【転職の時期】年代別(20/30/40代)で有利な時期が変わる?の画像

【転職の時期】年代別(20/30/40代)で有利な時期が変わる?

転職を考えている方の中には、転職の時期やタイミングに悩んでいる方も多いと思います。特に転職することが当たり前になっている現代においては、どの時期が倍率が高いのか低いのかも重要になってきますよね。そこで今回は、転職活動に有利な時期を、年代別や時期を定めるポイントなどを踏まえながら、お伝えしていきます。

はじめに

転職を考えている方の中には、

「資格取得のタイミングと合わない」
「退職手続きに思いのほか時間がかかる」
「そもそも転職活動は初めてでよくわからない」

など、転職の時期やタイミングに悩んでいる方も多いと思います。特に転職することが当たり前になっている現代においては、どの時期が倍率が高いのか低いのかも重要になってきますよね。

そこで今回は、

  • 転職活動に有利な時期とは
  • 年代別の有利な時期
  • 自分に合った時期を選ぶポイントまとめ

の順に、転職活動に有利な時期についてお伝えしていきます。

転職活動に有利な時期とは

穴場の時期

年間を通じて見ると、一般に3〜4月と9〜10月に求人は増えます。
この時期は、年度切り替えに伴う退職者の後任補充や新規事業のスタートなどがあり、中途採用ニーズが高まるのです。
応募先選びの選択肢が増える反面、転職者も増える傾向があり、倍率も高くなります。

一方4〜5月は、求人件数は減るものの、企業の採用への意欲は高くなっています。

なぜならこの時期は、
新体制発足後に人手が足りない部署に人材を送ることや、
退職者によって空いた穴を埋めるといった、急を要する求人が多いためです。

選考も迅速に進み、タイミングが合う人が採用に優先される可能性があります

また、ライバルが少なくなるのもこの時期です。
新年度を迎えることで会社の業務が忙しくなり、在職中の方は転職活動をしにくくなります。
 

転職市場の動向の見方に注意

転職市場の動向は、あくまで参考程度にするのがいいと思います。
中途採用ニーズは業界や職種によってそれぞれ違います。

時代に流されて、不用意に転職に踏み切ったり、逆に転職をあきらめるのではなく、
自分自身の考えと全体スケジュールをよく見極めることを心がけましょう。
 

自分の性格からタイミングを読む

まずは情報収集からはじめて、自分に必要な準備期間やタイミングを読み、
具体的なスケジュールをもとに自分なりの転職時期を決めることが重要です。

失敗例として、自分の行きたい業界が中途採用に前向きではなかったり、
必要な資格取得が転職時期には間に合わなったりることを、
転職活動を始めてから気付くようなケースも稀にあるようです。

自分は何を目指して転職をするのかを考え、情報収集を徹底することが大切です。

年代別の有利な時期

20代

未経験の業界や職種を志望するケースが、20代の転職者には多いようです。

しかし、20代のようなキャリアの浅い応募者は、第二新卒かどうかや前職の勤続期間が選考に影響しやすいようです。
なので、ある程度の勤続実績を積むまで待つほうが有利になる可能性もあります。

また、20代の転職者は、転職費用の負担も考え、
賞与支給のタイミングにも合わせて、求人が増加する数か月前から転職活動をスタートさせるのがおすすめです。
 

30代

30代の求職者には、即戦力を求めていることが多いです。
そのため、求人が増加する3~4月、9~10月を狙うのがおすすめです。
また、このどちらかというよりも、年間を通してめどを立てることが重要になります。

特に、多くの企業は3月と9月に決算を迎えます。
そのタイミングで退社をする人が多く存在するため、即戦力が求められる30代は、こういったタイミングを狙うのもいいと思います。
 

40代

40代の転職は、退職手続きなどにも手間がかかる場合があるため、
転職活動は長期的にみることが重要になります。
特に自己都合退職の場合、雇用保険の加入期間によっては、失業手当をもらえる期間に30日間の格差が生じます。

また、仕事上の引き継ぎや取引先との関係なども含めて、転職のスケジュールを考えなければなりません。
さらには、退職の手続きにも手間がかかるうえ、40代の中途採用は企業としてもリスクが高いです。

そういったことも含めて、特に4月~5月の求人を狙って、
転職エージェントなどを活用して長期的に準備していくことをお勧めします。

自分に合った時期を選ぶポイントまとめ

勤続年数

すでに短期的な勤続期間で転職を繰り返している場合は、応募先の採用選考で不利になるケースがあります。
最低でも2年間は在職した経験がないと、採用で有利になることは難しいでしょう。

現在の年齢

未経験からの転職の場合、年齢によっては職場が受け入れに否定的な可能性もあります。
ハードルが高くなる目安年齢は職種や業界で異なりますが、
とくに24歳、29歳、34歳など区切りの年齢に合う人は、注意が必要なので、
できるだけ早めの転職準備をしておくことをお勧めします。

経済面

賞与支給の後や退職金支給規定の勤続年数を経た時期、
また、自己都合退職の場合の失業手当給付期間から見た勤続年数条件など、
こういった細かい時期の差が、転職費用の負担につながることもあります。

最後に

いかがでしたでしょうか。

今回は、一般的に求人が増加する時期や、その背景を見ながら、
それぞれどういったスケジュールを読み、転職活動の時期を選ぶ事が重要かをお伝えしてきました。

年齢や経歴によって、抱えるリスクやそれに伴う時期などが異なります。
そういったことで悩んでいる方は、是非今回の記事を参考にしていただければと思います。
 

この質問に関連する転職相談

転職活動中ですが、履歴書は何故手書きがいいのでしょうか?

履歴書ってなぜ手書きがいいんですか? 転職活動をしています。どうせ顔写真しか見ないのでは?事務職では手書きがいいとか、パソコンで入力したやつだと落ちるからと聞きますがなぜ落ちる可能性があるのですか?

転職市場の盛況は東京オリンピックを目処に終わりますか?

転職市場は売り手市場で転職活動をしやすいといですが、 この市場はいつまで続くのでしょうか。 就職活動は東京オリンピックを目処に、氷河期がまた来ると言われていますが、 では、転職活動はいつまでこれが続くのでしょうか。 皆さんの意見、お...

10年前と今とでは転職活動はやりやすさに違いはありますか?

売り手市場と呼ばれている現在の転職市場ですが、 10年前といまとでは、どれくらい転職のしやすさに違いがありますか? これから、転職活動をしたいと考えているのですが、 単純に今と昔ではどれほど違うのかが気になります。 ご存知のかたがいら...

転職活動時に離職期間をどのように穴埋めするべきかで悩んでいます

転職活動の離職期間の問題で悩んでます。 現在、今年入社したブラック企業を短期で離職し、転職活動をしてますが、離職期間が延びるため、職歴の繋ぎのものとして派遣の仕事を探してるのですがなかなか選考が通りません。派遣の選考って元々通りにくいも...

会社が倒産した場合転職活動時に何と説明するのがいいですか?

来月、会社の倒産が決定しました。 転職活動をしているのですが、会社の退職理由が会社の倒産というのは 人事側の心象としていかがでしょうか。 これから転職活動をすすめていかなければならないのですが、非常に悩んでいます。

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー