SEOコンサルタントの仕事内容とは?求められるスキルや資格と共にご紹介の画像

SEOコンサルタントの仕事内容とは?求められるスキルや資格と共にご紹介

今回はSEOコンサルタントの仕事内容や求められる資格についてご紹介します。SEOコンサルタントとは一体どのような仕事をしている人を指すのでしょうか。そもそもSEOとは何なのかからご説明します。SEOとはSearch Engine Organizationの略であり、インターネットで検索エンジン(主にGoogle)を使い、検索結果に現れるサイトの最適化のことを言います。それをコンサルティングするのがSEOコンサルタントです。

SEOコンサルタントの仕事内容とは?

結論から言うと、SEOコンサルタントは、
クライアント企業のサイトへより多くの人を導くのが仕事です。

今や、何かを買いたい、サービスを受けたいと思った時に、
インターネットで検索するのは当たり前の世の中になりました。

しかしそんな時に、検索上位にサイトがないと、
そもそも自社サービスや製品を知ってもらうことすら出来ません。

その時に重要なのがSEOなのです。

ちゃんと価値のある情報かどうかを、
検索エンジンは常に考えています。

なので、検索エンジンに、
きちんと自分のサイトが有益であると判断してもらうためにSEOが必要なのです。

検索エンジンのはじき出した結果の順位を1つでも上にあげて、
より多くの集客をするようにサイトを最適化します。

SEOコンサルタントには、サイトを分析し、見直すことが求められます。

クライアントが満足するだけの集客が出来るサイト作りをしますし、
なにか問題があった時にどのような対処をするかも問われます。

SEOコンサルタントは戦略立案のプロ?

SEOをやっていくには、戦略を考えることは基礎中の基礎です。

まずは、何をターゲットにするのか考える事が大切です。
そこにはユーザーニーズはあるのか考慮する必要があります。

まずは依頼された企業側にヒアリングをしましょう。
ビジネス要件やターゲットを明確にさせましょう。

そして今度はユーザー調査をします。
SEOによって、どんなターゲットが利用しているのか、本当のニーズを見極める必要があります。

次にキーワード調査をしましょう。
サーチコンソールやキーワードプランナーなどgoogleが提供しているサービスを利用して、そのキーワードのボリュームだったり、検索結果を調査し分析しましょう。

狙うべきキーワードが浮き彫りになってくるハズです。

そして改善箇所を考え提案し、レポートなど作成します。
企業側とミーティングを通して今後の施策など改善案をどんどん話し合っていきます。

上記のように、戦略を立てて、実際にどのように改善していくかがとても重要です。

SEOコンサルタントは戦略立案のプロでないと、仕事は務まらないと言えます。

有利な資格・スキルとは?

有利な資格

SEOコンサルタントとして認められる資格は、
SEO検定と認定SEOコンサルタントがあります。

どちらも一般社団法人全日本SEO協会が認めている資格です。

特に資格がないとなれないという仕事でもありません。
実績を残しているSEOコンサルタントは、
インターネット上におり、それぞれが営業活動を行っています。

また、企業に勤めながら、
SEO対策の部署に配属になったために資格を取り、勉強する人もいます。

 

 

有利なスキル

SEOコンサルタントに求められるスキルとは、
クライアントの目的や目標を明確にする力です。

最終的な目標は利益を上げることや、
売り上げを拡大することですが、
そのプロセスで何を重要視するかは会社によって様々です。

なぜなら、その会社が、
短期的に収益を出したいという要望を持っているのか、
それとも2年3年とかけてブランディングしていくつもりなのか
にもよるからです。

また、費用対効果を重視する会社もありますが、
それより成約率を上げたい会社もあります。

なのでクライアントとなる会社がどのような目標を持っているのかを、
きちんとヒアリング出来るかどうかにかかっているのです。

最後に

SEO対策は今や企業にとって、
無くてはならない経営課題になっています。

その課題を解決へと導くのがSEOコンサルタントなのです。

検索結果の1ページ目に出てくる会社と、3ページ目に出てくるサイトとでは、
集客に大きな差が出てきてしまいます。

きちんとSEO対策がなされている場合には、困ることはありませんが、
SEOの仕組みを理解してサイト制作をしなくては、
顧客に存在すら認知してもらえません。

それは機会損失です。

また、今あるサイトを検索上位に上げたい、
というクライアントもいるでしょう。

その時には現在使われているサイトの課題の抽出が必要となります。

サービスに問題があるのか、それを運用する人に問題があるのか。
課題は様々です。

なのでウェブマーケティングに詳しい人物が求められます。

そしてその課題を解決する企画力。
サイトの改修や運営体制の刷新など、自ら発案し、
変えていかなければなりません。

そして課題が解決した後、きちんと継続して、
検索上位に表示され続ける仕組みまで考えなければ仕事としては成り立ちません。

時には経営者とその会社の経営課題まで深い領域まで踏み込んで、
ヒアリングしなくてはならない仕事であると言えるでしょう。

この記事に関連する転職相談

SEO担当者はどういった仕事をすることが多いのでしょうか?

Webマーケティングに興味を持っています。 大きく分けてリスティングとSEOがあるということを聞きました。 リスティングは何となくどういった仕事をすることになるのか、つかむことができたのですが、 SEOの場合は、どういった仕事をするのでしょうか...

SEOのスキルが一通り身につくまでに何年かかりますか

SEOの会社に転職希望です。一通りのスキルが身につくまでには何年くらいの経験が一般的には必要でしょうか。

これからネットで検索することはしなくなると思いますか?

現在webマーケティングを担当しているものです。 seoやリスティングなどなどインターネット上でのマーケティングを仕事としています。 そこで質問なのですが、webマーケティングってこれからなくなると思いますか? よく言われているのが、インス...

webマーケティングのお仕事で、今後も成長していく領域はどれでしょうか?

webマーケティングのお仕事で、今後も成長していく領域はどれでしょうか? 今後のキャリアとして、市場価値が上がっていくポジションを選択したいと考えています。 現在のところはSEOのマーケティング領域として任されることに転職先ではなりそうなのです...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー