成している。

経団連の定める「採用選考に関する指針」の中では、インターンシップの規定については企業が柔軟かつ多様なプログラムを実施できるよう、最低日数要件を削除したうえで、職場での受け入れやインターンシップ受け入れ後の学生へのフィードバックの実施など、教育的効果が高まる取り組みが望ましい旨を記述しています。
 

業界研究や志望動機のきっかけにはなる

とはいえ、サマーインターンシップで勉強したり体験することの出来る内容については、実際の仕事内容に関することだったり業界の変遷に関することだったりと、業界研究や企業研究に役立つことは間違いないでしょう。

また、それらの経験を通して、志望動機をまとめていくこともできるでしょう。
直接的には選考に直結しないとしても、就職活動の一部として有意義な時間になるといえるため、是非参加を検討してみてはいかがでしょうか。

関連相談

FinTech企業での長期インターンもおすすめ

金融業界での近年の動向として欠かすことができないのは、FinTechと呼ばれるテクノロジーを活用した領域でしょう。

金融関連のテクノロジーは、ファイナンス(金融)とテクノロジー(技術)を組み合わせて、「フィンテック」と呼ばれています。
その例がクレジットカード決済やインターネット上で使える仮想通貨などで、現在大きな注目を集めています。

● 詳しくはこちら:
銀行が将来なくなる?金融業界の今後の動向や将来性とこれからの課題


国内でもFinTechベンチャーへの注目が集まっており、それら企業の資金調達額は年々増えています。
金融業界に興味を持っている就職活動生は、是非FinTech領域にも注目してみるといいのではないでしょうか。

またITベンチャーでは長期インターンシップを募集していることも多く、大学低学年にそこで経験や実績を詰んでおくことは間違いなく将来役に立つ経験になるでしょう。

関連相談

まとめ

金融業界のインターンシップへの参加が、採用選考活動に影響を与えることはありません。

業務体験の場面を提供してくれますので、報酬・交通費・宿泊費などの支給は無いようです。

将来金融業界を目指している学生さんで

「金融業界について知りたい」
「金融業界の何を調べればわからない」
「銀行員の就労について具体的なイメージがわかない」

などの悩みがある際は、インターンシップの募集に応募してみましょう。 

登録しておきたい完全無料な転職サービス

おすすめの転職サービス

  エージェント名 実績 対象
1位  リクルート 5 全ての人
2位  パソナキャリア 4.5 30代以上
3位  ビズリーチ 4.3 ハイクラス層


以上の転職エージェントを利用することがおすすめです!

公式HPはこちら
・リクルートエージェント:https://www.r-agent.com/
・パソナキャリア:https://www.pasonacareer.jp/
・ビズリーチ:https://www.bizreach.jp/

本記事の初回公開日は2017年08月24日です。

この記事に関連する転職相談

やっぱりメガバンクの年収って高いんですか?

やっぱりメガバンクの年収って高いんですか? 20代後半でどれぐらいもらえますか?

三菱UFJのSEの年収水準ってかなり高いんですよね…?

私はスタートアップで働いているSEです。 今転職活動をしているのですが、元々祖父が銀行マンで親からは銀行に就職しろと散々小さい頃から言われてきました。 今更なのですが、少し銀行についても調べてみようと思い探していると、銀行にもSEの職がある...

三菱東京UFJ銀行の営業で働く方の仕事内容は何ですか?

今、金融業界と全くと言っていいほど異業種で働いている20代前半なのですが、 小さい頃は銀行マンになるのが目標だったので第二新卒で三菱東京UFJ銀行を考えています。 ただ、金融業界、三菱東京UFJ銀行でのやりがいであったり仕事内容が僕自身未知...

コンサルティングから金融(三菱東京UFJ銀行)への異業種転職はできますか?

大学時代の就職活動時には金融業界に進みたいと思い就活し、勉強をしていたのですが、ひょんなことに大手コンサルティング会社に就職することになり今に至りました。 ある程度この会社で業績を納めることができたので、もう一度金融業界、特に三菱東京UFJ...

三菱と三井住友銀行のどちらのほうが就職先としていいと思いますか?

三井住友信託銀行は、今後SMBCに吸収されてしまうのでしょうか? 来年就活で信託銀行を受けようかと思うのですが、三菱の方がやはり三井住友よりいいのでしょうか、、、? 社員さんの雰囲気などは三井住友の方がすごく良いなと思ったのですが。

三菱UFJ信託銀行と、三井住友信託銀行、どちらが就職先として魅力的だと思いますか??

三菱UFJ信託銀行と、三井住友信託銀行、どちらが就職先として魅力的だと思いますか?? やはり三菱の方がいいですかね?早慶就活生です。

メガバンク三行の年収はどれくらいいただけますか?

メガバンク三行の、地域総合職(三菱は特定総合、みずほはCR、三井住友はリテール総合)の年収はどんな感じでしょうか? よくメガバンクの年収比較は載っていますが、地域総合職で比較したいと思っています。 年次と年収教えていただきたいです。

三菱UFJ銀行へ転職面接ではどのような質問をされますか?

三菱UFJ銀行への転職を希望しているものです。 もともと、この業界ではたらきたいと考えていて、就職活動では叶わなかったのですが、無事同業界の会社から内定を頂き、キャリアを積んできました。 年齢も28歳ということで、再度三菱UFJ銀行へ挑戦し...

三菱UFJ銀行へ転職希望ですが、評判はいかがですか?

三菱ufj銀行への転職を希望しています。 口コミサイト等を見ているのですが、良い評判もあれば悪い評判もあったりと、結局どちらなのかがわからずということで相談しました。 自分はルート営業職を希望しているのですが、三菱UFJ銀行の評判は働く社...

三菱UFJ銀行の入社難易度や学歴はどのような感じですか?

三菱東京銀行へ入行するとなると、やはり学歴が高く無いと厳しいのでしょうか。 学歴が高かったとしても入社難易度的には厳しい会社なのでしょうか。 金融業界で働きたいと思い、三菱UFJへの入行も一つ、検討しているのですが、入社難易度や学歴など...

この記事に関連する記事

【みずほ銀行・三井住友・三菱UFJ】メガバンクの年収は会社によってどれ...

メガバンクへの転職を考える際に気になるのは年収でしょう。三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行で構成されるメガバンク大手3社。今回は、このメガバンク3社の年収を比較しました。三...

三菱UFJ銀行への転職を成功させるには?【社員に聞いてみた】

三菱UFJ銀行への転職を考える際、面接や年収などの情報は非常に重要ですよね。今回は、三菱UFJ銀行の転職・中途採用の年収・面接・社風についてお伝えします。三菱UFJ銀行の転職・中途採用の...

【三菱UFJ銀行の年収】3分で分かる求人にはない社員の方の口コミ

三菱UFJ銀行に就職・転職を考えている方も多いのではないでしょうか。また企業選択で重要な指標の1つとして、年収が挙げられるのではないでしょうか?ただ、企業の年収は様々な職種から平均...

【三菱UFJの面接とは?】知っておくべき情報についてご紹介

今回は、三菱UFJ銀行の面接について詳しくご紹介いたします。三菱UFJ銀行の面接について、どのようなことが聞かれるのか、どのような雰囲気なのか、選考フローなどを社員からの口コミを中心...

【三菱UFJ銀行の福利厚生は?】知りたい情報の口コミをご紹介します

今回は、三菱UFJ銀行の福利厚生について詳しくご紹介いたします。三菱UFJ銀行の福利厚生にはどのような種類があるのかや福利厚生についての口コミなどを参考にお伝えいたします。これから三...

【三菱UFJ銀行へ就職するには】気になる情報を詳しくご紹介

三菱UFJ銀行への就職を考えている方にとって、募集要項や採用プロセスは気になる情報です。企業によって募集要項や採用プロセスは異なりますが、三菱UFJ銀行はどのような募集要項や採用プロ...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 この記事の企業

東京都千代田区丸の内2ー7ー1
銀行・信用金庫
この企業の転職相談 12件

株式会社三菱東京UFJ銀行は設立日は1919年(大正8年) 8月15日である。代表者氏名頭取は小山田隆である。資本金は17,119億円 (平成28年3月末、単体)で、従業員数は35,214人 (平成27年3月末、単体)である。支店等は国内 766、海外 75 (平成27年3月末現在)で、本店所在地は東京都千代田区丸の内二丁目7番1号である。

大阪府大阪市中央区今橋3ー5ー12
生命保険・損害保険
この企業の転職相談 24件

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー