スポーツ用品で有名なヨネックスの年収水準や業績を調べてみました!の画像

スポーツ用品で有名なヨネックスの年収水準や業績を調べてみました!

転職を考えるとき、企業情報って気になりますよね。年収や勤続年数は特に。近年のスポーツ用品業界は、健康志向によるスポーツへの関心やランニングブームなどを背景に堅調な推移を見せています。テニス用品で有名なヨネックスの年収や勤続年数を始め、企業情報を調査しました。

今回紹介させて頂くのは、ヨネックス株式会社です。

近年のスポーツ用品業界は、健康志向によるスポーツへの関心やランニングブームなどを背景に堅調な推移を見せています。

特にランニング人気は根強く、ランニングシューズや関連ウェアなどの売れ行きは好調で、初心者にとどまらず、中上級者向けの高価格帯商品の売れ行きも好調となっています。

今回はそんなスポーツ業界の中でも業界第8位のヨネックス株式会社の平均年収・平均勤続年数などをはじめとした企業情報を調べてみました!

平均年収・平均勤続年数・平均年齢・従業員数について

まずは平均年齢・平均勤続年数・平均年齢・従業員数です。

  2014年6月 2015年3月 2016年6月
平均年収(百万円) 530 530 528
平均勤続年数(年) 15.9 15.9 15.8
従業員数(人) 1141 1141 1181
平均年齢(歳) 39.3 39.3 39.3

 

年収水準、平均勤続期間、平均年齢ともに安定していますね。

これだけ安定していると生計を立てていくのが他の企業と違い安定しているというのはかなり特筆した良点ではないでしょうか。

 

 

業績推移について

  2014年3月 2015年3月 2016年3月
売上高 43,174,135 47,619,770 54,159,575
経常利益又は経常損失 2,139,348 2,400,619 2,964,115
当期純利益又は当期純損失 1,144,044 1,694,861 2,227,471

(単位:千円)

 

このように、国内のスポーツメーカーは海外に積極的に展開していて、グローバル化は進んでいると言えます。

しかし、海外には強豪が多数存在し、日本勢のシェアは決して高いとは言えません。

米国スポーツ用品首位のナイキの売上高は278億ドル、アディダスは145億ドルと国内首位のアシックスの3,294億円と比べ大きな開きが見られます。

また、これらの海外ブランドは知名度、ブランド力、資本力ともに国内メーカーを圧倒しており、海外でのシェアは大きく差を広げられています。

国内での縮小トレンドが見られる今後、スポーツ用品各社には海外へのさらなる展開やブランド力の強化に期待したいですね!

 

※参考:有価証券報告書

JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー