【競業避止義務とは】転職の注意点や意味を解説しますの画像

【競業避止義務とは】転職の注意点や意味を解説します

ここでは、競業避止義務と転職の関係について解説します。「競業避止義務」とは、従業員が在職中に兼業を行ったり、退職後に競業行為を行うことを禁止するものです。また、同業他社への転職の注意点についても詳しく解説しているのでぜひ参考にして見て下さい。

競業避止義務について

転職活動を進めていく上で、常に意識しなくてはならないのが、現職での契約内容です。

場合によっては、「競業避止義務」が定められており、適切な対応を取らないとトラブルに発展する可能性もあります。今回は、競業避止義務の詳細と注意点についてご紹介します。


競業避止義務とは?

「競業避止義務」とは、従業員が在職中に兼業を行ったり、退職後に競業行為を行うことを禁止するもので、就業規則に項目として設けられている場合や、

入社の際に誓約書へ署名することもあります。役職などを問わず、全社員に適用され、企業秘密や企業独自の技術などの漏洩を防ぐものです。


競業避止義務の目的は?

そもそも競業避止義務を課す目的は、在職中に従業員が兼業をすることや、機密情報を社外へ漏らすことを防ぐことにあります。

つまり、在職中の従業員へ対する企業としてリスクヘッジでもあり、社会人として当然の義務です。


法律上の競業避止義務の扱いについて

一般社員に課せられる競業避止義務は、法的拘束力はありません。

あくまで、労働契約における信義則の上に成り立つものであり、法的根拠を持たせるためには、就業規則や誓約書・特約などでその義務を定める必要があります。

関連相談

競業避止義務の誓約書について


企業によっては、入社時に競業避止義務の誓約書への署名を求めてくる場合があります。

ここでは、その競業避止義務の誓約書とその対処について確認してみましょう。


競業避止義務の誓約書とは?

競業避止業務の誓約書は、入社時に在職中並びに退職後一定期間の競業行為に関する制限を誓約させる書面です。

秘密保持から、競業行為の制限、人材引き抜き行為の禁止などについて言及されており、万一の違反行為が発生した場合の法的効力をもたせるためにも、入社時に署名を求められるケースがあります。


競業避止義務に合意した場合は?

競業避止義務の誓約書に署名をするなどして、その内容に合意した場合でも、無条件にそれが効力を持つとは言い切れません。

その合意が任意ではない、と判断される状況にあった場合は、有効な合意ではないとみなされます。仮に合意が認められたとしても、

その義務の内容が憲法で定められる「職業選択の自由」を侵害するものとみなされると、その合意は無効となります。


競業避止義務の誓約書は拒否できる?

入社時に署名を求められる書面には無条件に応えてしまいそうになりますが、退職後数年に及ぶ職業選択の自由を奪う制限にもなりかねる競業避止義務の誓約書への署名は、慎重に対処すべきことです。

実際、従業員にこの誓約書に署名しなくてはならない、という義務はなく、拒否したとしても企業としては何もできないのです。

署名する条件として、退職後の職業選択が制限される代償に対する措置を求めることも合理的な動きといえます。判断ができない場合は、弁護士に相談することをおすすめします。

関連相談

同業他社への転職の注意点について


転職活動の結果、同業他社への就職をする場合は、競業避止義務に関わる可能性もあり注意が必要です。

ここでは、同業他社への転職における注意点について確認しておきましょう。


転職先の伝達について

同業他社への転職が決定した場合、現職の企業に対して転職先の詳細について伝達する必要はありません。

会社名など転職先が特定できるような情報を伝えることで、退職願の受取拒否などの退職の流れに滞りが生じる可能性もあります。


誓約書のサインについて

競業避止義務の誓約書は、退職後の同業他社への転職を制限する文言を含んでいることが多く、原則サインをする際はその内容をよく確認する必要があります。

万一、すでにサインをしてしまった上で、同業他社への転職が決定した場合でも、誓約書は必ず法的効力をもつものではなく、守秘義務違反にあたるような行為を行わなければ、特に気にする必要はありません。

意識すべきは、社会人としての当然のモラルです。


退職する理由について

退職理由を問われた場合、返答で留意すべきは円満退社です。

特に同業他社で勤務するのであれば、近い将来に何らかの形で元上司・同僚と関わる可能性もあります。前向きな表現で、キャリアアップのための転職として理由を伝えるようにしましょう。

関連相談

競業避止義務とアルバイトについて


競業避止業務の対象は、雇用形態によって変わるのでしょうか。

ここでは、アルバイトに対する競業避止義務について確認しましょう。


アルバイトに競業避止義務はある?

競業避止義務を課す際に重要視されるのが、「その人の業務内容・ポジションが企業の利益に影響するような情報に関しているか」です。

その点において、アルバイトとして雇用された従業員の業務内容は、競業避止義務を課す対象とするのは合理的ではないと考えられます。

ただ、個人情報や企業の保有するいかなる情報の取り扱いに対してモラルある対応を徹底するためにも、競業避止義務が課されることはあるでしょう。


アルバイトと会社員の競業避止義務の違いは?

アルバイトと会社員における競業避止義務の違いは、その立場の違いに表れます。

例えば、アルバイトでコンビニエンスストアの店員をしていて、競業避止義務が課され、同業他社、つまり他のコンビニエンスストアでの勤務を禁止するという契約が提示された場合、これは無効になると考えられます。

アルバイトが携わる業務内容の性質と、会社員、その中でも役職のあるポジションが携わる業務内容の性質には大きな違いがあり、その差を無視するような公序良俗に反するような制限を課すことは有効とされません。


アルバイトの競業避止義務の事例について

アルバイトに対しての競業避止義務が認められた事例もあります。

例えば、アルバイトスタッフであっても、人材指導に携わっているケースです。この場合、指導内容はもちろん指導方法、という企業独自の人材育成ノウハウを習得した上で業務を行っており、

かつ週に1回であっても定期的な勤務が発生していた場合、競業避止義務契約の合理性が認められました。企業が自社の利益を守るために、競業避止義務が合理的に必要かどうかが判断のポイントになります。

関連相談

まとめ

競業避止義務という言葉そのものは、難解で法的効力が強いもののように感じますが、実際は企業の利益の保護、そして情報保護の観点からすると、社会人の当然のモラルともいえます。

一方で、職業選択の自由を侵害するような制限といった、合理性から外れたものは有効とはみなされないので、「義務」という言葉の裏にある「権利」も併せて理解する必要があります。

この記事に関連する転職相談

失敗するかもしれないと思い転職できないのですがどうすべきですか?

30歳まじかになり、今の職場の年収と業務内容が割りに合わなく転職したいです。 しかし、求人を見つけてウェブ上の口コミを見るとブラックなどの口コミをよく見るので、転職活動が怖くなってしまっています。 転職先で失敗するかもと思い転職できな...

他業界の企業へ自分をアピールするにはどすればいいですか?

別業界の企業へのアピール方法が分かりません。どのようにアピールしたらいいのでしょうか。

転職の面接で採用担当者が重要視していることはなんですか?

面接で重要視していることが何か伺いたいです

転職活動の面接でブランク期間が悪い印象にならないように伝える方法はありますか?

ブランク期間はどうしても悪い印象になるイメージがありますが、どのように伝えたらいいでしょうか

美容師経験者が美容室の事務や人事に転職することは難しいですか?

新卒から4年間、美容師をしていた者です 9月いっぱいで辞めて今は無職です。 現場で働くのは体調面(腰痛や手荒れ)で 退職をしたので、現場にはしばらく戻れません ですが美容室は好きで人のサポートをする 仕事に就きたいなと思い、美容室の本社の ...

転職活動で必要なスキルや有利な資格はなんですか?

ずばり転職時に必要なスキル、資格は?by入社10年目営業

無料の転職サイトで転職してよかったと思えている方はいますか?

無料の転職サイトで転職をし 今も続けてる、転職して良かったと 思えてる方いらっしゃいますか? 私は前回、某転職サイト(エ◯転職)経由で 内定を貰った所で働いてましたが 記事の通り、営業職にもかかわらず 毎日残業なしで帰ってました、ですが ...

バイトもせず無職で転職活動中の方いらっしゃいますか?

現在、バイトもせず無職で 転職活動中の方いらっしゃいますか?

新卒でうつ病の状態なら在籍しながらの転職活動の方が良いですか?

今新卒で半年です。 今の仕事で色々悩んでいて転職活動をしています。 小売スーパーの仕事です。 今毎朝仕事に行くのが辛くって毎朝吐いています。最近だと涙も出てきてしまいました。 休みの日もふとした時に仕事のことがよぎってしまって憂鬱な気持...

この記事に関連する記事

競業避止義務とフランチャイズ契約の関係性とは【ポイント解説】

競業避止義務という言葉をご存知でしょうか?競業避止義務とは、ある会社の方が、その会社と競業する事業を実施したり、手助...

【競業避止義務の意味とは?】退職後の詳細や種類などについてご紹介します

皆さん、「競業避止義務」についてご存知でしょうか?競業避止義務とは、従業員が在職中に兼業を行ったり退職後に競業行為を...

【アルバイトの競業避止業務とは?】どのようなルールがあるのかご紹介

競業避止業務とは、一定の者が、自己または第三者のために、その地位を私的に利用して、営業者の営業と競争的な性質の取引を...

【取締役の競業避止義務とは?】具体例や罰則についてご紹介

皆さんは「競業避止義務」という言葉をご存知ですか?これは自分が働いている会社で得た知識やノウハウを使い、働いている会...

【競業避止義務とは】意味や具体的な事例などを解説

競業避止義務とはどのようなものなのかご存知でしょうか。競業避止義務とは、法律で定められたもので一般に退職後に同業他社...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー