【ファクトベースの意味とは】仕事に生かすためにはどうすれば良いのか

【ファクトベースの意味とは】仕事に生かすためにはどうすれば良いのか

皆さんは「ファクトベース」という言葉をご存知でしょうか。ビジネスシーンでよく使用されることのある言葉ですがどのような意味を持つ言葉なのでしょうか?今回は「ファクトベース」の正しい意味や使い方を例文と一緒にご紹介していきますので是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

12325

ファクトベースとはどんな意味を持つ言葉か

ファクトベースとは、どのような意味をもつ言葉なのでしょうか。

また、対義語や類義語は、どのような言葉になるのでしょうか。


ファクトベースという言葉の意味

ファクトベースの「ファクト」とは「事実」という意味です。

つまり、事実をもとにするという意味です。

ファクトベースは、ファクトベース思考という言葉としてよく使われます。
そしてファクトベース思考とは、事実に基づいて考えるということを指す言葉です。

ロジカルシンキングでは、さまざまな事実をもとにして論理を展開しますが、その事実そのものが正確に把握されたものでなくては、結論も信ぴょう性のないものになってしまいます。

そのため、ファクトベース思考では、もとにする事実をしっかりと確認したうえで論理を展開します。

論理が間違っていなければ、そこから導き出される答えも正しいはずですので、ファクトベース思考は、ロジカルシンキングの基礎としての考え方だということができます。

ファクトベースはロジカルシンキングの手法


ファクトベース思考の基本的な説明と、ファクトベース以外を使ったロジカルシンキングの手法をご紹介します。


ファクトベース思考の基本的な使い方

ファクトベース思考とは、基本的に数値化されたデータをもとに考えていきます。

数値化されたデータとは、例えば売上データや、1日の来客数データなどを指します。

そして、これらの数値化されたデータを駆使して、ロジカルに考えを展開していくのです。

具体的には、「コンビニでお客さんが1回あたりにいくら使うのか?」と聞かれた時「だいたいお菓子や飲み物を買うとして、500円程度でしょうか」と答えるのと、「コンビニの1日の売り上げは約40万です。

来客数は1日1,000人ほどなので、40万を1,000人で割って、約400円ですね」とデータをもとにして答えられるのとでは、どちらの答えを信じることができるでしょうか。

当然、数値化されたデータをもとに説明された後者の答えでしょう。

このように、数値化したデータを用いて考えていくのが、ファクトベース思考の基本的な使い方です。


ファクトベース以外のロジカルシンキングの手法

ファクトベースで展開するロジカルシンキングの手法をご紹介しましたが、ファクトベース以外のロジカルシンキングの手法もお話しましょう。

それは、仮説を立てて考えるロジカルシンキングです。

どのようなことであってもそうですが、100%うまくいく方法などありません。
そのため、何事もやってみなければ結果はわからないというのが当たり前の考え方です。

しかし、試しにやってみることに対して、多くの時間や費用を費やすことは賢明とはいえません。

また、困難な課題をもっている時には、突破口がまったく見つからない状況に陥ってしまうこともあります。

このような場合には、ファクトベースで仮説を立てて、物事考える必要があるのです。

仮説を立てるには、事実と、論理が必要となります。

実際には、どちらかが欠いた状態であっても仮説を立てることは可能ですが、2つを用意し、方程式のように事実をあてはめて考えた方が、うまく考えることが容易になります。

例えばあなたは、飲食店を経営しているとしましょう。

その飲食店があるエリアには、他にも飲食店があるとします。
そして、以下のような3つの情報がある場合、あなたのお店はうまく経営することができていると判断できるでしょうか。
 

  1. 今月の売上は、前月の1.5倍になっている
  2. 来客数は、3ヶ月連続して増えている
  3. 週末は満席になる時間帯が多い

 
まず、事実を整理します。事実は、1と2です。

3の満席になっているということに関しては、何時間その状態が続いているのか、少人数のお客によって大きな席が占領されていないかどうか、などを確認する必要があります。

また、1と2だけでは、経営がうまくいっているという判断はできません。

例えば、売り上げも来客数も、シーズンごとの変化が訪れているだけかもしれないからです。加えていえば、ライバル店も同じような状況かもしれません。

このように、事実をしっかりと整理して仮説を立てるというのは、非常に難しいことなのです。

ファクトベース思考はコンサルティングで使われる


ファクトベース思考が実際にビジネスで使われる時とは、どのようなシーンなのでしょうか。

また、ファクトベース思考のメリットとデメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。


ファクトベース思考が使われるビジネスシーンの例

ビジネスにおいてファクトベース思考が使われるシーンとは、POSシステムが使われる時です。

POSシステムとは、売上の実績を単品単位でデータ管理できるシステムのことをいい、スーパーやコンビニのレジに導入されています。

そしてこのデータをもとに、顧客情報や、購入商品情報などを分析することが可能になり、新商品の開発に役立てることができるのです。


ファクトベース思考のメリットとデメリット

ファクトベース思考のメリットは、どのような人を相手にしても説得が可能だということです。

事実に基づいて問題点や改善点を導き出し、顧客に利益をもたらしているので、異論の余地がないのです。

反対にファクトベース思考のデメリットは、時間がかかる点です。

徹底したファクトベース思考を行うには、時間と手間をかけて事実を探らなければなりません。

ビジネスではスピード感を求められることが多いので、これはデメリットとなります。

ファクトベース思考を仕事に活かすためには

ファクトベース思考を仕事で活かすには、どのようにすればいいのでしょうか。


ファクトベース思考ではデータを活用する

ファクトベース思考により得たデータは、相手を説得させる時に有効に使うことができます。

たとえば自社の計画案が事実に基づいたものである、という印象を強く相手に与えたい時に、ファクトベース思考は有効です。

相手には、余計な情報は与えず、事実に基づいたデータだけを渡しましょう。

最後に、JobQで投稿された質問も併せて見てみましょう。

「なるはや」とはどういう意味でしょうか。どれだけ急げば良いのでしょうか。

「なるはや」とはなるべく早くということですよね?

仕事の依頼をされる時、納期が明確でないものの、「なるはやでお願いします」と言われることが多々あります。

なるべく早くということなので最優先でやると、早過ぎてビックリされますし、後回しにすると催促されると言うことが繰り返し起こり、一体何を目安に処理すれば良いのか分からなくなってきました…。

みなさん、「なるはや」と言われたら何時間、何日を想定して動きますか?

言われると困りますよね、とても分かります。

他の仕事もありますし、そもそも大体の仕事がなるはやが1番ですし。

いつまでですか?と聞いてもいいと思いますが、それだと相手の都合に振り回されてしまいますよね。 なので…続きを見る

登録しておきたい完全無料な転職サービス

おすすめの転職サービス

エージェント名 対象
第二新卒エージェントneo スピーディーに内定を取りたい方
リクルート 30代以上の方
ビズリーチ 年収600万円以上の方
レバテックキャリア IT業界経験者におすすめ
ハタラクティブ 完全に未経験でも正社員として就職を目指せる
JAIC フリーターの方におすすめ
dodaキャンパス 新卒の方におすすめ


以上の転職エージェントを利用することがおすすめです!

公式HPはこちら
・第二新卒エージェントneo:
 https://www.daini-agent.jp/
・リクルートエージェント:
 https://www.r-agent.com
・ビズリーチ:
 https://www.bizreach.jp
・レバテックキャリア:
 https://career.levtech.jp/
・ハタラクティブ:
 https://hataractive.jp/
・JAIC:
 https://www.jaic-college.jp/
・dodaキャンパス:
 https://campus.doda.jp/

この記事は役に立ちましたか?

この記事に関連する転職相談

ビジネス用語ばかり使うようになった友人がうざいです

新卒一年目です。 大学を卒業してから久しぶりに、大学時代の友人にあったのですが、普通に遊んでいるだけなのにビジネス用語を連発していてうざかったです。 特に、仕事の実績も何も残していな...

ビジネス用語の「マター」ってどんなビジネスシーンで利用するのでしょうか?

今年、新卒で入社した者です。 会社では様々な横文字が公用語のような感じで利用されていて、たまに全く話が分からない時があります。 今回質問させていただいた「マター」もその1つです。マタ...

「なるはや」とはどういう意味でしょうか。どれだけ急げば良いのでしょうか。

「なるはや」とはなるべく早くということですよね? 仕事の依頼をされる時、納期が明確でないものの、「なるはやでお願いします」と言われることが多々あります。 なるべく早くということなので...

来月入社の新卒社員ですが、覚えておくと良いビジネス用語ってありますか?

来月の4月に正式に入社する予定のものです。 リスクヘッジや、KPIなどなど、沢山のビジネス用語があると思うのですが、覚えておくとよいビジネス用語ってありますか? 最初は特に何を言って...

職場でよく使われるビジネス用語は何ですか?

私自身、カタカナのビジネス用語に詳しくないのですが、転職先でそういった用語を使う人がとても多いです。 正直、日本語でいいのに…と思うことが多いのですが、郷に入りては郷に従えということで、必...

最近ビジネス用語やビジネス英語が増えていて仕事がしにくくないですか?

最近、検索しないとわからないようなビジネス用語、ビジネス英語がどんどん増えてるように感じるのですが、正直、煩わしいし、返って仕事を遅らせてるように感じます。 ビジネス上での、日本語英語に関...

「OKR」とはなんですか?どのように行うのですか?

先日、人事から「OKR」という評価制度を導入するという話がありました。 一応説明があったのですが、あまり理解ができず、ネットで調べても要領を得ないのですが、簡単に言うとどういった評価制度に...

30代で営業しかしたことがないのですが転職することはできますか?

私は家電製品の営業をしている30代です。 私の会社はここ数年赤字経営が続いています。去年度の業績は特に厳しいものでした。 最近は転職する同期もふえ、私もそろそろ転職をしようかと考えて...

転職で人間関係と業務に不安がある時にすべきこととは何ですか?

40代男性です。 この度、転職が決まったのですが、入社日が近づいてくるにつれ、不安感が増してきてます。 転職のきっかけは、前職の業績悪化、サービス残業発生、ボーナスがなくなるなど、生活に支障...

ウェブディレクターが転職活動ですべきことはなんですか?

受託会社でウェブディレクター4年しているアラサー女子です。 トレンドものがすきなミーハーで事業部側に行こうと思うのですが、これといっていきたい会社がなかったり内定をもらってもいまより忙しくなる...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す