【徹底解説】HTMLコーダーの仕事内容・年収・資格などを詳しくの画像

【徹底解説】HTMLコーダーの仕事内容・年収・資格などを詳しく

HTMLコーダーとは今やネットが普及した現代では欠かせない職種となっています。プログラミングのスキルが必要な点もあり、高度なスキルを求められる職種でもあります。未経験やスキルのない状態から勉強してHTMLコーダーになる人も増えてきています。今回はそんなHTMLコーダーの仕事内容や年収相場についてご紹介します。

2099

HTMLコーダーとは

今やインターネットを通じて世界中の情報を見ることができるWebサイトは日常生活にも仕事にも欠かせないツールとなっています。

またテレビやラジオと異なり、製作者側と利用者側の双方向で使われますので、ユーザー目線で使いやすいWebサイトを作ることは、とても重要です。

そしてそのWebサイトは、Webページが集まったものですがWebページを作るときに使うのがHTMLと言われる言語です。

いわば、現実世界で本を思い浮かべた時に1冊の本=Webサイト、本のそれぞれのページ=Webページとなります。

それぞれのページはHTMLという開発言語で書かれているファイルをインターネットでサーバーから読み込み、インターネット上で表示されています。HTMLコーダーとは、HTML言語を自在に操りWebサイトを構築していく人のことです。

近年ではIT関連、特にエンジニア関連の求人は急増しており、需要の高い職種領域とも言えるでしょう。

関連相談

在宅でもできる?HTMLコーダーの仕事内容とは

HTMLコーダーの仕事内容

主な仕事内容として、HTMLでWebページそのものを作っていきますが、さらに読み手に分かりやすいサイト構築のために、レイアウトや背景、文字の大きさや色などを決めて作っていくことになります。

これらを「Webページのスタイル」といいますが、スタイルを決めていくときには「CSS」が必要となります。

つまりHTMLコーダーには、HTMLとCSSの理解が必要となります。そのほかにも、JavaScriptやPHPなどのプログラム言語の知識も必要となってくるほか、デザインが元にありそれを忠実に再現する技術が求められます。

コーディングには正確性が求められるため、緻密な作業が得意な人が向いていると言えますが、正確なコーディングをしてもバグが発生することはよくあります。

そうしたときにバグを素早く発見できる、バグ解消のための対処法を数多く知っておくことも強みになり、さらには作業工程の短縮にも繋げることができます。
 

プログラム言語の理解やデザインスキルで仕事の幅も広がる

デザインやユーザビリティの基礎知識も身に付けておくべきでしょう。

デザインがあれば、サイト構築の過程でデザイナーの意図を組み取りコーディングができますし、自分でデザインも含めサイト構築を請け負うこともでき、仕事の幅が広がります。
 

経験を積んでいけば在宅でも可能

実は女性に人気があるのがHTMLコーダーです。

コーディング作業はオンライン上で仕事を行なうことが多く、かつ成果物もオンラインで共有できるため、リモートワークが可能です。
また、時間の融通が効きやすい点、データ入力作業などの「誰でも出来る仕事」ではなく専門性のある仕事のために復職がし易い点などが女性に人気のある理由のひとつです。

関連相談

HTMLコーダーは稼げる?年収相場について

HTMLコーダーの年収相場

HTMLコーダーの平均年収は360万円前後と言われています。WEBデザイナーの年収と同程度の水準です。

誰でも出来るデータ入力のような仕事と比べると十分高いですが、一般的なサラリーマン年収と比較すると多少低い水準と言えるでしょう。
平均年収が低い理由は、前述したように在宅ワークで働く派遣の方や、また契約社員で働く方も多いことも影響しています。
 

HTMLコーダーがキャリアアップする方法は

HTMLコーダーで高収入を得ている方は、コーディング業務だけにとどまっているケースは稀です。

Webサイトデザインやディレクション業務から一貫して担当していたりするケースが多いです。

コーディングに携わっていれば、少なからず動きの付いたデザインに対してコーディングする機会があるでしょう。

そのときに利用するのがJavascriptやjQueryと呼ばれるものです。

簡単な動きをつけるだけでなく、更に詳しいJavascriptのスキルを身につければ、コーディングの知識を活かしながらフロントエンドエンジニアとしてキャリアを進んでいく手段もあります。

また、コーディングだけでなくPHPやRubyなどのプログラミングスキルを身につけ、サーバーサイドエンジニアとしてキャリアを積んでいくというのもキャリアアップの手段のひとつでしょう。

関連相談

HTMLコーダーになるには

HTMLコーダーになる道は、いくつか用意されています。HTMLコーダーになるのに特別な資格は必要ありません。

スキルと経験があれば、仕事に就くことが出来き、またその経験の中でさらにスキルを身に付けキャリアアップしていけるでしょう。
 

未経験からHTMLコーダーになるには

未経験からHTMLコーダーになるには、まずは大学で理系に進むと一般教養として、HTML言語を含め開発言語やプログラム言語を学ぶ機会があります。

また高校の情報科で学べるほか、高校卒業後、または社会人になった後に通うことができるITの専門学校やエンジニア養成機関なども近年充実しています。

プロとしてHTMLを専門に仕事をしたい場合は、独学ではなく学校や養成機関で基礎から応用まで身に付けることで、将来仕事の幅を広げるときのベースとできます。

ではHTMLを勉強習得しHTMLコーダーとして仕事ができるようになったら、どのような活躍の場が待っているのでしょうか。
 

HTMLコーダーからのキャリアアップ

HTMLコーダーとして経験を積んだのち、Webデザイナーやディレクターへとステップアップが可能です。

またHTMLから範囲を広げ、さらに多くのプログラム言語を駆使し、複雑なWeb制作を行うフロントエンジニアやライターからもらった原稿などを誰にでも見やすい形にしてサイトを作っていくマークアップエンジニア、サーバー構築のプログラマーへの道も開かれています。

関連相談

HTMLコーダーは将来性がある仕事なのか

ということで、HTMLコーダーという仕事の将来性についても確認しましょう。

HTMLコーダーはどれほど将来性がある職種なのでしょうか。実際にJobQで聞いてみました。

AIが進化している今、HTMLコーダーは将来性がある仕事なのでしょうか?

HTMLコーダーって将来性がある仕事なのでしょうか?

今や、テンプレが横行していますが、これらが今後さらに活躍することになった場合、将来性がないような仕事なってしまいそうな気がするのですが、いかがでしょうか?

JSなどは将来性はまだ需要があるといいますが、それはどれほど信憑性があることなのでしょうか?

AIが進化しつつある今、htmlコーダーの職を勤めるよりもサーバーサイドやフロントエンジニアの職についた方が良いと思いますか?

ちょっと不思議なご質問に思います。

htmlコーダーと、サーバーサイドエンジニア、フロントエンドエンジニア・・はそんな選べるようなものなのでしょうか?

2007年iPhoneが登場し、スマートフォンの普及したとき、ネイティブアプリ開発でobjective-cを多くの人が急にやることになったわけですが、昨日までPHPやRubyで短くスッキリした書き方で済んでいたのに、今日からisEqualToStringなんて本気で書いてるのだろうか?と不思議に思いました。

スマートフォン以前のフレームワーク/テンプレートのようなものは、総入替を余儀なくされていました。

iPhoneでAdobe Flashが動かなかったので、Flashは一気に需要をなくしました。

今、AIが流行ってPythonやR言語が強くなってきてますが、中身のほとんどは古くさい統計処理とデータ整備です。

一方でArduinoはc言語の拡張で、まさかのTCP/IPのソケット通信とかが必要になっています。

意外とフレームワークやテンプレートは寿命は短く、htmlや統計などの古くて原始的な技術は息が長い傾向にあるように思います。

「Photo Shopしか使わないデザイナーにはりついて、意図を汲んでhtmlコーディングをする人」というポジションがあれば、それはそれで、10年ぐらいの割と長い期間大丈夫そうですし、プロジェクトで開発フェーズが終わったらリリースされて次の職場を探すようなスタイルなら、何の職種でも将来性などないような気がします。

関連相談

最後に

いかがでしたでしょうか?

働く場所も大企業から始まったばかりのスタートアップ企業、ベンチャー企業、自宅、遠隔/サテライト等、パソコンがあればできる仕事でもあるので日本国内のみならず海外企業との仕事もすることができます。

資格は必要ないとはいえ、HTMLコーダーになるには勉強をしながら経験を積んでいく必要はあるでしょう。

ただしその先には、自分のスキルを活かしフリーランスとして自分自身にあったワークスタイルを確立できれば充実した仕事人生、人生設計ができるとも言える、魅力のある職種と言えるでしょう。

登録しておきたい無料転職サービス

職場での悩みを解決できる1つの方法が「転職」です。そこでオススメするのがDODAです。
DODAは、国内転職者満足度1位を誇る人気転職サイトです。

サービス概要

  • 数ある企業からあなたに最適な企業を紹介
  • 転職のプロが1対1で転職活動をサポート

DODAに1分で無料登録する

本記事の初回公開日は2017年10月09日です。

この記事に関連する転職相談

仙台でWebコーダーとしてフリーランスで働くことは難しいでしょうか?

仙台でWebコーダーとしてフリーランスで働くことは難しいでしょうか? 現在Webコーダーとして仙台で働いております。 Webコーダーとして働いて7年目程です。 フリーランスを考え出したのは現在の仕事が遅くまで行うことが多く、 日々消耗しており...

webクリエイターの資格を取得すると就職は有利ですか?

職業訓練でwebクリエイターの資格をとれるコースがあるので、 それを受講しようと思っています。 しかし、受講したとして就職先などはあるのでしょうか? 現在主婦をしているのですが、手に職をつけたいと思って探しています。 ただ、手に職をつ...

Webデザイン未経験を中途採用してくれるような会社ってあるのでしょうか?

Webデザイン未経験を中途採用してくれるような会社ってあるのでしょうか? 今3ヶ月の専門学校でWebデザインを学んでいます。将来的にはフリーランスのWebデザイナーとして働きたいと思っており、まずは制作会社に勤めたいと思っています。ですが、未経験...

HTMLとCSSを勉強した後に取り組むとしたら、次はどこに取り組むのがいいでしょうか?

社内SE経験があるWebエンジニア志望者です。HTMLとCSSを勉強した後に取り組むとしたら、次はどこに取り組むのがいいでしょうか?

AIが進化している今、HTMLコーダーは将来性がある仕事なのでしょうか?

HTMLコーダーって将来性がある仕事なのでしょうか? 今や、テンプレが横行していますが、これらが今後さらに活躍することになった場合、将来性がないような仕事なってしまいそうな気がするのですが、いかがでしょうか? JSなどは将来性はまだ需要があ...

WebデザイナーとHTMLコーダーってどんな違いがあるのでしょうか?

WebデザイナーとHTMLコーダーってどんな違いがあるのでしょうか? 私は将来Webサイトを作る仕事をしたいのですが、 高校二年生なのですが、進路希望調査にはどれを書くべきなのでしょうか? あと、どんな進路を選ぶのが一番の近道ですか? 今私は...

フロントエンドエンジニアとデザイナーの将来性、現在の需要の違いを教えてください

現在インターンに応募しようとしている大学生です。 職種はフロントエンドかデザイナーで迷っています。 基礎的な言語(HTML,CSS,JS)やデザインツール(photoshop,illustrator)の経験はありますが、どちらもまだ実務で使えるレベルではないと感じてい...

楽しい仕事なんてあるんですか?

学生です。 将来は「楽しく仕事をしたいな」と思ってます。 でも、楽しいし仕事なんて本当にありますか?

皆さんの知人で珍しい仕事をしている方はいますか?

現在大学生で、来年から就職活動が始まります。 どんな仕事をするか全く決めておらず、とりあえず英語の勉強をしている状態です。 そもそも僕は世の中にどんな仕事があるのか、全然知りません。 そこで、皆さんの知人や知り合いで珍しい仕事をし...

管理職は仕事が大変だと言われていますが、どういった所が大変なんですか?

管理職の大変さについて。 管理職になると責任が増えて大変だとよく言われますが、具体的にどのようなことが大変なのでしょうか?

この記事に関連する記事

Webデザイナーとコーダーの違いとは【徹底解説します】

Webデザイナーとコーダーの違いはなんでしょうか?さらにWebデザイナーとWebディレクターの違いとなるともう少し難しいと思い...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー