メタップスは年収水準が600万?本当なのか調べてみました!の画像

メタップスは年収水準が600万?本当なのか調べてみました!

2015年8月28日に新規上場した株式会社メタップス。 2007年設立、アプリ収益化プラットフォーム「metaps」やオンライン決済プラットフォーム「SPIKE」で海外への進出も積極的に行い、急成長を遂げています

730

メタップスについて

先日2015年8月28日に新規上場した株式会社メタップス。
有価証券報告書が公開されていたので、業績から平均年収、勤続年数を調べてみました。

2007年設立とまだ設立から約8年程度。

設立当時はモバイルSEOを中心としたWebマーケティングサービスを展開するものの、
2010年頃からアプリ向け事業に主軸を移す。

2011年アプリ収益化プラットフォーム「metaps」をリリース、
2014年にはオンライン決済プラットフォーム「SPIKE」をリリース、
海外への進出も積極的に行い急成長を遂げました。

そんなメタップス社の年収や勤続年数をはじめ、企業情報を調べました。

平均年収・平均勤続年数・平均年齢・従業員数について

まずは平均年齢・平均勤続年数・平均年齢・従業員数です。

  2015年8月
平均年収(百万円) 634
平均勤続年数(年) 1.98
従業員数(人) 59
平均年齢(歳) 32.9


従業員数は100名を切る少数精鋭。
テクノロジーに重きをおく企業理念ならではの体制なのでしょうか。

平均勤続年数については、
創業から8年とまだ間もないこともあり少し低めですが、
平均年収は近年上場した会社の中では最高レベルの高さとなっています。

技術力のある優秀な人材を獲得しているように見えます。

メタップスの業績推移について

  2013年8月 2014年8月 2015年8月
売上高 1,301,671 2,265,073 4,126,252
経常利益又は経常損失 △2,049 △510,138 △349,136
当期純利益又は当期純損失 12,263 △510,818 △390,984

(単位:百万円)

引き続き赤字経営は続いているようですが、
それだけ未来への投資をきっちりとしていることなのでしょう。

2015年2月には43億円を調達しており、
今回の上場でも得られるキャッシュも踏まえるとキャッシュが100億円程度あることになります。

資本力がある分、
赤字を出してでも投資しつづけるスタンスなのでしょうか。

また、注目すべきは2014年通期の売上では海外売上が約13億と国内の約9億を上回り海外売上比率60%程度となっているところです。

成長戦略として海外での事業展開を推進していますが、
しっかりと実績が出ており今後も加速させていくのではないでしょうか。

代表の佐藤氏は自身のブログやTwitterなどで、
「AI」「仮想通貨」「宇宙」などの未来のテクノロジーや文化に対しても興味を示しているようで、

今後の事業展開についても非常に興味深い会社といえるでしょう。

※参考:有価証券報告書

JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 この記事の企業

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー