• HOME
  • 転職
  • 【MS-Japanの評判とは?】利用するメリット・デメリットをご紹介

【MS-Japanの評判とは?】利用するメリット・デメリットをご紹介

MS-Japanの評判とは一体どういったものなのでしょうか。MS-Japanは、経理や財務といった管理部門に特化した転職エージェントです。若手なら未経験でも求人を紹介してくれるため、非常に利用しやすい転職エージェントと言えるでしょう。今回はそんなMS-Japanの評判と利用するメリット・デメリットについてご紹介します。ぜひ参考にしてください。

342

MS-Japanとは

MS-Japanは、MS-JAPANが運営している転職エージェントで、管理部門に特化していることが特徴です。弁護士、税理士、公認会計士といった資格や、法務系、金融系といった商業経験があれば優遇される求人は多いです。

 

また、求人の応募条件にこのような資格やキャリアが求められるケースも多く、これまで法律や経済に関する業務に携わってきた人がキャリアアップをしたい時に活用できる転職エージェントです。

MS-Japanの概要

会社名 株式会社MS-Japan(エムエス ジャパン)
設立 1990年4月
資本金 580百万円(2019年3月31日現在)
本社所在地 東京都千代田区富士見2-10-2
飯田橋グラン・ブルーム4F
代表者 代表取締役社長
有本 隆浩
拠点
  • 東京
  • 横浜
  • 名古屋
  • 大阪
主要提携先 ベンチャーキャピタル
関東関西の主要会計事務所
取引先
  • 上場企業
  • 国内優良企業
  • 外資系企業
  • 会計事務所
  • 監査法人
  • 法律事務所

MS-Japanの基本情報

営業日・営業時間

転職相談受付  : 0120-217-717(フリーダイヤル)
月曜日~金曜日 : 9:00~19:00
土曜日     :10:00~17:00

東京本社所在地

〒102-0071
東京都 千代田区富士見2-10-2
飯田橋グラン・ブルーム4F

TEL:03-3239-7373
FAX:03-3239-7397

担当/登録受付担当

net@jmsc.co.jp

支社:横浜支社・大阪支社・名古屋支社

MS-Japanの特徴

  • 管理部門特化型転職エージェントNo.1
  • 累計約2万人の転職支援実績
  • 税理士、会計士、弁護士などの有資格者が年間約3000人登録
  • 転職をサポートした人の半数以上が、事務系のスペシャリスト
  • 転職をサポートした人の8割以上が、30代・40代の年齢層

MS-Japanのメリット・デメリット早見表

メリット
  • 管理部門の求人の質が高い
  • エージェントの専門性が高い
  • 第二新卒など若手なら未経験でもチャンスあり
デメリット
  • 相性の悪いエージェントに当たることもある
  • キャリアがないと厳しいこともある

 

▶︎ MS-Japan
https://www.jmsc.co.jp/

MS-Japanが扱う求人

MS-Japanは管理部門や士業に特化している転職エージェントです。

そのため、保有している求人にも特徴があります。

MS-Japanが取り扱っている求人の種類は以下の通りです。

  • 経理・財務
  • 人事・総務
  • 法務
  • 経営企画・内部監査
  • 広報IR・マーケティング・購買
  • 秘書・オフィスワーク
  • 外資・グローバル企業
  • 会計事務所・監査法人
  • 法律・特許事務所
  • 社会保険労務事務所
  • コンサルティング
  • 役員・その他
  • 金融

MS-Japanの評判とメリット

MS-Japan公式HP
MS-Japanの評判や強みとは、どのようなものなのでしょうか。


管理部門の求人の質が高い

管理部門に特化しているため、他のエージェントと比べると質の高い求人が揃っています。

これはMS-Japanがこれまで培ってきた優良企業や大手企業とのパイプの成果だといえるでしょう。


エージェントの専門性が高い

MS-Japanのサービスは管理部門に特化したものなので、転職のアドバイスも専門性が高く、とても参考になります。

また、キャリアコンサルタントも専門的な知識をもっているので、わからないことにも的確に答えてもらえます。


第二新卒など若手なら未経験でもチャンスあり

まだ若いようであれば、未経験であってもまだチャンスはあります。

キャリアコンサルタントから適切なアドバイスを受け、将来の方向性を決めていくことで、就職できる可能性を高めることができます。
 

▶︎ MS-Japan
https://www.jmsc.co.jp/

MS-Japanの評判とデメリット

弱み
MS-Japanの評判と弱みには、どのようなものがあるのでしょうか。


相性の悪いエージェントに当たることもある

担当になったキャリアコンサルタントのレベルが低く、あまり管理部門の業界のことを理解していないこともあるようです。

けれど、これはMS-Japanだけではなく、他の転職エージェントについても同じようなことは起こっています。

あまりにも担当者と合わないと感じるようであれば、担当者を変更してもらうという方法も考えましょう。


キャリアがないと厳しいこともある

管理部門の求人は、レベルの高いものが多いです。

そのため、業務経験の年数やスキル、コミュニケーション能力といったさまざまな面で一定のレベルに達していなければ、面談で断られることもあります。

MS-Japanに登録するとできること8選

税理士
MS-Japanに登録をすれば、以下のようなことができるようになります。
 

  1. 求人検索

    経理、財務、経営企画などの管理部門、そして弁護士、公認会計士、税理士といった求人を検索することができるようになります。
     
  2. MS-Japanの非公開求人を検索できる

    一般的には出回っていない、MN-Japanにだけしか掲載されない非公開の求人も、登録者だけは検索が可能になります。
     
  3. キャリアコンサルタントとの面談

    MS-Japanのキャリアコンサルタントと直接会い、個別での面談ができます。MS-Japanでは企業担当者と求職者担当者がおり、どちらにも気軽に相談することが可能です。そして、このようなキャリアコンサルタントの役割が異なっているため、より手厚く転職希望者のサポートができる体制が整っています。
     
  4. セミナーや個別懇談会への参加

    東京、横浜、名古屋など、場所は限られてしまうものの、定期的に転職相談会や個別相談会が行われています。転職活動をまだ実際に始めていない人でも参加することができ、おすすめです。
     
  5. キャリアプランの相談

    転職のことについて相談にのってもらうことができます。ヒアリングをしてもらい、キャリアプランをともに考えてもらえるので、具体的な転職希望がない方でも今後の方向性を決めるきっかけになります。
     
  6. キャリア診断を受けることができる

    どのような仕事が向いているのか、キャリア診断を受けることができます。申し込みフォームに自身のスキルなどを入力し、キャリアコンサルタントが診断をするかたちです。今後の転職活動に活かすことができるので、大変参考になります。
     
  7. 履歴書などの添削を受けることができる

    履歴書や職務経歴書を添削してもらえます。もちろん無料でアドバイスがもらえますし、添削をしてもらうことで書類選考通過の可能性も高まります。
     
  8. 面接対策をしてもらえる

    話す時のクセや、他人から見ると気になってしまう話し方などは、誰かに指摘してもらわなければ分からないものです。MS-Japanキャリアコンサルタントは、このようなマイナス評価になる可能性のある点を改善するアドバイスをくれます。また、面接マナーに対する指導も行ってもらえます。
     

▶︎ MS-Japan
https://www.jmsc.co.jp/

MS-Japanがおすすめな転職希望者とは

MS-Japan公式HP
MS-Japanをぜひ利用してもらいたい転職希望者とは、どのような人なのでしょうか。


管理部門でのキャリアアップを目指す

これまでにもお伝えしてきたように、MS-Japanは管理部門に特化しています。

そのため、管理部門においてキャリアアップを目指している人には、MS-Japanがおすすめです。

キャリアコンサルタントがキャリアアップに役立つアドバイスをしてくれます。


初めて転職する方

MS-Japanは面談で直接キャリアコンサルタントと話ができるほか、履歴書や職務経歴書などの添削もくれます。

そのため、初めて転職をするという方にもおすすめです。

どのような職種ならこれまでのキャリアを活かせるのかといった具体的なキャリアアドバイスもしてもらえます。


専門家と相談しながら転職を進めたい方

ひとりで転職活動を行うことも可能ですが、たとえば何か分からないことがある時、不安な時、そんな時に専門的な知識をもった人に相談をしたいと思うのであれば、MS-Japanでの転職活動がおすすめです。
 

▶︎ MS-Japan
https://www.jmsc.co.jp/

MS-Japan以外におすすめの転職エージェント

マイナビ税理士

マイナビ税理士
マイナビ税理士」は、株式会社マイナビが運営している税理士に特化した転職エージェントです。

専任のキャリアアドバイザーがアナタの転職を成功するまで支援してくれます。会計士業界に精通している精鋭達が勢揃いしているサービスです。


マイナビ会計士

マイナビ会計士

マイナビ会計士」とは、株式会社マイナビが運営している、会計士向けの求人を専門に取り扱っているエージェントです。

そして、マイナビ会計士は公認会計士・試験合格者の方を対象に転職支援を行っています。

会計職の転職に精通しているキャリアアドバイザーがいるので、安心して転職支援を受けることが出来ます。


ジャスネットキャリア 

経理の転職エージェントの画像


ジャスネットキャリア 」は会計・経理・財務・税務などに特化した転職エージェントです。

求人数も経理や会計に特化した案件を揃えており、経理関係へ転職を考えている方にとっては、うってつけの転職エージェントと言えるでしょう。

非常にオススメの転職エージェントです。

MS-Japanの評判のまとめ

MS-Japanは、管理部門、弁護士、税理士、会計士といったような専門的な転職活動を強みとしている転職エージェントです。

コンサルタントも専門性の高い知識やノウハウをもっており、あなたの転職活動を全力でサポートしてくれます。まずはMS-Japanに登録することから始めてみましょう。
 

▶︎ MS-Japan
https://www.jmsc.co.jp/

本記事の初回公開日は2019年05月23日です。

この記事に関連する転職相談

製薬会社の経理や人事はMRと比べ福利厚生ややりがいはどうでしょうか?

製薬会社の福利厚生はかなり良いと聞きます。しかし製薬会社のMRはかなりキツイともよく聞きます。そこで、製薬会社の経理とか人事であれば高水準の福利厚生を受けられ、MRほどのしんどさもなく、魅力的な...

経理システムがあるにも関わらず手作業でデータ資料を作ることをどう思いますか?

現在勤務している会社ですが、経理システムがあるにもかかわらず、手作業でデータ資料を27も作っており、コンピュータ化、業務の効率化になっておりません。 したがって転職活動をしています。 普通で...

経理の仕事を退職までやり続ける事は不可能でしょうか?

大学生です。将来経理の仕事に就きたいと思っています。イメージとしては、経理の仕事を数年ぐらいで覚えてその会社のことはほとんど自分ができるようになり、退職までその仕事をやるという感じです。しかし、...

小松製作所の経理部は主に本社もしくは、海外子会社での勤務になりますでしょうか?

経理の仕事に興味を持っておりますが、経理部は主に本社もしくは、海外子会社での勤務になりますでしょうか? 地方工場もしくは、グループ会社での勤務になる可能性は高いかどうか確認したい。

営業から経理に異動希望なのですが、やっておくと良いことや、異動に有利になる資格を教えてください。

営業から経理に異動希望なのですが、やっておくと良いことや、異動に有利になる資格を教えてください。 営業職4年目のものです。会社の成り立つ仕組みやお金回りに興味があるため、将来経理職への異動...

富士通の管理部門(人事・経理など)は有給をどのくらい取得できますか?

富士通の管理部門(人事・経理など)では、有休を年間で何%取得してますか?

キーエンスは経理も激務なのでしょうか?

経理も激務なのでしょうか。決算月以外も忙しいのならば何に忙しいのでしょうか。

経理や労務が中心の職に転職したいのですが、どうすべきでしょうか?

34歳男です。経理、調達、労務、人事、総務、営業事務を幅広くローテーションでこなす正社員の管理系総合事務職に内定しています。 私は経理や労務を中心に業務をしたいのですが、経理のみところに応募だ...

どんな職業・スキルを身につければ生き残っていけるか

 これからどんな職業・スキルを身につければ将来的にそれなりの年収が貰えたり、生き残っていけるか  20代中盤です。今の会社だと将来を見ても年収が頭打ちになることがわかり、転職活動をしていま...

管理部門の経理や、購買などは給料が低いのでしょ...

管理部門の経理や、購買などは給料が低いのでしょうか?年収どのくらいでしょうか?

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す