スケール 意味 とは

【スケールの意味とは】ビジネス用語の使い方を事例付きで解説

現在、多くの英単語がビジネスの場で使われています。その中でも、今回は「スケール」という言葉の使い方を解説します。スケールメリットやスケールアップといった言葉も使われていますが、スケールの意味はご存知でしょうか。この記事では、例文も交えつつ詳しく解説していきます。

8282

スケールとは?さまざまな分野における意味について

「スケールが大きい」という表現、多くの人が一度は耳にしたことがあると思います。この「スケール」にはどのような意味か、明確に説明することはできるでしょうか。

日常的に使用しているからこそ、特にカタカナ語はその意味や語源をしっかりと確認しておくことが大切です。

ここでは、「スケール」の意味やその使い方などについてまとめてご紹介します。

スケールの一般的な意味とは

「スケール」という言葉は、日本で使われている場合は、「物事の規模や大きさ」という意味が一般的です。

それ以外にも「目盛り」「ものさし」という意味もあります。「スケールが大きい」という使い方では「規模や大きさ」を意味する「スケール」だということがわかります。
 

英語圏で使われる「scale」の意味とは

「スケール」は、英語で表記すると「scale」となります。

英単語としての意味には、「目盛り・ものさし・比率・縮尺・規模」というものがあり、主に「目盛り・ものさし」の意味で使われています。

日本での主な意味とは異なることに留意しましょう。
 

音楽で使われるスケールの意味とは

「スケール」は音楽でもよく使われる言葉です。この場合は、「音階」のことを指しています。

「ドレミファソラシド」という音階を意味し、長調を「メジャースケール」、短調を「マイナースケール」と呼びます。
 

「湯垢汚れ」という意味もある

「スケール」という言葉には、ボイラー内などに付いた「湯垢汚れ」という意味もあります。

水道水の中の物質から生成されるもので人体に悪影響を及ぼすものではありませんが、見た目によくないので、「スケール」が目に触れるようなことがあれば、ボイラー洗浄を行いましょう。

スケールの類語との比較について


ここでは、「スケール」の類語との比較で、意味の違いを確認していきましょう。
 

メジャーとの違いは?

「メジャー」と「スケール」は基本的に同じ意味を持つ言葉です。

厳密な違いは、「メジャー」は長さを計測するもので、「スケール」は重量を計測するものという点です。

しかし、一般的には「メジャー」は「スケール」の別の言い方という理解で問題ありません。
 

コンベックスとの違いは?

「コンベックス」は耳馴染みがないという方も多いかもしれませんが、これは「メジャー」の一種で、金属製のテープで測定する巻尺状のメジャーです。

工具のひとつとして広く活用されていますが、固有名詞のようなもので、「スケール」と同義とはいえません。

自分の市場価値知りたくありませんか?

ビズリーチでは登録者の70%以上が市場価値を知るために利用しています。

転職を考えるときにはまず自分の市場価値を知ることか大切です。

ビズリーチに登録しておくことで、スカウトを受けることができ年収UPする人が続出しています。
 


ビズリーチ転職後の平均年収

  • 30代:840万円
  • 40代:960万円

今すぐ登録してまずは市場価値を確かめましょう!
 

ビズリーチの公式サイト
▶︎https://www.bizreach.jp/

スケールを含むビジネス表現の意味など


ここでは、「スケール」という言葉を含むビジネス表現について確認しましょう。
 

スケールアウト

「スケールアウト」とは、IT分野で使われている言葉で「何らかの処理を行っているサーバーの台数を増やすこと」を意味しています。

1分間あたり500件の処理がサーバー1台で可能として、そのサーバーを2台にすることで処理能力を1分間あたり1000件にすることを「スケールアウト」と呼ぶということになります。
 

スケールアップ

「スケールアップ」は「スキームアウト」と対になる言葉です。

「スケールアップ」は、「サーバーそのものの処理能力を上げること」を意味しています。

サーバーのメモリを増やしたり、CPUを高速なものに変更するといった調整を行うことで処理効率を上げることを、「スケールアップ」と呼ぶということです。
 

スケールメリット

「スケールメリット」とは、日本語で「規模の経済性」とも表現され、「生産規模を拡大することで生産効率が上昇すること」を意味します。

生産規模を拡大するための初期投資は必要となりますが、その後は生産効率が上がり生産量が増加することで生産物ひとつあたりのコストを抑えることになり、利益が上がるということになります。

このような利点がまさに「スケールメリット」ということになります。
 

オンスケール

「オンスケール」とは、「定規を使用することで正しい寸法を採ることができる縮尺のついた図面」のことを指します。

設計図など「1/100」や「1/500」といった縮尺が掲載されているものを指し、地図や設計図は大抵の場合「オンスケール」です。

スケールを使った例文について


ここでは、「スケール」という言葉を使った例文について確認していきましょう。
 

スケールを単体で使う場合の例文

「スケール」が単体で使われているケースとしては、次のような例文が挙げられます。

海外に移住したことをきっかけに、スケールの大きいプロジェクトに挑戦した

この場合の「スケール」は「規模」と置き換えることができ、日本で使われる「スケール」の最も一般的な意味といえます。
 

スケールを使ったビジネス表現の例文

「スケール」を使ったビジネス表現を含む例文には次のようなものがあります。

  • 今回の海外進出ではスケールメリットを追求したい
  • このサーバーをスケールアップすれば、かなり状況は改善するでしょう

先述した「スケールメリット」「スケールアップ」はこのような形で使うことができます。

特にビジネス表現にかなり似たような言葉なので、ここは例文とセットにして誤用がないようにその意味の違いをしっかり理解しましょう。

スケールを使うときの注意点は?


ここでは、「スケール」という言葉を含む表現を使うときの注意点について確認しましょう。
 

スケールアウトとスケールアップの使い分けに注意する

使い分けで混乱しやすいのがIT用語の「スケールアウト」と「スケールアップ」です。この2つは対になる言葉なので、どちらがどちらなのか注意して使う必要があります。

「スケールアウト」が「サーバーの台数を増やして処理能力を上げること」
「スケールアップ」が「サーバーそのもの処理能力を上げることで処理効率を上げる」
ということです。

台数が増えるということを「広がり=アウト」とイメージし、サーバーの能力を「上げる=アップ」とイメージして、意味をそれぞれ明確にすることをおすすめします。

まとめ

「スケール」という身近な言葉一つにあるさまざまな意味を確認しました。

新しい言葉を学ぶときは、常に「意味」と「使い方」をセットにすることが大切です。

また英語を単語からきている言葉の場合は、英語圏での使われ方との比較も忘れないようにしましょう。

最後に、JobQで投稿された質問も併せて見てみましょう。

「なるはや」とはどういう意味でしょうか。どれだけ急げば良いのでしょうか。

「なるはや」とはなるべく早くということですよね?

仕事の依頼をされる時、納期が明確でないものの、「なるはやでお願いします」と言われることが多々あります。

なるべく早くということなので最優先でやると、早過ぎてビックリされますし、後回しにすると催促されると言うことが繰り返し起こり、一体何を目安に処理すれば良いのか分からなくなってきました…。

みなさん、「なるはや」と言われたら何時間、何日を想定して動きますか?

言われると困りますよね、とても分かります。

他の仕事もありますし、そもそも大体の仕事がなるはやが1番ですし。

いつまでですか?と聞いてもいいと思いますが、それだと相手の都合に振り回されてしまいますよね。 なので…続きを見る

【必見】登録しておきたい完全無料の転職エージェント

人気の転職エージェント

転職エージェント 対象
マイナビエージェント 転職を目指す全ての20〜30代におすすめ
レバテックキャリア IT業界・Web業界に特化
リクルートエージェント 業界総合実績・求人数No.1
第二新卒エージェントneo 20代の第二新卒・フリーターに強い
JAIC 就職成功率81.1%以上
ビズリーチ 年収1,000万円を超える求人が1/3以上
dodaキャンパス 国内最大規模の新卒向けサービス


以上の転職エージェントを利用することがおすすめです!

公式HPはこちら
・マイナビエージェント
 https://mynavi-agent.jp/
・レバテックキャリア:

 https://career.levtech.jp/
・第二新卒エージェントneo:
 https://www.daini-agent.jp/
・リクルートエージェント:
 https://www.r-agent.com
・JAIC:
 https://www.jaic-college.jp/
・ビズリーチ:
 https://www.bizreach.jp
・JAIC:
 https://www.jaic-college.jp/
・dodaキャンパス:
 https://campus.doda.jp/

この記事は役に立ちましたか?

この記事に関連する転職相談
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す