【ソフトウェア開発】大手とベンチャーのインターンシップの違いについての画像

【ソフトウェア開発】大手とベンチャーのインターンシップの違いについて

「インターンシップ」を経験するにあたり、どのような企業のインターンシップを経験することが、その後の就職活動に有利になるのか、今回はソフトウェア開発を事例にして、ベンチャー企業のインターンシップについて、その有効性を考えてみます。

ベンチャー企業のインターシップとは

ベンチャー企業のインターンシップは、短期というよりは長期のものが多いようです。

インターンというよりアルバイトとか契約社員と言ってしまったほうが、わかりやすい気がします。

当然、ベンチャー企業でも給与や交通費支給がありますので、ご安心ください。

仕事の内容もわかりやすくて、
その会社のメインのサービスであるソフトウェア開発を直接担当することもできるようです。

しかも、要件定義から詳細設計、コーディング、デバック、リリースまで一人で実施することも可能な場合もあるので、
学生さんには仕事の全体像や目的が非常にわかりやすいし、ソフトウェア開発における工程全体を理解することも容易であると思います。

企業側もできれば即戦力をと考えているようで、人によっては学生のうちから、
重要なミッションを任され、活躍することも可能かと思います。

実際、インターンシップから直接、採用となるルートもあるようです。

学生さんとしても、その会社や仕事の実態を良く知った上での採用となるので、
お互いに違和感なく、スムーズに行くのでは無いでしょうか。

但し、インターンシップ中の給与の額などは、アルバイトと大差無い水準のことが多いようです。
下手をすれば、都合の良い(低コストの)即戦力として使われてしまう可能性もあります。

関連相談

大手企業のインターシップとは

大手企業の場合、同じソフトウェア開発といっても、工程により組織が細分化されていて、
やっていることの全貌を理解することが、そもそも難しいかもしれません。

その仕事に関わる様々な部署の関係や役割分担を理解することが難しいということなのですが、
これは、インターンシップに来る学生さんに限らず、その会社の人でも、
全く別の部署から転勤してきた場合、最初のうちは、部署間の関係や役割分担は理解しにくいので、無理も無いことです。

工程毎に組織が細分化されてソフトウェア開発を行っていくということは、
それだけ大勢の人が関わって開発を行っていくことになるので、大規模なシステムを開発することが出来ます。

大規模なシステムを開発する場合は、要件定義から、基本設計、詳細設計と段階を踏んで開発が進んでいき、
工程毎に詳細なドキュメントを作成してくことになります。

そのため、一人が全体を見渡すことが難しく、
かなりの経験を積んだ人でないと全体をマネジメントすることは難しくなります。

また、この一つ一つの工程内にそれぞれ、ノウハウやスキルが必要であり、

工程間やソフトウェアのブロック間をつなぐインタフェース規定などを明確に決めていかないと、
最終的には全体のソフトウェアが動作しませんし、ソフトウェアのデバックにもノウハウがあり、
評価が漏れると、フィールドに不具合が流出することにもなりかねません。

大規模システムならではの開発ノウハウも多々ありますので、
このような経験はベンチャー企業ではできない可能性は高いと思います。

このように、インターンシップで大規模なソフトウェア開発を経験するといっても、
様々な工程の中の、更に細分化された一部を経験することになるので、何をしているのか良くわからないまま、
インターンシップが終わってしまうことも多いかもしれません。

そういったことも含めて、仕事の難しさとか奥深さを感じて頂ければ良いかと思います。

また、大企業における中期のインターンシップの場合でも、
交通費、宿泊費、給料は支払われます。

給料はやはりアルバイトと同程度ですが、全体として赤字になることは無い程度には貰えるはずなので、
インターンシップ貧乏に陥ることは無いかと思います。

関連相談

まとめ

ベンチャー企業と大企業のインターンシップの違いを、ソフトウェア開発を事例に比較してみました。

どちらのインターンシップが良いかは、仕事の大きさの大小が異なるだけで、
最終的にはやっていることは大きくは違わないので、本人の嗜好とか希望により、
ベンチャーに行くか、大手に行くかを決めて行けば良いと思います。

ただ、ベンチャー企業といえども、仕事の全貌を理解するのには、
それなりに時間がかかるので、そこに目的を置く場合、それなりに長期のインターンシップを経験しないといけません。

そのためには、ある程度学業を犠牲にしてでも、インターンシップに行くことになりますので、
学校と即相談の上、応募することをお勧めします。

登録しておきたい無料転職サービス

職場での悩みを解決できる1つの方法が「転職」です。そこでオススメするのがdodaです。
dodaは、国内転職者満足度1位を誇る人気転職サイトです。

サービス概要

  • 数ある企業からあなたに最適な企業を紹介
  • 転職のプロが1対1で転職活動をサポート

dodaに1分で無料登録する

この記事に関連する転職相談

就職を検討している企業C社があります。あなたが私だったらこのような企業は入りますか?

就職を検討している企業C社があります。 あなたが私だったらこのような企業は入りますか? 独立系SIer ・一部上場 ・大手の2次請け ・定着率は約95% ・客先常駐の業務中心 ・システムの試験工程に携わっている社員が半分弱 ・運よく良いプロジェ...

2年目の女性エンジニアは転職できますか?

2年目の女性エンジニアは転職できますか? 社会人二年目、中小企業の女性開発エンジニアとして働いています。大学では理系の別専攻でしたが、エンジニアの両親の影響もあり、未経験で現在の会社に入社しました。 先日長く付き合っていた男性にプロポ...

エンジニアがどんどん不足していくと聞いたのですが、年収は上がるのでしょうか

私は現在接客の仕事をしているのですが、友人がIT系で仕事をしているので話を聞きました。 友人の話では、今でもエンジニアが不足していて、今後はもっと必要になるそうです。 もともと私は理数系で、機械系も好きなので勉強を始めようかと考えてい...

IT業界は本当に激務なのでしょうか。本当のとこを教えてください。

私は飲食業界で仕事をしていますが、友人のすすめでプログラミングの勉強をしています。 友人の協力もあり、勉強はスムーズに進んでおり、このレベルならエンジニアになれると言われてIT業界に興味が出てきました。 しかしIT業界は激務というイメー...

フリーランスエンジニアの在宅案件はどこで募集しているのでしょうか?

フリーランスエンジニアの在宅案件を探しているのですが、フリーランスエージェントを見てもフリーランスエンジニア向けの在宅案件が全く見つかりません。 フリーランスエンジニア向けの在宅案件を探すにはどこを探せばよいのでしょうか。

IT業界はブラックなのでしょうか

私の知り合いにエンジニアの方がいるのですが、仕事の話をすると深夜まで仕事をしていると言っています。 私もエンジニアに憧れがあるので、目指しているのですが、実際はどこも激務なのでしょうか。 回答おろしくお願い致します。

30代半ばですが、以下の経験では転職は厳しいでしょうか。

30代半ばですが、以下の経験では転職は厳しいでしょうか。 IT業界3年しか経験がなくベテランのフォローして頂きながら、linuxのシェルスクリプトの作成とテストとjp1を業務で関わったぐらいです。 今は半年くらいヘルプデスクを含む運用の仕事をしていま...

フリーランスエンジニアになるにはどうすればいいのでしょうか?

フリーランスになるにはどうすればいいのでしょうか?

フリーランスのエンジニアが大手企業へ転職することは可能ですか?

フリーランスのエンジニアから大手企業へ転職することは可能ですか? どういった制約や気を付けておくことがありますか?

Web系のエンジニアから証券会社のエンジニアへ転職する際に必要な知識は?

来年エンジニア(Web)で就職します。 しかしここに来てやりたい領域が変わり証券会社のエンジニアになっておけばよかったと思い始めました。 転職のさいにはエンジニアリングの技術だけでなく金融の知識もないとやはり難しいでしょうか?

この記事に関連する記事

在宅フリーランスエンジニアになるには?【メリット・デメリットも紹介】

在宅フリーランスエンジニアになりたいと思っている方は多いのではないでしょうか。在宅フリーランスエンジニアになるまでの...

フリーランスエンジニアとして活躍するには?【年収や長短所も紹介】

みなさんフリーランスエンジニアとはどのような職業なのかはご存知でしょうか。現在フリーランスのエンジニアをやっている方...

フリーランスのエンジニアの年収はいくら?稼ぐコツも教えます

フリーランスとして独立してエンジニアになろうとしている方は、平均年収などのお金の面が気になる方が多いと思います。フリ...

【エンジニアにオススメの転職エージェント】サービス内容を徹底比較

次なるキャリアアップとしてエンジニア職への転職を考えている方も多いのではないでしょうか?エンジニアは今や人手不足と言...

【セキュリティエンジニアの平均年収】本当に1000万を超えるのか

情報社会の今、情報セキュリティへの意識は高まっています。セキュリティエンジニアへの需要も共に高まるでしょう。今回は、...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー