【詳しく解説】Webディレクターの仕事内容や求められるスキルとは?の画像

【詳しく解説】Webディレクターの仕事内容や求められるスキルとは?

Webディレクターの仕事内容とはウェブサイトの制作現場の指揮・監督役です。即戦力として求められている職種であるため、未経験者の募集は多くないです。そんな実力が必要な職種の仕事内容を今回はご紹介していきます。

Webディレクターの仕事内容とは?

webディレクターの仕事内容は、ウェブサイトの制作現場の指揮・監督役です。

クライアントの要望に沿ったウェブサイトを作るため、デザイナーやプログラマー他のスタッフをまとめあげ、スケジュールを組み立てて管理し、それぞれの作業について具体的な指示を行うのが仕事です。

そのためにはウェブ制作に関連する幅広い知識、強いリーダーシップとコミュニケーション能力が必要になります。

Webディレクターの必要なスキルとは?

webディレクターに必要な適正は、能力面では分析力の高さ、仕事の緻密さです。

webディレクターの仕事の一番最初の手順は、クライアントのウェブサイトの問題点を発見し、構成を練り直して提案することです。ウェブ解析ツールを使用し、サイトのあらゆる点を各方面から分析、改善するべき点を探し出します。

地道で細かな作業が苦手という人にはあまり向いていない職業と言えるでしょう。もちろんそれだけではなく、ではどのようにすればより良いウェブサイトにできるのかという具体案が出せなくてはなりません。

性格面では、まずコミュニケーション能力が高いことです。クライアントとの交渉や提案、制作現場のスタッフへの指示を行うには、相手の要望・要求を正確に理解し、自分の伝えるべきことを的確に伝えられる力が必要なのです。

フリーランスの場合には、仕事を取るために自分で営業をかける必要も出てくるでしょう。これはリーダーシップ能力にも関係してきます。

ウェブサイトの制作には様々な人々が関わるため、プロジェクトチームとしての力が必要です。

しかし人間同士である以上、時にはチーム内ですれ違いや対立が起こってしまうこともあります。そんな場合webディレクターは問題を抱えた一人一人ときちんと向き合い、間を取り持ち、疑問や不満を解決できなくてはいけません。

スタッフの間に信頼関係を築き、プロジェクトがスムーズに進むよう導くこともwebディレクターの大事な仕事なのです。そしてもう一つ大切なのは、物事に対する冷静さ、第三者の目で見ることのできる客観性です。

スタッフの人間関係を良好に保つために必要なのはもちろん、クライアントとの交渉の場においてはさらに重要な意味を持ちます。クライアントは常に理想を求めているため、高い要求をしがちです。

しかし、webディレクターはそれが予算と見合うものか、スケジュールが成り立つものかを冷静に判断し、代替案を提示するか、時にははっきりと断れなくてはいけません。

スタッフに無理を強いてクライアントの要求を通すことは、まわりまわって結局は会社や自分自身に損害を与えることになります。クライアントの無理なベストを避け、可能な限りのベターを用意するためには、その時本当に必要なものを判断できる冷静さと客観性を備えていなくてはいけないのです。

Webディレクターになるためには?

webディレクターになるために必要なのは、学歴よりも現場での経験です。

そのためウェブ制作会社やデザイン事務所などで働くほか、アシスタントとして修業を積み、ディレクターを目指す人もいます。

いずれにせよウェブ制作に関連する様々なスキルを身につけなくてはならないので、少なくとも3年は下積みを続けることになるでしょう。インターネット社会の発展とともにコンテンツも増え続け、webディレクターは常に需要のある職業となっています。

その一方、変化し続けるウェブ業界をリードできる、実力のあるwebディレクターはまだまだ不足しています。

しかし、知識と経験を要求されるのがwebディレクターであるため、未経験者の募集は多くありません。即戦力が求められる反面、人材育成が間に合っていないというのがwebディレクターという職業の現状なのです。

まずは焦らず現場で研鑽を積んで実力をつけ、業界で求められる人材になることが、結局はwebディレクターを目指す近道だと言えるでしょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?

webディレクターの仕事内容を今回はご紹介しました。

なかなか厳しい職業ですが、やりがいのある職種と言えます。
webディレクターに興味のある方は是非参考にしてみてはいかがでしょうか?

この質問に関連する転職相談

Webディレクターになるにはどのような知識やスキルが必要なんでしょうか?

Webディレクターになるために必要な知識やスキルを知りたいです。 話や求人を見ている限りですと、コーディングやデザインの知識がなくてもOKな求人もあれば、 逆に知識やスキルが必要な求人もあると思います。 なぜ、このように二通りに別れるので...

33歳からwebプロデューサーやディレクターを目指すのは無理があると思いますか?

33歳からwebプロデューサーやディレクターを目指すのは無理があると思いますか? 現在、小さな会社でデザイン関連の仕事をしています。 幼少時代から、PCを触っていて、学生時代にはPCを自作で作成したこともあります。 高校と專門はデザイン関連の...

30代、Webディレクターは今後どのようなキャリアが残されていますか?

現在32歳のWebディレクターです。 転職経験を二度しており、いずれもIT企業間の転職しております。 一社目二社目ともに、大きくデザインに携わっておりました。 三社目の今の会社でディレクター職に就くことができたのですが、 今後どのようなキャ...

webディレクターから事務へ転職は難しいでしょうか?

現在、Webディレクターをやっていて 制作の進行管理、Webサイトの企画やそれに伴うイベントの企画なども行ったりします。 クリエイティブな業種への憧れと、元々趣味でコーディングをやっていたため、今の業界に入りました。 勤め始めて2年目になります...

web業界未経験がディレクターに転職するのに必要な知識は何ですか?

webの知識がどのくらいあれば、 実務経験なしでも採用していただけるものなのでしょうか? 実務経験がそこまで必要でないならば、転職したいと考えているのですが、 基礎知識だけでも身につけたいと思っています。 転職するにあたり、必要となる知...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー