マーケティング・広告業界に就職するのに有利な資格を詳しくご紹介しますの画像

マーケティング・広告業界に就職するのに有利な資格を詳しくご紹介します

広告の資格は就職活動などに役に立ちます。必要な資格や有利な資格はたくさんあるため、何を取得するべきか選別する必要があります。またwebマーケティングやマーケティングの資格を持っておくと、他の職業にも精通できるためより有利になります。また資格だけでなく、コミュニケーション能力だったりセンス、経験など総合的に必要なものもありますが、それらのハンディキャップを埋められるのが資格です。今回は広告業界に就職する際の有利になる資格などをご紹介します。

533

広報を担当するなら知っておくべき用語

広報は、円滑にビジネスを行うために、会社の活動内容を発信することで、社会と良好な関係を構築することです。

社会と良好な関係を構築するため、会社がホームページやSNSなどで情報を発信するだけではなく、
マスメディアに情報を発信してもらうことも必要となります。

広報において、専門用語はそこまで多くはないですが、
最低限知っておかなければ会話の内容を理解できないものがあるため、
ここでは基本的な専門用語を紹介します。

 

プレスリリース

プレスリリースとは、新製品情報や合併などの組織情報などをマスメディアに対して発表することです。
発表の仕方としては、記者会見、記者クラブへの資料配布、ホームページへの掲載などがあります。

プレスリリースは、メディアに取り上げられることを目的としています。
第三者に取り上げてもらうことで、幅広い人に認知してもらうことができるためです。

そのため、プレスリリースの発表資料を作成する際には、
メディアに取り上げてもらいやすいようマナーを守った書き方をする必要があります。
 

パブリシティ

パブリシティとは、メディアの媒体に、ニュースや記事として取り上げられることをいいます。
広告とは異なり、記事の掲載に費用は発生しません。

記事として取り上げられることで、会社や製品の認知度が向上するとともに、
その情報の信頼性についてお墨付きを得ることができます。
パブリシティを獲得するためには、日ごろから記者と良好な関係を構築しておくことが必要となります。
 

広告換算値

広告換算値とは、取り上げられた記事が広告を出稿した場合にかかる費用に、
換算するとどのくらいになるのかを示すものです。

換算方法としては、新聞であれば記事の面積、テレビであれば報道された時間から広告費用にあてはめて計算します。
パブリシティの効果を客観的に評価するための1つの指標として用いられています。
 

リーチ

リーチとは、掲載された記事を閲覧した読者数のことを指します。

一般的には、掲載された媒体の発行部数、もしくは発行部数×回読率から導き出します。
広報は、会社や製品の認知度を上げることを目標としているため、
認知度の観点で広報活動がどの程度貢献しているのかを客観的に示す指標として利用されています。

関連相談

IRを担当するなら知っておくべき用語

IRとは、インベスターリレーションズの略称であり、
株主や投資家に対して投資判断に必要な情報を適時、公平に継続して提供することで、
良好な関係を構築することです。


IR担当には、財務情報や法規制などに関して様々な専門知識が必要となってきます。
 

EDINET

EDINETとは、金融商品取引法に基づき有価証券報告書等の開示書類に関する、
金融庁の電子開示システムのことです。
投資家は、EDINETを通じて投資判断に必要な情報を得ることができます。
 

コーポレートガバナンスコード

コーポレートガバナンスコードとは、会社が、株主をはじめとするステークホルダーの立場を踏まえた上で、
透明・公正かつ迅速・果断な意思決定を行うための仕組みのことです。

コーポレートガバナンスコードの実行を通じて、
会社が持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を実現し、経済全体の発展にも寄与すること目的としています。
 

フェアディスクロージャールール

フェアディスクロージャールールとは、公表前の内部情報を上場会社が第三者に提供する場合に、
その情報をほかの投資家にも平等に提供することを義務付ける規制のことです。

2017年5月に成立したルールであり、2018年春からの実施となる見込みです。
証券会社のアナリストなどに未発表の情報を伝えた場合には、
ホームページなどでその情報を公開することが必要となります。

 

ESG

ESGとは、環境・社会・統治の頭文字をとった言葉です。

企業の長期的な成長には、気候変動や貧困問題などの社会的問題への取り組みが必要とされ、
近年ではESGの観点から投資評価を行うことが増えてきています。

そのため、会社は財務情報に加え、ESGの観点から情報発信を積極的に行うようになってきています。

関連相談

PRプランナーを担当するなら知っておくべき用語

PRプランナーは、様々な媒体通じて情報を発信し、社会で話題にすることを目的に活動しています。
そのため、PRプランナーには、各種メディアに対する知識と現在のトレンドに対する理解が必要となってきます。
 

分散型メディア

分散型メディアとは、ほかのプラットフォームに直接コンテンツを配信することをいいます。

従来は、Webページにすべてのコンテンツを集約させていましたが、
ソーシャルメディアの発達により情報収集手段が多様化したため、
会社はソーシャルメディアにコンテンツを直接配信するようになっています。

 

インフルエンサー

世間に大きな影響力を持つ人のことをいいます。

従来は芸能人やスポーツ選手が大きな影響力を持っていましたが、
ブログや動画サイトなどを通じて一般の人も影響力を持つようになりました。
そのため、企業は一般のインフルエンサーに協力してもらい、会社や製品のPRを行うようになってきています。

 

コンバージョン

Webサイトで獲得できる最終的な成果のことを言います。

最終的な成果は、Webサイトの役割によって変わってきます。
一般的には、問合せ件数や製品・サービスの購入件数が多いです。

Webサイトの効果を客観的に評価し、次につなげるための指標として多くの会社で用いられています。

 

エクスペリエンスデザイン

エクスペリエンスデザインとは、ユーザーが製品・サービスを使用することで得られる体験のことを言います。

製品・サービスの機能や価格で差別化することが難しくなってきているため、
驚きや感動といった体験を提供することで、
製品・サービスを選んでもらえるようにするという取り組みが行われるようになってきています。

関連相談

広報・PRで有利で必要な資格とは

未経験者が広報・IR、PRプランナーになるためには、
ある程度の知識を持ち合わせていることが必要となります。

しかし、面接だけでは、その知識の程度をPRするのが難しいため、資格を取得しPRすることが有益となります。
 

PRプランナー

PRプランナーは、日本パブリックリレーションズ協会がPRパーソンとしての知識やスキル、
職能意識を有することを認定する資格です。

PRプランナー補、准PRプランナー、PRプランナーの3種類があり、
PRプランナー補は未経験者でも取得できるため、広報・PRを目指すのであれば、
取得しておくと、基本的な知識を有すると客観的に認められやすくなるためおすすめといえます。
 

IRプランナー

日本IRプランナーズ協会が、IR活動を行う上で必要なスキルを習得していることを認定する資格です。

IRプランナーには、日本IRプランナーズ協会検定認定と日本IRプランナーズ協会検定認定S級があり、
前者は未経験者でも取得できるため、IRを目指すのであれば取得することがおすすめです。

関連相談

就職するにはスキルは必要

広告業界に就職するにはスキルを取得する方が有利です。

広告を作成するにはパソコンのスキルが必要です。
またデザインの資格もあると良いでしょう。

CGや画像・映像のスキルなど知識が必要とされます。

就職の時は面接や志望動機など、資格やスキルをアピールできるポイントがたくさんあります。
大学時代や専門学校で学んできた事をアピールして内定を勝ち取りましょう。

 

関連相談

まとめ

いかがでしたでしょうか。
IRは、財務や法律と密接なかかわりがあるため、覚えておくべき専門用語は必然的に多くなってしまします。

一方で、広報やPRプランナーは覚えておくべき専門用語はIRに比べると圧倒的に少ないです。
 

もっとも、専門知識はあくまでコミュニケーションを円滑にするための手段にすぎません。
広報・IR、PRプランナーの職種の役割を踏まえて、必要な知識や資格を身につけて行く必要があります。

本記事の初回公開日は2017年08月28日です。

この記事に関連する転職相談

IT広告業界からデジタルマーケティングなどへ転職できますか?

IT広告業界とその転職について2点質問です。 ①IT広告業界から事業会社のデジタルマーケティング部門もしくはマーケティング部門への転職事情を知りたいです。 ②IT広告業界での市場価値の高い職種があれば知りたいです (営業、プランナー、広告運用...

市場調査のやり方について教えてください

来週から、神奈川県の方に市場調査をしに出張に行きます。 自分の目で見て独自調査をして欲しいと上司に頼まれたのですが、現地の「市場調査」について何から手をつけて良いのか全く分かりません。 報告書を作成しなくてはいけないのですが、それも0...

マーケティング企画職に転職するにはどんなスキルがあるといいですか

マーケティング関連の仕事をしたいと考えています。 現職では、企画営業に携わっていて、マーケティング分析等も担当しています。 企画営業ではなく、マーケティング関連の仕事に部署異動をしたいとの話をしたのですが、上司からは今は無理だからも...

就活生ですが、マーケティングと広報の違いって何ですか?

就職活動をしています。 将来、広報関連の仕事をしたいと考えているのですが、広報とマーケティングって具体的にどのような違いがあるのでしょうか。 イメージ的には、マーケティングの中に広報という仕事があるようにも思うのですが、実際はそれぞ...

マーケティング系の仕事に転職をするのに有利になる資格はありますか?

マーケティング系の仕事につきたいと考えている者です。 現在は、企画営業を担当しています。 今回相談したいのは、転職活動をすることを検討中で、マーケティン関連の仕事に携わりたいと考えているものの、転職に有利となる資格は何かないのかと探し...

外資系のマーケティング部門に採用されるために必要なキャリアは何ですか?

外資系のマーケティング部門に中途採用でたどり着くには、どのようなキャリアを積んでいけばよいのでしょうか? また、学歴はどの程度必要でしょうか。(高卒ではお話にならないですか?) 医療系6年制の大学を金銭的理由で中退が決まりました23歳です。...

マーケティングの仕事に直結するような資格は何でしょうか?

商学部の学生です。 将来的に企業に勤める時にはマーケ関係の仕事に就きたいと考えています。 商学部ですので何かマーケ関係の資格も取れると考えていたのですが、なかなか何をすれば良いのか分かりません。 そこでTOEICや中小企業診断士の資格を目...

マーケティングの仕事に活かせる資格は何がありますか?

会社員です。 先日から、マーケ職の方に異動になり何も分からない状態から仕事を初めています。 勉強しようにも、どこから手をつけて良いか分からず困惑してしまいます。 そこでマーケティングの仕事に活かせる資格勉強をすれば基礎から学べると思...

デジタルマーケティングを勉強するためのオススメの本は何ですか?

(デジタル)マーケティング、あるいは中小企業・ベンチャーに関するおすすめの本があれば教えてください。 学生です。来年からデジタルマーケティングに関する会社に就職が決まりました。 今から少しでもいいスタートダッシュが切れるよう、空き時間...

マーケティングを学ぶ上で重要なこと3つはなんですか?

今年の四月より とある東京にある大手企業のマーケティング部門で働きます マーケティングといってもたくさんあると思うのですが、 私が担当するのは、広告媒体やwebを使った集客を任されるようです。 今後、自分がマーケティングを学んでいくのに対して...

この記事に関連する記事

Googleへ転職する前に参考にすべき情報まとめ【完全版】

Googleへの転職・中途採用を考えた際に年収や仕事内容、学歴、転職難易度というのは非常に重要な情報だと言えます。そこで今...

最新のマーケティング分析手法とは?仕事で活かせる効果的な手法一覧

マーケティングには戦略や手法が、その市場で勝てるかどうかを左右します。それほどマーケティングには手法だ大切だと言えま...

【マーケティングの意味とは?】簡単に定義してみました

マーケティングの意味とは何でしょうか?世間一般的によくマーケティングという言葉が使われていますが、きちんと意味を理解...

【マーケティングリサーチの意味とは?】リサーチの手法などご紹介します

マーケティングリサーチという言葉を知っていても、具体的にどういうことをするのかイメージできている人は少ないのではない...

【事例でご紹介!】マーケティングの4Pと4Cの違いとは

マーケティングとは、商品がより多く効率的に売れるように戦略を練ることを指します。そんなマーケティング業界の業界用語を...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー