CYBERDYNの年収ってどれくらいもらえる企業か調べてみましたの画像

CYBERDYNの年収ってどれくらいもらえる企業か調べてみました

転職の際に年収や勤続年数などの企業情報は気になりますよね。 2015年3月に東証マザーズへ上場したCYBERDYNE株式会社。 ロボットの開発をしており、医療・福祉分野で事業展開しています。今回はCYBERDYNE株式会社の平均年収、勤続年数を始めとした企業情報を調査しました。

2014年3月に東証マザーズへ上場したCYBERDYNE株式会社。

ロボットの開発を行っており、「HAL」という世界初のロボットスーツを作ったことで有名だったCYBERDYNE社ですが、映画ターミネーターで敵のアジト「サイバーダイン社」を思い出す方も多いのではないでしょうか。ちなみに、映画のサイバーダイン社が由来ではないそうです( “サイバニクス” という学術分野と、力を意味する “ダイン” からとったそうです)。事業分野も映画の中の危険なサイバーダイン社のイメージとは真逆で、医療・福祉分野で事業を展開しています。

今回はそんなCYBERDYNE株式会社の年収・勤続年数・業績などの企業情報を調べてみました。
 

CYBERDYNE株式会社の平均年収・平均勤続年数・平均年齢・従業員数

平均年収、平均勤続年数、平均年齢、従業員数から見ていきましょう。

  2015年6月
平均年収 441万円
平均勤続年数 2.6年
平均年齢 39.6歳
従業員数 104人

 

2004年創業のCYBERDYNE株式会社。

平均勤続年数は2.6年と上場済みのIT企業と比較して平均的ですが、平均年齢は約40歳と高めです。
一方で、平均年収は441万円と比較的低めです。

平均年齢にしては、平均年収が低いように感じます。
まだまだ駆け出したばかりの分野でもあるため、利益という点では、まだまだ不十分なのでしょうか。

仕事の難易度に対する対価としての給与は決して十分とは言えなさそうですね・・。

CYBERDYNE株式会社の業績推移

続いて、業績の推移をみてみましょう。

 

  2013年6月 2014年6月 2015年6月
売上高 286,457 448,543 588,631
経常利益 △565,820 △671,213 △886,741
当期純利益 △573,326 △672,764 △890,532

(単位:千円)

 

有価証券報告書、連結経営指標等からの引用です。
なお、データが多くなかったので、連結ではなく、本社単体の数字を出しています。(連結と大きな数値の差はありません)

売上については、海外事業の伸びもあり、右肩上がりですが、利益は5期連続の赤字。

やはりこの辺りが平均年収が上がらない理由でもあるのでしょう。

当面の課題は黒字化のようです。
ポイントは介護ロボット市場の拡大にありそうですね。介護ロボット市場は2015年から2020年までの6年の間に約15倍の約350億円になると予想されています。

最後に

いかがだったでしょうか。

5期連続赤字で上場している辺り、やはり市場の成長率やCYBERDYNEのもつ技術力は評価されているのでしょう。

かなり近未来感があり、成長市場であるロボット市場のプレーヤーとして要チェックです!
これからどのような動きをしていくのか。継続して注目していきます!

JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー