ハレーション 意味

【ハレーションの意味】正しい意味や使い方についてなどご紹介

皆さんは「ハレーション」という言葉をご存知でしょうか。ビジネスシーンなどで使用されることのある「ハレーション」ですが誤った使い方をしてしまってはいませんか?今回は「ハレーション」の正しい意味や使い方など例文と一緒にご紹介していきますので是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

24696

「ハレーション」とはどんな意味を持つ言葉か


ハレーションとは、どのような意味をもつ言葉なのでしょうか。

また、どのような使い方をされるのでしょうか。

 

英単語「halation」の元々の意味とは

英単語のハレーションの意味は、光暈、暈影です。

また、強い光が当たった時の光のぼやけの意味もあり、主に名詞として使われることが多くなっています。

 

「ハレーション」の使われ方

ハレーションの使われ方としては、以下の2つがあります。
 

  1. ハレーションを起こす
    ビジネスシーンにおいて使われる場合は、「この案件はハレーションを起こす可能性があるだろう」「ハレーションを起こさないよう、注意してください」といったように使われます。

    この場合のハレーションは、悪い影響を及ぼすものという意味をもちます。 

    例えば、「この案件はハレーションを起こす可能性があるだろう」は、「この案件は周りに悪い影響を及ぼす恐れがあるだろう」という意味になります。

    そして、「ハレーションを起こさないよう、注意してください」は、「周りに悪い影響を及ぼさないよう、注意してください」という意味となるのです。

    また、必ずしもハレーションは「悪い影響を及ぼす」という意味をもつのではなく、ときには「強い印象を与える」といった意味で使用される場合もあります。

    使い分けが少し難しい部分もありますが、「他人にハレーションを起こす」という意味としては「他人に悪い影響を及ぼす」という意味もあれば「他人に強い印象を与える」という意味もある、ということです。
     
  2. ハレーションが起きる
    「組織のなかでハレーションが起きる」「今日は眩しい。ハレーションが起きるだろう」といったように使われます。

    前者はビジネスにおいて使われる使われ方であり、組織に悪い影響を及ぼすという意味になります。

    そして後者は、ハレーションの英単語のもともとの意味である「光量が強く、写真が全体的に白くぼやけてしまう現象が起きる」という意味で使用されます。

    このように、ハレーションは、必ずしもビジネスシーンだけで使われる言葉ではないので、気をつける必要があります。

 

資料

調査資料
入社半年の転職意識がわかる260人への独自調査
Job総研による『21卒 入社半年の転職意識調査』を実施。調査内容のリアルなデータを大公開!

「ハレーション」は映像や写真関連の用語の一つ


ハレーションは、映像や写真に関連する用語の1つです。

映像や写真関連での「ハレーション」の意味とは

強い光がレンズに入り、そのため、写真の一部が白くぼやける現象をハレーションといいます。

もっと詳しくいえば、強い光が写真フィルムの感光層を通って、その下にあるベースに当たり反射をして、再び周りの感光剤に作用している現象のことをいいます。

そのため、写真フィルムを使用しないデジタルカメラやスマートフォンでは、ハレーションが起きることはありません。

映像や写真関連での「ハレーション」の使い方

映像や写真に関するハレーションの使い方としては、「フィルムを現像したところ、写真の広範囲にわたってハレーションが起きていることがわかった」「ハレーション対策として、レンズにカバーを付け、手を使って直射日光が当たるのを避ける」「写真に偶然、入り込んだハレーションが、思いがけない良い効果をもらたしてくれた」といったように使われます。

⇒新卒社員の半分が年収に不安を持っている!?PDFの無料ダウンロードページはこちら

自分の市場価値知りたくありませんか?

転職を考えるときにはまず自分の市場価値を知ることか大切です。

ビズリーチでは登録者の70%以上が市場価値を知るために利用しています。

ビズリーチに登録しておくことで、スカウトを受けることができ年収UPする人が続出しています。
 


ビズリーチ転職後の平均年収

  • 30代:840万円
  • 40代:960万円

今すぐ登録してまずは市場価値を確かめましょう!
 

リクルートエージェントの公式サイト
▶︎https://www.r-agent.com/
ハタラクティブの公式サイト
▶︎https://hataractive.jp/

職場で使う「ハレーション」の意味を解説


ビジネスや医療、IT業界でもハレーションという言葉は使われます。

ですが、その使われ方はもちろん異なります。
それぞれ、どのように使われるのでしょうか。

ビジネス全般で使われる「ハレーション」の意味

ビジネスで使われるハレーションは、周りへ悪影響を与えることという意味をもちます。

これはカメラ用語の「強い光の影響で、写真を台無しにする」というニュアンスから派生しています。

ちなみにビジネス用語のハレーションは、日本独自のものであって、そのまま英語に置き換えることはできません。

医療やIT業界では独自の意味で使われることも

医療用語では、金属の反射という意味があります。

ハレーションは、X線を使ったCTや、電磁波や磁石を使ったMRIなどによる医療検査でも起こります。

たとえば、体内のボルトや、虫歯に被せられた金属またはインプラントが装置に映った場合、ハレーションが起きて、正しい撮影ができなくなってしまいます。

体内の金属が磁波などに反射し、放射状の光が映像にあらわれてしまうこと、これを医療用語ではハレーションといいます。

そしてIT業界でのハレーションとは、1つの操作や作業のミスによって、大きな悪影響が及ぼされるという意味で使われます。

インプットや並びの多いIT業界においては、たったの1つのミスも見逃すことができません。それほど厳しい業界なのです。

累計登録者数30万人突破!JobQについてのPDFを無料公開中!

「ハレーション」の正しい使い方と例文


ハレーションの正しい使い方や例文をご紹介しましょう。

ビジネスではこんなシーンで使える

ビジネスでのハレーションは、周りに悪影響を及ぼすという意味で使われます。

シーンとしては、会議などがイメージしやすいのではないでしょうか。

「ハレーション」を正しく使った例文

ハレーションを使った例文をいくつかご紹介します。
 

  1. ハレーションが大きい 
    ハレーションが大きいとは、急な変更または不慮の事態によって、悪影響が大きい常態を指します。具体的には、「ドキュメントの修正範囲が膨大だ」「他のお客さまからもクレームが来ることが予想される」といったように使われます。
     
  2. ハレーションを起こす
    ハレーションを起こさないように気をつけてもらいたい」といったように使われます。

    ビジネスシーンでは、割影響を及ぼすという意味で使われますが、強い印象を与えるという意味で使われることもなかにはありますので、意味の区別がつきにくい場合は、よく注意しましょう。
     
  3. ハレーションが起きる
    悪い影響が起こるという意味で使われます。
    「組織内でハレーションが起きる」といったように使われます。

入社半年の転職意識がわかるPDFを無料ダウンロード

まとめ

ハレーションという言葉の意味は、業界やシーンによって、その使われ方や意味が異なります。

どちらの意味も理解しておくと、どのようなシーンにも対応することができます。

もともとの英単語であるハレーションの意味も含めて、よく理解しておくようにしましょう。

最後に、JobQで投稿された質問も併せて見てみましょう。

「なるはや」とはどういう意味でしょうか。どれだけ急げば良いのでしょうか。

「なるはや」とはなるべく早くということですよね?

仕事の依頼をされる時、納期が明確でないものの、「なるはやでお願いします」と言われることが多々あります。

なるべく早くということなので最優先でやると、早過ぎてビックリされますし、後回しにすると催促されると言うことが繰り返し起こり、一体何を目安に処理すれば良いのか分からなくなってきました…。

みなさん、「なるはや」と言われたら何時間、何日を想定して動きますか?

言われると困りますよね、とても分かります。

他の仕事もありますし、そもそも大体の仕事がなるはやが1番ですし。

いつまでですか?と聞いてもいいと思いますが、それだと相手の都合に振り回されてしまいますよね。 なので…続きを見る

 

入社半年の転職意識がわかる260人への独自調査

下記グラフをご覧ください。

ホワイトペーパー_記事下

これは21年の新卒入社の社員を対象に調査した『入社後半年での転職意識』に関する調査です。転職が当たり前となったとはいえ、半年で転職したいと思ってしまう職場や職種のために就職活動をするのは、非常にもったいないです。

新卒時の就活で最初に選ぶ会社は今後のキャリア形成にとても影響を与えます。先輩就活生の生の声をぜひ参考にしてみてください。

\1STEPで完了/

新卒社員の半分が年収に不安を持っている!?PDFの無料ダウンロードページはこちら

  転職エージェント/公式サイト 総合評価
1位 ハタラクティブ
 https://hataractive.jp/
4.7 ★★★★☆
2位 ビズリーチ
 https://www.bizreach.jp
4.4 ★★★★
3位 レバテックキャリア
 https://career.levtech.jp/
4.3 ★★★★
4位 リクルートエージェント
 https://www.r-agent.com
4.2 ★★★★
4位 パソナキャリア
 https://www.pasonacareer.jp/
4.2 ★★★★
6位 JAIC
 https://www.jaic-college.jp/
4.1★★★★
7位 第二新卒エージェントneo
 https://www.daini-agent.jp/
4.0 ★★★★

 

1位 全ての20〜30代におすすめはハタラクティブ!


2位 年収アップを目指すならビズリーチがおすすめ!

この記事は役に立ちましたか?

この記事に関連する転職相談
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料

関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す