森永製菓の年収ってどれくらいもらっているの?【社員から聞きました】の画像

森永製菓の年収ってどれくらいもらっているの?【社員から聞きました】

転職を考えるとき、企業情報って気になりますよね。年収や勤続年数は特に。エンゼルパイやチョコボールなどで有名な森永製菓株式会社は現在菓子業界4位です。そんな森永製菓の年収や勤続年数を始め、企業情報を調査しました。

1009

森永製菓について

今回紹介させて頂くのは、森永製菓株式会社です。
(JobQ内にも質問が多数よせられているのでこちらもごらんください!)

ミルクキャラメルやハイチュウ、チョコボールやえんぜるパイで有名な森永製菓。
どれもこれも、美味しいですよね!

そんな、森永製菓は、『食』を通して、価値と感動をお届けできる企業を目指しています。
今回は森永製菓の年収・平均勤続年数などをはじめとした企業情報を調べてみました!
 

平均年収・平均勤続年数・平均年齢・従業員数について

まずは平均年齢・平均勤続年数・平均年齢・従業員数です。

  2034年3月 2014年3月 2015年3月
平均年収(百万円) 679 693 723
平均勤続年数(年) 16.8 17.3 17.8
従業員数(人) 1377 1356 1349
平均年齢(歳) 40.0 40.6 41.1

 

全てにおいて高い数字を記録していますね。
平均年収も上がってきているということは上手く経営も進んでいるということが予想できます。

ただ、徐々に従業員数も減ってきているということも確かなので、いい傾向なのかどうかについては一概にいえないかもしれないですね。

森永製菓の業績推移について

  2014年3月 2015年3月 2016年3月
売上高 164,603 177,929 181,868
経常利益又は経常損失 4,446 6,530 12,052
当期純利益又は当期純損失 8,090 3,806 8,092

(単位:百万円)

 

現在の国内の菓子業界は少子化の影響もあり、頭打ち傾向にあります。
近年の主要菓子メーカーの売上高も横ばいを記録していて、停滞感が出ています。

 

その一方、菓子業界を取り囲む環境は年々厳しいものとなっています。

平成24年末の政権交代以降、アベノミクス効果により景気は回復傾向にありましたが、同時に為替が円高から円安基調になりました。

平成25年に入り、円安はますます加速し、原材料の多くを海外から輸入している菓子業界にとって逆風となっています。
こうした動向を受け、海外市場に活路を見出す企業が現れはじめています。

業界第4位の森永製菓はどう動くのでしょうか。
今後の動向に注目です。

 

※参考:有価証券報告書

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー