【インターンシップ面接】知って得する自己紹介で評価を上げる方法とは?の画像

【インターンシップ面接】知って得する自己紹介で評価を上げる方法とは?

今や「インターンシップ」は本格的に就職活動を始める前の「就業体験」として、無くてはならないイベントになっています。そのためには、まず面接において評価を上げなくてはなりません。そこで今回はインターンシップでの面接時の自己評価を上げる方法とは何でしょうか?

 

インターンシップの種類と面接の有無とは?

インターンシップにも種類があり、一日だけの短期、数日~1か月程度までの中期、数か月~年単位の長期とあります。

一日だけの短期インターンシップの場合、就職説明会を少し詳しくした程度のカリキュラムしか組めないと思われるので、選考などは無く、希望して抽選に当選すれば参加できる場合がほとんどです。

面接などの選考があるインターンシップは中長期になります。

中長期の場合は、それなりに時間がありますので、会社案内だけでなく、実際に仕事を行ういわゆる「就業体験」をすることができます。そのため、より深くその企業のことを知ることができるし、企業に対し、自身をアピールすることもできます。

企業側も期間が長い分だけ、受け入れられる人数に制約がありますので、希望者が多い場合、当然、選考を行う必要が出てきます。

インターンシップにおける就業体験

企業側も中長期のインターンシップを受け入れる以上、当然、優秀な学生に来てもらい、インターンシップを通じてその企業で働きたいと思ってもらい、将来、実際に就職して貰いたいと考えています。

そのため、インターンシップの「選考」においても、インターンシップの期間中においても、常に自身が評価されていると考えて下さい。

それは、ある意味、チャンスでもあるし、ピンチでもあります。インターンシップの一連の流れの中で、企業側に、「是非、採用したい人」と評価されれば、終了後に企業側からあらゆる形でお誘いが来るかもしれませんし、逆に「採用するに値しない人」と評価されてしまうと、本選考の段階で採用に至らない可能性もあります。

また、実際にインターンシップに来た場合は、就業体験を通じて、「企業での仕事とはこういうもの」という感触を持てるような体験をしてもらおうとするはずです。

そのため、何か小さなテーマを与えられ、なぜ、その仕事が必要なのかの背景を理解する所から、仕事の段取りを考え、結論まで出すような一連の流れを経験して貰うことが多いのではないかと思います。

この中で、「なぜ、その仕事が必要なのかという背景」をどこまでちゃんと理解できるかが最も重要です。

なぜなら、将来、仕事をマネジメントしていく上で、背景を正確に理解していることが最も重要であり、それが無ければ次の一手を考え出すことも出来ないからです。

インターンシップ選考面接での自己紹介方法とは?

中長期のインターンシップは、将来、その企業で働くこともある程度想定した事前の就業体験になりますので、選考面接では、ある意味、採用面接と同様であると思って良いかもしれません。

但し、あくまでもインターンシップのための面接なので、なぜ、その企業のインターンシップを行いたいのかを簡潔に説明できる必要があります。面接時でも、事前の書類でもそうですが、希望動機を長々と説明したり、記載する人がいるかと思いますが、そのような行為はお勧めしません。

何故なら、採用する側は、同じような説明を場合によっては、何十人、何百人と見聞きしないといけないので、長々と説明されるのではそれだけで疲れてしまいます。

あくまでも、「志望動機の説明は簡潔に」が鉄則です。

但し、「簡潔に」と言っても、単純に、「その企業の業務内容に興味があるので」だけでは迫力がありません。

将来の自分のやりたい仕事と、インターンシップで経験できるであろう仕事の内容に関連があり、これを経験することでなりたい自分に近づくことができることを簡潔に説明するのが良いと思います。

また、インターンシップを受ける業界が現在抱えている課題などを事前に調査できれば、現在、大学等で行っている研究とか、自分の興味がそういう分野にあることをアピールすることも効果的かと思います。

文書で表現するのであれば、具体的には150~200文字前後を意識して、説明することを意識すると良いと思います。

最後に

インターンシップ面接選考での自己紹介方法について考察しました。

何かしらの選考がある中長期のインターンシップについては、将来の就職先を決めるための、ご自身にとっても企業側にとっても、とても重要なイベントです。

応募する学生からすれば、将来、働きたいと思っている企業のインターンシップを経験することで、将来の仕事を少しでも理解でき、就職時のミスマッチを防ぐことにもつながります。

面接時の自己紹介(アピール)方法は、インターンシップに限らず、どの面接でも基本的には同じであると思います。

ここに記載した自己紹介方法も参考にし、是非、ご自身を効果的にアピールできる自己紹介方法を考えてみて下さい。

この質問に関連する転職相談

転職活動時に離職期間をどのように穴埋めするべきかで悩んでいます

転職活動の離職期間の問題で悩んでます。 現在、今年入社したブラック企業を短期で離職し、転職活動をしてますが、離職期間が延びるため、職歴の繋ぎのものとして派遣の仕事を探してるのですがなかなか選考が通りません。派遣の選考って元々通りにくいも...

最終面接後に条件面談の日程調整があったのですが、内定と受け取っていいですか?

最終面接後に条件面談の日程調整がありました。まだ内定とご連絡いただいてはいないのですが、ほぼ内定と受け取ってよいのでしょうか?

会社が倒産した場合転職活動時に何と説明するのがいいですか?

来月、会社の倒産が決定しました。 転職活動をしているのですが、会社の退職理由が会社の倒産というのは 人事側の心象としていかがでしょうか。 これから転職活動をすすめていかなければならないのですが、非常に悩んでいます。

商品企画で転職検討中ですが、キャリアプランをどう答えるべきですか?

現在の会社で商品企画に6年、1年営業として携わり、商品企画職で転職を検討しております。 今度受ける会社でキャリアプランを伺われた際に、どのように答えれば良いか悩んでいます。

第二新卒が採用面接時にアピールすべきことは何ですか?

第二新卒です。現在転職活動をすすめています。 今回、聞きたいことは第二新卒が採用面接時にはどのようなことをアピールしておく必要がありますか。 実際に面接を再来週に控えているのですが、 正直、新卒二年目ということもあり、特筆した結果や...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー